ネモフィラ 花 言葉。 「ネモフィラ」の花言葉とは?意味や誕生花を解説!

「ネモフィラ」の花言葉とは?意味や誕生花を解説!

ネモフィラ 花 言葉

ネモフィラの花言葉 ・可憐 ・あなたを許す ・どこでも成功 ・荘厳 ・愛国心 ・清々しい心 ・初恋 「可憐」「あなたを許す」「どこでも成功」の3つが代表的な花言葉のようです。 ポジティブな意味を持つ言葉が多いですね。 特に 「可憐」は見た目のイメージ通りでメッセージとしては伝わりやすいです 2. 花言葉の由来には、ギリシャ神話が元になっているものが多いのです。 ネモフィラの花言葉の由来にも、有名なギリシャ神話がございまして、 それをこれからご紹介いたします・・・。 2-1. その若者には一人の想いを寄せる美しい女性がいました。 若者は彼女には見向きもされず、しかし突き放されもせず、ただしかし その恋は結ばれずにいました。 日々は過ぎ、若者の心の先は変わらず彼女の元にあります。 ある夜、若者は神々が集う地に向けて、祈りを捧げました。 若者は自らの「あるもの」と引き換えにして、彼女と結ばれることを願ったのです。 そうしてまた日々は過ぎていきました。 そうした祈りを捧げたことも忘れた頃に、 ある女性が若者の前に現れました。 そう、あの美しい女性だったのです。 若者は想い募らせていた彼女と婚礼を迎えることができました。 花嫁衣装を纏う彼女の姿は一層美しく、 若者はこれまでの人生の中で最大の幸福を得ました。 また、彼女も同じ気持ちでいました。 婚礼の儀式は滞りなく終わりました。 しかし、終わりを迎えたものがもう一つありました。 若者は彼女が見つめるその前で息を引き取ってしまいました。 そうです。 神々に祈りを捧げた夜、若者は自らの「命」を引き換えに、 彼女と結ばれることを願ったのです。 神々はそれを忘れてはいませんでした。 彼女は長い間ふさぎ込んでいました。 わずか一日限りの結婚相手でしたが、彼女は若者を恋い慕っていたのです。 そして日々は過ぎ、彼女はある決心をしました。 若者に会うために、冥界へと通じる道に足を踏み入れたのです。 彼女はついに、冥界の扉の前へと辿り着くことができました。 しかし、生と死を別つ冥界の扉は決して彼女の為に開くことはありませんでした。 呆然とする彼女は、またしてもふさぎ込んでしまいました。 彼女は何日も何日も開かない扉を眺めていました・・・。 そんな彼女の姿を見ていた冥王ハデスは、 彼女を一輪の花に変えました。 その一輪の青い花の名は「ネモフィラ」…。 そして、二人の人間の純粋な人柄がイメージできる、まるで「初恋」のようです。 ただし、それ故にこの神話の結末は「荘厳」さも感じ取ることができます。 この神話における、二人の幸福のピークの短さは、花が咲き誇ることのできる期間の短さを、 つまりは花自体の寿命の短さ、儚さを表現しているようにボクは感じました。 まとめ 花言葉、今までボクはあまり関心もありませんでしたが、奥が深くて趣があるものだと感じました。 今後、また気になる花や花言葉を見つけましたら記事にしたいと思います。 花言葉を調べてから、実際にその花を見てみるとまた違った感想をもつことができるかもしれません。 それでは、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。 ・小さな大砲.

次の

デスクトップ 壁紙 ネモフィラ 花 言葉

ネモフィラ 花 言葉

ネモフィラは北アメリカに約10数種分布する草花で、1年草になります。 春の花壇を明るい青や白、紫色に彩ってくれる花となっており、秋に種をまくことで春に可憐な花を咲かせます。 細かく枝分かれをすることで、横に広がって生い茂り、満開時は花壇を覆うほどに咲きほこります。 ネモフィラの一般的なイングシス種は、自生地であるカリフォルニアの青空に負けない爽やかな青色。 英名が「赤ちゃんの青い瞳」とされるほど、キレイな色を咲かせます。 また、人々に幸福をもたらす稀少な青色の花ということで、ガーデニングにも人気があります。 それ以外にもネモフィラの白い花に紫の斑点が入ったマクラータ種も青色の花とともに利用されています。 ネモフィラは植え付けの際に根のバランスを崩さないようにすれば、病害虫の心配があまりなく、花に慣れていない方でも管理もお手軽にこなせる育てやすい花です。 その上、耐寒性も比較的高いため、霜が出来るほどの気候条件でなければ、育成上の問題もほとんどありません。 ただ、細かく枝分かれをすることで姿も乱れやすくなっておりますので、肥料を与える際は、適度な配分が必要です。 ネモフィラが日本に渡来してきたのは、大正時代の初めで、和名はルリカラクサと呼ばれています。 日本では、茨城県にある国営ひたちなか海浜公園がネモフィラの名所になっており、毎年4~5月になると見ごろを迎えます。 ゴールデンウィークになると大勢の人々が「みはらしの丘」に、一面のネモフィラを見に訪れるイベントなどが催されています。

