メッキ 剥がし。 ガンプラのメッキ剥がし簡単2ステップ!コーラでも剥がせるって本当?

ガンプラのメッキ剥がし簡単2ステップ!コーラでも剥がせるって本当?

メッキ 剥がし

ウェッジのメッキ剥がしについて 2145 雑誌で話題になっている流行りのグースネックのウェッジを購入しました。 自分としては安くない買い物なので、長く使いたい希望で、メッキ仕様にしてみました。 確かに今まで使っていたF社のストレートネック気味のノーメッキのウェッジよりもラインが出し易い印象を得たのですが、スピン性能においてかなり物足りない印象でした。 キャリーでピタっという寄せ方は全く不可能だと思いました。 必然的に転がす距離は増えるのでチップイン確率は増えましたが、エッジから近くのピンへのアプローチや、ロブショットはかなり難しくなりました。 購入したグースネックウェッジが軽くキャビティになっているからか、メッキ仕様だからか分かりませんが、F社のウェッジを長年使ってきた自分としては、スピン性能が全く足りない印象になりました。 メッキを工房で剥がしてもらおうかとも考えましたが、ノーメッキにすれば多少スピンが増えますでしょうか? メッキ仕様の見た目は美しくて気にいってるので、フェース面だけメッキを剥がして、フェース面以外はメッキを残すという作業は可能なのでしょうか? もうメッキ仕様は売りに出してノーメッキ仕様を購入し直した方が安上がりなのでしょうか? 乱文で恐縮ですが、アドバイスをお願いします。 sauvignonさんのコメント やはり高重心とボールでしょうか…買い替えを視野に検討します。 皆様アドバイスありがとうございました。 かかるような気がするだけで数値データはほぼ変化なし。 ただの都市伝説です。 スピンが減ったのは他の要因です。 溝のピッチと形状、重心位置、ソール形状によるバンスの効き方の影響が大きいでしょう。 ノーメッキの利点は太陽光が反射しにくい事です。 それとこだわり感があって所有感が得られるくらいでしょうか。 手を加えても上手く行かない可能性もあるので今回のウェッジは売りさばき、買い替える方がリスクが低く納得が得られると思いますが、そのクラブがどうしても使いたいなら止めません。 私はスピン性能で定評があると聞いたバルドのウェッジを購入しましたがボーケイより止まらなかったので、数ラウンドで手放しました。 今はアキラにして満足しています。 メッキをはがした後、研磨(ミーリング等)しなおしてスコアラインを彫り直す必要があります。 (場合によってはルールに抵触する可能性あり) スピンの掛かり具合の良し悪しは、フェース面の平滑性とスコアラインのエッジの利き具合にかかっています。 なので最近のスピン自慢のウェッジはミーリング処理が施されているのです。 (と教わりました。 ) メッキの有無でスピン性能は変わりません。 (違いがあっても実感できないレベル) スピン量の違いは別の要因でしょうね。 個人的にはグースの度合いに関係がありそうな気はしています。 現物、スイングを拝見していないので、これ以上は遠慮します。 各社ともに規制下でどうやってスピン性能を確保するかいろいろ試していますが、今のところもっとも効果的なのは、ボールにもよるのですが、高重心化するとスコアラインとの接触面が大きくなりスピン量が増えるということがわかっています。 フォーティーンのRMやキャロウェイのマックダディシリーズは視覚的にも高重心化がわかります。 お持ちのウェッジのメッキを剥がすとヘッド重量が軽くなりますし、ものによりますが、メッキといっても表面のニッケルやクロームメッキの下地にさらにメッキがあったりします。 ただただウェッジ1本をダメにするだけですね。 下取りに出して高重心ウェッジに買い替えするのが結果的に安上がりかもしれません。 余情残心.

次の

サンダー・グラインダ用研磨 【通販モノタロウ】研磨材:切削工具・研磨材

メッキ 剥がし

簡単そうで、そうでもなくお金もかかるめっき剥がし メッキ 良くお客様に言われるのですが「めっき剥がしくらい、液に入れておくだけでしょ。 もっと安くしてよ。 塗装もプライマー、コート、カラー、メタリックなど何回も違う種類の樹脂を塗り重ねています。 プラスチックである塗装と金属であるめっきが、同じ薬品、例えば塩酸で同時に溶けない事は容易に想像できると思います。 それでそう云われる方に質問です。 銅素材の上に銅めっきした物、ニッケル合金の上にニッケルめっきした物などを溶かす場合にめっき剥離液はめっきだけ溶かしたら、素材は溶かさずに自動的に溶解停止になるのでしょうか? こういう風に聞かれたら誰でも答えは「ノー」と言うでしょう。 銅めっきを溶かす液は銅の素材もどんどん溶かすでしょう。 素材が溶ければ表面は荒れてざらざらになり、研磨してもきれいにならないこともありますし、素材の厚みが薄くなることもあります。 最後は素材も無くなってしまうでしょう。 具体的に言いますと弊社では塗装の剥離剤は樹脂や素材の種類により6種類使い分けます。 ニッケルめっき剥離は硝酸と酸性、アルカリ性の液の3種類使います。 この酸性の剥離剤はステンレスを溶かしてしまいますが、アルカリの剥離剤はステンは溶かしません。 よって、酸性剥離のタンクは塩ビ、アルカリのそれはステンです。 黒ニッケル、クロム、黒クロムは塩酸で溶かします。 金、パラジウムはそれぞれの専用液、ロジウムめっきは剥離はできません。 溶かす事はできますが、素材も溶けてしまいます。 それでロジウムを溶かす時はロジウムめっきのピットの小さな穴を通して電解で下地のニッケルめっきを溶かしますが、素材が荒れる可能性が大です。 銅めっきや亜鉛めっきは弊社では加工していませんので剥離液も持っていません。 この様に塗装やめっきの剥離は、表面から順番に1層ずつ溶かしていくので樹脂の種類、めっきと素材の金属種など分からない時には慎重に様子を見ながら溶かしていきます。 その液のそばから何分も離れられない事もあり、非常に経験と感と観察力が必要です。 また剥離作業は常にある仕事ではないので、その時だけ温度を上げて使う事もあり、非常に効率が悪く通常数も数個しかないのでサービスで処理しているのが現状です。 これらの剥離液は金属濃度が濃く、沈殿しないようにキレート剤などが入れてあるため廃液処理は自社内ではできないので、専門の業者にお願いします。

