トーマス ハーディ。 テスとは

トマス ハーディとは

トーマス ハーディ

生涯 [ ] トーマス・ハーディは、1840年にの郊外小村アッパー・ボッカンプトンで、石工の息子としてうまれた。 1856年に学校を終えたハーディは、ドーチェスターの建築家ジョン・ヒックスのもとで年季奉公に入った。 1862年にロンドンに出て、アーサー・ブロムフィールド 建築事務所で働いた。 この時期には毎日のようにや博物館を訪れたり、劇やオペラを観たり、数多くの詩作と読書に熱中した。 ロンドンの煤煙で健康を損ね、1867年にいったん故郷に帰って小説を書き始めた。 若い頃は敬虔なキリスト教徒で、日曜には家族とともに教会でヴァイオリンを演奏することもあった。 しかし、に加えて、著の『』により懐疑的になる。 牧歌的な描写に長け、地方(現在のドーチェスター一帯)を物語の舞台とした作品が多く、その作風はを想起させるものが多い。 に強い関心があり、家畜や動物が受ける痛みや苦しみを描写し、登場人物がその苦痛に共感するシーンを取り入れた作品が多い。 的と批判される事も多かったが、ハーディは自身を改善論者と称したように、作品を通じて読者の「他者の苦しみへの共感」を培うことで社会改善に貢献することを目指していた。 1867年(27歳のとき)に最初の作品『貧乏人と淑女』を執筆したが出版を認められなかった。 1870年の教会修理に赴き、牧師夫人の妹エマ・ラヴィニア・ギフォード と知り合い、1874年彼女と結婚し、ロンドンの郊外に住んだ。 1885年、都会生活への不満と、健康上の理由から田園生活を決意し、ドーチェスター近郊にみずから設計した家を建築し、それを と呼び、そこを永住の地に定めた。 死去の際には国葬が行われた。 身体は後妻との墓に、心臓は前妻との墓に埋葬された。 1891年に『』を、そして1896年に『』を発表するが、これらは当時は酷評される。 以後は詩作に専念するようになり、を題材とした『 ()』を発表した。 現代では自然主義の古典として再評価され、世界中で愛読されており、特にハーディ最後の作品『日陰者ジュード』は古典英文学の定番と言われるほどになっている。 1911年を授与され、また数々の名誉の学位を贈られた。 1912年彼は妻を失うが、2年後74才の時彼の秘書であったフローレンス・エミリー・ダグデール と再婚した。 1928年風邪が原因となり、マックス・ゲートで永眠した。 87才。 で国葬にされ、詩人のコーナーに埋葬された。 主な著作・日本語訳 [ ]• 『トマス・ハーディ全集』(全16巻、大阪教育図書、2009-2016年)• Desperate Remedies (1871年) 『窮余の策』(増山学 訳、学書房、1984年)• A Pair of Blue Eyes (1873年) 『青い眼』(土屋倭子 訳、大阪教育図書、2009年 )• Far from the Madding Crowd (1874年) 『遥か群衆を離れて』(高畠文夫 訳、 1969年) 『狂おしき群をはなれて』(滝山季乃、橘智子 訳、千城、1987年)• The Hand of Ethelberta (1876年) 『エセルバータの手』(大榎茂行 訳、大阪教育図書、2009年)• The Return of the Native (1878年) 『帰郷』(小林清一、浅野万里子 訳、千城、1991年)• The Trumpet-Major (1880年) 