お年玉 お札 の 入れ 方。 お年玉の入れ方マナー全般!折らない?ポチ袋のお札の折り方や封について

お年玉とは 新札がマナー?お札の入れ方は?渡す相手による注意とは

お年玉 お札 の 入れ 方

お年玉袋の名前の書き方 お年玉袋の名前の書き方は以下の通りです。 表(左上)に相手の名前を書く 裏(左下)に自分の名前を書く お年玉用のぽち袋は イラストが書かれて名前が書くスペースが無い場合もあると思いますが、 その時は左上や左下じゃなく空いているところで構いません。 厳密なルールがあるわけではないので、 名前を両方表(裏)に書いていても、最悪名前を書かなくても特にマナー違反というわけではないですからね。 また、当然ですが名前の書き方は相手の年齢や相手との関係に合わせて変えましょう。 小さい子供へは 「くん(ちゃん)」付け、 自分の名前は 「〇〇おじさん」など。 お金の入れ方 お金の入れ方のマナーとして、3つ知っておくべきことがあります。 お札は左・右と折って三つ折りにする• 複数のお札は重ねて折る• お札・硬貨とお年玉袋の裏表を合わせる 1. お札は左・右と折って三つ折りにする お札を折る際は3つ折りにしますが、 手順としては表を向けた状態で左・右という順番で折ります。 五千円札も一万円も同様です。 ちなみに、お札を綺麗に三つ折りするのにはコツがいるのですが、 それについては後ほど詳しく解説していきます。 複数のお札は重ねて折る 複数のお札を入れる場合、 それぞれ3つ折りにした後に重ねてはいけません。 まず重ねてから3つ折りにしていきます。 (折り目はそれぞれあらかじめ付けておく) 異なるお札を重ねる時も同様です。 ちなみに、金額が大きいお札ほど横幅が長くなるので、 図のように金額が大きいお札が下にくるようにしないと上手く折ることができません。 お札・硬貨とお年玉袋の裏表を合わせる お札・硬貨はお年玉袋に入れる際に表裏が決まっています。 お年玉袋を表に向け、 お札・硬貨は図の面を向けた状態で入れます。 硬貨の場合、ローマ数字や年号が書かれている面が裏、 絵柄や漢数字が書かれている面が表です。 (五円玉だけ紛らわしいのですが、「年号が裏」というのを基準にすれば間違いません) 硬貨とお年玉袋の表裏を合わせるように入れましょう。 各種お札を綺麗に三つ折りにする方法 お年玉袋に入れるお札は3つ折りにしますが、 千円札・五千円札・一万円札をそれぞれ綺麗に三つ折りにする方法をご紹介します。 千円札を三つ折りにする方法 千円札を三つ折りにすると以下の赤線のような折り目になるのですが、この時注目するのが矢印に示した 野口英世の輪郭の部分です。 実際に三つ折りの手順を紹介します。 千円札の左端を野口英世の輪郭に合わせるように折る 右端を左端に合わせるように折る これで千円札の綺麗な三つ折りの完成です。 五千円札を三つ折りにする方法 五千円札を三つ折りにすると以下の赤線のような折り目になるのですが、 この時注目するのが矢印に示した 模様の部分です。 実際に三つ折りの手順を紹介します。 五千円札の左端を模様に合わせるように折る 右端を左端に合わせるように折る これで五千円札の綺麗な三つ折りの完成です。 一万円札を三つ折りにする方法 一万円札を三つ折りにすると以下の赤線のような折り目になるのですが、 この時注目するのが矢印に示した 『0』の部分です。 真ん中の『0』の内側右の線が三つ折りの線と丁度重なるのです。 実際に三つ折りの手順を紹介します。 一万円札の右端を上図で示した0の線に合わせるように折る 一度開いて左端を折り目に合わせるように折る 再び右端を最初につけた折り目で折る これで一万円札の綺麗な三つ折りの完成です。 また、大根おろしや洗濯のり、アイロンを使ってシワを伸ばすという方法もあります。 【洗濯のりとアイロンでシワを伸ばす手順】• 水250mlに洗濯のり大さじ1を混ぜる• 霧吹きに入れてお札に吹きかける• アイロン(低温)をかける 偶数や4千円などはNG? 結婚式やお葬式の香典などは偶数、「4」がつく金額は縁起が悪いとされていますが、 お年玉にもこれは当てはまるのでしょうか。 これに関しては特にそういう決まりはないので、 相手次第ですね。 こどもが何か思うことはないので、 普通は特に気にするものではありません。 しかし、相手の親が気難しい性格の場合、 「4000円なんて不吉な金額をこどもに贈るなんて・・・」と思う場合も考えられます。 一般的には問題ないのですが、 一応そういうケースもありえると頭に留めておきましょう。 お年玉の金額の相場について 最後、お年玉の金額について。 多くても少なくても問題なので、 ちょうど良い相場の金額を贈るのが大事になります。 これについてはこちらにまとめているので、合わせてご覧ください.

