おこがましい 意味。 「おこがましい」の意味と使い方とは?類語/例文/漢字表記など

「おこがましい」の意味とは?使い方の例文や類語との違いを解説

おこがましい 意味

「おこがましい」「厚かましい」の意味と違いとは ビジネスなどで相手に何かお願いをする時、よく「おこがましいお願いですが」などという言い方がされます。 この「おこがましい」とよく似た表現に、「厚かましい」がありますが、両者はどのような点が違うのでしょうか。 使い分けのポイントが知りたいところです。 今回は、「おこがましい」と「厚かましい」の意味や違いについて解説していきましょう。 「おこがましい」とは 「おこがましい」とは、「身の程をわきまえない」「差し出がましい」といった意味の言葉です。 「先生を差し置いておこがましいのですが」「おこがましいお願いですが、どうかよろしくお願いいたします」のように使われます。 また、「おこがましい」には「いかにもばかばかしい」「ばかげている」という意味合いもあり、この場合は「世の中おこがましいことが多い」のように使われます。 しかし、1つ目の意味合いに比べると、使われる頻度は少なくなっています。 「おこがましい」は、漢字表記にすると「烏滸がましい」「痴がましい」となります。 「烏滸」は、後漢時代の中国で黄河などに集まっていたやかましい人を指しており、「痴」は「頭の働きがにぶいさま」などを表しています。 「厚かましい」との違いなどについては、以下で詳しく見ていきましょう。 「厚かましい」とは 「厚かましい」とは、「行動や態度につつしみがない」「ずうずうしくて遠慮がない」という意味の言葉です。 「厚かましいお願いをして申し訳ありません」「あんな厚かましい人は初めてだ」のように使われます。 「厚」の字は「ぶあつい(物の幅などが大きい)」という意味のほかに、「程度がはなはだしい」「遠慮がない」という意味合いもあります。 「おこがましい」との違いは、微妙なところです。 どちらも「おこがましいお願いですが」「厚かましいお願いですが」のように自分をへりくだる際によく使われますが、「おこがましい」の方が相手を立てるニュアンスが強くなるという違いがあります。 使い分ける際は、こうした点に注意するとよいでしょう。

次の

おこがましい(痴がましい/烏滸がましい)

おこがましい 意味

「おこがましい」を使った例文 ・おこがましいお願いをして申し訳ありません。 ・彼のおこがましさには私も呆れています。 ・なんておこがましいやつなんだろう。 ・おこがましくも口出しをする。 ・自分のことを棚に上げて、そんなことを言うとはおこがましい。 ・私から言うのもおこがましいのですが、・・・ ・おこがましい発言控えるように ・このような場にお招きいただきまして、おこがましく感じております。 ・あいつはおこがましくも評論家と自称している。 ・私のような素人が口を挟むのはおこがましい。 おこがましいという言葉は、基本的に自分を謙遜するために使う言葉ですが、相手に対して使う場合もあります。 相手に対して使う場合、ビジネスではなくプライベートで自分がいけすかないと感じている人に対して使うことがあるでしょう。 相手の目の前で使うと感じが悪く、いないところでいうと悪口のように聞こえるため、相手に対しては積極的に使う言葉ではありません。 自分を謙遜する意味で使うときには、ビジネスでもよく耳にする表現であるため覚えておくと役にたちます。 おこがましいの類語 ずうずうしい.

次の

「おこがましい」の意味と類義語は?おこがましい人の特徴4選も!

おこがましい 意味

1.ばかげていて、みっともない。 物笑いになりそうだ 2.出過ぎている。 さしでがましい。 なまいきだ (『広辞苑 第七版』より引用) 一般的には2つ目の意味で使われることが多く、自分の立場が下であることを強調し、相手をうやまうことで、謙遜したいときなどによく使われます。 使い方用例 では、例文をあげて、具体的な使い方を見ていきましょう。 ・私が言うのもおこがましいですが、弊社はその道のパイオニアです。 ・おこがましい意見に耳を傾けていただき、ありがとうございます。 ・おこがましいとは思いますが、その案件、私に任せていただけますか。 これらは、いずれも「自分などが出過ぎたことを言って」「自分などが言うのは生意気かもしれませんが」といったように、自分をへりくだっていうときに使います。 上司や取引先の人にお願いをしたり、要望を伝えたりする際に、このように前置きすることで、相手を立てると同時に謙虚さをアピールすることができます。 反対に相手から「おこがましいですが」と言われたときは、「そうですね」と相槌を打つのはスマートではありません。 「そんなことはございません」と、やさしく控え目に言い直すのも、人間関係を円滑にするコツかもしれませんね。 では、「おこがましい」を他人に使った場合はどうなるでしょう。 ・先輩にあんなことを言うなんで、あの人はなんておこがましいんだろう。 ・勝手にそんなことをするなんて、彼はおこがましいにもほどがある。 このように、第三者を「おこがましい」と言った場合、その人物を非難していることになるので、使い方には十分注意が必要です。 間違えやすい類義語 「おこがましい」と似た言葉に、「厚かましい」という形容詞があります。 厚かましい:行動や態度に慎みがない。 ずうずうしく遠慮がないこと。 「おこがましい」が「身の程をわきまえていない」といったニュアンスを含んでいるのに対して、「厚かましい」は上下関係などにかかわらず、ただ単に図々しく、遠慮がないといった意味で使われます。 そのため、部下が上司を「あの人の厚かましい態度が嫌だ」と言うことはあっても、「あの人のおこがましい態度が嫌だ」と言うことはありません。 まとめ 「おこがましい」は、日常会話やビジネスシーンで、「出過ぎている」「さしでがましい」「なまいきだ」といった意味で使われる言葉です。 何かを相手にお願いしたいとき、目上の人に自分の意見を言うときに使うと、相手を立てると同時に、こちらの謙虚な姿勢も伝わるので、是非覚えておきましょう。 (文・イマーゴ)•

次の