名取 裕子 旦那。 名取裕子のペットを調査!犬種や名前は?メダカをスポンジで飼育とは?

女優・名取裕子は結婚しているの?旦那は誰?子供はいるの?

名取 裕子 旦那

プロフィール 名前:名取 裕子(なとり ゆうこ) 本名:名取 裕子(なとり ゆうこ) 生年月日:1957年8月18日(59歳) 出生地:神奈川県 身長:165cm 血液型:AB型 所属:茂田オフィス ・1976年:ドラマ「愛と憎しみの宴」で女優デビューする。 ・1978年:大河ドラマ「黄金の日日」に出演する。 ・1979年:「3年B組金八先生」に出演する。 ・1992年:「法医学教室の事件ファイル」シリーズに出演する。 ・2015年:映画「居酒屋お夏」に出演する。 ・2016年:映画「The MERCY SEAT」に出演する。 名取裕子の若い頃の活躍がヤバかった!? 名取裕子さんはドラマ・映画に多く出演していますよね。 演技派の女優として知られていて2時間ドラマには欠かせない女優と言われています。 そんな名取さんなのですが、名取さんの若い頃の活躍が話題になっているそうです。 では、名取さんの昔の活躍とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、名取さんは大学卒業後に芸能界デビューをしていて、デビュー後すぐに大河ドラマに出演するなど若い頃から大活躍していたのだそうです。 名取さんは1976年に生まれているのですが、青山学院大学文学部日本文学科を卒業しているのだとか。 青山学院大学文学部は偏差値が61と言われているのですが、青山学院大学に在学している時に「ミス・サラダガール・コンテスト」に出場して準優勝したことがきっかけで芸能界入りしているそうです。 ちなみに、その時の優勝者は女優の古手川祐子さんなのだとか。 名取さんも古手川さんも未だに現役で美貌を保ちつつ活躍していることから考えると、そのときの「ミス・サラダガール・コンテスト」のレベルの高さがうかがえますよね。 そして、1976年に女優としてデビューした名取さんはドラマ「愛と憎しみの宴」でドラマ初出演をして、1978年には大河ドラマ「黄金の日日」に出演しているのだそうです。 その他にも「半七捕物帳」などの時代劇にも出演し、1979年には「3年B組金八先生」に出演しているのだとか。 このようにデビュー以後、女優としてNHKから民放まで様々なヒットドラマに出演をしている名取さんなのですが、80年代になると松本清張シリーズの作品に多く出演をするようになったのだそうです。 「けものみち」や「松本清張の指」、「わるいやつら」などに出演をして、松本清張のドラマと言えば名取さんと言われて「清張女優」とまで呼ばれるほどになったのだとか。 また、女優として映画にも多く出演をしていて、1979年の「星と嵐」で映画初出演をして、その後は1984年に「ねずみ小僧怪盗伝」や「彩り河」、「序の舞」など三本の映画に出演してその後もほぼ毎年映画に出演をしています。 特に「吉原炎上」で大胆なヌードシーンなども披露しているのですが、名取裕子さん若い頃の活躍がヤバかったことがわかりますよね。 スポンサーリンク また、そんな名取さんの生い立ちについてなのですが、名取さんは神奈川県生まれで座間市立栗原小学校から座間市立座間中学校に進み、神奈川県立厚木高等学校を卒業しているそうです。 ちなみに、名取さんの家族構成は父と母とお兄さんの4人家族なのだそうですが、母親は名取さんが14歳の時に亡くなっているそうです。 母親が亡くなった後に名取さんのお父さんは後妻をもらったそうなのですが、その継母も亡くなってしまったのだとか。 また、この神奈川県立厚木高等学校に通っている時には同級生に俳優の六角精児さんがいて、当時の六角さんは学校にものすごい美人がいると名取さんのことを周囲に話していたのだそうです。 さらに、当時名取さんにファンクラブがあったことも明かしているそうなのですが、高校生の頃からかなりの美人と言われて目立っていたということで、名取さんが女優として若い頃から大活躍するのも納得ですね。 スポンサーリンク 名取裕子の犬のブリーダーとしての驚きの実績とは!? 芸能人の中にはかなりの動物好きの人がいますよね。 名取裕子さんも犬を飼っているのですが、名取さんの犬のブリーダーとしての実績に注目が集まっているそうです。 では、名取さんの犬のブリーダーとしての実績とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、名取さんはトップブリーダーオブザイヤーに選ばれるほどの実績を持っているのだそうです。 名取さんは以前から犬を飼っているのですが、ダックスフンドのブブ、ジジ、ココの三匹の犬を飼っていたことがあるのだとか。 特に、ジジという犬は日本名犬名鑑2000年度ランキングでドッグ・オブ・ザイヤーを獲得しているのだそうです。 さらに、このジジは2002年にもダックスフンドメス部門でアジアチャンピオンにもなっていて、これまでに50回も優勝をしているのだとか。 50回の優勝実績というのはかなりのものですよね! そして、ブリーダーとは動物の交配、繁殖をする仕事なのですが、トップブリーダーとはその頂点に位置するのだとか。 なので、名取さんもジジがドッグ・オブ・ザイヤーに選ばれ、数々の賞を受賞をしていることからトップブリーダーとして知られているのだそうです。 スポンサーリンク そのようにブリーダーとして高い実績が知られている名取さんなのですが、犬の出産がある時には仕事を二か月ほど休むこともあったのだとか。 名取さんにしてみると犬の出産といえども人間の出産と変わらないほどの大事のようです。 こうしたことからも犬に対して並々ならぬ愛情を抱いていることがわかるのですが、名取さんの犬のブリーダーとしての驚きの実績ですよね。 また、そのように名取さんが犬好きとなった理由は、父親が亡くなってしまった後にパニック障害と自律神経失調症を発症をしてしまったことが関係しているそうです。 名取さんはパニック障害や自律神経失調症によって一人になると息ができなくなってしまうこともあったのだそうですが、そんな時に犬と一緒にいることで症状が軽くなったのだとか。 なので、犬に助けられたということで、名取さんはより犬を愛するようになったのだそうです。 また、名取さんはそれぞれの犬について個性などを把握していて、ジジは我慢強くて良い性格をしていて、ココは吠えたり噛みついたりがひどくてまるでギャングのような犬だと分析をしているそうです。 なので、犬の性質に合わせてしつけをしたりしているそうなのですが、女優ということもあって名取さんは家を空けることも多いので、普段はなるべく一緒に居て触ったり話しかけたりして愛情を言葉で伝えるようにしているのだとか。 さらに、名取さんはクリッカーを鳴らしてご褒美をあげるクリッカートレーニングなどを行って犬をしつけていたそうなのですが、ダックスフンドは胴長なので椎間板ヘルニアになることがあるので、愛犬をいたわって犬用のバリアフリーの家で暮らしているのだそうです。 このようにかなりの愛情を注いで三匹の犬と暮らしていた名取さんなのですが、名取さんがトップブリーダーになるのも納得ですよね。 しかし、そのように犬と一緒に暮らしていた名取さんなのですが、ジジとブブはすでに亡くなってしまっているのだとか。 ただ、名取さんはそんな愛犬たちと一緒に入れるお墓ということで京都にある西寿寺というお寺にお墓を購入しているのだそうです。 こうしたことからも名取さんは本当に犬好きということがわかりますね。 一緒のお墓に入るということから、まさに大事な家族になっています。 若い頃から女優として活躍してドラマ、映画に多く出演をして、その若い頃の活躍が話題になった名取さんなのですが、大の犬好きでトップブリーダーにもなるなどそのブリーダーとしての実績も注目されていて、今後もそんな名取さんに注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

