その日から何もかも変わり果てた気がした。 まちがいさがし

漣の果てに。 第11話|ナカモトジュンヤ@かまくら国語塾|note

その日から何もかも変わり果てた気がした

死因は不明で、自殺とみられる。 番組内の行動をめぐり、インターネット上で激しい誹謗中傷を受けていた。 シェアハウスで共同生活を送った共演者からSNSで追悼の声、感謝の声が相次いだ。 大切な仲間を「守れなかった」と自責の念にかられる共演者もいる。 元メンバーの水越愛華さん(22)は「変わり果てた」木村さんと病院で対面していたことを明かした。 フジテレビとイースト・エンタテインメント社が制作。 新シーズンは2015年以来5年ぶりに東京が舞台。 シェアハウスで男女6人の共同生活を送る。 昨年5月14日からNetflixで先行配信。 同6月11日からフジテレビオンデマンド(FOD)配信、同7月8日からは地上波放送(フジテレビ、月曜深夜0・35)がスタートした。 木村さんは昨年9月に入居。 今月19日に最新第42話が配信された。 「大丈夫?」とか「元気ないね、どうしたの?」など人の変化にすぐ気づける優しい女性だね。 そしていつも悩みを聞いてくれた。 ありがとう。 僕は人に悩みをほとんど打ち明けないから花ちゃんに相談してすごい楽になった。 でも僕は花ちゃんが苦しんでる状態から救えなかった。 本当に悔しい。 本当にごめんなさい。 花ちゃんとの思い出はいっぱいあるね。 テラハに入ってはじめてのご飯が花ちゃんと2人だったね。 一緒にピザ注文したね。 そのときすごい緊張していた姿を見て、リラックスさせてくれたことは今でも忘れない。 クリスマスイブはプロレスを観に行った。 リングで活躍している花ちゃんは本当にかっこよかったよ。 花ちゃんのオムライスはとても美味しかった。 僕は料理全然できないし、やらないから調味料の場所とか知らなくていつも迷惑かけたね。 エジプト料理食べたり、神楽坂で悩み聞いてくれたり。 その後たい焼き食べたね。 楽しかったね。 あとはお互いAirpodsのイヤホン片方ずつなくして一緒に1個買ったね。 いつもみんなでごはん食べているとき「スプーンある?」「飲み物ある?」とか気を使ってくれたね。 思い出はいっぱいだし、感謝という言葉では言い表せない。 正直まだ信じられないよ。 東京ドームで見た景色のこともっと話してよ。 夜食で餃子食べようよ。 みんなでマリカーやろうよ。 1週間前にコロナ落ち着いたらたこパするって約束したじゃん。 何も手もつけられない状態が続いているけど、前に進まなければならないことはわかってる。 花ちゃんに言われた「一生懸命やらないことが恥ずかしい」、「自信を持つまで努力しろ」とかが勇気づけてくれている。 もっともっと頑張るから見ててね。 これからもずっと友達だよ。 花…起きてはならないことがこの世の中に起きてしまいました。 あってはならないことが…。 今日は信じたくなくて携帯をあまり見たくなくて放置してました。 何も考えることができず、ぼーっとしてました…逆に連絡くれたみんな心配させてごめん。 起きてしまった事実は残念ながら変える事はできないので、花のトレードカラーのピンクの花を捧げてきました。 花は海も好きだったので海にも来てるかなーって思って。 (2015年に心筋梗塞のため急死した元メンバーの今井)洋介に会えたかなー?洋介はめちゃくちゃ最高なbroだからさ!花も絶対仲良くなれるから。 洋介も頼むね。 俺はまだそっちには行けないけど、いつかまた会おう。 この世の中。 いろいろな意見があると思いますが、何が正解で、何が不正解とか全くわからない。 ただ一つだけ確実なのは、大切な仲間の花を守れなかったこと。 悔やんでも悔やんでも悔やみ切れません。 これから将来がある大切な仲間を守れなかった…。 たくさんアンチが来てもスルーするとか、いろいろなことを言う人もいますが、アンチを受けた人は一生忘れません。 言う方は忘れると思いますけど。 それはいじめも一緒ですよね。 言葉の暴力って言いますけど、それは本当なんですよ。 うれしいことを言われた時はうれしいですよね?悲しいことを言われた時は悲しみますよね?