サカイ引越センター 定休日。 引越しを年末年始にすると費用は高い?相場と営業日の注意点

引越しのことならサカイ引越センター宮前支社

サカイ引越センター 定休日

川崎市麻生区へのお引越しは【サカイ引越センター】へ サカイ引越センター宮前支社は東急田園都市線「宮前平駅」から車で10分ほどのところに拠点があります。 対応エリアは川崎市麻生区などとなっており、川崎市北西部を広範囲にカバーしています。 もちろんこれ以外のエリアの方も、担当支社におつなぎしますのでお気軽にお問い合わせください。 川崎市麻生区は商業的にも駅周辺に公共施設、百貨店、映画館などが多数あり、小田急小田原線や多摩線などを利用した通勤経路があるため、東京のベッドタウンとしても栄えてきた町です。 また、川崎市の芸術の街高層の一環として、昭和音楽大学、川崎市アートセンターの建設、誘致が行われたり、映画祭が開催されるなど、多面的な発展を遂げている町です。 しかし、そうした発展と同時にく北部ではまだまだ昔ながらの里山も残っているなど、豊かな自然も、川崎市麻生区を特徴づけるポイントの1つです。 レジャー施設としては「ヨネッティー王禅寺」があり、トレーニングルーム、温水プールなどが知られています。 そんな川崎市麻生区ですが、平成28年では「川崎市麻生区9,518人」の方が転出、つまりお引越しされています。 これらの地域で行われるお引越しは、個人から法人までさまざまですが、サカイ引越センターでは豊富なお引越しプランをご用意しており、みなさまにピッタリ合ったお引越しサービスを提供いたします。 価格(通常時期・単身・近距離)• 2万円以下• 2~2. 5万円• 5~3万円• 3~4万円• 4~5万円• 5万円以上 オプション• 不用品処分• 小物の荷造り・荷解き• 荷物の一時預かり• 洗濯機の取り外し・取付け• エアコンの取り外し・取付け• テレビ・アンテナの配線• ペット輸送• 絵画輸送• ピアノ輸送• 自動車・バイク輸送• 作業員指名• 害虫駆除• 盗聴器発見• ハウスクリーニング• 梱包サービス• その他 24時間365日対応• あり 対応• 詳細は各業者までお問い合わせください。 サービス内容詳細 【料金について】 お引越し料金は、距離や荷物の量、コースにより変動します。 より正確なお見積もりのためにも、無料訪問見積もりをご利用ください。 【無料サービス(全コース共通)】 ・段ボールやガムテープなどの梱包資材をご提供 ・冷蔵庫などの大型家電、タンスなどの大型家具の梱包 ・住宅やマンション敷地内を傷めない養生 【お引越しコースのご紹介】 ・特に期日の指定がなく、荷物が少ない方は必見のコースです(ご一緒便コース) ・食器など、自分で梱包するのが不安な方は必見のコースです(らくらくCコース) 他にも、お客様のご要望にピッタリのコースがきっと見つかります。 ぜひ一度ご相談ください。 お気軽にお問合せください。 【対応時間】 年中無休(年末・年始除く) 日本の引越業界No. 1のサカイ引越センターが、プロフェッショナルな品質でお引越しをお手伝いをします。 一口にお引越しと言っても、お客様によってニーズは多種多様です。 単身者様やご家族、そしてオフィスの引越しにも サカイ引越センターはピッタリのお引越しプランをご提供します。 日本最高峰の引越しクオリティのサカイ引越センターにお任せください。 お引越し 引越しのプロがお客様の大切なお荷物をスピーディーに運びます ご依頼前にご確認ください お客様へのお願い ご依頼前にご確認ください。 引越し料金のお見積もりは電話等でもご対応いたしますが、基本的に訪問見積もりとさせていただきます。 それは実際に引越し作業を行った時に、思っていたよりもお荷物が多く、料金が変動してしまうリスクを 避けるためです。 なにとぞ訪問見積もりにご協力ください。 また3月・4月の繁忙期には、お引越しのご予約が重なりやすく対応をお断りさせていただく場合もございます。 お早めの問い合わせをお願いいたします。 変更・キャンセルについて やむをえない事情によりお引越しをキャンセル、引越し日を変更される場合は、下記のキャンセル料が発生します。 ・お引越し当日……見積書「届出運賃」の20%以内 ・お引越し前日……見積書「届出運賃」の10%以内 ・お引越し予定日の2日以上前……キャンセルは発生しません。

