パンピー ラップ。 レッドブルCMのラップは「PUNPEE」だった | しらさかブログ

秋元才加と結婚相手(夫)のPUNPEEとの馴れ初めや本名を紹介!

パンピー ラップ

最近リリースされた 星野源の新曲から。 源さんと仲良く歌ったり、ラップしていて、「え、誰?」と思った方も少なくはないでしょう。 このごく平凡で、近所にも居そうなメガネのにーちゃん。 He is PUNPEE パンピー 、遂に超メジャーな表舞台に出てきた天才です。 パンピー 一般ピーポー なのに天才。 今日はそのPUNPEEさんって何者?について解説していきたいと思います。 とりあえずPUNPEEさんの、ハイパー端折った、それでも「これでもか!」な凄い経歴から。 ・ULTIMATE MC BATTLE 2006 東京大会、優勝。 ・2007年 GAPPER、実弟の5lackとPSG結成。 ・2009年 SAMPLER BATTLE GOLDFINGER's KITCHEN 2009、優勝。 ・2010年、ヒップホップ専門メディアAmebreakの2010 BEST PRODUCERS 第一位に選出。 ・『水曜日のダウンタウン』のオープニング曲やジングル制作。 ・アメコミ好きが高じてDCコミックスの『LOBO ポートレイト・オブ・ア・バスティッチ』に翻訳監修で参加。 ・2017年 自身初となる1stソロアルバム『MODERN TIMES』リリース。 ・その他、ヒップホップ勢との共演&プロデュースは数知れず、後藤正文 アジカン 、曽我部恵一、宇多田ヒカル、加山雄三といった別ジャンルの著名人ともコラボ。 ・凝りに凝ったPVは完全自己プロデュース。 ・KREVAやZEEBRAといった御大から賛辞を受け、一目置かれ続けるスーパーマン。 分かりやすく一言で言うと、どこにでも居そうなこの普通っぽいお兄ちゃんが、密かに日本のヒップホップシーンでは知らない人はいない大アニキであり、強面なお兄さん達とも肩に手を掛け合いながら、他のシーンにも橋渡しをしているという、カッコ良過ぎる存在なのです。 そして彼の天才たるゆえんが、そのルックスからは想像もつかないスキルの高さ、知識の豊富さ、磨き抜かれたセンスです。 フジロックでのパフォーマンスは、会場をドンドン巻き込み、彼特有の温かなムードで包み込む、まさに鳥肌モノの内容。 彼の凄さをまざまざと物語っています。

次の

レッドブルCMのラップは「PUNPEE」だった | しらさかブログ

パンピー ラップ

別名 PUN-P Heavy TOMO Sugbabe出身地 東京都 本名 高田智央 ともひさ 生年月日 1984年生まれ ジャンル ヒップホップ 職業 プロデューサー、サウンドエンジニア、ヒップホップMC、トラックメイカー、DJ PUNPEE パンピー の名前の由来は? PUNPEE パンピー の名前の由来は、 「一般ピープル」を意味する「パンピー」からきているそうです。 PUNPEEさんが通っていた中学は、不良学校で、 PUNPEEさんはいじめられっ子グループに属していたそうです。 しかし、「ゲームをたくさん持ってるからあいつはイケてる」という理由で、 不良でもなくいじめられっ子でもなく、一般人の地位だったそうです。 これが名前の由来となったと語られています。 スポンサーリンク PUNPEEと豪華アーティストとの共演が凄い! PUNPEEさんは、HIP-HOP界のみならず、 多くの著名人からその才能を認められています。 豪華著名人との共作が話題となることが多いのです。 加山雄三と共演 PUNPEEの名を世に広く知られたきっかけは、 加山雄三とタッグを組んだ 「お嫁においで 2015」の楽曲です。 PUNPEE】 加山雄三の代表曲でもある、「お嫁においで」をカバーしMVにも出演してしまうところがPUNPEEさんは凄いですね。 星野源との共演 2019年10月には 星野源さんとも共演し話題となりました! 【さらしもの feat. PUNPEE 】.