それが真実です。 このこと。 いや、事件を無駄にはしない。 ご親族の方々ご冥福をお祈りいたします。 ありがとう。 心が追いつきません。 昨日の朝起きてすぐに電話もLINEもしたけど、もう遅かった。 1人で悩んで傷ついて。 つらい想いを抱え込んでいたんだと思うと、はなちゃんの優しさを守れなかったと思うと、本当に胸が苦しい。 思い返してもはなちゃんの笑顔ばっかり思い浮かぶ。 いつも素直で真っすぐで、みんなのことを笑顔にさせてくれて。 プロレスの試合を見に行った時も、本当にかっこよくて、とてもキラキラしてて。 ご飯を作ってくれたり、一緒にパックしたり、一緒にお風呂入ったり。 もっと色んなところに出かける約束もしてたのに、もうあの笑顔を見れないと思うと、本当につらいです。 涙が止まらない。 はなちゃん、ゆっくり休んでね。 ずっとずっと愛してるよ。 そして、はなちゃんはたくさんの人から愛されてる。 本当にありがとう。 つらいけど、今伝えなければならないから。 どうしても信じたくなかったんです。 ハナがどうしてあの世界へ行ってしまったのか、ということを。 覚えていますか、ハナの試合を見に行った時のこと。 あの時、私は喉を枯らしたほどにハナを応援しました。 それは、ハナが頑張っている姿を見て心から誇りたかったから。 最近、また新しい料理レシピを作ったんですよ。 その料理を6人で一緒に食事したかったから。 ハナはどんな激辛でも平気な人だった。 本当にびっくりでしたよ。 見た目は気が強いハナは、私が可愛いねと褒める時には、シャイな表情が見えて、そんな感じが素敵でしたよ。 ハナが教えてくれた日本語、今もこうやって使っているんだから、わたしは一生忘れないから。 でも本当にごめんなさいという言葉を使いたかった。 もっとあなたに早く好きな気持ちをしっかりはっきり伝えたかったから。 それもできない私、悔しくて泣いていました。 あの世界へ行っても、たくさんの人々に愛されていることを、信じてください。 親族の皆さんに心からお悔しみ申し上げます。 お互い意地を張らず仲良くしておけば良かった。 自分の思いを伝え、彼女の思いも聞いて、また仲良くできれば良かった。 相談に乗ってあげれれば良かった。 良い部分に目を向ければ、いくらだって修復できたはずだった。 温泉に行ったこと、怪我した時に料理を作って励ましてくれたこと、プロレスで優勝したこと、2人で全然面白くないホラー映画借りてきてメンバーからブーイングを食らったこと、試合に応援に来てくれたこと。 ギクシャクした関係のまま逝ってしまった。 今まで後悔しないように生きてきたつもりだけど、花!元気?また仲良くしよーぜ!遊ぼうぜ!って言えたらって1日中ずっと思ってる。 こればかりは本当に後悔してるし、情けない。 俺は芸能人でも何でもない、ただのアスリート。 有名になったり、テラスハウスに出たりすれば、誹謗中傷は仕方ない、有名税、覚悟、我慢しろ。 そう言われてきたけど、本当にそれが正しいの?正直、俺も毎日散々誹謗中傷されてるし、仕方ないって思って向き合ってるよ。 でも、なんで毎日我慢しなきゃいけないの?俺は気にしないけど、それに耐えられない人もいるんだよ、他のメンバー達も悩んでるよ、それくらい分からないとダメだって。 少し人の気持ちになって考えれば、分かることだって。 おかしいって。 絶対におかしいって。 マジでありえないって。 常識だって。 そんなレベルのことが分からないって大問題だって。 会ったこともない、ただ画面上で見ただけの人たちをどうしてそんなにジャッジできるの?直接嫌なことでもされたの?何が分かるの?そんなに偉いの?自分は完璧なの?どんな思いで毎日必死に1人1人生きてるか知らないじゃん。 悩みがあるか知らないじゃん。 過去があるか知らないじゃん。 良い加減、言っていいことと悪いことくらい、分かろ。 もう二度と見たくない。 俺には何とでも言えばいい、この後に及んでまだ来るよ、今だって文章打ってるやついるよ、労力使ってくれ、気にしないから。 だから他の人に言うのはもうやめてくれ。 それと、他人の人生あーだこーだ言う前にさ、まず自分の人生を生きてくれ。 