『ラッパ隊長』(藤井繁、川島光子 訳、千城、1979年)• Two on a Tower (1882年) 『塔上の二人』(藤井繁 訳、千城、1987年) 『搭上の二人』( 訳、大阪教育図書 2009年 )• The Mayor of Casterbridge (1886年) 『カスターブリッジの市長』( 訳、、新版2002年12月 ) - をテーマにしている 『キャスタブリッジの町長』( 訳、大阪教育図書、2010年)• The Woodlanders (1887年) 『森に住む人たち』(滝山季乃 訳、千城、1981年)• Alicia's Diary (1887年) 『アリシアの日記』( 訳、、2007年8月 )• Tess of the d'Urbervilles (1891年) 『テス』(上下巻)(、 訳、、1960年)• 下巻 『テス』(上下巻)( 訳、、2004年)• 下巻 『ダーバヴィル家のテス』(高桑美子 訳、大阪教育図書、2011年)• Jude the Obscure (1895年) 『日陰者ジュード』(小林清一 訳、千城、1988年3月) 『日陰者ジュード』( 訳、、1988年11月 ) (上下巻、改訳版)• 上巻(2007年4月 )• 下巻(2007年4月 )• The Well-Beloved (1897年) 『恋魂』(滝山季乃、橘智子 訳、千城、1988年)• Wessex Tales (1888年、短編集) 『ウェセックス物語』(短編全集 第一巻:大阪教育図書、2001年) 「見知らぬ三人の男」「一八〇四年の言い伝え」「憂鬱なドイツ軍軽騎兵」「萎えた腕」「町の人」「丘の家の侵入者」「惑える牧師」• A Group of Noble Dames (1891年、短編集) 『貴婦人たちの物語』(短編全集 第二巻:大阪教育図書、2003年) 「初代ウェセックス伯爵夫人」「グリーブ家のバーバラ」「ストーンヘンジ侯爵夫人」「レイディ・モーティスフォント」「アイシーンウェイ卿夫人」「郷士ペトリックの奥方」「アンナ、バクスビー卿夫人」「ピネロピ夫人」「ハンプトンシャー公爵夫人」「令嬢ローラ」収録。 Life's Little Ironies (1894年、短編集) 『人生の小さな皮肉』(短編全集 第三巻:大阪教育図書、2002年) 「夢みる女」「息子の拒否」「良心ゆえに」「ふたつの野心の悲劇」「西部巡回裁判の途中で」「妻への想い」「リール舞曲のヴァイオリン弾き」「古びた人びとの物語」• A Changed Man and Other Tales (1913年、短編集) 『変わりはてた男とほかの物語』(短編全集 第四巻:大阪教育図書、2000年) 「変わりはてた男」「主を待つ晩餐」「アリシアの日記」「道しるべのそばの墓」「騎兵登場」「古代の土塁での密会」「羊飼いの見た事件」「「恐怖時代」の公安委員」「ナイト爵ジョン・ホースリー卿」「再び現れた公爵」「ただの幕間劇」「乳しぼり娘のアヴァンチュール」収録。 『チャンドル婆さんとほかの物語および詩劇』(短編全集 第五巻:大阪教育図書、2001年)• 『ハーディ短編集』( 訳、、1957年12月/新版・2016年5月 ) 「呪われた腕」「妻ゆえに」「幻想を追う女」「わが子ゆえに」「憂欝な軽騎兵」「アリシアの日記」 収録。 『ハーディ短篇集』(編訳、、2000年)• 『幻想を追う女 ハーディ短編集 他五篇』(森村豊訳、岩波文庫、改版1993年) 脚注 [ ].

