ものすごい 図鑑 モンシロチョウ。 モンシロチョウのからだのつくりをとらえよう~「ものすごい図鑑」の活用を通して~

モンシロチョウ │ 自然案内人レヂヲのいきもの図鑑

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

モンキチョウってどんな虫? 春先から見られる蝶で、早いと3月頃から見られますが、モンシロチョウより少し後くらいから飛んでいるのを見かけます。 黄色い蝶では「キチョウ」なども居るのですが、それよりも一回り二周り大きく、モンシロチョウくらいのサイズ感です。 そして、黄色いだけではなく頭の一部や羽の輪郭の部分がピンク色になっているのでちょっとファンシーな印象もあるチョウチョです。 モンキチョウ シロチョウ科 チョウ目というグループの「シロチョウ科」に含まれている一種です。 モンシロチョウやツマキチョウなどが近い仲間として知られており、ほかにも30~40種類ほどが日本で見られます。 モンキチョウの特徴 モンシロチョウと同じくらいのサイズの蝶ですが、全体が黄色っぽいのと、小さな紋の入り方が違うのが特徴です。 羽の裏側には淡く白っぽい紋が入っているので、あまり間違えることはありません。 オスとメスの違い オスとメスでは模様の違いはほとんどありませんが、メスには黄色のタイプと白いタイプがいます。 メスの白色タイプでは、羽の表が白くなるので、モンシロチョウのような雰囲気もありますが、後ろ羽の小さな紋が黄色く目立つのが特徴的です。 裏面も羽がずれたところが白っぽく見えるものはメスになります。 ただ、黄色のタイプはオスとメス両方が見られるので識別するのは難しいです。 羽のずれた部分が白くなっています。 ミヤマモンキチョウとの違い ミヤマモンキチョウが似ているのですが、高山などで見られる蝶で生息域が限られています。 羽を広げた時の模様は、モンキチョウでは黒い部分に白や黄色の紋が入るのに対して、ミヤマモンキチョウは黒の一色になっているので見分けるのは難しくありません。 モンキチョウの生態や成長 幼虫 モンシロチョウの幼虫などと似たアオムシです。 幼虫はフンをはね飛ばす習性があります。 蛹(サナギ) 緑色のサナギです。 幼虫で越冬するからか、茶色いサナギにはならないようです。 モンシロチョウのサナギと同じように、糸で木などに体を固定する帯蛹型(たいようがた)のサナギになります。 幼虫で越冬する モンキチョウは幼虫の状態で冬を越します。 モンキチョウの分布や生息地 日本では北海道から南西諸島まで幅広く見られるチョウです。 世界にも広く分布していて、ヨーロッパや中央アジアなどにも生息しています。 モンキチョウの仲間をもっと見る.