ご冥福をお祈りします。 彼女からの返信はいつもと様子が違くて、途中から返信も来なくなって、気になってTwitterの投稿を見て、異変に気付き、すぐに自宅を飛び出し、彼女の家に向かいました。 家に着いても、そこに姿はなかったので、病院に向かいました。 病院に着いたら、変わり果てた彼女がいました。 向かっている最中、私はどこかで生きてるだろうと思い込んでいました。 そして、何事もなかったとしても、抱きしめようと思っていました。 『あなたがこういう状況になったら、いつでも駆けつける仲間がいるんだよ』って。 『あなたかが自分に傷を付けてもいいのはリングの上だけだよ』って伝えようと思っていました。 卒業したら旅行に行こうねって、一緒に潰れるまでお酒を飲もうねって、またご飯も行こうねって、約束をしていました。 私もテラスハウスに出て、誹謗中傷を受け、傷付きました。 その様子も配信されていたので、知ってる人もいると思います。 テレビに出てるから仕方ない、傷付くくらいなら出るな、死ね、出て行け。 たくさん言われました。 でもね、表に立つ仕事をしている人もみんな、人間なんです。 感情があるんです。 言葉は本当に、凶器になります。 表に出ているから仕方ない、覚悟が足りない、メンタルが弱い。 そんな問題じゃないんてす。 いわゆる有名な人には何を言ってもいい、そんな風潮を払拭しなければいけません。 どんなに悔やんでも、彼女は帰ってきません。 もう笑顔を見ることもできないし、一緒にご飯を食べることもできない。 最後の姿が頭から離れません。 いつも笑顔が素敵な彼女があんな姿になってしまっただなんて。 あの姿が最後だなんて思いたくない、信じたくないよ。 花ちゃん。 言い合いもしたね。 でも、たくさん買い物に行ったり、映画を見たり、お出掛けもしたね。 楽しかったね。 いつもふざけ合って、時には励まし合ったよね。 プロレスの試合中のあなたは本当にかっこよかった。 でも、恋愛をしている姿は本当に可愛かった。 もう、あなたに会えないと思うと、つらくてたまりません。 どうか、どうか安らかに眠ってください。 ゆっくり、休んでね。 もうあなたを傷付ける人はいないよ。 出会ってくれて、ありがとう。 助けられなくて、ごめんなさい。 心よりご冥福をお祈りいたします」.

次の

変わり果てた自転車: 洒落怖

その日から何もかも変わり果てた気がした

あまりにも変わってしまった友人にショックを受けています。 私は34歳の女で、友人も同い年です。 中学の頃からの知り合いで、かつての友人の特徴としては誠実で大人しく、良い意味で古風な感じの女の子でした。 彼女がいじめに遭い不登校になってしまったときは本気で心配して、よく様子を見に行っていました。 そのおかげか卒業後も顔を合わせることはなくてもメールのやりとりを続けており、関係は良好でした。 そして長い時を経て、大人になった今、一緒に遊びに行くことになりました。 数ヶ月前から約束しており、とても楽しみでした。 しかし前日になっていきなり待ち合わせ場所を変えてほしいと言われました。 しかも私の馴染みの無い場所。 あわてて調べてなんとか当日行くことができました。 ところが友人が来たのは約束の30分後。 理由を聞いてみると「歯医者の予約を入れてしまった」とのこと。 更にはごめんの一言も無し。 モヤモヤしながらもレストランに入りましたが、いざ話してみると34とは思えないくらいにキャーキャーと黄色い声を発し、ものすごいおしゃべりになっていたのです。 もともと高い声だとは思っていましたが、あのしゃべり方はさすがに引きました。 その後、一緒に買い物に行くと信じられないくらいに浪費家になっていたことがわかり、これも驚きでした。 昔は家計簿をつけていたくらいにお金にはシビアだったのに。 結局、かつての友人の面影は1ミリもありませんでした。 誠実でも大人しくもなんでもありませんでした。 私も多少は変化したと思いますが、人ってこんなにも悪い意味で変わるものなのかとビックリしましたし、この先友人とどう付き合っていけばいいのかわかりません。 露骨に態度を変えるのも悪い気がします。 