次の

テスとは

トーマス ハーディ

イギリス文学の好きな方、トマスハーディの作品で質問です。 トマスハーディの作品である「テス」や各短編集は、とても暗くて結果は救いよう もない悲劇で終わっていますね。 同国内からは強い非難を受けたそうです。 それなら同国の巨匠シェークスピアはやはり「リア王」「ハムレット」のような悲劇 作品を発表しましたが、ハーディ程の非難は受けていないと思います。 なぜ両者の評価でこのような違いがあるのでしょう。 私個人としてはハーディの リアルな作風の中から「人間への深い同情と愛」が感じられて愛読者の一人です。 皆様はハーディの作品をお読みになって、どういったご感想を持たれましたでしょ う? 簡単な回答でも結構ですので、なるべくたくさんのご意見をを歓迎致します。 「テス」が批判されたのは題材に性的なものが含まれていることと、フェミニズムが生まれつつ非常に強い反フェミニズムも醸成されるという社会背景(ヴィクトリア期)にあって、テスは女性が主人公でその主人公が保守的ではない、つまり当時の判断で不道徳だからですね。 救いようのない悲劇であるということが批判されたわけではありません。 もうひとつは形式が「小説」であるということ。 芸術としての文学の定義は「詩」です。 一方「小説」という形式は新しく、しばしば「俗」「新奇」「風俗的なもの」なものとして受け止められ題材も新しく同時代批判が盛り込まれやすい表象手段だったことですね。 シェークスピアが非難されないのは彼の書く「悲劇・喜劇」が「ギリシャ悲劇」から連なる「芸術的」に正当な悲劇・喜劇であり「戯曲」であること。 つまり伝統的なものにすぎないということ。 それからほとんどの作品に題材や材源(伝承や史実、作品)があるという、同時代の批判の回避構造が備わっていたということです。 天皇陛下が神々の系譜に連なるとした戦前の時期に、「古事記」をひも解き、神々の狂態を読んでも「不敬」にあたらないのと同じですね。 シェークスピアの『ハムレット』や『リア王』が特別な階層の特殊な人間の悲劇を描いているのに対し、トマス・ハーディの描いた小説の悲劇は、社会一般の悲劇だったからです。 つまり人間全般の社会を救いようの無い絶望的なものとして描いたからこそ、ハーディの作品は、人々の息を詰まらせ、暗い暗澹たる気持ちにさせたのです。 その結果非難を浴びたのだと思います。 しかも当時は、社会に不幸が蔓延していました。 ハーディの描出した悲劇は、絶対に起こり得ないとは誰にも断言出来無かったのです。 喜びやたのしみが少なく、ストレスの充満した社会に生きていた人々は、起こりうるかも知れない悲劇から目を逸らしたいという気持ちも働いたのでしょう。 文学作品も究極のところ娯楽であるはずです。 ところが、彼の作品は、読んで読書の悦びを感じるどころか、非常な不快感を与えました。 そのことにも人々は立腹したのだと思います。 遠い昔の学習では、イギリス文学の祖として同国の人々から大変に愛されているT・ハーディと認識しています。 『テス』は個人的に好きではありますが、かと言って同じプロットの小説をふたつと読みたいということはなく、つまり(わたしにとっては)50作品相当ほどの面白さはそれなりに堪能しました。 ただしハーディの手法は極めて保守的、かつ【女性】の設定や洞察も作品中にみる限り単眼ですね(その主旨で以って教条的に書かれているのですから仕方ありませんが)。 余計なことですがV・ウルフの『燈台へ』をお読みになると、シェークスピア作品にたいするかの国の知的な人々の認識の一部が偲ばれます。 それと職業・哲学学者の或る意味の悲痛さも、その日常における妻や子どもたちとの乖離も、またその他にもいろいろ(逸脱して申し訳ありません)。 そこにはまずシェイクスピアの時代と、ハーディの活動したヴィクトリア朝時代の道徳観の違いがあると思います。 シェイクスピアの時代は熊いじめ(Bear-baiting)のような動物虐待が大衆の見世物になっていた時代で、殺人や復讐をテーマにした「流血劇」が好まれました。 シェイクスピアより後の世代のジョン・フォードの劇「'Tis Pity She's a Whore」は、近親相姦の話ですが、妹の結婚式の日に兄が妹を殺して、式場に剣に突き刺した心臓をかかげて現れるというもので、ヴィクトリア朝の頃には非道徳だというのでフォードの作品集からも削除されてしまっていたようです。 前述の熊いじめもヴィクトリア朝の頃には禁止されていたと思います。 ヴィクトリア朝の道徳観は、ウラではなにをやっていたかわかったものではありませんが、少なくとも表面的には、とくに性的な事柄に関してはうるさかったので、ハーディに関しても、悲劇的であるというよりは(たとえばディケンズの「骨董屋」は、救いのない悲劇的な内容ですが、たいへん人気がありました)、当時の性道徳に抵触する部分が非難されたのではないかと思います。

