海洋工学部。 船舶海洋工学科目

東京海洋大学/海洋工学部【スタディサプリ 進路】

海洋工学部

試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。 まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。 多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。 ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。 卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。 また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。 企業の資源について、より合理的で有効な活用法を考える 経営工学とは、経営に関する問題を工学的アプローチによって解決し、効率的で合理的な経営システムを構築しようとする学問です。 経験や勘だけではたどり着けない、経営における真理をみつけるため、種々の問題を数学的に分析。 より普遍的で、ムリ、ムダ、ムラのない経営体系を考えます。 経営学は実際の組織運営から方法を学ぼうとするのに対し、経営工学が数学的分析に基づいて課題解決を目指す、といった違いがあります。 卒業後の進路としては、生産管理、品質管理をはじめ、人事、財務、企画広報など、さまざまな選択肢があります。 物事を俯瞰して分析する力は、システムエンジニアやプロジェクトマネジャーとしても重宝されるでしょう。 もちろん、起業して経営者になるという道もあります。 目指せる仕事• 海洋工学部 海事システム工学科では、リーダーシップ能力とグローバル化対応能力を持つ、次世代の海技技術者養成を目指した教育を行う。 具体的には、2年次後学期・3年次で船舶管理と海事工学に分かれて学び、4年次では船舶管理教育、海事工学教育、海技士養成教育の3つの体系に分かれて学ぶ。 海洋電子機械工学科では、次世代を担う内外航路の機関運用・保守管理を行う船舶機関士と、大型機械プラントの運用・保守管理や、海洋エネルギーシステム、ロボット、電子制御機器の先端要素・材料の設計・開発などで活躍できる人材を育成する。 流通情報工学科では、流通における物資流動、およびこれと表裏一体の関係にある情報を一元的にとらえ、工学的観点から研究する。 さらに、ロジスティクス・システムに関する研究を行う。 海事システム工学科および海洋電子機械工学科機関システム工学コースの卒業生に対し、6か月間課程の乗船実習科がある。

