メルメタル scp。 【GOバトルリーグ】シャドウウツボットの個体値について

【ポケモンGO】新・個体値ランクチェッカー

メルメタル scp

ポケモンと個体値を入力すると、PvPの各リーグ スーパー、ハイパー、マスター の個体値ランクが瞬時に表示されます。 CPを入力することでポケモンレベルや強化に必要なほしのすなとアメの数も表示されます。 入力項目について ポケモン 個体値ランクを調べたいポケモンを選択。 個体値 対象ポケモンの個体値を選択。 CP 対象ポケモンのCPを入力。 キラ キラポケモンの場合にチェック。 結果の背景がキラに変わるとともに、CPを入力している場合に、キラでのほしのすなとアメの必要量が計算されます。 シャドウ シャドウポケモンの場合にチェック。 結果の背景がシャドウ用に変わります。 結果の見方 注意事項 以下のポケモンについてはゲーム上で古いCPが表示されている可能性があるため、一度強化してからチェックする必要があります。 2018年12月13日以前に捕まえたディグダ、ダグトリオ、アローラダグトリオ、メルタン、メルメタル、テッカニン•

次の

【ポケモンGO】個体値ランクチェッカー(研究用)

メルメタル scp

わざ選びについて ギラティナ-アナザーフォルムが覚えるわざは以下のとおりです。 ノーマルアタック• りゅうのいぶき• ドラゴンクロー スペシャルアタック• げんしのちから• かげうち• ドラゴンクロー ノーマルアタックはどちらも優秀で、どちらを選ぶかで対応できるポケモンが変わってきます なので、どちらを選ぶかは自分のパーティによって選んでいく形になります。 りゅうのいぶきを選ぶと、 ミラー対面で有利になりやすい ゴーストタイプが3重耐性のタチフサグマとも戦える フェアリータイプのポケモンへの通りが悪くなる メルメタルに弱くなる などのメリット、デメリットがあり、 シャドークローを選ぶと、 わざの回転が早い はがねタイプのポケモンへの通りが良くなる りゅうのいぶき型のギラティナに弱い タチフサグマに弱くなる などのメリット、デメリットがあります。 対戦していても、りゅうのいぶきだったら…シャドークローだったら…といったケースも多いと思います。 自身のパーティや環境をよく見て考えて選びましょう。 スペシャルアタックは、ドラゴンクローは必須として、げんしのちからの威力が下がったのでかげうちが基本となります。 しかし、げんしのちからのバフが発動すると止められるポケモンはほとんどいなくなるので、一発逆転を狙ってげんしのちからを選ぶのも悪くはないと思います。 個体値厳選について ギラティナの厳選は一長一短あって難しいですが私の考えは、 SCP重視のシャドクロ型、こうげき特化のいぶき型の2匹欲しい となります。 こちらのシミュレーターを見ていただきたいのですが、 レイド産で1番こうげき力が高い(14-10-10)ギラティナとSCPが1番高い(1-12-15)ギラティナですが、 どちらも与えるダメージが一緒で、最終的に同時発動でこうげき特化のギラティナが勝っています ただし、これは個体差でダメージが変わっていないのではなく、こうげき特化のギラティナは与ダメが上昇し、結果耐久が下がったことで被ダメも上昇したため、最終的に一緒になったということです。 耐久は下がっているので、シールド1枚同士だとSCP特化のギラティナが勝ちます。 こういった点からここぞの時に耐久が足りず負けるケースもあるため、一長一短あります。 私が調べられる範囲で調べた結果ですが、シャドークローはハイパーリーグでよく見るポケモンに対してダメージが変わらず対戦内容が大きく変わらないと判断したので、SCP重視の個体をシャドークロー型にして、ダメージが変わり対戦内容に影響が出たりゅうのいぶき型をこうげき特化にするのが良いかなと思いました。 ちなみにどこまでこうげきに特化すべきかですが、できればレイド産で1番こうげきが高い14-10-10を狙うべきだと思います せっかくSCPを犠牲にしているので、ミラー対面での同時発動勝負には絶対勝ちたいからです。 もしいない場合は、SCP1位のラグラージに対してりゅうのいぶきのダメージが4になるかを厳選基準にしてみてください。 レイド産SCP1位のギラティナ VS SCP1位のラグラージ レイド産こうげき1位のギラティナ VS SCP1位のラグラージ りゅうのいぶきのダメージが3から4にあがることで、ラグラージはじしんを3回撃てなくなるため、結果に大きな差が出ています。 また、りゅうのいぶきのダメージが3しか入らない場合、シールドなし対面だとじしんを2回撃たれて負けています。 SCP1位のラグラージにりゅうのいぶきのダメージが4になる個体は以下のとおりです。 ただし、ラグラージがぼうぎょ特化(0-15-1)だと、レイド産こうげき特化(14-10-10)でもりゅうのいぶきのダメージが3になるので注意が必要です。 ハイパーリーグでよく見られると思われるポケモンに絞っての調査になるので、他にもメリットやデメリットがあると思います。 あくまで私の基準として参考にしていただければと思います。 最後に いかがでしたでしょうか。 レイド産のこうげき特化をりゅうのいぶき型、SCP重視の個体をシャドークロー型がおすすめ とまとめさせていただきます。 こうげき特化は同じギラティナ同士の戦いでドラゴンクローを先制できたり、りゅうのいぶきのダメージを上げて有利に戦えるメリットがありますが、耐久力を下げることでここぞの勝負で耐久力のなさが原因で負ける場合があるデメリットもあります。 ギラティナといった優秀なポケモンはあらゆるケースを想定してSCP重視の個体とこうげき特化した個体の2匹持っておいたほうが良いです。 まずは、レイド産でも厳選可能なこうげき特化を作ってみて、余力があればSCPを重視したギラティナを作ってみてはいかがでしょうか。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