次の

トマス・ハーディ

トーマス ハーディ

Contents• ダヴ・キャメロンとトーマス・ドハーティは友達から恋人になった 「ディセンダント2」の撮影開始時、ダヴはまだライアンと交際中だった。 ダヴは台本合わせについて「共演する役者が誰なのか、どんな人なのか、ということは考えない。 自分の役について考え、どう演じるかに集中するから」と説明。 One Demand Entertainmentのインタビューで「だから(トーマスと)初めて会ったときも、一緒に仕事をする仲間の一人としか見なかった」「彼に特別な感情を持ち意識し始めたのがズバリいつだったか正確な時期は覚えていない」と明かしている。 仕事仲間として友達関係を築いた後、いつのまにか恋に落ちたという2人。 そのためか絆はとても強く、スコットランドを拠点とするトーマスと遠距離恋愛をしていることについてもダヴは、「運命の人なら、遠距離恋愛なんて何の問題もないわ。 苦じゃないものは苦じゃない。 どんな状況下においてもね。 誰かをとても愛しているのなら、どんなに忙しくても時間を作れるものだしね」と語っている。 2人は当初、付き合っていることを極秘にしていたが… ダヴとトーマスは、恋愛関係に発展してからしばらくは交際を極秘にしていた。 「ディセンダント2」の共演者ソフィア・カーソンは、「最初から2人の間にはビビッとした電流が流れていたのよ。 みんなには秘密だったけれど私には見えていたわ」「彼女はしばらくの間、彼との交際を秘密にしていたかったのよ。 でも態度に出ちゃっていてね。 交際していることを秘密にしていたのに、彼が大好きだって態度に出ちゃうの。 A post shared by dovecameron on Jun 30, 2017 at 7:13pm PDT トーマスもダヴと極秘交際していた当時のことは、今もあまり語りたがらない。 米Rawのインタビューでも「最初のデートは夕食を食べに行ったんだ。 それ以上は言えない、当時は秘密だったしね」と発言。 「相手にもよるけど、自分で夕食を料理したり、ピクニックに行ったりするっていうデートが好きかな。 座ってじっくりと話をして相手をもっと知ることができるようなディナー・デートが理想だね」とも語っていた。 トーマスがダヴにプレゼントしたものは? 今年のバレンタイン前後にダヴは「Chlo」と彫刻されたシルバーのハートブレスレットをしている写真をインスタグラムに投稿。 ダヴの本名はクロエのため、愛称の「Chlo」と彫られていたのだが、ファンはこの写真に仰天。 というのも、ブレストレットにトーマスをタグ付けしていたからだ。 そして、このブレスレットはトーマスからダヴことクロエへの愛が込められたプレゼントなのだ、ファンに彼氏を紹介してくれたのだ、と話題になった。 A post shared by dovecameron on Mar 9, 2017 at 3:01pm PST また、ダヴはTwitterで、「かなりの身長差があるけど、どう?」とトーマスとのツーショット写真付きで質問されたときにも、「こんなに身長差があるなんて気づかなかったわ。 だって、私はみんなより背が低いから。 でも、抱っこしてくれたり、コートの下に隠してくれてしてもらえるから、最高だよね」と回答。 トーマスとの身長差には満足しているようだ。 トーマスへの愛が止まらない! On Demand Entertainmentのインタビューで、ダヴはトーマスと恋に落ちた直後「どうしよう。 どうすればいいんだろう」と思ってしまったと告白。 「だって、彼はこの地球上で最もキレイな人間なんですもの。 外見だけじゃない。 また、ダヴはこのインタビューで「恋に落ちてしまったから、いつか彼に(ふられて)傷つけられるって不安になったけど。 でもかなり長期間付き合っていて、彼のことをとっても愛しているし。 彼は私の大親友でもあるし」とも言い、トーマスと理想的な交際をしていることも明かした。 never notice til i see pics, cause i'm shorter than everyone. 「恋愛って自分の人生に? それともトーマスに?」と質問され「両方!」と答え、大きな話題になった。 both — Dove Cameron DoveCameron トーマスが語るダヴとの初対面エピソード 初対面のときは意識していなかったため、あまり記憶にないというダヴだが、トーマスは一部始終を覚えているとのこと。 インタビューで、「リハーサル初日、僕は誰も知らなくってね。 そんな中、小さなブロンドの女の子が部屋に入ってきたんだ。 あとはみなさん、ご存知の通りさ」と説明している。 2人が恋に落ちたと確信した瞬間って? ダヴはインタビューで「私とトーマスが10分間ほどの共演をしたときにね。 2人して『あっ、やばい』って思っちゃったの。 お互いにこの人と恋に落ちるって確信したのね。 で、私たち2人とも泣いちゃって。 自然と涙が溢れてきちゃって。 気持ちを抑えることができないっていうか」と明かしている。 トーマスを3つの単語で説明すると? ダヴはトーマスのことを「ラブ」「セクシー」「アグリー(醜い)」という3つの単語で説明。 ユーモアたっぷりな表現だと話題になった。 ちなみに、ヒゲがあっても、なくても、かっこいい!と思っているそうだ。 2人の仲を応援していたケニー・オルテガ トーマスとダヴの間に流れる愛があまりにも熱いため、「ディセンダント」シリーズを手がけるケニー・オルテガ監督とトーマスとダヴの3人で、不自然にならないようなバックアップストーリーを考えたことを明かしているダヴ。 J-14のインタビューで、ダヴはみんなから、トーマスとダヴの間に流れる空気が単なる共演者の域を超えていることを指摘され、ダヴは「違うのよ、そんなんじゃないのよ」と戸惑ったことを告白。 そんな中、ケニーは「僕は君たちはとてもよいカップルになると思うけどね」と彼女に伝えたとのこと。 ケニーが最初から2人の仲を応援していたことを明かした。

次の