次の

「PUNPEE/タイムマシーンに乗って」のMVに映画オタク用のネタが散りばめられてたのでわかるだけ検証しました

パンピー ラップ

ども、こんにちは。 LobsterBlogHSCの編集をやっているデザイナーのTommyです。 PUNPEE パンピー に関する情報を調べてみると、宇多田ヒカル、加山雄三、水曜日のダウンタウン、Red Bull TVCM、Renaissance、S. 、ULTIMATE MC BATTLEなど様々なキーワードがあがってきます。 斬新でいて独創的な作品を生み出すPUNPEE パンピー を形成するものはいったいなんなでしょうか。 ジャンルを超えたコラボレーションでも話題を呼んでおり、宇多田ヒカルの「光」をリミックスした「光 Ray Of Hope MIX 」が全米Itunesチャートで日本人アーティスト最高位となる第2位を記録したり、加山雄三生誕80周年を記念して制作されたREMIXアルバム「加山雄三の新世界」で、「お嫁においで」を大胆にサンプリングして制作された「お嫁においで Remix」などで大きな話題を呼んでいます。 その他にも、TOWA TEIのREMIXを手がけたり、RHYMESTERへ楽曲を提供したりとジャンルに関わらず幅広く活動しています。 地上波・メディアでもPUNPEE パンピー 大活躍 昨今では、テレビやラジオなどのメディアでもPUNPEE パンピー を目にする機会が増え、Red Bull TVCMの「ナポレオン ver」でラップを披露したり、TBS系列 バラエティー番組「水曜日のダウンタウン」への楽曲提供など、様々なフィールドで活動しています。 Red Bull TVCMの「ナポレオン ver」はこちらで確認できます。 才能あふれるPUNPEE パンピー を形成するもの 様々な視点から作り出されるPUNPEE パンピー の作品は予想できない展開と人並みはずれた斬新なアイデアでリスナーを魅了し続けています。 そんなPUNPEE パンピー を形成するものとは、一体なんなんでしょうか。 父親がレコードコレクター PUNPEE パンピー はメディア インタビューで父親の存在のことをよく話します。 父親が山下 達郎好きのレコードコレクターであったようで、幼い頃からJazzやFunkなど様々なジャンルのレコードに囲まれていたようです。 一番最初にHip Hopを聴いたのも、父親の勧めで「KRIS KROSS — JUMP」だったとのことで、幼い頃から、音楽的にかなりいい環境で育ってきたようですね。 そりゃ、HipHop的な概念を飛び越えた曲を作るのも納得です。 ビートの太いブラックなトラックから、City Popのような軽快なトラックまで、様々なエッセンスを持つ楽曲を制作するPUNPEE パンピー。 そんなPUNPEE パンピー もHip Hopと出会う前は、オルタナティブ ロックを聴いていました。 学生時代の友人の影響でRed Hot Chilli PepersやOASIS、Beckなどをよく聴いていたようで、自身でもコピーバンドをやっていたようです。 その時に培った音楽理論が現在のトラックメイキングに生きていると、ラジオ番組のインタビューでも話していました。 当日の様子を本人も「怒られないかな〜 ロックファンに 」と心配していたようです。 自身でも認めるアメコミヘッズ PUNPEE パンピー がアメコミ好きというのは有名な話で、PUNPEE パンピー の作品には、ビートやリリック、アルバムジャケットなどの随所にアメコミ要素が取り入れられていています。 本人も「アメコミは自信を形成したもの」と話しており、特にDCコミックスの「Watchmen ウォッチメン 」に関しては、大きな影響を受けたようです。 ちなみに、アメコミ好きが高じて、ついにはDCコミックスの「ロボ」という作品のなんと翻訳監修も行っていているようです。 キース・ギッフェン 著 PUNPEE 監修 サイモン・ビズレー イラスト 椎名ゆかり 翻訳 PUNPEE パンピー といったらサンプリング ラップやプロデュース、REMIXなど様々な分野で話題を呼んでいるPUNPEE パンピー ですが、曲作り・サンプリング センスにおいても、高い評価を得ています。 