メルタン

メルメタル scp

本記事では最新のポケモンGOバトルリーグ内でのフリーザーの使用方法について解説をしていきます。 フリーザーとはどんなポケモン? ポケモンGOにおいてフリーザーは伝説のポケモンになります。 レイドバトルや大発見にてフリーザーと遭遇することで、フリーザーを入手することができます。 他のプレイヤーから交換により入手するか、再びレイドバトルや大発見にてフリーザーの取得のチャンスが来るまで待ちましょう。 ポケモンGOでは、再び同じ伝説のポケモンがレイドバトルで入手できるチャンスが数多く存在します。 焦らずに待っていればいずれ取得するチャンスが巡ってきます。 ハイパーリーグいおけるフリーザーの立ち位置 次にGOバトルリーグ内のハイパーリーグにおけるフリーザーの良い点と悪い点について上げていきます。 こごえるかぜの強さを説明するために、下記の表にに相手や自分の能力を増減させる技の一覧を表示します。 00 ぎんいろのかぜ 45 1. 00 げんしのちから 45 1. 57 とどめばり 35 0. 33 すなじごく 40 0. 63 バブルこうせん 40 0. 63 上の表からも分かる通り、 こごえるかぜは相手の能力を下げる効果を持つにも関わらず高い威力があります。 この威力については他のスペシャルアタックと変わらない程度の威力です。 これがこごえるかぜの強い理由です。 正直、こごえるかぜの性能に関しては運営の設定ミスの可能性があります。 そのため技の威力に修正が入り、弱体化する可能性もあります。 また、能力の増減については下記の通りで4回まで重ね掛けを行うことができます。 ただし、能力の増減後にポケモンを交換するとリセットされてしまいます。 下の表に攻撃力のダウンの割合について書いておきます。 重ね掛け ダウン 1回 0. 8倍 2回 0. 66倍 3回 0. 57倍 4回 0. ポケモンGOのハイパーリーグにおいては、全てのポケモンがCP2500以下での対戦となりますが、同じCPであっても強さが同じわけではありません。 ポケモンが覚えている技を除いたハイパーリーグでのポケモンのステータスを表す値としてSCPと呼ばれる値があります。 この値が高いほどステータスに優れていることになります。 下記にハイパーリーグにおける主要ポケモンのSCPの値を示します。 今回調査を行ったハイパーリーグの主要ポケモン17匹中6位の性能を持っています。 また全体のポケモン順位では16位であり、ステータス自体は高いといえるでしょう。 その中でも特にこおりタイプの こおりのつぶてと こごえるかぜを中心に戦うポケモンになります。 フリーザー自身がこおりタイプであるため、こおりのつぶてとこごえるかぜは威力が1. 2倍になります。 そのため、 相手ポケモンがドラゴンタイプ、くさタイプ、ひこうタイプであった場合はこうかばつぐんを取りながら有利に戦うことが出来ます。 ハイパーリーグにおいて、ドラゴンタイプといえばギラティナアナザーフォルムです。 ギラティナアナザーフォルムに対しては、通常攻撃のみで有利に戦うことが出来るのは大きなアドバンテージと言えるでしょう。 ただしギラティナアナザーフォルムのげんしのちからには注意しましょう。 ハイパーリーグのくさタイプは、フシギバナ、メガニウムなどのポケモンになります。 