ユーザーID: 5985631505 長年顔を合わせて無いので貴方の理想のお友達を作り上げていたのではないですか?変わったのではなくて。 書かれている所で問題なのは、遅れてきてごめんの一言も無かったことぐらいです。 声の大きさは久しぶりに会ったら声も大きくなることもあるでしょうし、 浪費家ってそれは人に決められることではないでしょうし。 学生の時のお小遣いとは違うのですから、使いようも違うでしょう。 基本的にご自身の好みでなく変わった、ご自身の会わなかった間の理想に仕上げた友人とは違った、それだけではないですか? どちらにしてもお好きではないと言う事、元々あまり会う事のない友人でしたのでしたら、これからもたまにメールで会うのは避けるようにすればいつか自然に消滅すると思います。 ユーザーID: 7279852508• 良い意味で変わったんだと思う。 私も学生時代に比べて、かなり人格が変わりました。 昔の友人とは付き合いはありません。 あなたにとっては「悪い意味で」変わったのかもしれませんが、34歳なら、それが本来の彼女の姿、あるいは、紆余曲折あった末に見出した自分自身なんじゃないかな?と思います。 これが20代ならまた違います。 変化の過渡期で、自分のやっていることが良く分かっていなかったり、価値観が揺らいでいたりして、また昔の友人に戻るって場合も多々あります。 でも、34歳ならもうそこから変わることはないでしょう。 自分の姿がどんなものか理解した上で、その生き方を選択しているからです。 あなたにとっては良くない変化でも、彼女にとっては、いまの自分が生きやすい姿で、きっと昔より幸せなんだと思います。 あなたは合わない友人と無理して付き合わなくていいと思います。 ものすごい不快な思いをしたわけではないと思うので、縁切りとかまで考えなくても、徐々に距離を置いていけば良いのではないでしょうか? ユーザーID: 8826486774• いじめられていたから、元気が なく大人しく見えたのではないですか? そんな状況でキャーキャー異性に に黄色い声をあげたりしません。 黄色い声でキャーキャー?ということは… 恋人の話題?で甲高い声になっただけでしょう。 嬉しいと女性は声がワントーン上がります。 恋ばなの内容にイラッとしたのですか? 浪費家になっていて、あなたに何か迷惑をかけるのですか? 社会的に成功しなければ浪費もできないです。 カツカツでしょう。 スペシャル家計簿をつけて貧しそうなご友人の方が良かったのですか? 私ならそうなんだ、良かったねーと受け止めます。 まさか、ご友人が昔みたいに大人しめで 元気がない 古風な雰囲気の方が 流行りの服を買えない が良かった? カツカツでションボリ家計簿をつけていた方が……優越感に浸れるとか?もしそうなら トピ主さんは…残念な人かも。 ユーザーID: 0544298616• 家族・友人・人間関係ランキング• そういう人だった あなたが「誠実で大人しく古風」だと思っていたのは錯覚だったということだと思う。 おそらく今の彼女が本性だったんじゃない。 いじめにあっていたということで、それにも多分理由があったでしょうし、いじめられることで本来の性格を控え目にしているのが「誠実で大人しい」とあなたには見えただけ。 本人外やあなたの前ではそう見せていただけなんじゃないのかな。 そのほうが都合がいいから。 お金にシビアなのが浪費家になったのは、使えるお金があるからかもしれないし、シビアにしていた反動かもしれない。 それも彼女の本性です。 人間、変わると言ってもそこまで本質が変わることはないと思う。 それが彼女だった。 そう思って少し距離を置いたら。 露骨に態度を変えることないです。 忙しいを理由に距離をとることはできるでしょ。 ユーザーID: 0194681415• 文字だけのやりとりにする 友人は、真面目誠実というより、根暗なタイプだったわけですよね。 いじめられたリ、不登校になったり。 貴女は、優等生タイプというか、おせっかいタイプというか。 少女時代のおせっかいは、大人になり、心底、親切なボランティア精神の人と、他人の不幸は蜜の味、不幸な人に親切にする自分に酔っているタイプとに分かれます。 