ラーメン つむぐ。 高知県のラーメン・麺類がおすすめのグルメ人気店

麺や 紡(つむぐ) ラーメン 茨木市(大阪):神戸の金庫屋4代目 バカ息子のblog

ラーメン つむぐ

祝 ブログ開設 100日目 ラーメン記事 50杯目 今回ご紹介するラーメン屋は 『麺や紡(つむぐ)』 場所は大阪府茨木市、大阪モノレール宇野辺駅から徒歩10分。 府道14号線沿いの日産自動車の横にお店があります。 他の飲食店はなく、常に行列ができているのですぐに見つけられると 思います(笑) 圧倒的人気を誇る『麺や紡』、 平日の昼間4時間しか開店していないにもかかわらず、 こんな辺鄙な場所で営業しているにもかかわらず、 これほどまでに行列が絶えない状況を目の当たりにすると、 感動的にうまかった『らーめん弥七』を思い出さずにはいられない。 行列に並ぶこと1時間30分、ようやく入ることができました。 L型のカウンターに9席あるのみ。 綺麗に掃除されていて、夫婦で切り盛りされているのでしょうか? かなり、並び始めてから注文をとるまでの間、常に丁寧な接客です。 すばらしぃ。 遊園地のアトラクションで同じ1時間30分並ぶなら、 ここ『麺やつむぐ』で並びます、と思うほど期待が高まります(笑) こんな感じ 一日限定20杯の『つけ麺』は終了していたので、 『熟成らーめん550円』と味玉100円を注文。 お冷が緑茶というのがいいです。 こだわりを感じます。 きっと、ラーメンに合うようにチョイスされたのでしょう。 運ばれてきたらーめんは具材の配置、色のバランスともにとてもいい。 スープは魚介系鶏白湯。 クリーミーで後味はすっきり、独特の風味、うまみもすごぃ。 平中太麺は、モチモチ弾力のある麺というよりも、モチャッとしています。 チャーシューは脂のバランス(まるで霜降り状)がめちゃめちゃいい! 味玉は普通のゆでたまご?な感じでした。 印象的なのは、一口目のスープ。 今まで紹介してきた50杯の中ではNo1のスープです。 『麺や紡』のここがすばらしい ・ 値段、味、接客どれをとってもすばらしい。 ・ 『前を向いて感謝して一歩一歩力強く』を実践できているところがすごい ごちそうさまでした。

次の

行列必須!宇野辺「麺や 紡」の熟成ラーメンがすさまじくウマい!

ラーメン つむぐ

はい、いばジャルです。 普段、あまり列に並んで食べたり買ったりすることってしないのです。 とーーっても欲しいものor食べたいものなら並ぶけど・・・。 今回、行ってみたのは茨木市宇野辺にあるラーメン屋さん。 以前から 「宇野辺あたりに、土日は休みで、しかも昼間しか開いてない めちゃめちゃ美味しいラーメン屋さんがあるらしい」 ・・・と聞いていたので、思い切って行ってみることにしました。 平日の昼間です・・・。 遅めのランチタイムって感じの時間に行ってみたんです・・・。 噂のとおり、すでに15、6人の行列です。 もう、いーーっつも行列なんでしょうね。 お店の方も心得たもんで チェーンみたいなので行列が整頓されています。 お店の外に、メニューと麺やスープについて書いたものが貼ってあります。 ラーメンが二種類、つけ麺一種類。 ワタシは、ラーメンを食べたいなぁと思ったので、 その二種類について見てみます。 魚介系鶏白湯醤油味。 ちぢれ太麺、こってり系。 わかります?(笑) ラーメン通の方なら、もうバッチリと味のイメージはつくでしょうか。 ストレート細麺、薫り高いあっさり系なんですって。 こっちも品があって美味しそうでしょー。 あれです、あれ。 慣れていらっしゃる方は味玉とかメンマをトッピング。 大盛り(750円)にしたり、ご飯も頼んだり。。。。 ちなみにワタシがお店に並んでいた時にはすでに 売り切れていましたが、 人気のつけ麺は、一日20食限定750円。 (麺がなくなれば終了ですって) ラーメンも、麺やスープがなくなれば終了。 「大盛り、頼まんといてくれぇ」と、祈りながら待たないとダメですね(笑) 写真にはありませんが、お店の外壁には 「時間に余裕がない時や、小さな子どもさんを連れての長時間の行列は 大丈夫かなぁと心配です」という心遣いの貼り紙もあって なんか、とっても親切な感じです。 並んでいる人の人数から、どれぐらい待ちになるかの目安も表記されています。 お店の方が、並んでいる人たちを中に入れて下さるたびに 「暑い中すみません」と気遣ってくれているのも、なんとなくウレシイです。 麺やスープのことをもっと詳しく書けたら・・・とも思いますが、 ぜひ、ご自身で味わってみてください。 平日の11時から15時までの営業です。 並ぶこと承知で、体調整えて行って下さいよぉ。 場所は産業道路「宇野辺」交差点の少し吹田寄り。 あっちが茨木方面。 そっちは、吹田方面。 お店に駐車場はありません。 少し離れたところにコインパーキングがあるようです。 バス停が近くにあったけど。 バスが昼間は来ないという。。。

