ハーバード 大学 全裸 マラソン。 ハーバード大学出身の日本人。世界的有名人がこんなに!偏差値は?

ハーバード大学の女子学生は毎年全裸で走るらしい

ハーバード 大学 全裸 マラソン

今日はちょっとアカデミックな話題です。 先日、初めて来店したいかにもお金持ちそうな 見た目でそう思いました 夫婦が子供の受験のことで話をしているのを耳にしました。 盗み聞きです。 二人の話からどうも娘さんは名門私立高校に通っていることを何となく把握できたのですが、 父親:「俺はあいつにハーバード大学に通わせたい。 日本の大学じゃ遊んで終わるのがオチだろ」 母親:「あの子は東大目指して頑張ってるんだから、そんなこと言わないで」 父親:「東大?高々日本のトップだろ!・・・ 続く 」 アツアツ出来立てのコーヒーわざとぶっかけてあげようかとおもっちゃうくらいに、なぜかイライラしながらその会話を盗み聞きしてました。 ハーバード大学が天にも届くレベルだからということではなく、 「偏差値」というのは日本に特有の「学力指標」だから。 日本人は昔から「まわりと比べて」という相対評価が好きなんですよ。 島国であり欧米の進んだ文化を見ながら自国と比べることしかできなかった日本の伝統の産物とでもいうんですかね。 しかしハーバード大学の実力を世界ランキングで見ると、2015年では堂々の1位となっています。 ちなみに日本でトップレベルとされる東京大学は世界に25位にやっと顔を見せます。 合格率は5. 0%といわれる程の難関です。 推計になりますが、日本の偏差値で考えれば80以上になるといわれるほどの狭き門ですね。 よく「人物本位の選考」なんて言われますが、日本のように一発勝負で勝てば合格というわけにはいかないので、優秀な人物をたくさん卒業生に抱えてきた所以もわかる気がします。 こんなレベルの高いハーバード大学の出身日本人は誰? 楽天の会長である三木谷浩史さん 左 、サントリーホールディングス代表取締役の新浪 剛史さん 中央 、皇太子妃雅子様 右 がハーバード大学を出身です。 どの方も超がつく一流の方々ですね。 このほかにも、 やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ。 あるいは、 やって見せて、言って聞かせて、やらせて見て、 ほめてやらねば、人は動かず。 の言葉で有名な戦時の海軍軍人山本五十六や大日本帝国憲法の起草に参加した金子堅太郎などもハーバード大学で学んでいます。 こうしてみると日本は本当に優秀な人々によって形作られてきたということを感じずにはいられませんね。 ほかにもハーバード大学の有名人にはこんな人が・・・ マットデイモン 俳優・左 、ビル・ゲイツ 実業家・中央 、ナタリー・ポートマン 女優・右 などもハーバード大学出身の有名人です。 僕はマット・デイモンのオーシャンズ11やナタリー・ポートマンのブラックスワン、レオンなんかが大好きなので、改めて尊敬の念を感じてしまいます。 かっこいい・美しいだけではないんですね。 またマイクロソフト社の創業者である天才ビル・ゲイツもハーバード大学で学んでいます。 こうしてみると、確かに日本一優秀といわれる東京大学と比べると世界的に有名な卒業生を輩出している割合が高いことは否めませんね。 あの話をしていた夫婦の娘さんも、ハーバード大学から世界に羽ばたいていくのか、ちょっと気になります。 また今度、ハーバード大学が東京大学など日本の大学と比べてなぜ世界的スターをたくさん輩出できているのかについてもお話しようかと思います。 ありがとうございました。