次の

引越サービス|クレジットカード・カードローンのオリコ

サカイ引越センター 定休日

アート引越センターの新オフィス 「定休日」導入で、社員の定着率向上や採用数増加を図る この「定休日」は、全国122の支店を対象としたもので、毎週火曜日がそれに当たる。 比較的忙しい「大安」と「月の最終火曜日」「祝祭日」は除外されるが、月に2~3回は引越業務を取りやめる。 今後、繁忙期にも設定する予定とのこと。 なお、支店勤務以外の法人営業部やコールセンターなどは、これまで通りの勤務形態だ。 「 引越業務の実務に携わる支店の労働環境を改善することで、社員の定着率向上や採用数の増加に繋げたい」と話すのは、同社の寺田政登取締役副社長。 今夏から導入されたばかりの制度だが、すでに各支店の社員からは好評だという。 「定休日」と有給休暇を組み合わせて家族で旅行に出かけたり、支店のメンバー全員で野球大会やバーベキューといったレクリエーションを興じたりして、ワーク・ライフ・バランスとしてはもちろん、支店の一体感醸成にも一役買っている。 同社は、来年、前身の寺田運輸株式会社として法人設立してから50周年を迎えるが、「定休日」を活用した大々的な社内イベント開催も視野に入れているそうだ。 顧客の引越日を効率的にコントロール。 サービスの品質を高め好循環に期待 ただ、この「定休日」導入は、営業稼働日が減るため売上に影響するリスクがある。 この懸念に対して、寺田取締役副社長はこう答えてくれた。 ご懸念の点については、社内でも議論されました。 しかし、当社の曜日別の引越件数を調べてみたところ、火曜日と水曜日が比較的少ない状況でしたので、定休日で休んだ分の売上も十分に補てんできるという判断に至ったわけです。 そして、いざ導入してみると、日本の労働環境の現状が社会問題化している昨今ですから、法人さま・個人さまを問わず、お客さまにご理解いただきやすくはなっていますね」 顧客の引越日を、いわば主体的にコントロールすることで作業効率を高め、売上減を回避する考えだが、これには顧客との信頼関係が鍵を握る。 対応力が評判の同社だが、今後は、さらにサービスの品質を高めていくことに意欲的だ。 「 社員が定着すれば、その分、受注できる件数は増えますし、ひとつひとつの引越の品質を高めることでバイラル効果が生まれれば、好循環を期待できます」 「定休日」導入後、心身ともに定期的にリフレッシュできるようになった社員たちに対し「 今まで以上に元気良く働いているのがはっきりと見て取れる」と寺田取締役副社長は目を細めた。 そんな姿は、きっと顧客にも伝わる。 顧客満足の向上にも手ごたえを感じているようだった。 引越業界全体のイメージアップへ 現在、引越業界も例に漏れず、人手不足が顕著だ。 引越業界最大手の同社が業界の中で先んじて「定休日」を設けたのは、業界全体のイメージアップにつなげていきたい思いもあるという。 寺田取締役副社長はこう語る。 「 引越業界は『仕事がきつそう』と思われがちで、決してイメージが良いとは言えません。 しかし、例えば当社では、学生時代にアルバイト勤務していた人が、そのまま社員登用を希望するケースも多く、仕事の大変さを補って余りあるやりがいがあるのも事実。 『定休日』をきっかけとして、引越業界のイメージアップにも貢献できればうれしいですね」 この「定休日」が引越業界全体に浸透するかどうかは、労働環境の改善において先陣を切った同社の動向がカギを握るかもしれない。 毎年、300名程度の新卒採用(大卒・高卒含む)を掲げているが、「定休日」導入がどんな影響をもたらすのか、今後も注目したいところだ。 労働者を犠牲にしてまでも売上を伸ばそうとする企業姿勢が消費者に選ばれる時代は過ぎ去ったと言っても過言ではない。 世の中の価値観が大きく変わりつつある今だからこそ、「定休日」という業界初の試みに踏み切り、労働環境改善に先手を打った同社の勇気ある決断は広く支持されるのではないだろうか。 引越業界内にとどまらず、今後、社会にどのようなインパクトを与えるのか、引き続き着目していきたい。 [PR]提供:アート引越センター アートコーポレーション.

