錆色 の アーマ 舞台。 EXILE佐藤大樹&増田俊樹がW主演 「逆2.5次元」舞台『錆色のアーマ』

『錆色のアーマ』アニメ化決定! 舞台に続きEXILE佐藤大樹、増田俊樹が声優を担当

錆色 の アーマ 舞台

また、本作のアニメ化が発表された。 気になるキャストは、舞台版と同じく孫一役を佐藤大樹 (EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役を増田俊樹が声優を務める。 そのほか出演キャスト等の詳細は、今後の続報を待とう。 誰も見たことのないものをつくろうと始まった前作で、それがどこまでのびていくのか、キャストと稽古場で考え抜いた稽古期間でしたし、演出面としては、前回から拵えを全く変えており、前作を観た方は驚かれるようなこともたくさんある作品になっています。 演劇として、とても良い原作になり、それが良い演劇として走っていけるようなかたちになったと信じております。 ぜひお楽しみいただければと思います。 初演のときに、必ず次もやりたいね、と全員で話していたので、2 年越しにかなって本当に嬉しいですし、きっと待って下さったかたもたくさんいらっしゃると思います。 何より新キャストの皆さんが個性豊かで、豪華で、稽古場で見ていても全員の芝居が本当に面白くて、ひとりひとりに魅了されてばかりでした。 いろんな要素がつまった新作公演、ぜひ楽しみにしていただきたいです。 演出面も、前回は相当バチバチに激しかったのですが、今回も相当激しい2時間になっていますね。 前回は信長と孫一の関係性を描いていましたが、今回は本当に孫一がずっと走り続けているような…僕も出ていないシーンのときに「頑張れ、大樹! 」、「後ろを振り向かずに前を向いて走れば大丈夫! 」と思って、臨んだ稽古期間でした。 その結果、本当に素晴らしい初日を迎えられたと自負しております。 最高の作品に仕上がっていますので、ぜひたくさんの方に「錆色のアーマ」を知っていただきたいと思っています。 舞台に続き、孫一役:佐藤大樹(EXILE/FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役:増田俊樹が、同キャラクターの声優を務める。 そのほか出演キャスト等の詳細は、今後の続報を待とう。

次の

佐藤大樹・増田俊樹 W主演『錆色のアーマ』2019年6月新作公演&コミカライズ決定!

錆色 の アーマ 舞台

2020. 今作で初めて登場する<橘三兄弟>の次男・橘 東雲(たちばな・しののめ)役として出演する仲田博喜さんにお話をうかがいました。 舞台一作目、二作目も拝見しましたが、今のエンターテインメントの良さが詰め込まれていますし、世界観が素敵で単純に楽しそうだなとも思いました。 僕は2. 5次元作品に出演させていただくことも多いのですが、常々、世間のイメージをいい意味で壊したいなと思っていて。 5次元作品は、やっぱりまず見た目があって、声があって、性格があって……という前提が用意されている。 でもそれは2次元のものなので、舞台上で生身の人間がやることで起きる変化もあるし、僕自身と混ざり合うことで新たに生まれるキャラクターもある。 本番でのお楽しみですね。 では、台本を読んで仲田さんご自身はどんな気持ちになったかお聞きしたいです。 「悲しくなりました。 この作品の舞台って、リアルに命のやり取りがある時代なんですよね。 だから大切なもののために本当に命を懸けることもあって。 圧倒的な強さです。 僕ら三兄弟のやり取りはぜひ楽しんでいただきたいです。 「『よさそう』じゃないですよ、カッコいいんです!(笑)僕が持つのは特殊な長物の刀です。 長男・未布留(みふる/櫻井圭登)の武器も普通の弓に見えるけど、それだけじゃないですよ。 三男・羽矢十(はやと/富園力也)の武器が一番正統派かな。 武器からもアクションの違いが出てくると思いますし、楽しみです。 「はい、初めてお会いしたときから、初めてとは思えないくらい打ち解けやすいふたりで。 初日からこんなに仲が深められるのなら、稽古でさらに絆が深まっていくんじゃないかなと思っています。 「絶対大丈夫だと確信しています。 櫻井くんも言ってくれたんですよ。 『このふたりとだったら絶対大丈夫だと思えた』って。 でもいい意味で散らかしたいし、掻き回したいです。 演出・上演台本の元吉庸泰さんとは初めてのタッグですね。 「実は以前、元吉さんが演出助手をされていた作品でお会いしていまして。 それ以降、元吉さん演出の作品は一方的に拝見していますが、元吉さんにしかつくれない世界観があるなと感じています。 儚さがありますよね。 観ていて、僕の経験則で『こうなるだろうな』と思っていても『あれ?』って。 予想できることをしない魅力。 尖っているし、攻めている。 「これがオリジナルだけど、原作があるように思えるものをつくりたいです。 5次元だからこそ、自分の経験と、稽古で積み上げていくものを反映させて、深い人間像や人生を描けたらと思いますね。 それが大前提で、そのキャラクターを好きな人たちが『こういう一面もあるんだ』というところをつくりあげていけることは、またひとつ面白いところなのかなと思いますね。

次の

EXILE佐藤大樹&増田俊樹がW主演 「逆2.5次元」舞台『錆色のアーマ』

錆色 の アーマ 舞台

先日、出版社3社が資本参加したことを発表したネルケプランニングが、2020年4月より 池袋にオープンするエンターテイメント施設・Mixalive TOKYO ミクサライブ東京 Theater Mixa にてこけら落とし公演として上演される3タイトルを発表しました。 DEAR BOYS 「月刊少年マガジン」 講談社 にて連載中の大人気バスケットボール漫画『DEAR BOYS』の舞台化が決定しました。 瑞穂高校バスケットボール部のエースで「天才」と賞される主人公・哀川和彦を、「7ORDER project」メンバーの長妻怜央さんが演じることも発表。 nelke. 1989 年より同誌で連載を開始し、番外編『THE EARLY DAYS』を挟み、『ACT2』、『ACT3』に続いて、 『OVER TIME』を 2017 年 2 月号まで連載した。 そして、2018 年 10 月より再始動した『ACT4』を現在連載中。 バスケットボールを題材とした漫画としては史上最長の連載 30 年を超え、シリーズ累計部数は 4,500 万部を突破している。 サッカー剥奪の危機に直面した少年たちが強敵に挑み、てっぺんを目指していく熱きサッカードラマが描かれる。 2008 年に放送された初代『イナズマイレブン』の「その後のパラレルワールド」として位置付けられ、 新たな3人の主人公に加え、シリーズで高い人気を誇るメンバーたちも登場し、大きな話題を呼んだ。 新たに明らかになる一団と、とある任務に選抜された雑賀衆たちが交差する外伝にご期待ください。 nelke. 2019 年 1 月にはプロジェクト第 2 弾として KADOKAWA「月刊コミックジーン」にてコミカライズの連載がスタートし、同年 6 月に上演された舞台版の続編「錆色のアーマ」 -繋ぐ-の初日会見ではプロジェクト第 3 弾・アニメ化が発表されるなど、その勢いはとどまることを知らない。 長く愛されてきた映画館「シネマサンシャイン池袋」を、まるごとエンターテインメントライブの発信基地としてリノベーションし、様々なコンテンツを「ライブ」という形に変換し、日本・世界に向けて発信する拠点にしていきます。 今回、株式会社ネルケプランニングは参画するパートナー企業として一端を担い、同施設内の劇場「Theater Mixa シア ターミクサ 」を拠点に、2. 5 次元作品をはじめ、さまざまなエンターテインメントを発信して参ります。

次の