次の

【お年玉】お札の正しい入れ方・折り方マナーを解説【3つ折りがベスト】

お年玉 お札 の 入れ 方

お年玉の入れ方:折らない場合はお札の表裏や上下に注意 お年玉を入れるとき、折らない場合は「お札の向き」があります。 お札を折りたたんで入れるタイプのポチ袋しか、見たことがない方も中には居るかもしれませんが、上司の子供やマナーを重視したお年玉の渡し方をしたい場合はお札を折らないタイプの方が丁寧な渡し方と言えます。 rakuten. rakuten. 折らないお年玉に入れるお札は新札が望ましい 結婚式など、お祝い事でお金を包む場合は「新札が良い」とされています。 integrity. 祝い事で新札を準備する理由には諸説ありますが• わざわざ新札を準備する=相手への心配りを表す• 新年や新しい門出を「真新しい気持ちで祝う」の意• 見栄えが良いため このように、新札で渡したほうがマナー的には良いとされています。 お札の表・裏と上下 新札を準備したら、ポチ袋にいれますが、お札を入れるときの向きがあるので注意しましょう。 niwaka. つまり、封筒やポチ袋からお金を取り出したときに、偉人の顔が現れるように入れるのが正しいお札の入れ方です。 お年玉だけでなく、祝い事でお金を包むときは共通したお札の入れ方マナーなので、覚えておくと様々なシーンで役立ちます。 お年玉の入れ方:折る場合 せっかく新札を準備したのに、ポチ袋がお札を折らないと入らないタイプだった場合や、新札が準備できなかった場合は、お札を折って入れます。 お年玉でお札を折って入れる場合は、三つ折にするのが基本です。 新札を折る場合はふんわり三つ折 せっかく新札を準備したのに、お札を折らなければならない時は、少しふんわりと三つ折にしてポチ袋に入れましょう。 html ポチ袋が膨らんでしまうことを嫌い、キッチリとキレイに折りたたんでしまう方が居ますが、真新しい新札に折り目をクッキリと残すことになるので、ふんわり折ったほうが良いとされます。 このとき、お札に印刷されている肖像を目安に折りたたむとキレイに折れますよ。 html お札を複数枚入れる時は重ねて折る お札を複数枚入れて渡すこともあると思います。 この場合、お札は1枚ずつ折るのではなく「重ねてまとめて三つ折に」します。 info お年玉を入れる袋(ポチ袋):名前の書き方 続いて、お年玉袋に名前を書き入れるときのマナーを紹介します。 厳密なルールがあるわけではありませんが、一般的に相手の名前は「袋の表・左上」に、自分の名前は「袋の裏・左下」に書くのが良いとされています。 渡す相手の名前は表に• 自分の名前は裏に このルールに従って名前を書いたほうが自然です。 もちろん、ポチ袋の種類によっては上記ルール通りに名前を書き入れることが出来ない場合もありますので、名前の書き忘れにだけ注意すればどこに書いても問題ありません。 お年玉袋に書き入れる名前については、あまり難しく考えなくてもマナー違反にはならないのでご安心を。 お年玉に関するマナーあれこれ お年玉に関するマナーは、お札の向きや名前の書き方以外にもあります。 硬貨にも表裏がある お年玉で硬貨を入れる機会は少ないと思いますが、少し洒落たお年玉として年号と同じ金額を入れたり、特別な数字や語呂合わせで硬貨を入れる場合もあります。 硬貨にも、実は表と裏があります。 お札と同様に、祝い事で硬貨を袋に入れるときは「表向き」にして入れるのがマナーです。 html 硬貨の表裏を簡単に見分ける方法として、「漢数字で金額が記載されている側」と覚えておくとわかり易いかもしれません。 数字が書いている方が裏、と覚えても良いのですが「五円玉だけ例外」になるのでご注意を。 硬貨の入れ方は、お札の上に表向きで一緒に入れればOKです。 もし、親にお金を包むときに「お年玉」として手渡しているのであれば、マナー的には失礼な行為にあたります。 お年玉は、目上の人が目下の人に送るもの。 自分より目上の人に、「はい、お年玉」と手渡すのは「あなたを目下に見ています」という意味合いになってしまうので注意してください。 (気にしない方も多いですが) 目上の方へお年玉を手渡すときは、表書きは「お年賀」と書かれた袋で渡すのが礼儀。 sasagawa-brand. php? 自分と血が繋がった実の両親なら、お年玉として渡しても気にしないかもしれませんが、義理の両親などに手渡す場合は、「馬鹿にしてる!」と気分を害する人も中には居るので、くれぐれも目上の人にお年玉を渡すときは配慮するようにしましょう。 お年玉の入れ方 折らない場合のお札の向きや名前の書き方を紹介!:まとめ お年玉にお金を入れるときに気をつけるべきポイントをまとめると• お札は表(肖像がある側)にして上向きにいれる• 名前は表の左上に相手・裏の左下に自分が基本• お札を折るときは三つ折で• 複数枚のお札を入れるときは重ねて折る• 硬貨にも表裏があるので入れる際は向きに注意• 目上に「お年玉」は失礼。 「お年賀」として渡す 以上のようになります。 せっかくお年玉をあげるなら、マナーをしっかりと意識した「大人の手渡し方」をすると、貰った側も嬉しいものです。 渡す側も、貰う側も気分よく新年を迎えられるように、お年玉を手渡すときは上記のポイントを今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

