室内 灯 車。 鉄道模型車両の基本工作5.室内灯を取り付ける

車の室内灯を9時間つけっぱなしにしていたようです。エンジンも普通に

室内 灯 車

室内灯を点けた車の危険性 動物の目は、暗いところにいると多くの光を取り入れるために瞳孔が開いて、暗いところで見えやすくなるようにできています。 反対に明るいところでは、瞳孔を小さくして光を調節しています。 夜間の走行中、室内灯を点けると、室内の明るさによってドライバーの瞳孔が縮んでしまい、暗い車外が見えにくくなってしまうのです。 また、室内灯を点けると車内がガラスに映り込みやすくなり、外が見えづらくなります。 室内と周囲との明暗の差が大きくなるとこの傾向は強くなります。 実感がわかない方は、周囲が暗い場所で室内灯を点けてみてください。 またバックミラーは室内灯の反射が顕著で、後方を確認することが困難になります。 このように走行中に室内灯を点ける行為は、運転にとって危険をおよぼしてしまうのです。 夜間の走行中、点灯させるとドライバーの視界を低下させる恐れがある室内灯ですが、道交法では走行中の室内灯を取り締まる記載はありません。 となると、走行中に室内灯を点けていても違反にはならないのでしょうか? 道路交通法には、「 安全運転の義務 第70条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」と記載があります。 これに違反すると「安全運転義務違反」となります。 運転に支障のある行為が違反とされていますが、なにが違反行為とは記載されていません。 つまり「安全運転義務違反」に該当すれば室内灯を点けての走行が、取り締まりの対象になる可能性もゼロではないということになります。 たとえば室内灯を点けたまま走行していて事故を起こしたとすれば、過失割合が大きくなることがあるかもしれません。 それ以前に、夜間の運転に支障をきたす恐れのあるものですから、走行中の室内灯の使用は、なるべく避けるようにしたいですね。