友人の性格だと明るくならないと辛い目に合う場面も多く、それで変わられたのか、少し躁鬱気味なのかもしれません。 どちらにせよ対人関係が上手な人でないでしょうから、貴女に会うことで舞い上がってしまったのでは? 歯医者の予約に関しては、うっかりなんでしょう。 友達みたいなタイプは、要領が悪い人が多いですから。 遅刻して謝らなかったのも、対人関係に難ありな人なら普通でしょ。 そんなに怒るような事でしょうか。 彼女が悪いわけではないと思うし、それが彼女。 ありのままの彼女。 貴女が勝手に彼女に同情し、友情というより庇護者の立場に立ってただけ。 マウンティングもあるのかも。 しかも自分の思い込みの虚像の彼女に対して。 自分の責任で自分の価値観で今後の関係を決めればよいのじゃありませんか? 「急に態度を変えるのは悪い気がする」なんて言ってる段階でもう、切りたいのでしょ?私個人の価値観では、そういう欺瞞に満ち、軽々しく、人の優位に立ちたい人嫌いですけどね。 30代と言えば、まだまだ精神的に過渡期。 成熟していない。 今後はもっと真の思いやりをもって真に誠実な人になって欲しいなと思います。 ユーザーID: 3008152480• うーん。 もうお付き合いはしなくていいですよ メールのやり取りだけだったんですよね 彼女からメールが来たら無難な返事で 早めに切り上げる 実際に顔を合わせるのはもうしなくていいですよ 会おう となって半年もかかる 社会人なのでお互いの都合の調節が難しいのはわかるけど 物理的に会いづらいか どちらかの 両方の? 時間の融通がきかないんでしょう 中学生から34歳の女性へ 変わってないと思ってたあなたに驚きです メールのやり取りも たま〜あにっていう頻度だったってことでしょう 今後 どう付き合うもないのでは? 辛いときを支えあげていた ずっと お付き合いしてあげていた 長い歳月を超えて 顔を合わせてあげた トピ主さんへ感謝して欲しかったわけではないんですね でも 約束の日に歯医者の予定を入れて 遅れる そして御免もない お付き合いはしなくていいですよ ばっさり切るのが あなたの気持ちに負担なら メールが来たら返事くらいしたらいいんですよ ユーザーID: 2040309868• 疎遠にすれば良いと思います 学生時代の頃に比べてご友人が変わってしまったこと、確かに驚きですし、トピ主さんから見れば悪い意味で変わったとなればがっかりですよね 何が彼女をそうさせたのか分かりませんが、人は環境や境遇によって変わるものだと思います。 今の彼女を好きでいてくれる人もいるのだから、これ以上関わらない方が良いでしょう。 また、学生時代の彼女のイメージを引きずったまま…という印象が、トピ主さんの文章を読んでいて思います。 彼女のことを考える暇のないくらいに、新しい趣味やサークルを見つけて、色々な方々と関わってみてはどうでしょうか。 知らぬ間に彼女のことが頭から離れていくと思いますよ。 ユーザーID: 7381765512• 昔の印象の押し付けはやめてほしい。 中学卒業から20年くらい経つわけですから、 その間にはお互いに大人になって、環境も変わって、付き合っていく人も変わって・・・ 15歳当時の印象を今の年齢と照らし合わせるほうがおかしいですよ。 待ち合わせの場所の変更、大変でしょうが、ネットがある時代に馴染みのない場所とか そういったことを言うのは無しですよ。 だれでも地図を検索できる時代なのですからね。 一緒に過ごした時間よりも、会わなかった時間のほうが圧倒的に多いのですから トピ主さんの持つ印象を押し付けるのはどうなのでしょうね? トピ主さんだって 「あの頃はすっぴんだったのに、なんで今は化粧したり髪の毛を明るくしてるの?」と言われたら気分が悪くなりませんか? 子供の頃の性格や印象を変えてはいけないなんてありえませんし、 自分自身が変わったことを悪いように指摘されるとすればご友人が気の毒ですよ。 もし、そのように責めるとするならば、 トピ主さんは中学生時代から自分とは合わない人たちを影でこうやって批判したりしていたのですよね! 