コニー 抱っこ 紐 ケープ。 抱っこ紐ケープの人気おすすめ10選!防寒・防雨対策に必要?口コミ体験談付|Milly ミリー

コニーぐっすり抱っこ紐の口コミは?インスタで人気なのはナゼ?

コニー 抱っこ 紐 ケープ

2人目ママはどうしても荷物が増えると思うので、コニーの様にコンパクトな抱っこ紐は重宝されます。 メッシュ素材になったコニー抱っこ紐サマーも涼しそう! サイズ選びが重要 コニーの抱っこ紐はサイズが XXSから3XLまで8段階あり、ママパパの身体に合ったものを選ぶことがとても重要です。 コニー抱っこ紐の仕組み上、赤ちゃんと常に密着していないといけません。 コニー抱っこ紐は内側や腰部分にサイズ調節できるベルトがありません。 それだけ締め付けられる感じは少なくなるので、快適ではありますが、サイズが合わないと危険が伴います。 サイズが合っていなくて赤ちゃんとの間にすき間が生じる=赤ちゃんが落下する可能性があるという事になります。 同じサイズで家族とシェアできる? 抱っこ紐を旦那さんとシェアする予定の方も多いと思います。 ですが、コニー抱っこ紐の場合はシェアしない方が良いと思います。 公式サイトにもこのような注意書きがあります。 ママとパパは一緒に使えますか? 二人のサイズ・体型が同じでない場合、一緒に使用するのは難しいです。 一人の体型に合わせた場合や二人のサイズの中間を買うと、一人または二人とも不便に感じるでしょう。 また、安全な抱っこ紐の利用のため、体型より大きい抱っこ紐の着用は避けてください。 まずは一人の体型に合わせて購入し、赤ちゃんがコニー抱っこ紐を気に入ったら、他の方のサイズで追加購入して頂きますようお願いします。 引用元: 旦那さんと体型・身長が違う場合シェアする事は出来ない旨が記されています。 もちろんパパママの体型が似ている or ほぼ同じであればシェアしても構わないと思います。 男性でもスマートに使えるデザインだと思うので、もし気に入った方は旦那さんのサイズに合ったコニー抱っこ紐を追加で購入するようにしましょう。 コニー抱っこ紐のサイズはどう選ぶのが正解? それでは、コニー抱っこ紐のサイズはどの様に選ぶのが正しいのでしょうか? コニー抱っこ紐のサイズ早見表はこちらです。 引用元: コニー公式ホームページ・インスタの口コミによると、• 妊娠前の服のサイズと同じが良い• 産褥期を経て5㎏減っていなければ妊娠前より1つ大きいサイズが良い• 最初は窮屈と思うくらいがちょうどいい• 日本のS・M・L表示より少し大きめ、号数で見た方が良い• 万が一サイズが合わなければ返品・交換も出来る 条件アリ このような意見が多かったです。 コニー抱っこ紐は暑い? コニーの抱っこ紐は赤ちゃんとの密着度が高いのが1つの良さでもあるのですが、密着度は暑さの原因にもなります。 子どもの体温は元々37度前後と高めの為、ずっとくっついていると暑くなります。 コニーの抱っこ紐は背中をクロスするように生地があるので、暑いとは思います。 背中の部分は、通気性が良いようにメッシュ素材になっています。 それでいくらか暑さ・汗はましになると思いますが、 通常の腰ベルトタイプの抱っこ紐に比べると暑いかもしれません。 全面メッシュの【コニー抱っこ紐サマー】という商品は、周りの布部分もメッシュ素材なので、快適に使えるようです。 コニー抱っこ紐の持ちはどう? コニー抱っこ紐の口コミは使い始めてからしばらくの方が多いので、あまり書かれていませんが、布の性質上赤ちゃんの体重を支え続けて生地が伸びきってしまうという事もあるようです。 あまりにも伸びきってしまうと姿勢が悪くなり、肩や腰に負担がかかります。 その場合は新しいものに買い替えるようにしましょう。 コニーのインスタ戦略 コニー抱っこ紐は韓国のメーカーなんですが、実にインスタグラムの活用が上手だと思います。 レビューキャンペーンというのがあり、実際に使った感想と写真を指定のハッシュタグをつけて投稿応募すると、抽選でベストレビューに選ばれるともう1つ抱っこ紐が貰えるそうです。 購入した方は応募してみると当たるかもしれませんね! コニー抱っこ紐の口コミまとめ コニー抱っこ紐の口コミを良いところ・残念なところ別にまとめてみました。 コニー抱っこ紐の良いところ.