次の

ハーバード大学で今も残る、全裸で学内を走りまわるという伝統を撮影した動画

ハーバード 大学 全裸 マラソン

カルチャーショック ハーバードVS東大 より ベンジャミン トバクマン [著] はじめに あなたは日本の大学教育に対して、疑問を感じたことがありますか。 あるいは、「東大はナンバーワンとみんな言うけれど、国際社会ではどうだろうか」と自問したことがありますか。 そんなあなたのために、本書を日本語で執筆しました。 アメリカのナンバーワン大学・ハーバードと東大の教育の在り方を体験的に比較してみました。 それは私にとって、入学制度を始め、大きなカルチャーショックでした。 そこで私は、日米の最高学府はどう違うのか、どちらの方がこれからの国際社会で優れているのか、それはなぜなのか、こういった問題を解いてみることにしました。 少子化が進み、日本の大学における競争が激化している中、どんな大学が、日本の将来のリーダーを育て、生き残れるのでしょうか? 本文にも紹介していますが、私は一六歳の時から日本語を学習しています。 ホームステイや研究で何度も日本を訪れたことがあり、多くの日本の方々にお世話になりました。 このたび、奨学生として来日し、一年半の学生生活で感じたことを皆さんと分かち合いしたいと思いました。 粗雑な日本語で大変恐縮ですが、私の気持ちが伝われば幸いです。 二〇〇八年五月一四日 平等主義の大学・ハーバード 深夜のヌード・マラソン ハーバードの活気は、表現の自由に基づいている。 その事実は、期末試験に入る前夜に、浮き彫りになる。 ストレスを発散したい学生が服を脱いで、芝生のハーバード・ヤードを全裸で一回り走る。 終わると、慌てて服を着て、勉強に戻る。 少ない場合は約二〇〇人、多い場合は四〇〇人位の人が参加する。 ほとんどの観客は彼らの同級生で、参加者の人数より三、四倍ぐらい多く、「トラック」(ハーバード・ヤードをトラックとして使用)の傍にぎっしりと並んでいる。 拍手したり、声を張って応援する者もいれば、カメラのレンズに収めようとする者もいる。 ランナーは写真に撮られたくないので、なるべく速く走る。 それでも、撮影されてすべてを見られるリスクはある。 このイベントはプライマル・スクリーム(原始的叫び)と言い、天気を問わず行われる。 ハーバードの春学期は五月から始まるので暖かいけれど、秋学期が一月に終わるので、摂氏マイナス一八度ぐらいの気温の中で走っているわけだ。 走り出したらわずか三、四分で、身体がすぐに温まるとランナーは言っている。 イベントの前後に、応援団が参加者にホット・ココアを注いであげて、彼らの凍死を防ごうとする。 初めてプライマル・スクリームを見に行った時に、色々な意味で驚かされた。 まず、前述したように、数百人の学生が同時に全裸になって、キャンパスの真ん中を走っていた。 第二に、人数の多さといい、走っているスピードといい、目の前を通っているランナーが男性なのか、女性なのかすら分からなかった。 最後に、真夜中にもかかわらず、街灯の下では、撮影するのに十分に明るかった。 こうした状況を気にせず、裸で走る学生は本当に勇ましいか、アホかどちらかだったに違いない。 ある年、冬のプライマル・スクリームで怪我人が一人出た。 私と同じ寮に住んでいる一回生で、片足に霜焼けができてしまっていた。 重傷ではなかったものの、二、三週間後に回復するまでは、松葉杖を使って歩いていた。 数百人の中で、彼だけが霜焼けになったということは、プライマル・スクリームではなくて、本人のやり方に問題があったということだ。 