名取裕子が結婚しない衝撃の理由が明らかに!?年収やドラマの撮影にまつわる伝説がヤバイ!?

名取 裕子 旦那

出典: 本名: 名取裕子(なとり ゆうこ) 生年月日: 1957年8月18日 出生地: 神奈川県横須賀市 身長: 165cm 体重: 非公開 血液型: AB型 職業: 女優 活動期間: 1976年~ 活動内容: 女優 事務所: 茂田オフィス 大学在学中に 「ミス・サラダガール・コンテスト」に応募した名取さん。 そこで準優勝を果たし、芸能界デビューしています。 ちなみに同コンテストの当時の優勝者は古手川祐子さんでした。 その後、 ドラマ『3年B組金八先生』に出演して人気を獲得。 映画では 『序の舞』や 『吉原炎上』でのヌードといった体当たりの演技が話題になりました。 またCMでは長年 「オロナインH軟膏」のイメージキャラクターを務めています。 そして現在は2時間ドラマやサスペンスドラマを中心に活躍。 「片平なぎさに次ぐ2時間ドラマの女王」の異名を持っています。 名取裕子は結婚している? 名取裕子さんですが現在、結婚されているのでしょうか? 調べてみると 今は独身でこれまでに結婚歴もないことがわかりました。 そして巷では「結婚しない最後の大物女優」としても有名なんだとか。 過去には何人かの男性と噂になっていましたが、デマか破局したと思われます。 そんな名取さんに最近、ある俳優との熱愛の噂が浮上しているようです…。

次の

名取裕子さんの昔は?裸やヘアヌードから感じる本格派女優魂!