次の

抱っこ紐用ケープで赤ちゃんあったか!防寒できるおすすめ11選

コニー 抱っこ 紐 ケープ

この記事の目次 コニー抱っこ紐はセカンド抱っこ紐に最適! は、初めて購入した抱っこ紐でした。 産後しばらくはメインとして使用していたのですが、 とあるコニー特有のデメリットにより、セカンド抱っこ紐になってしまいました… しかし、だからといって使用頻度が落ちたわけではなく! コニーの特徴を活かして、現在進行形で大いに大活躍しています。 使用頻度では、ぶっちぎりナンバーワン。 使用している経験から感じたメリット・デメリットを解説していきます。 コニー抱っこ紐の【メリット】5つ コニー抱っこ紐を実際に使ってみて感じたメリットは、大きく5つ!• 軽い&コンパクトになる• 価格が安いのに高性能• オシャレ• 洗濯できる• 抱っこし続けても肩・腰が楽 軽い&コンパクトになる 重量、なんと499グラム。 抱っこ紐の中では かなり軽いです。 たとえば、有名な抱っこ紐「エルゴ」は、約1400グラム。 半分以下ですね。 作りもとってもシンプル。 機能性にも優れているので、めちゃくちゃコスパがいい! オシャレ コニーはとにかくスタイリッシュ。 抱っこ紐として使っていないときでも、洋服の一部のように見せることができるオシャレさがあります。 より画像引用 ただし、後ろはちょっとだけゴツめ。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 洗濯できる 布製なので、汚れてもがしがし洗えるのはかなり嬉しいところ。 汗をかいたり、子どもが、いつの間にか舐めていたりしても 洗濯機で丸洗いできます。 清潔なまま使えて安心。 抱っこし続けても肩・腰が楽 使っていて本当に不思議なのですが、体の負担が少ないんですよね。 言い換えると、誤った使い方をするとすぐにわかります。 急に体がしんどくなる。 その場合は、装着の仕方が適切じゃないということ。 Sponsored Link コニー抱っこ紐の【デメリット】4つ コニー抱っこ紐を実際に使ってみてわかったデメリットは、4つありました。 着用にコツが要る• ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい• 手を肩より上に挙げられない• パパと共有が難しい 着用にコツが要る 使い始めは、慣れるまで着用が難しいかもしれません。 また、上記のメリットのなかでも触れたのですが 正しく使わないとその効果を発揮できないので、人によっては上手くつけられるようになるまで時間がかかるかも。 でも大丈夫。 購入時についてくる説明書には、着用方法がイラスト付きで解説されています! 着用方法は、動画(YouTube)でも見ることができます。 解説は動画の方が見やすいかもしれません。 便利〜! ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい 冬に抱っこ紐を使う場合は、防寒用のケープなどをつけることが多いですが、 コニーは専用のもの以外を使いにくいのが難点。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 とはいえ、必要になるのは冬の季節くらい。 専用ケープを買わなくても、大きめのコートで覆うなどの対策で防寒することも可能です。 