身体が冷えたのは、走り終わって服をすぐに見つけられなかったからだろう。 翌年度のプライマル・スクリームで、より大きな問題が起きた。 いつも通り、気温が氷点よりはるかに下がっており、イベントが始まる数時間前に、悪戯っ子が水をコースの一部に撒き散らしてしまっていた。 そこはランナーが走るカーブだった。 水が凍り、裸足でしかも全力で走っている学生がそこを通ったらどうなるのか想像して頂きたい。 当然ながら、邪魔のないコースを気持ちよく、勢いよく走っている学生は、突然氷を踏むと、スピードを落とす暇もなく、あちらこちらへ滑ってしまった。 その後続の人も二の舞を演じ、夜中のマラソンはあっという間にドミノ倒しと化した。 不幸中の幸いだったのは、最後のランナーだけが前の人の様子や叫び声に気が付いて、無事だったということだけだ。 このような事件があるのなら、プライマル・スクリームを禁止すべきだ」という意見があるだろう。 ところが、学生に表現の自由を与えすぎる方がろくに与えないよりはるかに良いと思われる。 次の例も考えてみることにしよう。 性的な虐待を受けたハーバード大生が年に一度集い、ダーティー・ランドリー・プロジェクト(汚い洗濯物のプロジェクト)に参加している。 これらの学生はハーバードに入ってからレイプされたとは限らないが、性的な虐待による痛みを何らかの形で表現したい、公にしたいという気持ちが共通している。 そこで、辛い思い出を古い服の上に書き、キャンパスの中心に高さ二メートルの竿をたくさん立て、竿と竿の間に紐をぶら下げ、自分の「ダーティー・ランドリー」を干してみせるのだ。 服の数は五〇~一〇〇までなので、参加者の人数もそのぐらいだろう。 「これはおかしい話だ。 こうしたって意味はないでしょう」という意見がある。 しかし、対策として、これほど役立つものはないかもしれない。 レイプされた人は、もし警察に通報した場合は、レイプの詳細までいろいろと聞かれることになり、最も思い出したくないことを赤の他人に話さなければならなくなってしまう。 被害者がそれは避けようと思うのは、当然のことと言えよう。 恥ずかしいから家族や友達にも言いたくないという場合は、結局、レイプに伴う肉体的かつ精神的な痛みを自分の力でしか処理できない。 その重荷をたった一人で抱えることは非常に辛いだろう。 しかも告発しなかったとすると、加害者は何の罰も受けないで済み、別の人に同じ酷いことをしかねない。 こうした状況の下で、被害者は絶望を抱くに違いない。 そこで、ダーティー・ランドリー・プロジェクトがある。 被害者はレイプの危険性について警告することで、コントロールを取り戻し、回復することができる。 サイエンス・ビルにも展示がある。 内容はダーティー・ランドリーに載っている言葉より大きく書いてあり、いずれにしても、読んだ人をぞっとさせる程物々しい。 サイエンス・ビルはハーバード・キャンパスで人の出入りが最も多い建物なので、その中で文章を公開することは、レイプの危険性を啓発させるのに大いに役立っているのだ。 こうした活動は、参加者にとっては治療の一種であり、読んだ人にとっては警告である。 プライマル・スクリームはダーティー・ランドリーと違って、啓発の役割はないけれど、その程度のことを許さないと、キャンパスはより危険になるかもしれない。 ハーバード大生がダーティー・ランドリー・プロジェクトをしないとしたら、レイプの危険性は伝わらないかもしれない。 もしプライマル・スクリームで走れないとしたら、ストレスの発散で危ない方法を用いてしまうかもしれない。 