この ユーザー は アクセス ポイント 名 設定 を 利用 できません。 AndroidでAPNが保存できない

質問!ITmedia

この ユーザー は アクセス ポイント 名 設定 を 利用 できません

概要 先日、ヤフオクで「Qua tab 01」を購入し、SIMロック解除できるようになったので、auショップに行きSIMロック解除をおこないました。 au回線は持ってない事は定員さんに伝えましたら、窓口払いでSIMロック解除をおこなっていただきました。 その後、mineoでSIMを購入して、付属の冊子のようにネットワークの設定をすると「 このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」と表示され、ネットワークの設定が保存されません。 「このユーザーはアクセスポイント名設定を利用できません」の原因・対策 原因ですがSIMがうまく認識していない場合にそのような状態になるケースが多いようです。 私の場合ですが、au の公式サイトにも載っていましたが、「simカードの状態を更新」をおこなえば使用できるようになりました。 SIMロック解除をして白ロムとなった場合には、その操作が必要との事です 参考URL:• 使用するSIMカードをタブレット・スマホに挿入する• タブレット・スマホの電源を入れ、Wi-Fiに接続する• タブレット・スマホで以下の操作をす• 設定ファイルをダウンロードされ、その後再起動されます.

次の

AndroidのAPN設定で「このユーザーはアクセスポイント名を利用できません」エラーの対処方法

この ユーザー は アクセス ポイント 名 設定 を 利用 できません

接続設定(APNの設定)を手動で行う(Android編) SIMカードをセットしたら、端末の接続設定(APNの設定)を行いましょう。 ここで登録する「APN」とは、データ通信を行う際の接続先のことです。 Androidでも端末によって多少設定方法が異なりますが、基本的には「設定」メニューを開いて、「接続」の項目から新しいネットワークを登録する作業になります。 入力する情報は、利用申し込みの最後に発行されたものを使うことになります。 MVNOから送られてきたSIMカードと一緒に入力情報があることが多いので、すぐに参照できるように用意しておきましょう。 ここではOCN モバイル ONEを例にAPN設定を紹介していきます。 編集画面に切り替わるので、 「名前」、「APN」、「ユーザー名」、「パスワード」、「認証タイプ」を入力していきます。 OCN以外のMVNOのAPNを確認したい場合は、冒頭に紹介した参考記事をご確認ください。 「アクセスポイントの編集」その2 「名前」はOCNモバイルONEと分かれば問題ありません。 「APN」は、LTE対応端末であれば「lte-d. ocn. jp」、3G回線専用端末であれば「3g-d-2. ocn. jp」と入力します。 「アクセスポイントの編集」その3 MVNOが指定する「ユーザー名」とパスワードを入力します。 OCN モバイル ONEの場合は、「mobileid ocn」と「mobile」、もしくは認証IDとそのパスワードを打ち込みましょう。 「アクセスポイントの編集」その4 最後にパスワードなどが盗まれないように配慮するために、「認証タイプ」を選択しましょう。 「CHAP」にすれば完了です。 「認証タイプ」のCHAP(チャレンジハンドシェイク認証プロトコル)というのは、ネットワークに接続中、サーバとやりとりする情報を暗号化して行う方式のことです。 設定の保存.

次の

楽天モバイル: APN設定方法(Android OS 端末)

この ユーザー は アクセス ポイント 名 設定 を 利用 できません

質問のテーマ• 未設定 Aプラン・デュアルタイプに申し込み、 au VoLTE対応SIMを購入しました。 (SIMカードの台紙には「au MVNO Multi IC Card 01」と書かれています これを、SIMロック解除をしたAQUOS SERIE SHV32に挿入しても 「SIMカードが挿入されていません」と表示されてしまい、 に沿って設定しても 「このユーザーはアクセスポイント名を利用できません」と表示されてしまいます。 (なお、手順に書かれていないMCCとMNCの入力も求められ、 画像にあるとおり、それぞれ440と51を入力しました 念のため、SIMロック解除については、 でIMEI番号を入力して確認しましたが、 判定結果には「SIMロック解除を受付済みの端末です。 」と表示されています。 最近、この端末に不具合があり、端末を購入したauショップに修理に出し、 初期化された状態で返ってきました。 mineoのSIMカードを差し込むのは、修理後が初めてです。 なお、このSIMカードはmineoで購入したarrows M02に差し込むと問題無く使えるため、 SIMカード自体が破損しているということは無いと思います。 長々とすみませんが、どなたかご教授いただければ幸いです。 よろしくお願いします。 さん 私も同じ症状でネット検索しましたが、解決策が結局わからず2時間格闘した末に解決できました。 この症状は、simの故障でもなく、端末故障でもないです。 試してみてくださいね。 すごくややこしくてとても苦労しました。 この情報がネットで見つけられず苦労したのでお困りの方いらっしゃったらお役に立てればと思います。 さん 遅レスですが、2019年8月のAUの「中古の端末でもSIMロック解除をできるようにする」改定後ですので、そういう状態のロック解除されていない(残債は無し)中古のshv38での設定で同様の表示になった件を、質問の内容からは少し外れますが、備忘録的に上げておきます。 simロック解除はショップに持ち込むか、myau(私はAUのガラケーユーザなのでauidは登録していました)からネット上での解除となるらしいです。 持ち込みは3,000円かかるらしいので、ネット上myauから行いました。 (myauからsimロック解除手順はネット上にあります。 ) 手続き完了すると、「simロックは解除されました」云々の表示が出たので、なんで接続された形跡もない中古shv38に対して解除できたのか不思議に思っていましたが、確かにmyau上は解除ステータスで、スマホ側は未解除な状態になっていました。 こちらの他の方の回答に、スマホの設定の中の端末状態メニュー内にある「更新」ボタンを押せとのことだったので、wifiでネットに接続して「更新」したら、再起動された後に接続できました。 多分ショップで解除してもらえば、再起動までやってくれてたとは思います。

次の