次の

東京海洋大学/海洋工学部【スタディサプリ 進路】

海洋工学部

こんにちは! 今回は東京海洋大学「海洋工学部」の評判について、卒業生の方にインタビューをしてきました。 東京海洋大学「海洋工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方は東京海洋大学のパンフレットを請求してみて下さい。 ネット上に掲載されていない貴重な情報が沢山見つけられますよ。 を使えば、東京海洋大学のパンフレットは簡単に請求できますので、少しでも東京海洋大学「海洋工学部」への受験を検討している方はパンフレットを取り寄せてみて下さい。 それでは、さっそく東京海洋大学「海洋工学部」の評判について見ていきましょう! 今回インタビューをした方は東京海洋大学「海洋工学部」流通情報工学科の卒業生です。 この記事の目次• 5 流通情報工学科…偏差値52. 5 専門性の高い大学なので、他大学と比較するのは少しむずかしかもしれませんが、難易度としてはMARCHと同じくらいという認識です。 同じ学部の友人でもすべり止めにそちらを受けたという方は多くいました。 別の大学と迷って、東京海洋大にしたという人は首都大学東京や、学芸大という人もいました。 後期で入ってきた人も多く、ほかの大学がだめでやっと入れたところが東京海洋大というような人も多くいました。 推薦やAOでも入ることができるのでレベルはそこまで高くないようです。 東京海洋大学「海洋工学部」の志望理由 私が東京海洋大学を志望した理由は、国立であり東京にキャンパスがあり、専門性が高いということです。 高校が私立だったので、大学は国公立に行くことを決めていました。 自分が目指せるレベルで大学を探したときに、専門性の高い海の勉強ができる大学を見つけました。 海洋科学部と海洋工学部で迷い、海洋工学部の流通情報工学科という物流、ロジスティクスを専門的に学ぶことができるという学科を選択しました。 紹介のパンフレットやオープンキャンパスでも物流システムやコンテナ構造など他の大学では勉強できないようなことが学べると知り、興味が強くなって進学を決意しました。 物流という経済の面からシステムなど情報の面から両方学ぶことができるというところも魅力の一つでした。 東京海洋大学「海洋工学部」に入学してから感じたギャップ 私が東京海洋大学海洋工学部に入学してから感じたギャップは女子が圧倒的に少ないということです。 私の流通情報工学科はまだ女子が10人程度いましたが、学部内の他の学科は5、6人、先輩の代になると2人という少なさでした。 船に乗る学科もあるので、男子が多いようでしたが、何ヶ月も実習で船に乗るので、タバコを吸う人と筋トレをする人が4年間で増えていきました。 将来航海士や機関士になるような有望な人もいたので、真面目な方とそうでない方の差が激しいと感じました。 東京海洋大学「海洋工学部」の外からみた評判と、内部生からみた評判 世間からの評判 国立だということを知られていない、どこそれと言われてしまう、越中島にキャンパスがあるというとどこの島にあるの?と言われてしまうほど認知度が低いようです。 東海大学と東洋大学と一緒にされてしまうこともありました。 評判としては典型的な工学部のチェックシャツが多くいるという話をよくきいていました。 年代の高い方には元商船大学という話をすると頑張っているねと褒めてくださることが多いという話もありましたし、私も経験しました。 内部生からみた評判 学科は女子が多くキラキラしてる、チャラい、男子は女々しいというように聞くことがありました。 他学科に比べると、資格を取ることができないので下に見られていたかもしれません。 全体的に真面目な人が多かったです。 進級が危うい人や留年する人も少なからずいたので、上から下までいるという感じです。 学部的には男感の強い、典型的な工学部という雰囲気でキラキラしてないと言われていました。 部活などをやっている人も多く熱い人が多かった気もします。 海洋科学部の方がキャンパスも品川でキラキラした女子が多かったので、比較するとかなり淀んでいたように思います。 東京海洋大学「海洋工学部」のそれぞれの学科で勉強すること 東京海洋大学海洋工学部には3つの学科があり、流通情報工学科はロジスティクスをメインに経済面、情報面などからプログラミングを活用したり学内にあるコンテナを使用したりして勉強していきます。 海洋電子機械工学科は通称エンジン、エンジンに関係する勉強が多く、船だけでなく車や発電機などの研究もあります。 海事システム工学は通称デッキ、航海士を目指して勉強する人が多いですが、三年次にコース分けがあり、航海士になれるのは学科の半分の人数で、残り半分は情報系のコースになります。 優秀な人ほど希望するコースにいけるのでシビアな学科です。 コースが決まる前までは全員が航海士を目指すので、乗船実習や遠泳実習などがあり、1、2年次がかなりハードな授業になっています。 東京海洋大学「海洋工学部」のリアルな就職先について 優秀な人は、日本郵船などの大手船会社、ロジスティクス関係の大手、造船、通信なども大手にかなりのスピードで決まります。 普通の層でも専門性が高いので、大手とはいかずとも大手商社のロジスティクス会社や、船会社、物流企業に決まっていきます。 残念な層は専攻していた分野とは関係ないところも受ける人が多くなっていきますが、結局専攻していた分野に落ち着く人が多いです。 私は専攻していた分野とは異なりテレビ関係に就職しました。 後輩の話によると最近ではIT関係やベンチャーに就職を決める人も多いようです。 プログラミングを専門的にどの学科も学んでいるので、それを生かして就活しているようです。 内定が決まっているのに、単位が足りず卒業出来ず就職先の内定を取り消さなければならなくなった人もいました。 秋の卒業まで待ってくれるという企業もあり、留年してもその会社に行けた人もいました。 今回のまとめ いかがでしたでしょうか。 今回は、東京海洋大学「海洋工学部」の卒業生の方にインタビューをした内容をご紹介してみました。 東京海洋大学「海洋工学部」の詳しい就職先や学生の雰囲気、学費や奨学金制度についてもっと知りたい方はぜひで東京海洋大学のパンフレットを請求してみて下さい。

