平成 32。 西暦和暦年齢一覧表

平成32年は存在しないのでは?西暦じゃダメなのか・・TDL過去最大の新エリアオープンは平成32年春予定?

平成 32

平成32(2020)年暦要項の発表 2019年2月 1日 | 国立天文台は、毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項(れきようこう)を発表しています。 暦要項には、国立天文台で推算した翌年の暦(国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食など)を掲載しています。 今年も2月1日に「平成32(2020)年暦要項」を発表しました。 以下は、主な内容です。 平成32(2020)年の国民の祝日 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日• 平成32(2020)年は閏(うるう)年です。 2月24日、5月6日も休日となります(「国民の祝日に関する法律」による)。 天皇の即位に伴い、平成32年から「天皇誕生日」は2月23日となります。 「国民の祝日に関する法律」が改正され、平成32年から「体育の日」は「スポーツの日」となります。 また、平成32年に限り、「海の日」は7月23日に、「スポーツの日」は7月24日に、「山の日」は8月10日となります。 この年には日食が2回あります。 6月21日には金環日食があり、日本では全国で部分食を見ることができます。 12月14日から15日にかけて皆既日食がありますが、日本では見ることができません。 これらの現象の詳しい状況や予報については、でも調べることができます。 (注1)暦要項では一貫して平成32年と表記していますが、必要に応じて読み替えてください• (注2)平成31(2019)年2月1日現在制定されている法令(未施行を含む)に基づく.

次の

平成32(2020)年暦要項の発表

平成 32

平成32(2020)年暦要項の発表 2019年2月 1日 | 国立天文台は、毎年2月の最初の官報で翌年の暦要項(れきようこう)を発表しています。 暦要項には、国立天文台で推算した翌年の暦(国民の祝日、日曜表、二十四節気および雑節、朔弦望、東京の日出入、日食・月食など)を掲載しています。 今年も2月1日に「平成32(2020)年暦要項」を発表しました。 以下は、主な内容です。 平成32(2020)年の国民の祝日 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日• 平成32(2020)年は閏(うるう)年です。 2月24日、5月6日も休日となります(「国民の祝日に関する法律」による)。 天皇の即位に伴い、平成32年から「天皇誕生日」は2月23日となります。 「国民の祝日に関する法律」が改正され、平成32年から「体育の日」は「スポーツの日」となります。 また、平成32年に限り、「海の日」は7月23日に、「スポーツの日」は7月24日に、「山の日」は8月10日となります。 この年には日食が2回あります。 6月21日には金環日食があり、日本では全国で部分食を見ることができます。 12月14日から15日にかけて皆既日食がありますが、日本では見ることができません。 これらの現象の詳しい状況や予報については、でも調べることができます。 (注1)暦要項では一貫して平成32年と表記していますが、必要に応じて読み替えてください• (注2)平成31(2019)年2月1日現在制定されている法令(未施行を含む)に基づく.

次の

今日は平成何年?

平成 32

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で、映画「美女と野獣」や「ベイマックス」をテーマにした大型アトラクションなどを新たに導入することになり5日、起工式が行われた。 オープンは平成32年春の予定。 運営するオリエンタルランドによると、開発エリアは計約4・7ヘクタール。 「美女と野獣」の世界を体感できるエリアには、野獣が住む城をモチーフにしたアトラクションを設置予定。 このほか、オリジナルのショーを披露するシアターも建設する。 総投資額はTDLと東京ディズニーシーの開園以来の最大規模となる約750億円を見込む。 ・・という、東京ディズニーリゾートの大規模開発のニュースをみたときに あれ??と思ったことが。 「平成32年」 え〜〜〜っと・・ たしか、平成は30年で終わりの方向だったような・・ たしか、平成31年1月1日(もしくはその数日後?)に皇太子様が新天皇として即位されるとか。。 (あ、言葉遣いが間違ってたらスミマセン。 悪気はありません) まだ確定はしていないものの 2017年5月以降に閣議決定されて法案が提出される方向だそうです。 ということで、 ありえるとしても、平成は31年まで。。 これってどこの新聞社も同じなんですかね。 読売さんをみたら、2020年になってました。 まあもしかしたら、紙媒体は「平成23年」、WEBは「2020年」みたいな使い分けしている可能性もありえるんですけど。 新聞社は絶対に元号で表現する というわけではなさそう。 というか、全く定まっていないということですよね。 元号(和暦)と西暦の使い分けって。 たしかに、まだ平成が終わると決定しているわけではないし・・ 実際に変わってしまうまでは「平成」って表現するのも間違いではない気がします。 実際、いろんなところでみかけますもんね。 ありえないような年数。 「平成57年」とか(笑) あ、これは保険の契約期間だったかな?ローンの支払い終了日だったかな(笑) こういう表現は普通にあるんですよね。 だから間違いではないと思います。 が、しかし。 やっぱりわかりにくくないですかね。 どう考えても、平成が終わってしまうであろう年数を表すときに 「平成57年」とか使うのは。。 実際に平成57年にあたる年になった時に、「平成57年」とかいてあるのをみて それが今のことだとわかるかと言われたら・即座にはわかりませんよね(笑) なんというか、ある程度は「使い分け」をしっかり決めた方がいいような気がするんですが・・ 公的機関に提出するような書類はなんとなく元号のイメージがありますが どうもそれで統一されているわけでもないようで。。 使い分けを決めてしまうのも 難しい話なんですかね。 効率性だけを考えたら、おそらく ずっと表現が変わらない、西暦を使う方がいいんでしょうが。。 日本は日本の暦を使う! っていうこだわりもあっていいとは思います。 でもねぇ・・ もう、絶対に存在しないであろう年数を、元号で表現するのはどうかと。。 平成32年は存在しないと思いますし。 ただそうは言っても、 じゃあ何年先以降は「存在しない」と考えるのかも難しい。 これはいわば、今の天皇が何年先まで生きるのか、という予想とイコールになってしまうわけで。。 書類は西暦で統一、 口語では和暦も西暦もOK とか? じゃあテレビのテロップは書類扱いなのか、アナウンサーがしゃべっている言葉を文字にしているだけだから口語扱いなのか・・ と、やっぱり区別するのは難しい。 なので、ずっと続いて欲しいとは思っているんですが 「わかりやすさ」「効率性」問題に対する解決策は 誰か打ち出してもらえるとありがたいなと。。 うーん・・なかなか良い案が浮かばないですね。 とりあえずは、こういう方法(下のリンク)で うまく理解するしかないのかもしれないですね。 関連記事•

次の