くさタイプのポケモンに対しては、フリーザーの攻撃がこうかがばつぐんになるだけでなく、くさタイプの攻撃をこうかがいまひとつで受けることができ、非常に有利に局面を進めることが出来ます。 相手にくさタイプのポケモンがいれば積極的にフリーザーと戦わせると有利に運ぶことができます。 ハイパーリーグのひこうタイプの代表的なポケモンはトゲキッスになります。 トゲキッスに対してはフリーザーのこおりタイプの攻撃がこうかばつぐんになり、有利に対戦を進めることができます。 ひこうタイプを持っているフリーザーはじめんタイプの攻撃を二重耐性のいまひとつで受けることが出来ます。 ハイパーリーグでのじめんタイプの攻撃といえば、ラグラージのじしん、カビゴンのじしん、アーマードミューツーのじしんの攻撃があります。 これらのスペシャルアタックを交代受けにてフリーザーが受けることによって、ダメージを大きく軽減させ有利に対戦を進めることができます。 フリーザーはむしタイプの攻撃にも耐性がありますが、現環境のハイパーリーグにおいてむしタイプの強いポケモンはあまりいません。 ハッサムがむしタイプですが、ハッサムはむしタイプの攻撃はあまりありません。 せっかくなんどもこごえるかぜで攻撃して、相手の攻撃力を下げたのに交換して無効化されると優位性を保てません。 対策としては相手が交換をしてきたタイミングで、こちらも交換でフリーザーを出し、こごえるかぜで戦うといった戦略があります。 GOバトルリーグは一度ポケモンの交換を行った後は、一定時間相手はポケモンを交換できないため、その間ならばこごえるかぜでの弱体化の恩恵を大きく受けることができます。 その中でも、ハイパーリーグではフリーザーの弱点をつけるポケモンが多く存在し、特に苦手なポケモンはレジスチルとメルメタルです。 最も警戒するのは鋼タイプです。 はがねタイプであるレジスチルとメルメタルにはフリーザーのこおりタイプの攻撃がいまひとつになるだけでなく、相手からはフリーザーの弱点となる攻撃を多く行ってきます。 例えば、レジスチルのラスターカノン、メルメタルのいわなだれなどです。 レジスチルとメルメタルは現環境に多く存在しているため、はがねタイプ対策がフリーザーの活躍のカギを握っていると考えてください。 次に警戒するべきはほのおタイプで、バクフーンやリザードンといった攻撃力の高いポケモンになります。 ほのおタイプのバクフーンにはこおりタイプであるフリーザーの攻撃はいまひとつで受けられてしまうため苦戦を強いられるでしょう。 フリーザーのアメを集める現実的な方法はふしぎなアメを使用することとなるため、大量のふしぎのアメを用意する必要があります。 フリーザーは「こおりのいぶき」と「こおりのつぶて」の二種類の技を覚えるポケモンです。 どちらもこおりタイプの技になります。 タイプ一致によりダメージは1. 2倍になります。 フリーザーの覚える通常技について下に記載します。 チャージ 効率 ダメージ 効率 こおりのいぶき 2. 5 4. 2 こおりのつぶて 3. 34 3. 6 威力はこおりのいぶきの方が高いのですが、こおりのつぶての方がスペシャルアタックをチャージする効率が高いです。 どちらの技も一長一短があるのですが、フリーザーの魅力はなんといってもこごえるかぜを使用できることであるため、チャージ効率が少しでも高いこおりのつぶての採用をオススメします。 もうひとつのスペシャルアタックは好みで使い分けましょう。 