リバー デイル ジャグ ヘッド。 CWドラマ「リバーデイル(Riverdale)」シーズン3のあらすじ&感想

ついにブラック・フッドの正体が!「Riverdale (リバーデイル)」シーズン2の21話の感想

リバー デイル ジャグ ヘッド

Contents• 「リバーデイル」あらすじ ネットフリックスで独占配信中の青春ミステリードラマ、 「RIVERDALE/リバーデイル」。 アメリカの東海岸に位置するリバーデイルという田舎町を舞台に、ジェイソンという男の子が行方不明になったところから物語はスタートします。 警察の捜索が行われるも、ジェイソンの遺体は見つかりません。 ところが数日後、事故で亡くなったと思われていたジェイソンの遺体が川で発見されます。 その額に銃で撃たれた跡があったことから、事故から一転し、殺人事件へと切り替えられ捜査が進められます。 ジェイソンの双子の妹シェリル、シェリルが通う高校の同級生たち、そしてその親を中心に捜査が始まり、物語は予想もしない方向に向かいます。 A post shared by thecwriverdale on Jan 13, 2018 at 10:32am PST 中心となる登場人物は、アメフトや音楽が大好きな赤毛イケメンの アーチー・アンドリュースと、そんな彼に恋心を抱いている幼馴染の ベティ・クーパー。 アーチーの親友でどこかミステリアスな ジャグヘッド・ジョーンズと、訳あってニューヨークから引っ越してきたお嬢様キャラの ヴェロニカ・ロッジの4人。 サスペンスとミステリー要素が加わった学園ドラマで、小さな田舎町での 「犯人探し」が始まります。 物語が進むにつれて判明する真実と、疑わしい人たちも変わっていき、イッキ見するほど続きが気になるドラマです。 「リバーデイル」の見どころ キャストが美男美女であることも話題になっているリバーデイル。 原作にしているのは、リバーデイル高校に通うティーンエイジャーの男の子、アーチーが主人公の人気コミックで、1941年から現在に至るまで出版が続いています。 A post shared by thecwriverdale on Dec 6, 2017 at 5:31pm PST シェリルやヴェロニカがチアリーダーとして活躍する姿や(ダンスバトルのようなシーンも!)、アーチーがギターを演奏する無邪気な姿は必見!いつも皆んなが集まりミルクシェイクを飲んだり食事を楽しむ「POP」というダイナーも、田舎町ならではの雰囲気です。 ストーリーも、「続きが気になる!」「この人にこんな秘密が!」という新たな発見が毎回あり、目が離せない展開です。 私のイチオシキャラクター! 「リバーデイル」への出演がきっかけで、主要キャスト4人の人気はたちまちヒートアップ。 家族の都合でリバーデイルへと引っ越して来ますが、どこでも注目を浴びる彼女はすぐさまリーダー的存在になります。 A post shared by thecwriverdale on Jan 28, 2017 at 9:20am PST 家庭環境が良くない中で育ったという所にも同情してしまいます。 お父さんの影響でちょっぴりワルな雰囲気が混じっているものの、本当は仲間思いなキャラクターがたまりません。 個人的に、ロン毛なところもポイント高い! ジャグヘッドを演じる コール・スプラウスくんは兄の ディラン・スプラウスとそっくりで、どちらかと言うと兄のディランの方が悪い雰囲気が漂っています…! 「スプラウス兄弟」と聞いてピンときた方は海外ドラマの上級者です。 ふたりは幼い頃に、ディズニーチャンネルの 「スウィートライフ」というテレビ番組に出演し、キュートな双子ザックとコーディを演じていたんです!これがふたりの出世作となり、有名子役として名を馳せました。 いかがでしたか?ネットフリックスで独占配信中の 「RIVERDALE/リバーデイル」。 最新話は毎週木曜日にリリースされています。 是非チェックしてみて下さいね。 今回は初めて私のオススメ海外ドラマを紹介してみましたが、「このドラマを紹介して欲しい!」や「このキャラクターについて詳しく教えて欲しい!」などリクエストがあれば教えてください。 それではまた次の記事でお会いしましょう! See you soon! Lindsay Lindsay プロフィール: 1992年京都府生まれ。 幼い頃から祖父の影響でブラックミュージックを聴き始めた事がキッカケで、海外エンターテインメントの世界にどっぷりハマっています。 大学在学中は大阪を拠点にDJ活動もしていました。 イベントやパーティーなど華やかな場所が大好き!現在はニューヨークやロサンゼルスなど海外生活で培った幅広い知識を活かし、ライターとして各メディアで活動しています。 〈Instagram〉 〈Blog〉 〈Twitter〉.

