セファランチン コロナ。 新型コロナに2既存薬の併用が有効か 「ネルフィナビル」と「セファランチン」

新型コロナに2既存薬の併用が有効か 「ネルフィナビル」と「セファランチン」

セファランチン コロナ

副作用 (添付文書全文) 本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーをおこすことがあるので、観察を十分に行い、顔面潮紅、蕁麻疹、胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、皮疹、浮腫(顔面浮腫、手足浮腫)[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。 2).消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 3).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 4).内分泌:月経異常[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 5).その他:頭痛、そう痒感、眩暈[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 薬物過敏症又はその既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 本剤の注射剤において、ショックの報告があるので問診を十分に行う。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で乳汁中に移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に投与する場合は、観察を十分に行い、慎重に投与する[小児等に対する安全性は確立していない]。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

新型コロナに2既存薬の併用が有効か 「ネルフィナビル」と「セファランチン」

セファランチン コロナ

副作用 (添付文書全文) 本剤は、使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) ショック、アナフィラキシー:ショック、アナフィラキシーをおこすことがあるので、観察を十分に行い、顔面潮紅、蕁麻疹、胸部不快感、喉頭浮腫、呼吸困難、血圧低下等が現れた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).過敏症:発疹、皮疹、浮腫(顔面浮腫、手足浮腫)[このような症状が発現した場合には、投与を中止する]。 2).消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、嘔吐、下痢[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 3).肝臓:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 4).内分泌:月経異常[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 5).その他:頭痛、そう痒感、眩暈[このような症状が発現した場合には、減量又は休薬する]。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 薬物過敏症又はその既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 本剤の注射剤において、ショックの報告があるので問診を十分に行う。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど慎重に投与する。 (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2.授乳中の婦人には投与しないことが望ましい[動物実験で乳汁中に移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に投与する場合は、観察を十分に行い、慎重に投与する[小児等に対する安全性は確立していない]。 (適用上の注意) 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

【COVID

セファランチン コロナ

新型コロナウイルス感染症に、抗HIV薬ネルフィナビルと白血球減少症治療薬セファランチンの併用が効く可能性があるとの研究結果を、国立感染症研究所や産業技術総合研究所などのチームがまとめたことが分かりました。 新型コロナウイルスの構造を調べた上で、細胞を使った実験やコンピューターによる解析で確認したとのことです。 ウイルスが細胞に侵入する過程と、ウイルスが増殖する過程を抑制する作用があるとみられています。 どちらも既存の薬ですが、新型コロナウイルス感染患者に投与した場合の効果や二つの薬剤を組み合わせた際の副作用については現段階では検証されていません。 kyoto-np. セファランチンはタマサキツヅラフジの根から抽出して得られる製剤です。 元々は結核菌の発育を阻止する効果が認められ、1942年に結核の治療及び予防の医薬品として承認されていました。 ここから考えると、細菌とウイルスで違いはありますが、新型コロナウイルスに対して効果があるのもうなずけますね。 ネルフィナビルもセファランチンも実際に臨床で使われている薬なので、効果が認められた場合、導入はスムーズに進むのではないでしょうか。 今後の報道にも注目していきたいですね。

次の