次の

「ネモフィラ」の花言葉とは?意味や誕生花を解説!

ネモフィラ 花 言葉

「ダークマター」「ビットコイン」「線上降水帯」etc. ぞくぞく新語が現れる現代、俳句にしようとも「これって季語? いつの?」と悩んで夜も眠れぬ諸姉諸兄のためにひとりの俳人がいま立ち上がる!! 佐藤文香が生まれたてほやほや、あるいは新たな意味が付与された言葉たちを作例とともにやさしく歳時記へとガイドします。 【季節・春 分類・植物】 ネモフィラ 傍題 瑠璃唐草 2年前、俳句関係の友人がフェイスブックで婚約を報告した。 嬉しそうな二人の写真の背景には夢のような薄青い花畑が広がっており、投稿の末尾には「ネモフィラや」で始まる一句が記されていた。 去年は別の友人が、さらに広い同じ花の花畑を「一面ベイビーブルーの世界」「 nemophila 」とInstagramに投稿していた。 流行っているのか、ネモフィラ。 ムラサキ科ネモフィラ属、和名は瑠璃唐草で、もともとアメリカ大陸に育つ種らしい。 見頃のピークは4月末から5月初めの1週間から10日ほどとのこと。 晩春の季語でよさそうだ。 ネモフィラで有名なのは国営ひたち海浜公園で、最寄駅の勝田までは東京駅から特急で80分程度。 時間的には行けなくもなかったのだが、ちょっとお金がなかったので、都内でも見られる場所を探した。 向かったのは日比谷公園だ。 地下鉄日比谷駅のA14出口を出て園内に入ると、ほどなくして噴水広場にさしかかる。 噴水を過ぎたところ、松本楼の手前にネモフィラの一帯があった。 そんなに広くはないため、空と溶け合う花畑とまではいかないが、空を映す高層ビルを背景に、オアシスとして効いている。 平日のお昼だったので、ランチに訪れている会社員の人たちも多く、皆、スマホやカメラで写真を撮っていた。 私も撮影、たしかに、バエる(Instagram映えする)。 なかなか今までこの色味の花壇は見なかった。 ラベンダー畑よりは空色に近く淡い。 冒頭、「夢のような」と表現したが、やさしいとはいえ寒色で、なんとなく今っぽいとも言えるかもしれない。 隣の花壇がチューリップだったので見比べてみたら、平成前期(90年代)と令和くらいムードの差があった。 ひとつの花に寄ってよく見ると、ベイビーブルーなのは薄い花びらの外側だけで内側は白く、いたってシンプルなつくりの離弁花(5枚)だった。 花びらが丸くかわいい。 まれに薄紫や真っ白の花(アルビノだろうか?)も混ざっていたが、基本的にだいたい同じ色で、あまり匂いは感じなかった。 季語の本意を言い与えるとすれば、やはり集合体として見る花、ということになるだろう。 ミツバチたちが丁寧に蜜を集めていた。 日比谷公園はネモフィラ以外も花盛り。 とくに著莪の花(白を基調とした小さいアヤメみたいな花)がこんなに咲いているのは初めて見た。 霞門前の常盤満作は、紐状のピンクの花が上下左右に吹き出すように咲いて、アクセル全開といったところ。 花水木もいい頃合いだ。 最高気温が20度前後の一年で一番過ごしやすい時期、他の花々とは空気感の異なるネモフィラを、新しい景観として体感してみてほしい。 〈例句〉 ネモフィラへ尿(ゆばり)の熱の届きけり 佐藤文香 頭の奥の瑠璃唐草の野を剝がす.

次の