あり ん す 意味。 「所用」の意味とは?「私用」や「所要」との違いや類語も紹介

「申し訳ありません」の意味と使い方!「申し訳ございません」との違い、類語や英語も

あり ん す 意味

「所用」の意味 「所用」の2つの意味「用いること」「用事」 「しょよう」と読む「所用」には、2つの意味があります。 「用いること」「使うこと」• 「用事」「用件」 「用いること」の意味で「所用」が使われると、「所用の資材」や「所用する機材をチェックする」のような例文があります。 また「用事」という意味の「所用」は、「所用により欠席する」や「所用があって遅れる」のように使われます。 「用事」というよりも公的な表現になり、ビジネスシーンでも聞かれます。 「所用」は敬語ではない 「所用」が公的な場で使える表現だからといって、「所用」という語が敬語というわけではありません。 しかし「所用」は、「用事」の改まった表現として使われているので、目上の人に使っても失礼にはなりません。 ビジネスシーンでの「所用」の使い方 「所用のため」で欠席の理由を書く ビジネスシーンでよく聞かれるフレーズが「所用のため」でしょう。 また、目上の人や顧客に対しても使える表現でもあります。 例文: 「せっかくのお誘いですが、所用のためパーティは欠席いたします」 「あいにくですが、その日は所用のため外出しております」 有給休暇の理由で使われる「所用」 有給休暇を取るときに理由として「所用」が使われることが多くあります。 しかし休暇の理由は「所用」というよりも、個人的な理由で有給休暇を取ることの方が普通でしょう。 ですから有給休暇の理由には「所用」と書くより、「私用」した方がいいでしょう。 尚、会社によっては「私用」の内容を具体的に求めてくることがありますので、その場合は差し障りのない程度で「法事のため」などと書き添えれば十分です。 「所用」と「私用」の違い 「所用」と「私用」の違いは自分の用事かどうか 「所用」と似ている言葉で「私用」があります。 どちらも「用事」という意味なため、混合して使われることもあるようです。 しかし、「所用」が用事全般のことを意味するのに対して、「私用」は用事でも「自分の用事」だけを指します。 そのため「所用」と「私用」は似ていますが、使い分けされなくてはなりません。 「所用」と「私用」の使い分け 次の例文をご覧ください。 「所用で会社を休みます」• つまり「所用」はどんな用事にも使える表現なのに対して、「私用」は自分の用事だということを明確にできます。 「所用」と似ている「所要」「諸用」の違い 「所用」と「諸用」はほぼ同じ意味 「所用」と「諸用」はほぼ同じ意味で、どちらも「用事」を表します。 その違いですが、「所用」は「用事」を意味していて、その用事がひとつなのか、それとも複数なのかなどその数は重要ではありません。 一方「諸用」は、「諸」の「もろもろ」という意味からも分かる通り、「用事がいろいろとある状態」に使われます。 つまり用事が複数あることを強調したい時には「諸用」が使われて、用事の数にこだわらないのであれば「所用」が使われます。 「所用」とまったく意味が違う「所要」 「所用」と似た言葉で「所要」がありますが、その意味は全く異なります。 「所要」には「所用」のように用事という意味は含まれていません。 「所要」の意味は「必要なもの」という意味で、「あることを行うのに必要なこと」です。 例えば「所要時間」「所要金額」のような使われ方が一般的です。 「所用」の類語• 「用件」 「所用」と同じく「用事」という意味のある「用件」は、「ご用件を伺います」のように「ご」をつけて敬語として使われることも多い言葉です。 「所用」との違いとして、「用件」には「用事」以外にも、「なすすべき事」や「伝えるべき事柄」などの意味があることです。 「用事」 「用事」は「所用」や「用件」に比べると、少し砕けた印象を与えます。 そのため目上の相手でも少し丁寧な表現であれば構わないような打ち解けた関係であるならば、「用事」を使っても構わないでしょう。 「用向き」 「用向き」には「用事」という意味のほかにも「用事の内容」という意味合いが含まれます。 そのため顧客に対して具体的な用事の内容を聞きたい場合などに、「どのようなご用向きでしょうか」のように使うことができます。 「所用」の英語表現 「所用」は英語で「business」 「所用」を英語で言うと「business」です。 「business」には「仕事」や「商売」などたくさんの意味がありますが、「所用」もその一つです。 「忙しい状態」という意味が語源のため、人が忙しくしているいろんなことが「business」の意味になります。 欠席理由などを問われたときにもよく使われる言葉ですから、その意味を正しく理解して使えるようにしましょう。