ハーバードは学生の表現の自由を尊重することで、キャンパスの安全性を高めている。 それと同時に、学生が情熱を込めて活躍するように促している。 学生は授業の中でも表現力を生かしている。 ハーバードを含めて、アメリカのほとんどの大学では、学生がディスカッションに積極的に参加しないと、成績は下がる。 また、奨学金を獲得することや、極端な場合は就職することさえ、困難になってしまう。 このため、基本的に授業で話したがらない人も、頑張って発言している。 非常に狭い意味では、学生が授業中にしたコメントは、発言者の口から出てきて聞き手の耳に入っていくと、痕跡なしに消失する。 しかし、それによる利益は軽視すべきではない。 一つの簡明なコメントだけで、たくさんの間違った意見を変えられるかもしれない。 すぐ変わらないとしても、そこで変わり始めるかもしれない。 より広い意味で考えると、学生が議論するかどうかは、後々、社会の繁栄に影響を与える。 つまり、議論の内容は何にせよ、学生はアイディアの交換に慣れているほど、将来、協力して社会の問題を解決してくれる。 学生時代から議論してきた人は、初対面の人とでも同じテーブルに座って、上手に交渉できるからだ。 もちろん、議論で出たすべてのコメントが勉強になるとは限らない。 しかし、根拠のない、論理に乏しいアイディアが筋の通ったアイディアに食いつぶされることでしか、人間文明は進化しない。 議論する習慣を培うのに、大学は最適な場所である。 なぜならば、違う育ちの学生が同じ教室に集まるからだ。 もう一つの理由は、知識を分かち合う習慣が若いうちにできると、一生、分かち合い続けるからだ。 逆に、学生が知的な議論に慣れないまま卒業してしまうと、就職先で同じチャンスが待っているとは限らない。 ハーバードの学生は一回生の時から、先輩と同じ授業を受けることがある。 私は入学した時には、議論が苦手だったので、先輩にはもちろん勝ち目はなかった。 自分の発言を論理的に証明しなければ、他の学生から激しく反論され、頬っぺたを赤らめることでしか返答できなかった。 これは恥ずかしかったし、悪い成績につながりそうだった。 しかし、議論の練習を重ね、自分が四回生になった時は、後輩の発言をより強い論理でひっくり返せるようになっていた。 私が反論した一人の後輩は、返す言葉を見つけず、真っ赤になった。 そこで、私は三年前の自分を思い出し、自分の知的な成長に気づかされた。 参加と成績がつながっていないとしたら、このように成熟していなかったかもしれない。 「ハーバードは志願者の表現力をどのように測っているのだろうか?なぜそんなに重視しているのか」と思われるかもしれない。 文字通り、表現力を入学の尺度として使っているわけではない。 ただし、志願者はパーソナル・エッセー(自分の人生や目的をテーマとしたエッセー)を要求されるし、面接を通らなければならない。 このため、表現力の乏しい生徒は絶対に受からない。 ハーバードは表現力そのものを重視しているのではなく、むしろ表現力に反映される自立心や議論する力を重視しているのだ。 人は自立心がなければ、リーダーになることはできない。 そして、議論できなければ、新発想を生むことで、社会を活性化させることもできない。 目次 「学長室を占拠せよ」 刑務所で行われる授業 入試で万点を取っても、落とされる ハーバードにしか受からないホームレス 入試ほど重要なのは、ベリーダンス? 政治犯を歓迎するハーバード 休講を歓迎する東大 女性が二割、Shall We 東大? 等々.