手を肩より上に挙げられない ある意味、 コニー最大の弱点がこれだと個人的には思っています。 コニーは、肩を覆うように装着します。 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 わかります? これだと肩があげられないんですよ! 私も試してみたのですが、肩をあげると布が首の方に寄ってしまって首が悲鳴をあげることに…• 一部の家事(洗い物、洗濯物干しなど)ができない• 電車のつり革が掴めない といった不便さは拭えません。 そのため私は• 家の中では、寝かしつけ専用として使う。 外では、電車に乗るときは手すりを掴む。 という使い方をしています。 割と大きめなデメリットではあるのですが、 それ以上に機能性が高くて便利なので、そこは割り切って使っています! パパと共有が難しい 実はこれが 「セカンド抱っこ紐」に落ちてしまった直接の理由。 (笑) コニーはその密着性ゆえ、 自分の体に合ったものを選ぶ「サイズ展開型」の抱っこ紐なのです。 そのため、(パパと体型がほぼ同じでない限り) パパとシェアして使うことができません! 夫婦ともに使いたい場合は、それぞれ専用のコニーを購入する必要があります…。 とはいえ、2つ購入したとしても14,000円以下。 それでも他の抱っこ紐1つ買うよりも安かったりします。 ちなみに我が家は、夫婦でシェア使用できる別の抱っこ紐を購入したため コニーは私専用のセカンド抱っこ紐になったのでした。 とはいえガンガン使ってるけどね!それについては後述します。 コニー抱っこ紐はシリーズ・カラーが豊富 カラーバリエーションが豊富な「オリジナル」 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 オリジナルシリーズは、カラーデザインが豊富なのがとても魅力。 ネイビー• ブラック• チャコール• グレー• ベージュ• ミント• ピンク• ストライプ• グリッド• ワインドット これだけあれば、自分の持っている洋服と相性がいいものを選ぶことができます。 ちなみに私は、を選びました!サイズはSサイズです。 (急にすべてのクオリティが落ちる…) カーキやネイビー色の上着が多かったので、相性抜群です。 メッシュ素材で暑い季節も使いやすい「サマー」 コニー抱っこ紐公式サイトより画像引用 密着性が高いコニーだけに、暑い夏は蒸れて大変… そんな声に応えてくれたのか、 メッシュ素材の「サマー」というシリーズが2019年に登場しました! カラーも3色あります。 ・軽い&コンパクトになる ・価格が安いのに高性能 ・オシャレ ・洗濯できる ・抱っこし続けても肩・腰が楽 ・着用にコツが要る ・ケープなどオプション品は専用以外だと使いにくい ・手を肩より上に挙げられない ・パパと共有が難しい メイン抱っこ紐としても活躍できますが、 個人的には「セカンド抱っこ紐」としても十分活用できると考えています。 (パパとシェアできる抱っこ紐をメインに使いたいですよね…) 機能性・デザインともに優れていることは、上記の解説で伝わっているかと思います。 悩んでいる方の後押しになれたら幸いです。 ほんと、使えますよ! コストパフォーマンスがとにかく良い、抱っこ紐です。 出産祝いなどにもおすすめなので、ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の