次の

船舶海洋工学科

海洋工学部

海洋学部(かいようがくぶ、: The School of Marine Science and Technology)は、をするために日本の大学におかれているの名称。 現在のところ、にのみ開設されている学部名称となっており、2012年に開設50周年を迎えた。 なおは、2016年度まで設置されていた学部は海洋科学部(海洋環境学科、海洋生物資源学科、食品生産科学科、海洋政策文化学科)であったが、2017年度に海洋資源環境学部(海洋環境科学科、海洋資源エネルギー学科)海洋生命科学部(海洋生物資源学科、食品生産科学科、海洋政策文化学科)海洋工学部(海事システム工学科、海洋電子機械工学科、流通情報工学科)に改組された。 類似の学部にやがある。 東海大学海洋学部 [ ] 1961年、清水分校(現在の)が東京へ移転したのを機に跡地を譲受し 、東海大学の学部の1つとして開設。 2013年4月現在、6学科4専攻の体制。 学位は、「」(英称:Bachelor of Oceanography)を全学科に設定している。 学部構成は、 海洋文明学科(英称:Department of Maritime Civilizations)、 環境社会学科(英称:Department of Environmental and Societal Affairs)、 海洋地球科学科(英称:Department of Marine and Earth Science)、 水産学科 生物生産学専攻(英称:Course of Applied Biolobical Science, Department of Fisheries)、 食品科学専攻(英称:Course of Foof Science, Department of Fisheries)、 海洋生物学科(英称:Department of Marine Biology)、 航海工学科 航海学専攻(英称:Course of Navigation, Department of Navigation and Ocean Engineering)、 海洋機械工学専攻(Course of Ocean Engineering, Department of Navigation and Ocean Engineering) となっている。 同じキャンパス内にある傘下には(地震予知研究センター、海洋生物センター、水族生態研究センター)3センターを配置し、海洋調査研修船「」、小型実習船(「北斗(4代目)」・「南十字」)、臨海実験所、各種実験場を擁して研究活動を展開している。 また、本学施設として東海大学社会教育センターを構成する・が、キャンパス近隣に所在。 更に、がにの1つとして拠点を構えている。 現在では、大学・学部教育を中心に分野のとして全国有数の陣容となっている。 沿革 [ ]• - 前身となるの一部門として水産研究部が創設。 - 水産研究部を水産研究所へ改称。 4月 - 海洋学部(海洋工学科・[海洋計測工学専攻、海洋土木工学専攻]、海洋資源学科・[海洋資源学専攻、海洋生物資源学専攻])を開設。 学部へも研究活動が分派することで引き継がれる。 4月 - 船舶工学科を増設。 1996年 - 水産研究所をへ改称。 (2014年現在も研究機関として活動中)• 4月 - 土木工学科と水産学科を増設。 4月 - 海洋工学科 海洋計測工学専攻から海洋工学科へ改組。 併せて海洋科学科を増設。 4月 - 海洋学専攻科を増設。 4月 - 航海工学科を増設。 4月 - 海洋学部沼津教養部を開設。 4月 - 海洋学専攻科を廃止、乗船実習課程を新設。 併せて海洋研究所先端技術センターを開設。 4月 - 船舶工学科をマリンデザイン工学科へ名称変更。 4月 - 海洋工学科を地球環境工学科へ名称変更。 4月 - 航海工学科に、航海専攻、国際物流専攻の2専攻へ改組。 4月 - 水産学科 水産資源開発課程を海洋生物学科へ改組。 同時に、地球環境工学科、海洋土木工学科、マリンデザイン工学科の3学科を統合し環境情報工学科へ改組。 3月 - 海洋建設工学科と環境情報工学科の2学科の募集を停止。 3月 - 船舶海洋工学科、海洋資源学科、海洋科学科、航海工学科(航海専攻・国際物流専攻)の4学科2専攻の募集を停止。 4月 - 船舶海洋工学科を航海工学科海洋機械工学専攻へ改組。 併せて、海洋科学科と海洋資源学科及び環境情報工学科の3学科を統合し、海洋地球科学科を開設。 4月 - 学部創設50周年を迎える。 関連項目 [ ]• 、、、• (一部免除認定校・環境社会学科)• 海洋学部を置く外国大学の一例• : 自然科学・工学・環境学群 海洋学部 参考文献 [ ]• 東海大学海洋学部 学部案内2013 脚注 [ ].

次の