次の

室内灯のつけっぱなしをしてしまいました

室内 灯 車

2018-10-22 2020-05-05 室内灯は、列車の内部に明かりを灯す、鉄道模型専用の車内灯です。 夜景を楽しみたい場合はもちろん、そうでなくても、窓から漏れる明かりは、鉄道模型の魅力を更にUPしてくれます。 本物の電車は、昼間でも明かりが付いていますし、室内灯は、周囲が明るくてもきちんと発光してくれますので、いつもと違った味わいが楽しめます。 室内灯は、Tomix、KATO、マイクロエースの3社から発売されていますので、取り付けたい列車のメーカーと同じ室内灯を選ぶと良いでしょう。 一応、Tomixとマイクロエースの室内灯は互換性があります。 室内灯には、電球色タイプと白色タイプがあります。 電球色タイプというのは、従来からある電球を使った室内灯です。 白色タイプというのは、電球ではなく、LEDという発光体を使用した室内灯で、名前の通り白く光り、消費電力が大幅に少ないので、とてもオススメです。 基本的に、室内灯はLEDタイプを使用し、旧式の車両や食堂車等、電球色の明かりが似合う車両のみ、電球色の室内灯を使用する方が良いでしょう。 ちなみに、KATOの白色室内灯は、LEDでありながら、電球色でも使用できる優れものです。 しかしながら、KATO製の車両は、LEDではない室内灯組み込み済みの車両があったり、専用の室内灯しか対応していない車両があるので、注意が必要です。 各メーカーから発売されている室内灯には種類がありますので、対応する室内灯を、取り付けたい車両の取扱説明書で、きちんと確認しましょう。 それでは、室内灯を取り付けてみます。 鉄道模型に室内灯を取り付ける 室内灯を取り付ける車両は、Tomixの寝台特急カシオペアです。 E26系寝台特急カシオペアは、KATO製もあり、どちらにするか悩みましたが、KATOのカシオペアは 専用の室内灯が販売されているのですが、まだ白色室内灯が出ていなかった(加工時点)ので、Tomixにしました。 やはり白色LEDを使いたいですからね。 用意した室内灯は、以下の通りです。 食堂車とロビー車は電球色にして、メリハリを付けたいと思います。 室内灯は、電球若しくはLEDの光を透明樹脂に通して室内全域を均等に照らせる構造になっています。 室内灯本体の他に、集電用のスプリングと金具が付いています。 集電用スプリングと金具は、電気の流れているレールから、室内灯に電気を送る為のものですが、 最近の車両では既に装着されていて、わざわざ取り付ける必要はありません。 Tomixの新集電機構の車両は、全車両に集電スプリングと金具が装着されていますが、 これらの金具と、室内灯に付属している金具は互換性がなく、代替使用できません。 それでは早速、室内灯を取り付けます。 まずは、車体カバーを外して、上下に分解します。 車体カバーは、軽く外側に広げて持ち上げれば外れます。 詳しくは、取扱説明書をご覧ください。 こちらが、分解した写真です。 カットする部分は、取扱説明書に記載されていますので、よくご覧ください。 但し、取扱説明書の室内灯の絵は、電球色タイプの絵なので、白色の場合は少し戸惑うかもしれませんが、 多少短く切ってしまっても、ほとんど問題ありませんので、気軽に挑戦してください。 カットしたら、スプリングを写真の様に、丸い穴にはめ込みます。 Tomix及びマイクロエースの室内灯対応車両には、この様な穴が付いています。 車体カバーを元通りにすれば取り付け完了です。 ただ、天井部分にある室内灯の収まる部分に、きちんと室内灯がはまっていないと、 上手く車体カバーがはまりません。 スプリングのせいで、なかなか位置決めが難しいですが、何度かやれば上手くいくと思いますので、ちからずくではめ込まない様に気をつけてください。 上手く車体カバーがはまれば、無事、取り付け完了です。 きちんと点灯するか、テスト走行してみましょう。 旧式の鉄道模型車両にはこちらの方が似合います。 但し、長編成で全て電球色にする場合は、消費電力に注意が必要です。 最近は、消費電力の低い電球色のLEDも発売されていますが、全ての車両に対応していませんので、取扱説明書をよく確認してください。 以上で、 鉄道模型車両への 室内灯(車内灯)の取り付けは完了です!! でも、予算の関係で、当所属車両では、今のところ寝台列車限定です(笑).