次の

モンシロチョウ │ 自然案内人レヂヲのいきもの図鑑

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

この記事に書いてあること• モンシロチョウの幼虫のエサ:キャベツが大好物! モンシロチョウは幼虫のエサになる植物に産卵します。 キャベツやアブラナ、ダイコン、菜の花、ブロッコリー、小松菜などです。 モンシロチョウは中でもキャベツが大好物なので、キャベツ畑に行けば簡単に卵が見つかります。 近所にキャベツ畑がない しかし、我が家の周りは住宅街です。 当然近くにキャベツ畑がありません。 ご近所の知り合いにあたってみましたが、自宅でキャベツの家庭菜園している方はいませんでした。 キャベツ以外でエサになるダイコン、ブロッコリー、小松菜などの畑もやっぱりありませんでした。 菜の花畑は? モンシロチョウはアブラナや菜の花にも卵を産むことが分かっています。 菜の花畑なら近くの観光スポットになっている場所があったはずですが…。 黄色い菜の花が咲き誇る時期は「春」です。 ということは、夏の今頃ではもう菜の花は季節外れです。 これは困ったことになりましたよ。 スポンサーリンク モンシロチョウの幼虫のエサ:キャベツでなくても大丈夫? 近所にキャベツ畑もないし、菜の花の時期も終わってしまっています。 こんな時は頭を切り替えてみましょう。 モンシロチョウは庭や公園によくいる モンシロチョウは身近なチョウとして庭や公園でよく見かけるものです。 冬を除いて飛んでいるのを見ることができます。 うちの近所の公園には、キャベツも菜の花も生えていませんが、モンシロチョウが飛んでいます。 ということは、 庭や公園の草にも卵を産んでいる可能性があるではないでしょうか? さっそく公園に確かめに行ってみました。 モンシロチョウの卵を探しに公園に 子供を公園に連れて遊びに行くたびに、モンシロチョウを探して観察していました。 けれども、花の蜜を吸ったり、公園の水場で休んでいたりする姿はあったのですが、肝心の モンシロチョウが卵を産んでいる場面には行き当りません。 それから何日間か観察しましたが一向に卵を産んでいる様子はありませんでした。 それに実際観察してみると、思っていたほどモンシロチョウは飛んでいなかったのです。 スポンサーリンク モンシロチョウの卵が見つからない 公園の コスモスやヒマワリなどの花壇、野生のハルジョオンも調べました。 けれど、 モンシロチョウらしき卵や幼虫を見つけることはできませんでした。 予想が外れたみたい 観察した結果、モンシロチョウは公園に卵を産みに来ているのではなく、花の蜜を吸いに来ているだけのようです。 そんなに沢山の数は飛んでいません。 やっぱりキャベツや菜の花がないとダメなのかもしれません。 チョウのエサ:チョウの種類でエサが決まっている? なぜ公園のコスモスやヒマワリにモンシロチョウの幼虫がいないのか?図書館で調べにいくと、百科事典とチョウの図鑑に答えが見つかりました。 チョウの幼虫は狭食性である 動物の中には「決まった種類の食べ物しか食べない」ものがいます。 食べられるエサの種類が狭い範囲しかないことを 「狭食性(きょうしょくせい)」と呼びます。 (百科事典より) チョウの幼虫は「狭食性(きょうしょくせい)」の生き物です。 チョウの種類ごとに決まった植物しか食べることができません。 他の種類の植物を与えても食べられずに餓死してしまいます。 (チョウの図鑑より) つまり、 幼虫の食べる植物は、ただの好物ではなくて、それしか食べられないという意味だったのです。 モンシロチョウの幼虫はキャベツや菜の花などしか食べられず、だから公園には幼虫がいなかったのです。 チョウの幼虫はどの植物を食べるの? チョウの図鑑には、チョウの幼虫は種類ごとに食べる植物が詳しく載っていました。 モンシロチョウ: キャベツやアブラナ、菜の花など「アブラナ科の植物」を食べます。 ダイコンやブロッコリー、小松菜もアブラナ科です。 アゲハチョウ: ミカンやカラタチ、ユズなど「ミカン類の植物」を食べます。 アゲハチョウは私たちに身近なチョウです。 モンシロチョウより大きくて、羽には黄色に黒の網目模様があります。 キアゲハ: セリやニンジン、パセリなど「セリ科の植物」を食べます。 キアゲハはアゲハチョウによく似ていますが、エサの種類が違いますね。 カラスアゲハ: 山椒(サンショウ)やキハダの木の葉を食べます。 カラスアゲハの成虫は黒い色のアゲハチョウの仲間ですが、やっぱりアゲハチョウとはエサの種類が違います。 ヤマトシジミ: カタバミを食べます。 モンシロチョウより小さいチョウで、灰色や薄紫をしています。 公園や住宅地にもよく飛んでいます。 イチモンジセセリ: イネやススキなどのイネ科を食べます。 ヤマトシジミより大きめ。 オレンジ色の羽のチョウでこれもよく見かけられる種類です。 オオムラサキ: 榎(エノキ)の木を食べます。 オオムラサキは鮮やかな紫色の羽を持つチョウで、国蝶(こくちょう。 国のチョウ)に指定されています。 カイコ: 桑(くわ)の葉を食べます(ちなみにカイコはチョウではなくてガの仲間です)。 身近なチョウをいくつか抜き出してみても、食べるエサが明らかに違っていることが分かりますね。 スポンサーリンク モンシロチョウの幼虫とエサの関係。 食べる植物が決まっている? まとめ モンシロチョウの幼虫はキャベツや菜の花などアブラナ科の植物しか食べないことが分かりました。 食べられるエサの種類が狭い範囲であることを 「狭食性(きょうしょくせい)」と呼びます。 チョウの幼虫は「狭食性」の生き物で、チョウの種類ごとに食べられる植物が違うことが分かりました。 つまり、我が家の近くにはアブラナ科の植物が生えていないので、モンシロチョウの幼虫を見つけられなくても、当然のことだったのです。 さて子供には事情を説明して、モンシロチョウをあきらめてもらいましょう。 ところが。 子供「じゃあ、庭にキャベツを植えたらモンシロチョウが来るんじゃない?」 た、確かにその通り。 でも、ずいぶん気の長いことを言い始めました。 今から種をまいても夏休み中に育つかどうか…(ちなみに我が家ではキャベツを植えた経験はありません)。 夏の自由研究はキャベツの観察日記で終わってしまいそうな気がします。