次の

【移転】麺や 紡 (つむぐ)

ラーメン つむぐ

支那そばや創業者の佐野実さん 出典: 朝日新聞 スープは「大勝軒」、麺は「支那そばや」 コラボラーメン「絆をつむぐ醤油らぁ麺」(850円)は「伝統的な醤油ラーメン」。 スープは「東池袋大勝軒」の豚や鶏、魚介系を合わせる濃厚な醤油スープに佐野さんが手がけた山水地鶏(岡山)を加えました。 麺は北海道産の小麦にこだわった「支那そばや」ののどごしのよい細麺です。 「東池袋大勝軒」2代目店主の飯野敏彦さん(47)は「最初は支那そばやの地鶏の香りが感じられ、食べ進めると大勝軒のコクが出て来ます」と表現。 ラーメンショーの実行委員長で、自称「日本一ラーメンを食べた男」の大崎裕史さん(56)は「佐野さんは『麺は男、スープは女』とラーメンを夫婦の姿に例えていた。 その最初で最後になるであろうコラボ。 私も並んで食べたい」と期待をふくらませます。 両店は今年で7回目となる東京ラーメンショーにも出店経験があり、ゆかりのある名店です。 前回の東京ラーメンショーでは、昨年4月に亡くなった佐野さんを追悼するラーメンを企画しました。 今年4月に山岸さんが亡くなり、大崎さんは「ラーメン界に多大な貢献をしたレジェンド2人を偲ぶラーメンを作りたい」と両店に打診。 夏ごろからラーメンづくりが始まりました。 大勝軒と支那そばやがコラボした「絆をつむぐ醤油らぁ麺」 出典: 東京ラーメンショー2015 数年前にも企画、幻になっていた 「支那そばや」2代目店主でもある佐野さんの妻しおりさん(54)によると、大勝軒と合作の話は2人が生前の数年前に別のイベントで一度あったそうです。 しかしその時は、「『神様』とうちがコラボなんて失礼になる」という佐野さんの遠慮もあって実現しませんでした。 今回は「互いに2代目として、先代に恥をかかせないラーメンを作ってファンの人にも頑張っている姿を見せたいと思った」としおりさん。 飯野さんも「大勝軒と佐野さんとのコラボなんて、お客さん側として考えたら『食べたいな』と素直に思った」と話しました。 互いに2代目の佐野しおりさん(左)と飯野敏彦さん 試行錯誤の2カ月、納得のラーメン完成 麺とスープを完全に分けて作ることは両店にとって初めての試みでした。 スープを担当した飯野さんは、「大勝軒のスープをそのまま使うと、支那そばやの麺とケンカしてしまうので、山水地鶏を加えて麺に合うバランスを探した」。 麺とマッチングするスープを求め、約2カ月間何度も試行錯誤をしたそうです。 一方のしおりさんも、もちもち感とのどごしのある麺にするため、加える水の量を毎日10CC単位で変化させてスープと相性のいい麺を作り出しました。 完成した時は「『いいね、美味しいね』という山岸の声が聞こえた気がした」と話す飯野さん。 しおりさんは佐野さんと山岸さんの生前の交流を思い出し「泣きそうになるほど震えた」と振り返ります。 企画をした大崎さんも「感無量です。 あとは多くの方にこのラーメンを食べていただきたい」と話しています。 ショーでは42種類のご当地ラーメン 東京ラーメンショーは23日から11月3日までの12日間で、6日間ごとに店が入れ替わります。 100店舗以上が参加し、「富山湾高級白エビ/肉盛そば」「大分佐伯ラーメン」など42種類のご当地ラーメンが味わえます。 食券制で1杯すべて850円。 入場は無料で、会場ではアイドルユニット「Ru:Run」のライブなど様々な催しもあります。 詳細は公式ホームページで。

次の