次の

「ありおりはべりいまそかり」とは?意味や使い方をご紹介

あり ん す 意味

ビジネスや就職活動におけるメールで「ご縁がありましたら~」という文面を目にすることがあります。 ご自身でこの言葉を使った経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、「ご縁がありましたら」という言葉の正しい意味や使い方をご存知でしょうか。 そもそも「ご縁がありましたら」という使い方をしていますが、ビジネスや就職活動以外にも神社でお参りをする際に「良いご縁」を祈願することもあります。 この場合の「ご縁」は結婚等に繋がる異性との出会いを指しています。 このように「ご縁」という言葉も状況や使い方によって意味が変わってくることがありますが、ビジネスで「ご縁がありましたら」という使い方をする場合は、正確にはどのような意味を持っているのでしょうか。 今回は、正しい「ご縁がありましたら」の意味について解説します。 ではまず、一般的に使われている「ご縁がありましたら」の意味から解説していきましょう。 一般的に「ご縁がありましたら」と使う場合の意味は「機会がありましたら」という意味で使われています。 つまり「ご縁」は「機会」という意味になるということです。 「ご縁がありましたら」も「機会がありましたら」も、主にビジネスシーンを中心に使われている言葉です。 「ご縁がありましたら」の意味をもう少し理解するために、「機会」という言葉の意味も考えてみましょう。 「機会」は、お互いにとって良い時という意味があり、英語に置き換えると「チャンス」になります。 何かの提案を受けた際「ご縁がありましたらお願いします」という使い方をしますが、「チャンス」に置き換えると意味がわかりやすくなります。 必ずしも不採用という意味にはなりません。

次の

「人間到る処青山あり」の意味とは?意味や使い方を解説!

あり ん す 意味

「ありき」の意味と類語 「あった」「ある」の意味をもつ「ありき」 「ありき」は「過去にあった」ものと、現時点で「ある」ものに対して使われる言葉です。 上記の例文は古典の表現方法であり、現代ではほとんど使用されません。 現代では「ありき」を過去ではなく現時点で「ある」ものに使われます。 「ありき」の使い方としてよく耳にする「お客様ありき」という言葉で考えると、「お客様が前提にあり、そのおかげで商売が成り立っている」という意味になります。 古語では「歩き回ること」を意味する場合も 古語では「ありき」に「歩き回ること」という意味が込められています。 古い時代の言葉であり、現代では使われていません。 古文や古典では様々な古語が出てくるため、「歩き回ること」を意味する「ありき」も覚えておくといいでしょう。 類語「前提」に言い換える 「ありき」が現時点で「ある」ことを表す場合、「前提」や「念頭」が類語となります。 「事を成り立たせるための前置き」を意味する前提。 例えば、「読者ありきで執筆作業を行っている」という例文に類語である「前提」を使うと「読者がいることを前提に、執筆作業を行っている」となります。 もう1つの類語「念頭」は「胸の内」を意味する言葉です。 上記の例文に「念頭」を当てはめると「読者がいることを念頭に置いて執筆作業を行う」となります。 誤用を防ぐ「ありき」の使い方 未確定なことに「ありき」は誤用 「ありき」は過去に「あった」ものと、現時点で「ある」ものに対して使うことを説明しました。 未来を想像して「あるだろう」ものに使用するのは誤用であると言えます。 例えば「予算については来年の売上高ありきで決めればいいだろう」という例文だと、来年の売上高というのは未来の確定していないものであるため、「ありき」を付けるのは誤りであると言えます。 誤用ではあるものの、ビジネスシーンでの会話で未来を予想して「ありき」が使われるのも事実です。 「ありき」の正しい使い方を知っている人からすると、違和感のある日本語となってしまうため、注意してください。 お客様を前提とした「お客様ありき」 「ありき」を使った言い回しの1つが「お客様ありき」です。 「お客様がいる」ことを表しており、「商品やサービスを買ってくれるお客様がいるから、ビジネスが成り立っている。 そのため、お客様を第一に考えよう」という解釈の仕方もあります。 結論がすでに決まっている「結論ありき」 「ありき」を使った言葉でよく耳にする「結論ありき」という言葉。 結論とは議論をした結果として出るものですが、「結論ありき」はすでに結論が出ている状態を意味します。 「結論ありきの議論」となると、「結論が決まっているうえで形式のみの議論を行う」と捉えられます。 例えば、「結論ありきの議論などやらない方がましだ」という例文では、「結論がすでに決まっている議論などやらない方がまし」という意味となります。 マイナスなイメージを持つ批判的な文章にも使われるため、使用する場合は注意してください。 「ありきで考える」とは何かを前提に考えること 現時点で「ない」ものや事を、「ある」と仮定して考えることを意味する「ありきで考える」という言葉。 本来「ありき」は、「過去にあった」や「現時点である」ものや事に対して使われるため、「ある」と仮定している「ありきで考える」は誤用となります。 誤用であるものの、ビジネス会話や日常会話でも「ありきで考える」は使われているのも事実です。 「ありき」の意味をしっかりと理解している人からすると、おかしな言い回しと捉えられることもあるため、特に丁寧な日本語が求められるビジネスシーンでは使用しない方がいいでしょう。 「ありき」の例文 「結論ありき」の例文 結論がすでに決まっていることを意味する「結論ありき」という言葉。 例えば、「結論ありきの話し合いで、何が生まれると言うのか」という例文だと、結論は元々決まっているのだから、話し合いは無駄という意味になります。 「他人ありき」の例文 「他人がいる」ことを意味する「他人ありき」という言葉。 例えば「他人ありきで自分の存在意義を見出している」という例文だと、「他人がいることにより、自分の存在意義を見出している」という文章となります。 まとめ 「ありき」とは「過去にあった」ものや、「現時点である」ものに対して使われます。 古典や古文では、古語の1つとして「歩き回ること」を意味する言葉でもあります。 未来を想定して「あるだろう」ものに使われることもありますが、本来は誤用であるため使用しない方が良いでしょう。

次の