名取 裕子 旦那

映画「釣りバカ日誌7」にも出演 <出典元:> 名取裕子は映画「釣りバカ日誌7」にも出演していますね。 この映画は確か1994年の映画ですね。 結構前の映画になりますが、この頃から名取裕子は釣りをやっていたんでしょうか。 どうもこの「釣りバカ日誌7」出演の頃はまだ釣りをやっていなかったようですね。 ただ、この映画の出演で名取裕子にとって釣りが身近なものになっていったのかもしれませんね。 名取裕子は釣りが趣味!やり始めたきっかけは? <出典元:> 名取裕子が釣りをやり始めたきっかけは、ドラマの撮影で京都に訪れた時とのことです。 釣り歴はそんなに長くはないようです。 京都で初めて釣りをやったら、初日にかなりの大物が釣れてしまったんだそうです。 その時の興奮と感動が身体に染み付いてしまったようで、それ以来釣りを楽しんでいるらしいです。 現在では人気ドラマ「京都地検の女シリーズ」の撮影の時は京都に滞在していることが多いので、休みの日や撮影の待ち時間などに釣りによく行くみたいですね。 名取裕子は人気主演ドラマシリーズ「京都地検の女」でよく行く京都・神護寺近くの池でここ数年、釣りを楽しむなど自分の時間も大切にしている。 「撮影仲間とお弁当を持ち寄ってバーベキューをしながら、ニジマスやブラックバスを釣ります。 春は桜、秋は紅葉…。 四季折々の自然の移り変わりや、カワセミや鵜が飛ぶ姿もいいのよね。 釣り自体も面白いので、1人で雨や雪の降る日も行きます。 周りはあきれてますね」 <引用元:> 基本は 京都で釣りをすることが多いみたいですね。 季節の移り変わりを釣りと共に楽しむのはいいかもしれませんね。 しかし、雨や雪でも釣りに出かけるのというのですからその行動力もスゴいですよね! 見た目は美人で清楚で品があるイメージですが、実際はかなりアクティブな方なんでしょうね。 名取裕子が京都でよく行くフィッシングスポットの一つは 「嵐山フィッシングエリア(通称:嵐山FA)」だそうでです。 関西最大級の敷地を誇る釣りスポットみたいですね。 この「嵐山フィッシングエリア」は 釣りガールの聖地とも言われているくらいで、女性の方も多く訪れている釣りスポットとのことです。 スポンサーリンク 名取裕子は現在かなり釣りにハマっているらしく、最初はルアーフィッシングから始めたようですが、今では渓流釣りやフライフィッシングもやっているそうですよ。 渓流釣りは釣りの中では上級者向けと言われていますが、名取裕子は渓流釣りでも大物を釣っているんだとか。 趣味として始めたようですが、釣りの腕前は相当なもののようですね。 釣りは集中力が鍛えられる <出典元:> 名取裕子は釣りは 集中力が鍛えられると言っているみたいです。 女優の仕事も緊迫したシーンなどでは集中力が求められると思いますし、女優の仕事と釣りというのは相性がいいのかもしれませんね。 名取裕子は今まで女優として鍛えられてきた集中力があるから、釣りの腕前のスゴいのかもしれませんね。 自分の女優としての仕事と、趣味である釣りをバランスよく楽しんでいるんでしょうね。 男だったら釣り師になりたい <出典元:> 名取裕子は男だったら釣り師になりたいんだそうです。 釣り師というと色黒で逞しく、豪快な男のイメージがありますね。 俳優でいうと松方弘樹や梅宮辰雄でしょうか。 もしかしたら名取裕子は男らしい豪快な男性が好きなのかもしれませんね。 名取裕子はメダカの飼育にもハマっているらしい <出典元:> 実は名取裕子は メダカの飼育にもハマっているらしいです。 釣りが関係しているのかどうかは分かりませんが、かなり力を入れているようですね。 どうも、メダカを飼うようになったきっかけは最愛の愛犬を亡くして深刻なペット・ロスになったしまったからなんだそうです。 医者に相談したら亀かメダカを飼うといいと言われたそうです。 理由は、 亀は長生きするし、メダカはすぐ増えるからペット・ロスになりにくい。 <引用元:> こう言われたんだそうです。 この言葉を素直に実行し、メダカを飼い始めた名取裕子はメダカにとって住みやすい環境を徹底的に考えて飼育していったんだそうです。 結果として、 最初は4匹だったメダカが200匹以上になってしまったようです。 現在ではそのメダカを100匹ずつに分けて飼っているんだそうです。 元々、名取裕子は犬のブリーダーとしても一流で、愛犬をチャンピオン犬にまで育てているトップブリーダーとのことです。 メダカも犬のように愛情を注いで育てた結果、こんなに増えてしまったんでしょうね。 犬を育ててはトップブリーダーになり、釣りも始めてはすぐ上達してしまい、メダカの飼育でも結果を出すという名取裕子は、非常に集中力もある活動的な方で、愛のある方なのではないでしょうか。

次の