または楽器音や自然界の音をサンプラーで録音し、楽曲の中に組み入れることである。 wikipedia. org Hip Hopというひとつのジャンルだけでは、決してカテゴライズできず、音楽だけでなく、漫画であろうが、お笑いであろうがあらゆる素材からサンプリングし、作品として吐き出す。 様々な素材を調理することが上手で、一見 ミスマッチと思える素材であっても、PUNPEE パンピー が調理することで、それが新感覚な作品となってしまう。 そんな、PUNPEE パンピー が作る作品、そしてサンプリング センスが光る曲をいくつかPick Upしてみました。 サンプリング センスが光る曲 Renaissance — MODERN TIMES Fiona AppleのSleep To Dreamをサンプリングした作品。 夢なのか現実なのかがわからない、まるでデヴィッド・リンチの世界観ようなみごとなまでのサイケデリックな世界。 と、感服しています。 ちなみにこのサイケな世界観を見事にア二メーションに落とし込んだのがイラストレーターの「オオクボリュウ」さんです。 「オオクボリュウ」さんは、イラストレーションとアニメーションを中心に、ミュージックビデオや雑誌広告、アパレルなど多くの作品を手掛けています。 PUNPEE 加山雄三生誕80周年を記念し発売されたREMIXアルバム「加山雄三の新世界」の中から「お嫁においで2015 feat. PUNPEE」。 以前、フジテレビで放送された古舘伊知郎のトーク番組「トーキングフルーツ」にPUNPEEがゲスト出演した際にこの作品について以下のように話しています。 「ジャパニーズ クラシックでもある加山雄三のリメイク REMIX することが昔の人のかっこよさも伝えつつ、現在のかっこよさも伝えられることができる。 それが、よかった。 」 James BrownのFUNKY DRUMMERが、どの世代からもサンプリングされ続けているようにジャパニーズ クラシックでもある加山雄三をサンプリングし、Hip Hopの鉄板ビートライン「The Honey Drippers — Impeach The President」にのせる。 海外で生まれた文化でもあるHip Hopを見事に日本に落とし込んだ作品ではないかと思います。 水曜日のダウンタウン — オープニングテーマ TBS系列で放送されているバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』のオープニングテーマをPUNPEE パンピー が制作したのは有名な話ですね。 水曜日のダウンタウンのテーマはサンプリングレベルがやばいです。 この場合のやばいとは、音楽的なサンプリングというよりは、世界観のサンプリングがとても面白く、ダウンタウンに関する素材をとにかく様々なところからサンプリングしてきています。 着眼点が本当に面白く、リリックを読み解いていくとごっつえぇ感じ時代のエピソードや、芸者ガールズのモリオカverse、WOW WAR TONIGHT、WORLD DOWNTOWNなど、ダウンタウンに関する様々なネタが随所に散りばめられています。 RHYMESTER — Kids In The Park feat. PUNPEE このグループに関しては、もお説明不要ですね。 日本のヒップホップを牽引し続けるグループ「RHYMESTER(ライムスター)」との作品、「RHYMESTER — Kids In The Park feat. PUNPEE」です。 さすが、オルタナティブ ロックを愛し、ミクスチャー ロックに影響されたPUNPEE パンピー だけありますね。 曲の冒頭では「The Offspring — Pretty Fly」の有名なセリフ、「Untem, gliben, glaussen, glauben」をPUNPEE パンピー 自身がサンプリングしていますね。 子どもたちが公園で遊ぶような世界観を表現した作品で、テンポ良く刻まれるコミカルなサウンドがトイポップの世界観を感じさせ、リリックとトラックが最高にマッチした 1曲です。 