次の

ウェッジのメッキ剥がしについて|みんなのQ&A |口コミ評価サイト my caddie(マイキャディ)

メッキ 剥がし

Contents• 小さい部分ならシルバー塗装でなんとか納得できますが、製品の価格設定の為、車のグリルやバンパーがメッキでなかったらがっかりします。 昔はただのシルバーで塗るしかなかったのですが、最近は「出来るだけメッキに近い塗装」が出来る塗料が数種類販売されています。 それらはあくまで「メッキ調の塗装」ですので「完全なメッキではない」という事を付け加えておきます。 このメッキ調塗料は筆塗りでは表現出来ません。 スプレーガンを使用する事になります。 下地をブラック・クリア塗装をした後、メッキ調塗料をスプレーガンで塗装し、製品によっては更に上からクリア塗装をしなければならない場合があります。 なので一言で言うと「意外と大変」です。 筆塗りだったらどこまで光るのか?下地塗装をしなかったらどうなるのか?を、ランナーなどで試してみて、納得できたらそれでも良いでしょう。 熟練したテクニックも必要になってきますので、よく調べてみて出来るかどうか本番の前に一度試して見る事をお勧めします。 ただ、金メッキ調の部品などはシルバーメッキの上に黄色の塗料を塗装している場合がありますので、まずはその塗料を剥がす事から始めます。 シルバーメッキの状態になった時に初めてメッキ剥がし剤に漬け込むます。 しだいにメッキが剥がれていきますが、プラスチックとメッキの間に、更に塗装がされている場合がありますので、状況によっては更に溶剤に浸け込んで塗装を剥がしてください。 メッキを剥がすには塩素系の漂白剤を2~3倍に薄めて漬け置きすると剥がれていきます。 メッキ剥がしは自己責任で作業してください。 なのでここでは「自宅でメッキ加工は出来ない」ということで進めていきます。 インターネットで「プラスチック メッキ加工 業者」で検索すると複数の業者さんがヒットしますので、お近くあるいは希望のメッキを施工してくれる業者さんに電話をして個人でも受けてくれるか聞いてみてください。 大体してくれると思います。 面積などで金額が多少掛かるかもしれませんが「本当のメッキパーツ」として仕上がってきます。 これが一番確実で綺麗で満足行くかもしれません。 何種類ものメッキ調塗料を試してみたが失敗し、その分の金額に少しお金を足すだけで本格的なメッキが出来る金額になったという事にもなりかねません。 見積もりを取ってそれぞれの金額・失敗した時の事など総合的に比較検討してみましょう。 それだけでなく「このような業者さんもあるのか!」と、勉強になりますので一度調べてみると良いでしょう。 メーカーにより多少の差はありますがとてもデリケートですので、傷が入らないように開封後はすぐに取り出し、タオルなどの柔らかい物の上に置くかランナースタンドに立てて塗料が飛んだりしない場所に保管しましょう。 傷が気になる方は購入前に店員さんに箱を開けてもらってメッキの状態を確認してから購入しましょう。 接着時に、接着したい部分を少し剥がしてやる必要があります。 接着したい部分のメッキを剥がす時、気を付けないと大きくパリッとメッキが剥がれる事がありますので充分注意してください。 どうしてもメッキを剥がしたくない場合は「木工ボンド」で接着しましょう。 木工ボンドはプラスチックもメッキも痛めませんが、乾きが若干遅いので乾くまで抑えておく必要がありますが、ボンドが乾く寸前であればはみ出た部分も水分を含ませた綿棒でボンドを拭き取ることも可能です。 綿棒やティッシュでも細かいキズが付く場合がありますので絶対に強く拭かないでください。 シンナーも厳禁です。 少し傷が入ったからといって、コンパウンドで磨かないでください!すぐに剥がれます! 少し時間が掛かっても綺麗に接着出来ますのでそのくらいは我慢しましょう。 瞬間接着剤はメッキが白くなってしまいますので絶対に使わないでください。 例えばウインドウモールに綺麗に貼ることが出来れば塗装のシルバーより、本格メッキの明るいメッキよりも一番しっくり来るかもしれませんね。 メッキシールはとても極薄なので簡単に爪でも破れてしまいます。 使用する前に、爪を切り先端を整えてから使ってください。 まずバンパーなどのメッキシールを貼りたい部品の表面を綺麗に整えます。 表面が整っていないと貼った後に傷などがリアルに浮き上がってきますので丁寧に整えてください。 表面が綺麗になったらその部品を包み込むぐらいの少し大きめのメッキシールを用意し、中心から外に広げるようにゆっくりと馴染ませながら貼っていきます。 リベットなどの細かい突起物にも綺麗に馴染んでくれますが、決して慌てないで綿棒などでゆっくりと伸ばすように、馴染ませるように貼っていってください。 急いで馴染ませようと、綿棒などでグリグリするだけで傷が付いたり破れたりしますので慎重に。 貼り終えたら余分な部分を丁寧に切り抜いて完成です。 文章で書くと簡単に感じますが最初はうまくいかない場合があります。 — レフティ naosanrobin.

次の