絵本 で めぐる 生命 の 旅。 親子で行きたい『絵本でめぐる生命の旅』展 生命の進化を絵本でたどる

2019年12月17日(火)〜2020年3月1日(日)まで国立科学博物館で開催!企画展「絵本でめぐる生命の旅」

絵本 で めぐる 生命 の 旅

企画展「絵本でめぐる生命の旅」ポスター 世代や国境を越えて多くの人に親しまれている絵本。 絵本には自然や科学を題材にしているものがたくさんあります。 本展は、これらの絵本を展示の中で活用することによって、いつもとは違う科博の楽しみ方や自然科学に興味をもつきっかけを提供できるのではないかと考え企画された、これまでにないユニークな展覧会です。 約38億年前に出現したとされる最初の生きものから現代まで、その進化がとぎれることなく続いてきたから私たちヒトやさまざまな生きものが地球上に存在します。 本展のみどころ 展示は、生命の進化をテーマとする絵本から選んだ場面をつないで構成され、魚類から私たちヒトへとつづく進化の歴史を、化石や剥製などの標本とともに、わかりやすく紹介します。 絵本の世界が展示室に広がり、標本とともに生命進化の歴史を楽しみながらたどれます。 私たちの遠い祖先から続く生命のつながりと、私たちの体のなかに残る進化を感じてみてください。 もっとくわしく、もっと広く知りたくなったら、企画展示室から常設展に足をのばしてください。 なつかしい絵本と再会したり、新しいお気に入りの絵本との出会いがあるかもしれません。 日本語以外の言語の絵本もご用意しています。 中生代の生態系進化の時空的分析をテーマに、個々の恐竜だけでなく、同じ生態系にいた他の動植物との関係などを、少しでも理解したいと努力を続けています。 子どもの時に好きだった絵本は『せいめいのれきし』です。 絵本をきっかけに、博物館や自然、科学を好きだという気持ちが世代や国境を越えて共有できたりするかもしれませんね。 開催概要 ディプロカウルス 所蔵:国立科学博物館 【会 場】国立科学博物館 日本館1階 企画展示室(東京都台東区上野公園7-20) 【開催期間】2019年12月17日(火)~2020年3月1日(日) 【開館時間】午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで) 【入 館 料】常設展示入館料のみでご覧いただけます。

次の

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~

絵本 で めぐる 生命 の 旅

「地球に海ができました。 その海の中に、あるとき、目に見えないほどのちいさな生きものがあらわれました。 」(『ながいながい骨の旅』より) こんなやさしい文章や美しい絵の数々が並ぶ本展。 テーマは、地球を舞台に繰り広げられる生命の進化だ。 7冊の絵本から場面をつないだ展示室は、カラフルで楽しげな雰囲気。 化石やはく製などの標本とともに展示することで、生命の進化の過程を丁寧に紹介している。 「絵本には本質的なことが分かりやすく書かれていることが多い。 親しみやすいツールを通じ、世代を超えて自然科学への興味を持ってもらいたいと考えました」 本展の監修を務めた国立科学博物館の真鍋真さんはそう話す。 38億年前に生まれた単細胞から続く生命の歴史。 魚類から私たちヒトへとつながる約5億年間の進化の過程。 恐竜の一部が進化して鳥になり、現代に生きているという事実。 大きく引き伸ばされた絵本の場面を標本や解説とあわせて見ると「そうだったのか! 」と驚くことばかり。 「この展覧会を見た後、同じ館内の常設展を見たくなる人もいれば、ほかの博物館へ行きたくなる人、あるいは動物を観察したくなる人もいるかもしれません。 本展をきっかけに、それぞれの興味を深めてもらえたらうれしいですね」 38億年前から続く壮大な生命の物語。 自分が存在していることも、その物語の一部なのだと思うと、胸を打たれずにはいられない。 「誰もが自分自身に引き寄せて考えられるテーマだと思います。 私たちにつながる大きな進化の流れ。 その魅力やロマンを、きっと感じられるはずです」 自然科学に関する絵本100冊以上を集めた読書コーナーも。 絵も文も素晴らしい本のページをめくれば、さらなる「そうだったのか! 」の連続で、思わず読みふけってしまう。 親子はもちろん、大人だけでも充分に楽しめる内容。

次の

【国立科学博物館】企画展「絵本でめぐる生命の旅」~≪2019年12月17日(火)から開催!≫~

絵本 で めぐる 生命 の 旅

「地球に海ができました。 その海の中に、あるとき、目に見えないほどのちいさな生きものがあらわれました。 」(『ながいながい骨の旅』より) こんなやさしい文章や美しい絵の数々が並ぶ本展。 テーマは、地球を舞台に繰り広げられる生命の進化だ。 7冊の絵本から場面をつないだ展示室は、カラフルで楽しげな雰囲気。 化石やはく製などの標本とともに展示することで、生命の進化の過程を丁寧に紹介している。 「絵本には本質的なことが分かりやすく書かれていることが多い。 親しみやすいツールを通じ、世代を超えて自然科学への興味を持ってもらいたいと考えました」 本展の監修を務めた国立科学博物館の真鍋真さんはそう話す。 38億年前に生まれた単細胞から続く生命の歴史。 魚類から私たちヒトへとつながる約5億年間の進化の過程。 恐竜の一部が進化して鳥になり、現代に生きているという事実。 大きく引き伸ばされた絵本の場面を標本や解説とあわせて見ると「そうだったのか! 」と驚くことばかり。 「この展覧会を見た後、同じ館内の常設展を見たくなる人もいれば、ほかの博物館へ行きたくなる人、あるいは動物を観察したくなる人もいるかもしれません。 本展をきっかけに、それぞれの興味を深めてもらえたらうれしいですね」 38億年前から続く壮大な生命の物語。 自分が存在していることも、その物語の一部なのだと思うと、胸を打たれずにはいられない。 「誰もが自分自身に引き寄せて考えられるテーマだと思います。 私たちにつながる大きな進化の流れ。 その魅力やロマンを、きっと感じられるはずです」 自然科学に関する絵本100冊以上を集めた読書コーナーも。 絵も文も素晴らしい本のページをめくれば、さらなる「そうだったのか! 」の連続で、思わず読みふけってしまう。 親子はもちろん、大人だけでも充分に楽しめる内容。

次の