抱っこ紐用ケープおすすめ人気ランキングTOP15【2018年最新版】

コニー 抱っこ 紐 ケープ

カラーの違いや素材感による見た目も変わってくるので、どっちにするか迷いますよね。 私の家では妻がオリジナル、私がサマーを使用しています。 実際に使用してみた感想をお伝えします。 コニー抱っこ紐はコンパクトで持ち運びもしやすく、子どもがよく寝てくれるとSNSでも話題になっています。 実際に私の子どもは、本当によく寝てくれます。 家の中で家事をしながら寝かしつけで使うこともあります。 さっと付けれるので家事を進められるためすごく助かります。 抱っこしてるときに肩や腰への負担が少なく、赤ちゃんの股関節にも優しい抱っこ紐です。 バックルなどのないシンプルなデザインなので、抱っこ紐のバックル外しの被害を警戒している方からも選ばれています。 サマーとオリジナルの2パターンのラインナップがあるため、どちらにしようか悩む方が多いですね。 選ぶポイントは明確にありますが、迷ってどちらか決めれない人はサマーを買っておけば後悔しません。 夏の子どもの涼しさを重要視するのであればサマータイプがおすすめですが、好きなカラーがオリジナルにしかないという人はオリジナルタイプを選ぶことになります。 しかしオリジナルを選んだとしても、真夏に快適に使用する方法もあります。 また生後2ヶ月ぐらいまでは長い時間外を歩く機会も少ないため、外出の機会が増える時期がいつなのかを考えて決めるのもいいですよ。 私はサマー、妻はオリジナルをメインの抱っこ紐として使用しています。 実際に使用して感じたことや違いをお伝えします。 サマーとオリジナルで悩んでいるときに一番気になるポイントが、夏と冬の使用感です。 夏はメッシュの方が涼しそうだが、逆に冬は寒そうだと思ってしまいます。 たしかに夏はメッシュタイプの方が通気性がよくてムレ感が少ないため、子供も涼しそうです。 しかしオリジナルも布の厚さは一般的なTシャツぐらいで通気性は悪くないので、暑くて仕方がないという感じではないです。 真夏にイオンなど空調の効いている場所に行くことが多いのであればオリジナルでも大丈夫ですが、外に遊びに行くことが多いのであればサマーを購入しておいたほうが良いです。 カラーバリエーションの関係でオリジナルを選びたいという人でも、ひと手間は必要ですが夏を快適に過ごす方法はあります。 オリジナルの夏の対策法として、外紐についているポケットの中に保冷剤を入れて冷やすことができます。 (サマーにも付いています) お祭りなど真夏で屋外に長時間いなければいけない時には、子どもの熱中症対策になります。 正直に言うと、私と妻がコニー抱っこ紐を使うときは、外紐は面倒なので付けていないです。 冬の使用感について 冬はメッシュの方が寒いのかというと、正直どちらも同じぐらいの体感になります。 子どもと密着しているので、意外とサマーでも温かいです。 コニーをしている上から子供も覆うようにアウターを羽織ることができるため、寒さに関してはどちらも対策ができます。 コニー抱っこ紐専用の防寒ケープも販売されていますので、気になる方はチェックしてください。 袖がないので、防寒ケープの上からアウターをはおる形にはなりますね。 サマーとオリジナルのサイズ感について コニー抱っこ紐のサマーとオリジナルでは、実測値でのサイズには少し違いがあります。 サマーはメッシュタイプ、オリジナルは布タイプになっていて素材感が全く違います。 それもありサマーの方が少し小さく作られています。 この違いは素材がどれぐらい伸びるかを計算して変えているだけなので、サマーとオリジナルは同じサイズのものなら実際に使用した感じは同じになります。 サマーだから1つ上のサイズを選ばなければいけないということはないです。 最初は「きつい感じかな?」と少し感じる密着感が正しいサイズになります。 実店舗がないため試着が出来ないのが一番困りますね。 ネットで購入することになりますが、もちろんサイズが違った場合は返品が出来ます。 返品に関する詳しい内容は別の記事に書いていますので、合わせて読んでみて下さい。 サマーとオリジナルを比較すると、素材もそうですがカラーバリエーションが違います。 種類 カラーバリエーション ラインナップ 3種類 クリーム、ブラック、チャコール 12種類 ラベンダー、モカ、ネイビー、 ブラック、チャコール、グレー、 ベージュ、ミント、ピンク、 ストライプ、グリット、ワインドット カラーバリエーションは圧倒的にオリジナルの方が多いですね。 2020年3月20日よりに新色のラベンダーも追加されました。 ブラックとチャコール以外は同じカラーのラインナップがありません。 サマーとオリジナルはブラックは近い色味になっていますが、チャコールは若干色味がちがいます。 カラーのラインナップが違うというのも、どちらを買ったほうが良いのかを悩ませるポイントですよね。 妻が使用しているベージュなど薄い色は子どものヨダレが目立ってしまう感じはあります。

次の