女の世界って本当に怖いと思います。 ユーザーID: 7391014258• 人は変わる 私が以前同じような経験があり、ひとつの可能性としてレスします。 長年連絡のなかった幼馴染から突然連絡がありました。 控えめで大人しかった彼女がハイテンションでしゃべり続け、甲高い声でけらけらと笑います。 そして私の知らない人の話を延々と。 人は随分変わるのだなあと思いつつ、楽しそうな彼女を見てほっとしたところもあり。 数日後、幼馴染の家族から連絡があり、彼女が心を病んでいることを知りました。 ハイテンションな日常と、散財が酷かったようです。 大きなストレスがあると鬱になる人は時々聞きますが、彼女の場合は躁状態になってしまったようで。 その後、ストレス原因が排除され徐々に彼女は落ち着き、数年後に会ったとき彼女は幼い時の雰囲気のままでした。 稀な例だとは思いますが、あまりにも人が変わったようになったとのことで思い出しました。 トピ主は連絡だけは取っていたのですよね? 突然の変わりようには、何かあるかもしれません。 ちょっとだけその可能性も考えてあげてください。 私の幼馴染も学生時代にいじめを受けていました。 大人しくて、言い返せない、その分ストレスをためてしまう人だったように思います。 念のために、彼女のご家族にさりげなく様子を聞くことはできませんか? ユーザーID: 2521615912• 私はその友人のようなタイプでした 小学校の時にイジメに遭い、地元の中高では目立ったイジメはなかったものの、ビクビクオドオドした陰気な女でした。 大学に進学、変わろうと決心して明るく振舞い、オシャレに気を使い、スポーツサークルに入りました。 友達にも恵まれ、大学運営にも率先して参加するなど、本当に楽しい毎日を送っていました。 学祭実行委員の集まりに中高の同級生Aがいました。 何度めかの打ち合わせ会で「コイツ、昔は嫌われもののブスだったのに、今はすっかり変わって〜」と私の昔の話をしたところ、周囲は完全に白けて、Aは浮いた存在に。 居づらくなったのかそれ以降、Aは来なくなりました。 中学高校のときのままだと思わないで下さい。 ユーザーID: 8426635233• いつ以来ですか 変わり果てたと決め付けないで、本当はこういう部分もあったけれど、抑圧されていたんだな〜って思っておいた方がいいと思います。 トピ様と彼女は中学の卒業以来会っていないということは、メール友達でリアルでは疎遠に近いと思います。 この10年ろくに付き合いもしないで、彼女のことを決め付けるのはやめましょう。 どうせ会ってもいなかったのだし、元のメール友達に戻ってもいいし、それも止めたいなら止めるのも誠実さだと思います。 露骨に態度を変えるのも悪いからって、これだけ悪い意味で変わったと悪口を書いているのに、友達のフリするのも悪いと思います。 浪費家って、自分で稼いだお金をどう使ってもそれは友人の自由だと思います。 中学で家計簿つけているのは、それもちょっと普通じゃないし、やっぱり親からのプレッシャーが大変でムリしていたんだなって思います。 それが悪い方向に出て弾けてしまったのでしょう。 ユーザーID: 7075514276.

次の

赤江珠緒、変わり果てた球磨川に絶句「のんびりした景観を楽しめるあの球磨川が」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

その日から何もかも変わり果てた気がした

初代あいのり108 話では、は出来ないと判断したトビがビビと距離を置くことになる回でした。 109話の題名は「コレカラ始マル・・・」フジテレビでのオンエア日は2002年1月14日。 ビビの変化に気付いたトビが凍りつく この日7人はドライバーのペドロさんの誘いであるレストランへ。 ここはマヤ料理のお店。 運ばれてきたのはこの店一番の人気料理らしい。 食べてみた芳ちゃん固まる 芳ちゃん「独特な味がする」 果たしてこの謎の料理の正体とは、アルマジロ。 精力がつくと昔から食べられていたこの伝統料理はガーリックオイルで炒めてからトマトソースでじっくり煮込む。 