次の

日星工業株式会社

室内 灯 車

もくじ(クリック・タップで移動できます)• ルームランプをLEDに交換するメリットは? ルームランプをLEDに交換する一番のメリットは、少ない電力でハロゲン球よりも車内が明るくなるという点です。 光量の大きいLEDランプに交換すれば、それこそ室内にいるのと変わらない位の明るさになります。 とは言え、昔のカーナビが無かった時代のように、夜に道に迷って暗闇の中でルームランプだけを頼りに地図とにらめっこするようなシチュエーションは皆無だと思いますし、電力使用量が若干下がったとしてもそれが燃費に及ぼす影響は微々たるもので、到底体感できるようなものではありません。 ならそんなものを勧めるな!と突っ込まれそうですが、実はルームランプのLED化は、実用性よりも車内インテリアの一環として、少ない投資で大きな体感効果を得られる点がおすすめのポイントなのであります。 その上、誰にでも超簡単に交換作業が可能ですし、工賃も掛かりませんので、コストとお手軽度を考えれば、「少しでも気になるならとりあえずやってみては?」とおすすめしても良いようなドレスアップです。 LEDルームランプの交換方法 車のルームランプ自体がそんなに頻繁に切れるものではないので、新車から数年で別の車に乗り換えるようなスタイルの方は電球切れを経験したことが無いと思います。 交換方法自体は車種によって若干異なる部分がありますが、異なる点は以下の2つ程度だと思います。 室内灯カバーの外し方 室内灯カバーに高さがあるのものは、カバーをつかんで引っ張っただけで外れてしまう事が多いですが、以下のように出っ張りがタイプの場合は、隙間のある部分にマイナスドライバーや内貼り剥がしなどを噛ませて手前に押し出してやる必要があります。 また、カバーそのものには隙間がなく、周辺のパネル側から外すものもありますが、良く見ればどこかしらに若干の隙間があると思いますので、傷をつけないように注意しながら手前に押し出します。 傷が付きそうであれば、ハンカチや布などを当てると良いでしょう。 下の写真の場合は真ん中のパネルを外してから、室内灯カバーを外します。 ランプの外し方 ルームランプは主に2種類あります。 ひとつ目は電極側がウェッジ状(くさび形)になっているタイプです。 このタイプの場合、ウェッジの部分が座金にかっちりハマっている場合があるので、普通に引っ張っただけでは外れません。 ランプの大きさは大人の小指の先よりも小さいですし、表面が丸まっている上にツルツルしているので指で摘まんでもなかなか外れない事があります。 外すコツは、ランプのウェッジと平行に左右に揺らしながら手前に引く方法ですが、それでも外れない場合はもあります。 無理に力を掛けて割れてしまうと大変ですので、このような場合は両面テープなどでランプを包んでしまうと滑らなくなって楽に外せるようになります。 座金はこのような形をしています。 もうひとつ目は何型と呼べば良いのか分かりませんが、このような形をしています。 核弾頭のような形をしているので核弾頭型と呼びたいところですが、あまりにも不穏当なので弾頭型としましょう。 このタイプは金具全体が電極になっており、左右から金具で電極を挟み込む構造になっていますので、切り欠きのある方から電極の片側を手前に押し出せば簡単に外れます。 取付作業は取り外しの逆の手順でやれば問題有りませんが、LEDランプの場合は極性がありますので、プラスとマイナスを決まった方向に挿さなければなりません。 とりあえず任意の向きに挿してみて点灯状況を確認し、点かないようであれば逆向きに挿してみて下さい。 取付に関しては種類別に最後に説明しますので、次は先にLEDルームランプの種類と選び方について説明します。 LEDルームランプは大きく分けて3種類 LEDルームランプには、上で紹介したウェッジタイプ、弾頭タイプの他に基盤タイプというものもあります。 ウェッジタイプLEDルームランプ ウェッジタイプの場合は、発光面がランプの周囲に満遍なく付いている為、光が拡散してしまい易く、下方向の明るさという点では他のタイプに比べて不利になります。 ウェエッジタイプと弾頭タイプに互換性はありませんが、この基盤タイプはどちらの電極の形状にも対応出来るようにコネクタが付属しているものがあります。 この基盤タイプは発光面が広く、しかも下に向くように取り付けが可能ですので、明るさの面では有利になりますが、取付けに関しては他のタイプに比べてほんの少しだけ面倒というデメリットもあります。 