おろそか 類義語。 なおざりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

疎かの読み方と意味、「ひそか」と「おろそか」正しいのは?

おろそか 類義語

【ことわざ】 善く泳ぐ者は溺る 【読み方】 よくおよぐものはおぼる 【意味】 人は自分の得意とすることでは、かえって失敗しやすいという意味。 「游」は「泳」と同じ。 「善く游ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ」と続く。 【語源・由来】 「淮南子」より。 普段から上手に泳ぐ人は、油断して溺れて死ぬことがあるという意味から。 【類義語】 ・過ちは好む所にあり ・得手に鼻突く ・河童の川流れ ・川立ちは川で果てる ・木登りは木で果てる ・才子才に倒れる ・才子才に躓く ・策士策に溺れる ・長所は短所 ・水の達者が水で死ぬ ・山師山で果てる ・山立ちは山で果てる ・善く泳ぐ者は溺れ、善く騎る者は堕つ 【対義後】 ー 【英語訳】 The dog that kills wolves is killed by wolves. Good swimmers are the oftenest drowned. わかっているよ。 相手も前回優勝者に勝つっていう意識できているだろうから、こちらも全力で行かないとね。 「善く泳ぐ者は溺る」の例文• 彼は、頭の回転が速いから、いろんな場合に備えていたが、 善く泳ぐ者は溺るというように、肝心なところがおろそかになり、失敗した。 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが、絶対に合格すると言われていた彼女が油断した結果、受験に失敗した。 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが。 彼は優勝候補と期待されていたのに、試合前にスキーに行き骨折して、選手生命すら危うくなった。 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるから、相手が格下のチームであろうとも最後まで手を抜かず勝ってこい。 善く泳ぐ者は溺るという言葉があるが、泳ぎが得意な彼が遠泳の時間、一番だと思われていたが、海を甘く見過ぎていたようで足がつって溺れることとなった。

次の

なおざりの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

おろそか 類義語

僕はね、草原を走り抜けて 遠御長駕で大きな国を作った「チンギス・カン」のようになりたいんだ。 遠御長駕(えんぎょちょうが)の例文• 父の遺志を継ぎ、この国をより強固にするために 遠御長駕するのだ。 キリスト教の布教活動はイスラエルにとどまらず、 遠御長駕、東方の国まで果てしなく広まった。 遠御長駕にばかり気を取られていて、内政をおろそかにすると、国が不安定になる。 この国の資源はもう少しで枯渇してしまう、国民のために 遠御長駕して新たな安住の地を見つけなければならない。 大帝国であるローマ帝国は広大な領域を持ち、エジプトまでも 遠御長駕した。 その比丘尼(びくに)の説話には争いも欲求もないが、その徳で救われる人が多く、比丘尼の教えは 遠御長駕した。 遠御長駕するつもりで勢いよく国を出たが、馬も兵も疲労し、食糧も底をついたために、途中で帰国するはめになった。 遠御長駕は長旅になる。 十分な準備を整えたい。 現在では技術の進化や経済政策により、わざわざ 遠御長駕しなくても、遠くの国を支配することができる。 まとめ 遠く長い旅を物語っている四字熟語である。 慣れ親しんだ土地から離れ、馬に揺られ、疲労や不安の中での旅はよほどの精神力がないと続けられない。 そこまでしてたどり着いた先で見るものは何だったのだろう。 新天地か、それとも激しい戦いか。 いずれにしても、人はじっとしているのが難しい生き物である。 外へ向かう好奇心と冒険心は果てしなく遠方まで続くのだ。

次の

「直近」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

おろそか 類義語

怠慢によって起こる間違い の意• 手おち• 仕事または骨の折れる仕事に対してやる気が起こらない の意• 便々たる• もの臭い• 気だるい• 不精ったらしい• 不まじめ• らん惰• 無精ったらしい• 道理をわきまえた人が同じ状況下で行う思慮のない行動 の意• 不仕末• 徳を実行するにあたっての無感動や消極性(7つの大罪の1つとして体現される) の意• 怠情 仕事への嫌悪に起因する不活発 の意• 怠慢さ• 無精さ• 怠惰さ• 不精さ• らん惰• 責任を怠り、懸念が欠如している特徴 の意• 不行届• 手おち• 遣っ放し• 省略された何か の意• 活動中でないか仕事中でない の意• 便便たる• 仕事または骨の折れる仕事に対してやる気が起こらない の意• 便々たる• もの臭い• 気だるい• 不精ったらしい• 不まじめ• らん惰• 無精ったらしい• 徳を実行するにあたっての無感動や消極性(7つの大罪の1つとして体現される) の意• 怠情 仕事への嫌悪に起因する不活発 の意• 怠慢さ• 無精さ• 怠惰さ• 不精さ• らん惰• 働くことを嫌がることによる怠惰な特性 の意• 怠情 労働や努力に対する嫌気 の意• 活動中でないか仕事中でない の意• 便便たる• 仕事または骨の折れる仕事に対してやる気が起こらない の意• 便々たる• もの臭い• 気だるい• 不精ったらしい• 不まじめ• らん惰• 無精ったらしい• 誠実さに欠けること; 嘘を言ったり、ごまかしたり、盗んだりすること の意• 不誠意• 徳を実行するにあたっての無感動や消極性(7つの大罪の1つとして体現される) の意• 怠情 仕事への嫌悪に起因する不活発 の意• 怠慢さ• 無精さ• 怠惰さ• 不精さ• らん惰• 不正直である性質 の意• 不誠意• 狡猾(特に騙すことにおいて) の意• 活動中でないか仕事中でない の意• 便便たる• 仕事または骨の折れる仕事に対してやる気が起こらない の意• 便々たる• もの臭い• 気だるい• 不精ったらしい• 不まじめ• らん惰• 無精ったらしい• 徳を実行するにあたっての無感動や消極性(7つの大罪の1つとして体現される) の意• 怠情 仕事への嫌悪に起因する不活発 の意• 怠慢さ• 無精さ• 怠惰さ• 不精さ• らん惰• 労働や努力に対する嫌気 の意• 責任を怠り、懸念が欠如している特徴 の意• 不行届• 手おち• 遣っ放し• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の