意外に繊細な芳ちゃん食べ残す。 翌日、ーを出発したラブワゴン。 その車内、ビビの隣りには芳ちゃん。 そして真後ろにはトビが座る。 そして、ふとした瞬間トビの視界に入ったビビの右手首。 そこにはあるはずのものが消えていた。 それはトビがプレゼントした思い出のリストバンド。 旅の間ビビは片時も外した事がなかった。 それがビビの手首から消えていた。 トビは思いがけず心臓が凍り付いていくのを感じていた。 ラブワゴンは川岸に到着。 しかし橋が無く先に進めない。 するとラブワゴンごとボートに乗り込む。 実はこのボートは車の輸送用のボート。 橋が無いこの辺りでは地元の人達の足として日常的に利用されている。 早速ラブワゴンもボートで出発。 そして岸に上陸。 さらに移動しやってきたのは太平洋。 すると、ある施設を発見。 そこには数十匹のウミガメの赤ちゃんがいた。 実はこの海岸はウミガメの産卵地として有名なポイント。 貴重な卵は盗まれる事が多いため、この施設では卵を保護し安全に孵化させている。 ちなみにその労働力はすべてボランティアに頼っているという。 そこで7人も施設の掃除を手伝う。 ビビと芳ちゃんは2人で仲良く池のお掃除。 一方、トビは1人で壁を磨く。 ビビは新しい気持ちになっているのか、、、 働く事1時間、芳ちゃんとビビが木陰で一休み。 ビビ「昨日泣イタシスッキリシタヨ」 芳ちゃん「すっきりした?」 ビビ「ウン。 アリガトウ」 芳ちゃん「良かった。 ちょっと元気になった?」 ビビ「ウン。 元気ニナッタ」 芳ちゃん「聞きたい事聞いてもいい?」 ビビ「イイヨ。 何デモ」 芳ちゃん「これは?」 ビビ「アア、リストバンド?付ケタクナイ。 モウ付ケテモ意味ナイ」 芳ちゃん「意味ない?」 ビビ「バカミタイダヨネ。 今マデ」 芳ちゃん「何で?」 ビビ「イヤワカンナイ」 芳ちゃん「全然…」 ビビ「バカミタイ」 芳ちゃん「そんな事言わない。 精一杯やった」 そして芳ちゃんは一番聞きたかった事を切り出した。 芳ちゃん「これからどうすんの?」 ビビ「ドウシヨウカナ。 コレカラ始マル」 芳ちゃん「これから始まる?」 ビビ「コレカラ頑張ッテ。 コレカラ始マル。 芳チャンハ?コレカラドウスンノ?」 芳ちゃん「これから始まる。 新たに始まるよ」 今お互い新たな恋を決意したビビと芳ちゃん。 その頃トビは複雑な思いを胸に掃除に打ち込む。 レゲエにみずほの想いは届くのか この日、みずほがレゲエと2人きりに。 みずほ「どう?でっかい恋はできそう?」 レゲエ「分かんねぇ」 相変わらずそっけない態度のレゲエ。 出会ってから3カ国2人の距離は一向に縮まらないでいた。 みずほ「でもね不完全燃焼で帰りたくなくない?」 レゲエ「それは分かる」 みずほ「だけん。 まだ帰れんのよ」 レゲエ「相手がおったら帰れるやん」 みずほ「相手が恋愛しよらんかったら無理やろ?こっちがいっぱい風送りよってもなびかんかったら駄目やろ」 レゲエ「じゃあそれがずっとなびくまでおると?」 みずほ「そうよ」 強い決意を語ったみずほ。 レゲエに風が届く日は訪れるのか? 芳ちゃんはビビへの気持ちを確認していた その一方、ビビと新しい始まりを誓った芳ちゃん。 しかしその心には、複雑な想いがあった。 から旅に参加した芳ちゃんはバリバリの生。 しかし、その輝かしい経歴とは裏原に、恋愛には奥手。 24年間、1度も彼女はいなかった。 芳ちゃん「自信ある?」 みずほ「何に?」 芳ちゃん「自分が相手の所に行って何かしゃべってて相手が自分と一緒にいて楽しいと思ってくれてるのかなとか」 みずほ「全くない」 芳ちゃん「ウソ?それでも行くんだ」 みずほ「行かなしょうがないやん」 芳ちゃん「みずほは強いな」 みずほ「別に普通と思うよ」 芳ちゃん「普通かな?」 ゆき姉「相手を想う気持ちがあったら誰でもそうなれる」 芳ちゃん「そうは思わない」 ゆき姉「芳ちゃんでもなれるよ」 芳ちゃん「例えば誰かがいて自分がその人の事を好きになったとして結構何か申し訳ない気持ちがある。 自分なんかがその人の事を好きになっていいのかなって」 みずほ「それは無い」 ゆき姉「自信なさすぎ」 自信が持てない芳ちゃんは闇をさまよっていた。 