フリーザーの覚えるスペシャル技は全部で7種類ですが、実用的な技はこごえるかぜ、げんしのちから、れいとうビーム、ぼうふうの4種類になります。 消費 ダメージ 効率 やつあたり 70 0. 15 おんがえし 70 1. 86 こごえるかぜ 45 1. 60 げんしのちから 45 1. 00 れいとうビーム 45 1. 97 ふぶき 75 2. 08 ぼうふう 65 2. 04 その中で メインの技はもちろんこごえるかぜになります。 フリーザーを使用して戦う場合はほぼ「こごえるかぜ」のみで戦うことになります。 それ以外のもう一つのスペシャルアタックは好みで選んで問題ないでしょう。 げんしのちからは、対リザードンなどのほのおタイプのポケモンにこうかばつぐんのダメージを与えることができます。 れいとうビームは、こごえるかぜと消費は同じですが、威力の高い技であるため、あと少しで倒せる場面にこごえるかぜの代わりに使用することができます。 ぼうふうは、ひこうタイプの技であり、威力が高いため、対ニョロボンなどのかくとうポケモンに対する奇襲として大ダメージを与えることができる技です。 ただし、ぼうふうはレガシー技となっているため覚えさせるにはすごい技マシンスペシャルを使う必要があり、もったいないかなとも思います。 いずれにせよこごえるかぜ以外のスペシャルアタックは好みで選んで頂いて問題ありません。 フリーザーと主要ポケモンの勝率 PVPシュミレーターを用いてフリーザーと主要ポケモンの勝率を計算しました。 シールド回数はお互いにシールドなし、お互いにシールド1回、お互いにシールド2回でのシミュレーションを行っています。 結論としては、フリーザーは主要ポケモン11匹に対し、 お互いにシールドがなかった場合の勝率は6勝5敗で勝ち越し、 お互いにシールドを2回使った場合の勝率は8勝3敗なり大きく勝ち越すことが確認できています。 赤字が勝利であり、 青字が敗北になります。 赤字で書いてある数値はフリーザーの残りHPのパーセント、 青字で書いてある数字は相手ポケモンの残りHPのパーセントになります。 また、シールドを多く使う程、勝率が上がることがから、長期戦になるほど「こごえるかぜ」の能力ダウン効果が大きく発揮され、有利に対戦を進めることができることが分かります。 ただ実践では、シミュレーション通りに進むわけがなく、相手にはポケモンを交換をされる可能性が高いです。 これはかなり不利です。 ニョロボンに対してもあまり得意でないことがわかります。 これはニョロボンが水タイプであり、こおりタイプのフリーザーの攻撃がいまひとつなことが原因です。 実際のフリーザーの使用例 先発フリーザー、ラグラージ、レジスチルで運用がオススメ 先発フリーザーで試していましたが、やはりレジスチルやメルメタルが相手の先発で出てくるとフリーザーは後退せざるをえません。 そのため、フリーザーが勝てない鋼タイプに勝てるラグラージを入れて私はパーティーを組んでいます。 もう一体のポケモンは試行錯誤中ですが、能力の高いギラティナやレジスチルを入れてパーティーを組むことをオススメしています。 また、順番を変えて 先発レジスチル、ラグラージ、フリーザーの組み合わせもおススメです。 今回の記事は以上となります。 ではまた。 ツイッターをフォローして頂くとブログ更新を見逃しません。

次の