お年玉袋への入れ方は?三つ折りの折り方や複数枚のたたみ方は?

お年玉 お札 の 入れ 方

お年玉のお札と硬貨の入れ方と名前の書き方がわからない? お正月になると、お年玉を楽しみに、おじいちゃん、おばあちゃんの家へ挨拶に来てくれます。 (笑)子供たちの喜ぶ顔が見たくて、おじいちゃん、おばあちゃんもがんばっちゃいますよね。 ところで、子供に渡すものですが、親や親戚の目に触れる機会もありますよね。 せっかく渡したお年玉で、おじいちゃんも、おばあちゃんも常識ないな、なんて思われないためにお年玉のぽち袋への入れ方をお伝えしていきます。 三つ折り、二つ折り、また複数枚入れる時の折り方やお札の向きなど、お年玉のマナーに関して知らないこともあると思います。 今回はお札の基本的な折り方やお札の向きなどお年玉のマナーについてご紹介します。 また、お年玉袋に名前を書く時の名前の書き方についても確認しておきましょう。 お年玉の入れ方 三つ折り?二つ折り?複数枚の場合は? お年玉は縁起物です。 年初の贈り物なので、 お金は新札にしましょう。 年末に、銀行の窓口が閉まる前に、新札は何枚か(少し多めに)用意しておくと安心です。 思いのほか、出費があるかもしれませんからね。 合わせて、お正月中は、ポチ袋も予備を準備されておくといいですね。 おもいがけず、お正月にお年玉やお土産をもらったときなどに、ぽち袋が余分にあるとすぐ渡してあげられて、困ることはありませんから。 お金の入れ方・折り方・お札の向きは? お年玉に限らず、お金の入れ方、折り方には3つポイントがあります。 お札は左・右と折って三つ折りにする• 複数のお札は重ねて折る(ずれたりせず、きちんとまとめる)• お札も硬貨もお年玉袋の裏表を合わせる お札は左・右と折って三つ折りにする お札を折る際は3つ折りにしますが、手順としては表を向けた状態で左・右という順番で 折ります。 複数のお札は重ねてずれないように折る 複数のお札を入れる場合、お札を重ねてから2つ折り、3つ折りにします。 先にお札を重ねるてから折るのがポイントです。 お札を重ねるときには、上下の向きがばらばらにならないよう確認してからに気をつけて入れましょう。 お札・硬貨とお年玉袋の裏表を合わせる ぽち袋を表に向け、折った紙幣(上記参照。 右側がかぶさった状態)を、天地が逆さまにならないようにして入れます。 硬貨も表にして入れましょう。 硬貨は製造年が刻印されているほうが裏です。 絵柄・漢数字のあるほうが表。 製造年・ローマ数字のあるほうが裏です。 お年玉袋は、基本的には封は折りますが、封を閉じるかどうかは特別決まりはないようなので、シールなどがついていたら止めるくらいで良いと思います。 私は封をしません。 子供がいただくものをみても、糊で封をしているものはあまり見かけないですね。 お年玉の名前の書き方は? お年玉袋の書き方ですが、結論から言うと、「表側に相手の名前を書き、裏側に自分の名前を書く」というのが適切なマナーとなります。 (皆さんご存じだと思いますが) 関連記事: まとめ お年玉の入れ方、複数枚をお年玉袋に入れる時のマナーをみてきました。 新年の習慣と化しているお年玉ですが、あげるほうももらう方も礼儀を忘れないで、喜んであげて、感謝していただきたいものですね。 受け渡しもスマートにしたいものです。 配慮が行届いていると相手の方も取り出しやすく、見た目も美しくて気持ちも伝わります。 心づけを渡すときも同様ですから、ぜひお役立て頂ければ、嬉しいです。

次の