翌日、ラブワゴンが到着したのは古都アンティグア。 にも指定されている美しい街並を守るため、派手な看板は法律で禁じられている。 この街のファーストフード店はとっても地味な外観。 この日、7人が訪れたのは教会の遺跡。 ここサンフランシスコ教会は18世紀の大で崩壊した教会をそのままの形で保存している貴重な遺跡。 そんな中、ビビはあの湖の一件以来全くトビに近づこうとしない。 すかさず芳ちゃんがビビのもとへ 芳ちゃん「もっとしゃべった方がいいかな」 ビビ「皆ト?」 芳ちゃん「いやこういう時」 ビビ「マアソレハソウジャン」 芳ちゃん「でも結構気利かない所多いべ」 ビビ「他ノ男ノ子ヨリ気遣ッテクレテルヨ」 芳ちゃん「いやまだまだ」 ビビ「マダマダダケドネ。 コノ旅デ色々新シイ言葉覚エタ」 芳ちゃん「何覚えたっけ」 ビビ「色々。 重要トカ寄り目トカ福祉」 芳ちゃん「あんまり重要じゃないよね」 ビビ「小鳥、サトウキビ」 という事で、生芳ちゃんのよく使う日本語講座! 芳ちゃん「鼻かむ」 ビビ「ドウイウ意味?」 芳ちゃん「鼻をかむ」 ビビ「COME?」 芳ちゃん「鼻をかむ。 これよく使うよ。 結構重要」 さらに 芳ちゃん「。 その後2人は教会のほら穴を発見。 その時芳ちゃんに背筋も凍るような事件が! 芳ちゃん「うわぁ、ヤベエ。 ぬめぬめしたうんこだった。 でもビビがたくさん笑ってくれたので、嬉しく思った。 ラブワゴンに乗り込む7人。 するとタケがゆき姉の隣の席へ。 タケと言えば妥協を許さずパンの道を極める福岡のパン職人。 この旅でも小遣いは全てパンにつぎ込み、女性メンバーともパンの話題ばかり。 まさに、頭の中はパンだらけ。 そんなタケの第一印象が29歳のゆき姉だった。 必死にの中身を考えるタケ。 すると気を利かせたゆき姉から話題をふってくれた。 ゆき姉「朝パン食べた?」 タケ「うん食べた」 ゆき姉、それ言っちゃダメ!すると タケ「日本の国産小麦の感じがした。 何かあんまり粘りがない。 引きがないっていうか味がやっぱり落ちる。 体には絶対いいと思うけど。 、」 止まらないパン。 さらに! タケ「夜さあ、パンの夢見てずっとパン屋さん回りよるんよ。 だからこのパンおいしいですねとか言ったり。 何かパンの夢ばっかり見てさあ」 そして30分後、ゆき姉は ゆき姉「ちょっとの間パンを忘れて」 ごもっともな意見…。 そして、翌日7人は近くのある建物を訪れた。 ここは、地元の主婦が利用する公衆洗濯場。 誰でも無料で利用でき水をくみ上げて石けんで石にこすりつけて洗う。 早速見よう見まねでメンバーたちもお洗濯。 すると芳ちゃんの隣に地元の若奥様が!芳ちゃんが見てしまったのはたわわに揺れる悩ましげなバスト。 には刺激が強すぎるこの光景に思わず目をそむける純情な芳ちゃん。 一方、相変わらず会話のないトビとビビ。 自分のせいで外されたリストバンド。 トビは必死に平静を装っていた。 明らかにトビを避けるビビ 洗濯を終えた7人は、昼食を取るため近くのレストランへ。 ここでトビの心を大きく揺り動かす出来事が待っていた。 テーブルの奥へ座ったトビ。 そこへビビがやって来た。 すると次の瞬間、ビビはトビとの間にわざわざ席を空けた・・・。 トビを拒絶する強い意志を態度で表したビビ。 この光景に、芳ちゃんも複雑な表情を浮かべる。 そして、今はっきり示された2人の距離。 トビは思わず言葉を失っていた。 その夜。 心の底からわき上がるある感情に、トビは戸惑っていた。 恋の為に留学を諦めると言ったビビに夢を捨ててほしくなかった。 1年間離ればなれになる不安もある。 だからこそ、ビビと距離を置く決心をしたトビ。 しかし、逆にビビの心が自分から離れつつあることに気付いた今、トビの心は大きく揺らぎ始めていた。 しかし、トビにはメンバーの誰も知らないある問題が・・・。 一人前の鳶職を目指し修行の身であるトビ。 実は、この旅に親方から期限付きで許しを得て参加していたのだった。 恋を忘れようとする女ビビ。 恋に気付いた男トビ。 すれ違う2人の運命は誰も予想しない結末に向けすでに走り始めていた。 ainorifan.

次の