RHYMESTERの二人も、あまりのトラックのクオリティーの高さに「自分 PUNPEE のアルバム用にとっておいた方がいい、もったいない!」と説得までしたくらいだったようです。 メロディーラインは、「The Sylvers — Only One Can Win」を元ネタにサンプリングしているようです。 ちなみに「Untem, gliben, glaussen, glauben」のオリジナルはDef Leppard — Rock Of Agesです。 PUNPEE パンピー の使用機材 人並みはずれた斬新なアイデアで作品制作を行うPUNPEE パンピー ですが、いったいどのような機材を使って曲を制作しているのでしょうか。 「MPCはいい意味で、事故が起こりやすい。 音源の取り込み方法や編集方法によって、自分が予測していなような化学反応起こる。 」 ラジオ インタビューでもMPCに関して上記のように話しており、音源の取り込み方、編集方法、エフェクトの掛け方などで、様々な音色を作り上げることができるMPCマシンを愛用しているようです。 以前、フジテレビ系トーク番組 「古舘伊知郎のトーキングフルーツ」に出演した時に作業部屋を紹介していましたが、それを見る限り以下のような機材で曲を制作しているようですね。 ベースとなるマシンは「MPC2000xl」 基本的にサンプリングや曲の制作は「MPC2000xl」で行っているようですね。 MPC2000や2000XLに関しては、HIP HOPのド定番とも言えるマシンで、Kanye West、Nujabes、Pete Rock、Cut Chemistなど多くの著名アーティストが使用しているマシンです。 HIP HOPの黄金期を支えた言っても過言ではないマシンで、いまだに多くのアーティストに愛されています。 ちなみにPUNPEE パンピー が使用しているこのMPC2000xl、弟のSlackが中学に上がるときに、お父さんがslackへのプレゼントだったようです。 そのときにSlack氏は実はBMXが欲しかったらしく、そのもらったMPC200xlを売ってBMXを買う。 と言った弟に「それをHipHop的に間違っている」と思ったPunpee氏は、当時Slack氏にお金を払い、MPCを譲ってもらったらしいです。 レコードからのサンプリングはVestax レコードからのサンプリングは1994年製のVestax PDX-a2sを使用しているようですね。 PUNPEE パンピー の曲を聴いていると時より、声ネタでスクラッチをしていますが、サンプリングだけでなくスクラッチもこちらのマシンを使用しているのかもしれませんね。 Vestaxはすでに倒産していますが、こちらのマシンもHip Hopを支えた名機で、針が飛びにくいストレートアームを使用していたので、バトルDJ、スクラッチDJには人気のマシンでした。 歴史を感じますね。 ちなみにミキサーも同様VestaxのPMC-05PRO3を使用しているようです。 キーボードは、microKORG サンプリングしたアナログ音源にPUNPEE パンピー 独特のメロディーラインを加えるのは、「KORG microKORG」なのかもしれませんね。 こちらのマシンも不朽の名作で、いまだに根強いファンを持つマシンです。 Daft Punkのように声をデジタル音源と合成するヴォコーダー機能をもっているので、この機能を使用して、あのメロディアスなフックを作っているのかもしれませんね。 曲の編集はPro Tools 編集、展開はPro Toolsで行っているようで、PCはI Macを使用しているようです。 曲制作には慣れている機材を使うのが一番とのことで、録音も全ては自宅でしているとのことです。 モダンタイムスをリリースした現在でも板橋の自宅で制作しているようです。 人並みはずれた斬新な作品を生み出し続けるPUNPEE パンピー を形成する様々な要素、独創的なサンプリング スタイルや、使用機材など、いろいろと調べてみると、改めてPUNPEE パンピー の偉大な作品作りに感銘を受けるとともに、今後の活躍も期待ですね! まだ、PUNPEE パンピー を聴いたことない人は、せひともチェックしちゃってください!.

次の