次の

【愕然】ハーバード大学 クラスター

ハーバード 大学 全裸 マラソン

NHKの「ハーバード白熱教室」が放送されて以来、日本で有名になったマイケル・サンデル教授。 近頃は執筆活動や世界中での講演などで忙しいのか、ハーバードで滅多に会うことはない。 次学期彼が受け持つ授業はまだ正式に発表されていないが、ごく少人数のセミナーや論文助言のみであろうと思われている。 現在、白熱教室の授業が行われたサンダーズシアターで、大人数の学生向けに行われている人気授業といえば、マラン教授によるコンピューターサイエンス入門「」やマンキュー教授による経済学入門の「Ec10」が挙げられる。 どちらも学生数が600人を超えており、ハーバードでは最大級の授業である。 次世代の白熱教室が日本で放送される日が実現して欲しい。 「ハーバード生って遠い存在。 強くて、自信に溢れた人の集まりなんでしょ?」 多くのハーバード生は、「心のサポート」を受けながらキャンパスライフを送っている。 2016年に卒業したハーバード生 学部 のうち、73. ハーバードでは、「話を聞いてもらいたい」という気軽な気持ちで学生の保険対応内でカウンセリングを受けることができ、「自分だけですべて解決しなくても大丈夫」という、サポートを受けることが当たり前な文化が根付いている。 私自身、入学前は「ハーバードは全てにおいて完璧な人が行くところ」と思っていた。 一人でアメリカへ旅立つことや、大学に同じ学年の知り合いが一人もいないことなどの不安で押しつぶされそうになっていた私は、果たしてこんな「完璧」からかけ離れた自分に居場所があるのだろうか、と心配な気持ちでいっぱいだった。 しかし、大学が始まると、「弱さがあることは決して恥ずかしいことではない」「誰も一人ですべてはできない」「大丈夫じゃないことも、大丈夫」というメッセージが載ったポスターがキャンパス中に貼ってあったり、教授が授業前にカウンセリングのすすめをしたり、あらゆる場所から温かいメッセージが発信されていた。 私は、完璧じゃなくていい。 自分に自信が持てない時があってもいい。 大丈夫じゃない時があってもいい。 完璧に見えていた周りのハーバード生も、皆弱さを抱えている。 ハーバードに入って改めて、本当の「強さ」とは弱さをきちんと認めて、助けを求めることなのかもしれない、と思った。 「ハーバードってお金持ちしかいないんじゃないの?」 ハーバードは学費がものすごく高い、という声をよく耳にする。 学費は確かに高い。 1年間にかかる学費や住居費、食費などは、総額約6万3000ドル 約710万円 である。 だが実際には、学生の約60%が返済する必要がない学費援助 Need-Based Financial Aid を大学から支給されている。 さらにそのうち約20%は全額免除の扱いだ。 細かい内訳を説明すると、親の年収が65,000ドル 約730万円 以下の場合、大学側が全費用を負担。 それ以上の年収の場合は、額に応じて学生側が払う割合が増えていく。 ハーバード大学は学生や親にローンをさせないことを徹底している。 また、学費援助を必要とするかは選考に全く関係がなく Need-Blind 、国籍問わず支給される。 これには「どのようなバックグラウンドからも、無理なく大学に通えるようにサポートしたい」という大学側の思いがあるという。 手厚い学費援助制度があることを知り、より多くの日本の学生にハーバードへ挑戦してもらいたい。 だからと言って、帰国子女だけが合格している訳ではなく、海外に住んだ経験のない学生も合格している。 各学年の日本人ハーバード生に聞いてみたところ、日本の高校からハーバード大学へ合格する学生は、毎年2 - 4人ほどだとわかった。 その内ほぼ毎年、1人以上は海外経験がない学生が合格しているとみられる。 多様性を重視しているハーバードでは、選考時に学生の海外経験の有無など様々なバックグラウンドを考慮している。 「こうすればハーバードに絶対に受かる」という魔法は存在しない。 自分らしさを忘れないことが大切だと思う。 「いつも勉強ばかりしてるんでしょ?」 勉強に真面目に取り組む学生が大勢いるのは確かだ。 私自身、大学進学後、学ぶことがより一層好きになった。 24時間開いているラモント図書館で深夜遅くまで課題に向き合ったり、同じ授業を受けている友人たちと朝までディスカッションをしたり、と真剣に勉強する毎日を過ごしていることは間違いないのだが、もちろん遊ぶこともある。 ハーバードでは、年中様々なイベントが開催される。 大いに盛り上がるイベントの一つは「ヤードフェスト」という、キャンパスの中心で行われる野外ミュージックコンサートだ。 毎年、大学組織委員会側が招待するアーティストは直前まで学生には秘密にされ、イベント前の発表も色んな予想が飛び交う一大イベントとなっている。 その名も「プライマルスクリーム」(直訳すると「原始的な雄叫び」)。 期末テストシーズンが始まる前夜、午前0時にハーバード楽隊がキャンパスの真ん中にあるハーバード像の前で、一斉に演奏を始める。 この合図とともに、ハーバード生は男女問わず、全裸でキャンパスを走り出す。 マラソン大会のような熱気に包まれ、氷点下の寒さに悲鳴をあげながら、淡々と走る。 キャンパスを一周すると、学生たちは何事もなかったかのようにダウンジャケットを羽織り、寮や図書館へ帰っていき、試験勉強を続行する。 ハーバード生は、真面目なことにも、くだらないことにも、一生懸命な人が多いようだ。

次の