次の

サービス内容について

サカイ引越センター 定休日

アート引越センターの新オフィス 「定休日」導入で、社員の定着率向上や採用数増加を図る この「定休日」は、全国122の支店を対象としたもので、毎週火曜日がそれに当たる。 比較的忙しい「大安」と「月の最終火曜日」「祝祭日」は除外されるが、月に2~3回は引越業務を取りやめる。 今後、繁忙期にも設定する予定とのこと。 なお、支店勤務以外の法人営業部やコールセンターなどは、これまで通りの勤務形態だ。 「 引越業務の実務に携わる支店の労働環境を改善することで、社員の定着率向上や採用数の増加に繋げたい」と話すのは、同社の寺田政登取締役副社長。 今夏から導入されたばかりの制度だが、すでに各支店の社員からは好評だという。 「定休日」と有給休暇を組み合わせて家族で旅行に出かけたり、支店のメンバー全員で野球大会やバーベキューといったレクリエーションを興じたりして、ワーク・ライフ・バランスとしてはもちろん、支店の一体感醸成にも一役買っている。 同社は、来年、前身の寺田運輸株式会社として法人設立してから50周年を迎えるが、「定休日」を活用した大々的な社内イベント開催も視野に入れているそうだ。 顧客の引越日を効率的にコントロール。 サービスの品質を高め好循環に期待 ただ、この「定休日」導入は、営業稼働日が減るため売上に影響するリスクがある。 この懸念に対して、寺田取締役副社長はこう答えてくれた。 ご懸念の点については、社内でも議論されました。 しかし、当社の曜日別の引越件数を調べてみたところ、火曜日と水曜日が比較的少ない状況でしたので、定休日で休んだ分の売上も十分に補てんできるという判断に至ったわけです。 そして、いざ導入してみると、日本の労働環境の現状が社会問題化している昨今ですから、法人さま・個人さまを問わず、お客さまにご理解いただきやすくはなっていますね」 顧客の引越日を、いわば主体的にコントロールすることで作業効率を高め、売上減を回避する考えだが、これには顧客との信頼関係が鍵を握る。 対応力が評判の同社だが、今後は、さらにサービスの品質を高めていくことに意欲的だ。 「 社員が定着すれば、その分、受注できる件数は増えますし、ひとつひとつの引越の品質を高めることでバイラル効果が生まれれば、好循環を期待できます」 「定休日」導入後、心身ともに定期的にリフレッシュできるようになった社員たちに対し「 今まで以上に元気良く働いているのがはっきりと見て取れる」と寺田取締役副社長は目を細めた。 そんな姿は、きっと顧客にも伝わる。 顧客満足の向上にも手ごたえを感じているようだった。 引越業界全体のイメージアップへ 現在、引越業界も例に漏れず、人手不足が顕著だ。 引越業界最大手の同社が業界の中で先んじて「定休日」を設けたのは、業界全体のイメージアップにつなげていきたい思いもあるという。 寺田取締役副社長はこう語る。 「 引越業界は『仕事がきつそう』と思われがちで、決してイメージが良いとは言えません。 しかし、例えば当社では、学生時代にアルバイト勤務していた人が、そのまま社員登用を希望するケースも多く、仕事の大変さを補って余りあるやりがいがあるのも事実。 『定休日』をきっかけとして、引越業界のイメージアップにも貢献できればうれしいですね」 この「定休日」が引越業界全体に浸透するかどうかは、労働環境の改善において先陣を切った同社の動向がカギを握るかもしれない。 毎年、300名程度の新卒採用(大卒・高卒含む)を掲げているが、「定休日」導入がどんな影響をもたらすのか、今後も注目したいところだ。 労働者を犠牲にしてまでも売上を伸ばそうとする企業姿勢が消費者に選ばれる時代は過ぎ去ったと言っても過言ではない。 世の中の価値観が大きく変わりつつある今だからこそ、「定休日」という業界初の試みに踏み切り、労働環境改善に先手を打った同社の勇気ある決断は広く支持されるのではないだろうか。 引越業界内にとどまらず、今後、社会にどのようなインパクトを与えるのか、引き続き着目していきたい。 [PR]提供:アート引越センター アートコーポレーション.

次の