また、自分の車のルームランプケースの中の形状により取り付けられるサイズが変わりますので、選ぶ際には車のルームランプボックスの内寸を測ったり、段ボールなどで仮留めしてサイズを確認する必要があります。 車種専用の基盤タイプLEDルームランプ この車種別専用タイプは、それぞれのループランプケースの内寸に合わせて基盤の大きさが設定されていますので、最も効率良く光を発する事が出来るのが特徴です。 該当する車種のものが見つかれば、このタイプを選びたいところですが、種類によっては眩しくなり過ぎる事があります。 因みに車種専用のLEDキットについては、以下のfcl. の物が価格帯的にも、取りつけの利便性や明るさの調整機能などの面でもおすすめです。 価格がピンキリのLEDルームランプの明るさ測定 LEDルームランプの明るさの傾向に関しては上で述べた通りですが、同じ形状のものでも価格はピンキリですし、発光板の面積や大きさもまちまちです。 発光板の面積や数が同じでも、一つの発光板に発光チップが3つ存在するものもあります。 (3チップ) 安いの物だと1個100円程度、高い物は1,600円程度と価格に16倍もの開きがあります。 そこで今回は形状別に価格の安い物から高い物まで、全10種類の明るさ(ルクスで表現される照度)を比較してみました。 一番高いフィリップスの「12796 8000KX2」ですが、座席上での計測では他のものよりもやや暗いという数値が出ています。 ただし、このLEDランプは周囲に満遍なく光が広がるタイプなので、後で行う画像の比較を見て頂くと分かるのですが、全体的にはやや他のものよりも明るく見えます。 因みに家の中でLED電球から1mの距離で明るさを計測してみると145ルクスという結果でしたので、数値的にはそれと比べると大分暗い印象を受けますが、体感的にはもっと明るく感じます。 色付きのLEDランプも一つだけ試してみたのですが、やや光量が落ちるという結果となりました。 次に見た目の色ですが、光には明るさを表すルクスという単位以外に、色温度を表すケルビムという単位があります。 数値が小さいほど黄色く、高いほど青くなり、中間は白となります。 色温度に関しては記載がない商品の方が多いのですが、ポジションランプやナンバー灯と併用になるケースがありますので、概ね白と感じられる限界の6000~6500K辺りのものが多いようです。 (6500Kを超えて来ると、車検に通らなくなる確率が上がって来る) 次に画像で見え方を比較してみましょう。 唯一違った感じなのは、やはりそれなりの価格であるPHILIPSの「12796 8000KX2」なのですが、何が違いかというと眩しく感じ無い点と、熱をあまり持たない点です。 マイルドに全体を明るくする感じですね。 基盤タイプの2つは、価格差が15倍も開いている割に明るさは変わりませんし、e-auto funの「SMD5050」は3チップタイプで価格の割にかなり明るくなるのは良いのですが、熱の持ち方が尋常ではありませんし、眩しさもかなりのものです。 1分くらい点灯さえておくと素手で触れないほど暑くなるので、これはちょっとヤバい気がします。 やはりLEDもかなり良し悪しがあって、高いものはそれなりに高性能であると言えますね。 PHILIPSの公式サイトにもそんなようなウンチクが書いてありました。 このようにレンズに載せてみて、実際に車内にはめ込んでみましょう。 弾頭~基盤タイプ こちらは、1~30連の5種類の弾頭タイプと、3種類の基盤タイプを比較しています。 照度の測定方法は同様ですが。 測定した車が違うので、先程と同じ基盤でも照度が異なる場合があります。 ノーマル状態のハロゲンランプの照度は3ルクスでした。 PHILIPS「12941 6700KX1」がマイルドで目に優しい光なのは良いのですが、これは流石に明るさ不足で、LEDに変えたという雰囲気が味わえないレベルかと思います。 純正のハロゲンよりも若干明るいようですが、体感的には同じくらいです。 それ以外では、やはり激安のものは明るさが微妙な感じです。 ライミーの「L-T1030R31」が弾頭タイプでは飛びぬけて明るいのですが、滅茶苦茶眩しくてLED自体もかなり熱を持つので、ミニバンなどの天井の高い車なら良いと思いますが、それ以外だと視界に入るだけで眩しく感じるので微妙かと思います。 バランス的にはエルカの「TS-056-2S」の方が良いかも知れません。 因みに大きさについてですが、PHILIPS「12941 6700KX1」以外では、本来31mmであるところ微妙にサイズが大きい物ばかりですので、この価格帯だとこのようなものだと思った方が良さそうですね。 