次の

モンシロチョウの卵・幼虫・サナギも紹介!

ものすごい 図鑑 モンシロチョウ

モンシロチョウの卵からのふ化や幼虫の成長、さなぎからの羽化はどの本にもありました。 でも、脱皮のときにからだのなかで何がおこっているのだろう、さなぎのなかで何がおこっているのだろう、チョウが飛ぶときに、はねはどのように動くのだろう、など私自身が知りたいと思ったことに答えてくれる子どもの本はありませんでした。 チョウの研究には『モンシロチョウの結婚指輪』という名著もあります。 その時代から、研究は進んでいないのだろうか、そんなはずはない、と思ったのです。 ブログでは身近な昆虫が毎日のように紹介されています() ポプラ社でも、そのほかの出版社でも多くの著書をお持ちです。 モンシロチョウもたくさん撮ってらっしゃった新開さんには、いろいろなことをお聞きしました。 幼虫がさなぎになる前にはどれぐらいの距離を歩くのでしょう?とか、幼虫は1日でどれぐらい食べるのでしょう?とか、成長をすべて時間を追いかけることはできますか?など。 1齢幼虫から5齢幼虫まで、脱皮後の頭の殻を保存し、写真に撮ってくださいました。 また、デジタルカメラの記録から、写真に時刻を入れることができました。 この本ではQRコードを入れて、本では掲載しきれなかった羽化の連続写真等を見ていただけるようにしましたが、これも新開さんの細かな連続写真があったからこそです。 蟻川先生は、アゲハがお尻でも光を感じることを発見したことで有名ですが、チョウの視覚についてさまざまな研究をしてらっしゃいます。 () 先生には、私がまったく知らなかったことをたくさん教えていただきました。 モンシロチョウの視覚細胞の写真も掲載させていただきました。 びっくりしたのは、「幼虫の目は成虫になっても脳のなかに残る。 成虫の複眼はその外側にできる」ということ。 ふつう、幼虫の目は単眼で6こある、と本には書かれています。 そして、成虫の目は複眼で2こ。 幼虫のときの目がどうなるのかについては書いてありません。 今回、色校正を蟻川先生にお見せしたとき、先生は「幼虫の目はチョウになっても残っているんです」とおっしゃって海外の文献を調べてくださいました。 そして、顕微鏡写真等を見せてくださったのです。 蟻川先生に監修をお引き受けいただけなければ、本はまったくちがっていたと思います。 はねの裏側。 左がオス、右がメス。 新開さんは、ブラックライト下でどのように見えるかという撮影をしてくださいました。 このページの監修時、蟻川先生には重要な指摘をいただきました。 下のページは編集途中のもの。 チョウの下に白い線を入れ、チョウと石やビーズが別トリミングであることを示しています。 先生は「これでは、なんでもできてしまう。 きちんと1枚の写真であるということを示さないと、実験したことになりませんよ」とおっしゃったのです。 確かに、写真の加工が自由にできる時代です。 だからこそ、地味な実験を行い、写真をとってくださる著者のためにも、そこまで考えるべきだったと思いました。 写真と見比べてください。

次の