次の

「リバーデイル」メインキャスト総まとめ!年齢や身長インスタなどのプロフィール一覧

リバー デイル ジャグ ヘッド

ドルビーデジタル 5. 1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5. 1ch:日本語 字幕:1. 日本語 2. 英語 for the Hearing Impaired 3. ドルビーデジタル 5. 1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5. 1ch:日本語 字幕:1. 日本語 2. 英語 for the Hearing Impaired 3. ドルビーデジタル 5. 1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5. 1ch:日本語 字幕:1. 日本語 2. 英語 for the Hearing Impaired 3. ドルビーデジタル 5. 1ch:英語 2. ドルビーデジタル 5. 1ch:日本語 字幕:1. 日本語 2. 英語 for the Hearing Impaired 3. リバーデイル<シーズン1> のデジタル配信.

次の

“リバーデイル旋風”ついに日本上陸! 人気ドラマ「リバーデイル」インタビュー第4弾!

リバー デイル ジャグ ヘッド

前回のシーズン1では、平和な町リバーデイルで、高校生ジェイソン・ブロッサム殺害事件が発生。 主人公アーチーをはじめとした地元のティーンエイジャーたちの生活を描きながら、事件の真相へと迫っていく物語でした。 町に隠された闇が次々と明らかになり、意外すぎる展開に、驚きとツッコミの連続!(笑) そして、アーチーやジャグヘッド、ベティ、ヴェロニカといった、魅力的なキャラクターたちのエピソードも見どころが多かったですね。 ・・・ジャグヘッドとベティのラブラブっぷりが、毎回楽しみで仕方なかった。 (笑) 本当にハマりやすいストーリー展開で、目が離せない面白さ! 最終話では、思ったよりアッサリと(笑)事件は解決したものの。 最後はやっぱり驚愕展開で、まさに絶叫のエンディングを迎えました。 今回のシーズン2は、その続きから。 直結する形で物語は始まります。 衝撃の事件の後、アーチーはどうなってしまったのか? さらに、謎の殺人鬼ブラック・フッドによる、おぞましい事件や、町の北部と南部の対立、ヴェロニカの父ハイラム・ロッジの暗躍などなど、今回も盛りだくさん! これまで以上に、リバーデイルは危険な町と化す!(笑) もちろん、アーチーやジャグヘッドたちの恋愛や友情エピソードもパワーアップ! 中でも第18話は、これまでにない趣向の特別エピソード! 本当に必見! お見逃しなく! 原作は、アーチー・コミックが出版するマンガ「アーチー」。 制作・放送は、引き続き、「」「」などの、The CWテレビジョンネットワーク。 今作も、アメコミドラマのクリエイターであるロベルト・アギーレ=サカサやグレッグ・バーランティが、制作総指揮を務めています。 ちなみに。 同じCWのドラマ「スーパーガール」の主人公カーラ役メリッサ・ブノワが、「リバーデイル」の撮影現場を表敬訪問したようですよ。 以下、製作総指揮ロベルト・アギーレ=サカサの公式Twitterより引用。 Look who dropped in to for a visit! Worlds colliding!! Can a crossover be far behind?? — RobertoAguirreSacasa WriterRAS ・・・スーパーガールが、ポップの店でベティやヴェロニカと女子会状態。 (笑) いつか本当に、クロスオーバーが実現するといいですね。 キャストとしては。 主人公アーチー役KJ・アパをはじめ、ジャグヘッド役コール・スプラウス、ベティ役リリ・ラインハルト、ヴェロニカ役カミラ・メンデスなどは、再び登場! コール・スプラウスとリリ・ラインハルトは、プライベートでも本当にお付き合いしているそうで。 ・・・ジャグとベティのラブラブ具合も、さらにガチに!(笑) もちろん、私が大ファンのシェリル様も出てきます! 今回は、本当に大活躍! シェリル様・・・最高です!(笑) 他にも、アーチーの父フレッド役の「ビバリーヒルズ青春白書」のディラン、ルーク・ペリーをはじめ、ジャグヘッドの父FP役スキート・ウールリッチや、ヴェロニカの母ハーマイオニー役マリソル・ニコルズなど、町の大人たちも、引き続き登場。 