HJOの車種別の3chipタイプは、熱はそれほどでもありませんが明る過ぎて目がチカチカします。 ミニバンなどで明るさを第一に考えるのであればHJOのものはそれなりに使えるかと思います。 最後に、やはりPHILIPSのLEDルームランプはそこそこ明るくて眩しくないと感じました。 これ以上明るくするとヤバいラインで上手く調整がされていると思います。 また、基盤があまり熱くならないのも良いですね。 各ランプを点灯させた時の見た目は以下のようになります。 今回20種類以上のLEDルームランプを使用してみましたが、やはり明るさと目に対する優しさ、熱の発生具合などを考えると、PHILIPSのものがダントツで良いと感じました。 (価格が1桁違うので当たり前ですが) この記事の趣旨はお金を掛けずにという提案ですので、純正が弾頭タイプのランプであるなら、エルカの「TS-056-2S」辺りが良いのではないかと思います。 安物の基盤タイプはちょっと熱の問題が心配ですので…。 因みに3灯あるルームランプの全が純正の場合と、 PHILIPSの基盤タイプに変えた場合の見え方の差はこんな感じです。 【全て純正】 【全てPHILIPS】 やはり写真だと伝わりにくいですね。 LEDルームランプの取り付け方法 さて、いよいよLEDルームランプの取り付けです。 ウェッジタイプ、弾頭タイプ、基盤タイプで全く難易度(とは言え、やや手間が掛かるだけで難しくはない)が異なります。 ウェッジタイプのLEDルームランプ このタイプは敢えて説明が要らないほど簡単です。 純正のハロゲンルームランプが挿さっていたところにLEDルームランプを挿し込むだけなのですが、1点だけ注意点があります。 とりあえず適当な向きに挿してみて、点灯しなければ逆向きに挿し込むようにしてみましょう。 弾頭タイプのLEDルームランプ 弾頭タイプの場合も同様に純正のハロゲンルームランプが挿さってところに挿し込むだけです。 こちらも極性がありますので、点灯しない場合は逆向きに挿し込んでみましょう。 また、弾頭タイプは大きさに多少のバラツキがあり、純正タイプの31mmよりもやや大きいものが多いので車の電極部分を力ずくで広げる必要があります。 左右の電極が金属部分に接していれば点灯しますし、電極自体は精密機器ではありませんので、多少無理に押し込んでも問題ないでしょう。 基盤タイプのLEDルームランプ 3種類のルームランプの中で、取付に最も手間が掛かるのが基盤タイプです。 電極への接続に関しては、コネクタが3種類程度同梱されている場合が多いので、ウェッジタイプ、弾頭タイプと同様です。 ただし、固定方法に関してはやや手間が掛かります。 基本的にはどのメーカーの製品も両面テープで接着して固定する仕様になっているのですが、もともとが電球が入っていた部分をプレートに置き換える訳ですから、単純に両面テープで貼って終わりという訳には行きません。 こんなケースに両面テープで接着出来ないですよね? こう言った場合には隙間テープなどを上手く使います。 今回使用したのはこちらです。 隙間テープを使用して基盤タイプのLEDルームランプを固定するには、次の2つの方法があります。 圧力で基盤を固定する この方法は土台を作るスペースがない時に用います。 この様な形でスポンジ部分で基盤を挟み込めるように隙間テープを貼ります。 圧力が足りなければ隙間テープを貼り足して下さい。 レンズや電極などにスポンジが接触する場合は、ハサミなどでスポンジの長さを調整します。 レンズをはめてみて問題が無いようであれば完成です。 土台を作って両面テープで固定する この方法がルームランプケースの中が次のように単純な構造になっている場合におすすめです。 このままでもどうにか両面テープで貼れない事もないような気がしますが、剥がれ落ちて来たら後で面倒なので、左右のネジ山の上あたりに隙間テープを貼り、両面テープで固定します。 基盤側に付いている両面テープは、隙間テープと接触する部分だけをハサミで切り取ります。 この状態で基盤をスポンジ部分に押し付ければ完成です。 ルームランプのLED化のまとめ 以上のようにルームランプをLED化を行う上で、1,000円程度のノンブランドのそこそこ安定した製品を使用すれば、少ない投資と手間で車内の雰囲気をガラリを変える事が出来ます。 黄色っぽい室内灯に飽きてしまった、もう少し社内の明るさを確保したいと感じた事がある人には、是非とも試して欲しいおすすめの車内ドレスアップです。 (ドライブレコーダー専門家 ).

次の