個人的には、今回はベティの母アリスを演じた、「ツイン・ピークス」のシェリー役メッチェン・アミックが、よかったですね。 意外な過去のカッコよさや、母として女性としての苦悩を見事に演じていたと思います。 メッチャクチャすぎるシナリオなのに(笑)あの迫真の号泣演技はスゴい! さすが! さらに、新たな登場人物として、サーペント女性メンバーのトニ役に、「ファインディング・カーター」のヴァネッサ・モーガン。 スイートピー役ジョーダン・コナーや、チック役ハート・デントンといった、新進気鋭の若手俳優も多数登場。 みんな個性的な魅力を持つ新鋭ばかり。 これから人気が出るかもしれませんね。 ドラマ「リバーデイル」は、現在シーズン3まで制作されています。 シーズン2は、2017~2018年制作。 各話42分程度の全22話です。 現在 Netflix(ネットフリックス)で、シーズン3まで見放題配信中。 (ユーネクスト)では、シーズン1がポイント利用にて視聴できます。 (紹介している作品は、2019年6月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください) サービスの詳細や加入など、各公式サイトはこちら。 未見の方は、くれぐれも、ご注意ください。 ドラマ「リバーデイル」シーズン2 あらすじ ジェイソン・ブロッサム殺害事件が解決し、ようやく平和が訪れるかに思えたリバーデイルの町。 しかし、予想もしなかった1発の銃声により、再び恐ろしい出来事の幕が上がります。 謎の殺人鬼ブラック・フッドによる連続殺人事件が町を恐怖に陥れ、サーペントたち南部と北部の対立も激化。 そして、服役していたヴェロニカの父ハイラム・ロッジも、リバーデイルへとやって来ます。 アーチー、ジャグヘッド、ベティ、ヴェロニカたちは、さらなる危機に巻き込まれていくことに。 やがて、再び町に隠された闇が明らかになっていき、すべての謎が解けた時、事態は思いもしなかった結末を迎えるのでした。 ・・・というようなストーリーです。 予告動画はこちら。 第1話から衝撃展開で、グイグイきてましたね。 緊迫のシーンに、冒頭から見入っちゃいました。 ただ、シェリル様が登場し、謎の「おでこキス」。 痛々しいフレッドの額にはキスマーク。 (笑) さらには、オトンが大変な時に、動揺して犬の散歩をしてしまうアーチー(笑)などなど、ツッコミどころも健在! ・・・あのシェリル様の行動は、いまだに理解できない。 (笑) まさに、リバーデイルらしい新シーズンのスタート! ・・・だったのですが。 正直、今作シーズン2の前半は、個人的には、ちょっと厳しかったかも。 その後も、ジャグヘッドが南部へ転校したり、アーチーが投稿動画で炎上Youtuberと化して退学の危機を迎えるなど(笑)愉快なエピソードは多かったですが。 ただ、前半のブラック・フッド編は、あまりにも暗く、ミステリーというよりは、サスペンスホラーに近かったかも。 中でも、翻弄されていくベティは、痛々しくて見てられなかったですね。 また、ジャグヘッドとベティの関係も、期待していたものから離れていったように思います。 ジャグとベティのラブラブが見たかったわけですが、それどころか、なんと!アーチーと・・・おいっ!(笑) 確かに、以前にはない新鮮味はあって、うまくいかないじれったさや、先が気になる展開ではありましたが。 その反面、「これが見たい!」という欲求は満たされず、ややフラストレーション。 ストーリー的にも、毎回驚きはあるものの、話としては先に進まず、スローペース。 保安官と市長とか・・・マジでかっ!など(笑)驚愕展開やツッコミどころは健在でしたが。 中盤を迎える頃には、ジャグヘッドはサーペント入り、アーチーはハイラムのファミリー入りという展開に。 シーズン1で描かれた、登場人物たちの魅力を活かした、このドラマならではのエピソードは、やや弱かったかも。 決して、つまらなくはなかったですが、やっぱり前回のような面白さは感じられなかったのが、正直な感想です。 ひょっとして、もしかしたら、前半で乗り切れず、視聴を諦めてしまった方もいるかもしれませんね。 ところが、ところが。 一旦、配信休止を入れて迎えた後半からは、徐々に面白さが復活! ブラック・フッド編が(わりかし雑に)解決し、南部とのゴタゴタも少し落ち着いて、チックの件やハイラム・ロッジの暗躍が本格化してきてからは、じわりじわりと以前のような魅力が戻ってきたように思います。 ジャグヘッドとベティの関係が再び戻って、待望のラブラブが見られるようになったのも大きいかも。 (笑) 第14話の山小屋のエピソードとか、よかったですよね! そして、第17話シェリル様救出作戦、第18話シェリル様ミュージカル主演!(笑)と、終盤は怒涛の展開! ま、この期に及んでブラック・フッドとかは、あんま興味はなかったですけど。 (笑) 事態は暴動にまで発展し、危機を迎えるエピソードは、メチャクチャおもしろかったですね! 先が読めない展開と、ジャグヘッドの男気が熱かった! 見ごたえありました! 全体的には、前半はやや期待とは違う展開が続き、どこか前作のような魅力が薄かったように思いますが。 中盤以降は復活し、結果的には、満足のいくおもしろさだったと思います。 ・・・終わりよければ、すべてよし!みたいな。 (笑) もし、前半で乗り切れなくても、ぜひぜひ最後まで見てほしいですね。 やっぱ、第18話のミュージカルを見逃すのは、もったいない! 第18話は、字幕版と吹替版と、2度楽しんでほしいです! (声優の方々、本当にお疲れ様でした) シェリル様が輝いていた! 登場人物たちは、今回も魅力的だったと思います。 アーチーは、前作より主人公らしくなってきましたかね。 ・・・う~ん・・・ただ、ヴェロニカとの交際は、やめといたほうがいいかも。 (笑) 彼女のためとはいえ、音楽はすっかり諦めて、ハイラムのファミリー入りしちゃったからなあ。 そんで、また、若さゆえなのか、カタギではない大人に、す~~ぐイキっちゃって、逆にイタイ目みちゃう。 (笑) ま、ある意味、純真で真っすぐなアーチーらしさが出てましたね。 ただ、色々とツッコミどころはあれど、父親への思いや、状況に苦悩する姿は、これまでになくよかったですね。 共感しやすかったと思います。 ジャグヘッドとベティは、もう言うに及ばず。 今回も、すごくよかったです! ジャグヘッドは、本当にカッコよかった! 他にも、ヴェロニカやケヴィンなどなど、書いたら切りがないのですが。 今回のシーズン2で、個人的によかったのは、やっぱりベティの母アリスと、シェリル様! 二人とも大活躍でしたね! アリスは、まさかまさかサーペントで、かつ、FPとも色々あったなんて! もう、それだけで驚愕! さらには、チックの件や、夫ハルとのことなど、も~~、大変! 娘のミュージカルにも出ちゃう活躍ぶり!(笑) 今作でのアリス・クーパーは、存在感満点でしたね! そして! シェリル様は、さらに輝いていた!(笑) 高圧的な態度は今まで通りですが、家族の問題で涙し、理不尽な出来事に翻弄され苦悩したり、そしてまさかのトニとの関係! 終盤は、弓使いの正義の味方!(笑) (同じCWの「ARROW/アロー」テア=スピーディーを意識してるよね、絶対。 笑) 中でも、ミュージカルのエピソードは、本当に素晴らしかったです! より人間味があふれ、さらに魅力的になったと思います。 シェリル様の存在感があったからこそ、今作がよりおもしろかったのかも。 (そこまで大絶賛!笑) あと、ハイラムとハーマイオニーの夫妻や、ブロッサム家の人々など、ダメな大人たちについても(笑)書きたいことは山ほどあるのですが。 とにかく、盛りだくさんで、おもしろかったです! スリリングで驚きの多いストーリー展開もさることながら。 やっぱり、魅力的なキャラクターたちのエピソードに、ワイワイと騒いで心躍らせるのが、このドラマのおもしろさだと思います。 「もはや、やってることは高校生じゃないだろ!」というのも(笑)どこか許せちゃうし、そこも魅力。 ・・・とはいえ。 ブラック・フッドやチック、ブロッサム家のオジサンなどは、意外と雑だったかな。 (笑) あと、忘れたころに、たま~~に子供を連れて実家に帰ってくるポリーが好き。 (笑) シーズン2も、おもしろかったです! 個人的には、色々言いながらも、今回もおもしろかったです。 最後まで見て、よかったですね。 ・・・やっぱりハマった。 (笑) 最終話では、すべては解決し、丸く収まった・・・と、思いきや。 やっぱり驚愕のエンディング! だから・・・イキっちゃダメなんだってば。 アーチー。 (笑) あの続きは、どうなっちゃうんでしょうかね? 他にも、ポリーの思わせぶりなシーンもあったり、ブロッサム家のオジサンの件も中途半端。 気になりますよね。 すでにシーズン3の制作は決定しています。 まだ放送日などは未定ですが・・・早く見たい! 通常だと、次のシーズンが放送になるのは、大体1年後が多いのですが。 今作シーズン2は、シーズン1終了から半年程度と異例の早さで始まりました。 できれば、シーズン3もすぐに制作してほしいですね。 次回も楽しみにしたいと思います。

次の