艦 これ ss 後悔。 胸糞・鬱 : なのです速報~艦これSSまとめ~(1)

【艦隊これくしょんSS】提督「ああ?やっぱり嫌だった?」

艦 これ ss 後悔

vip2ch. 49 ID:Kn6fyIOy0 提督「……」カリカリ 加賀「提督。 80 ID:Kn6fyIOy0 提督「ごめん…」 加賀「…今日の提督は、どこかおかしいです」 提督「そんなこと」 加賀「あります」キッパリ 提督「う」 加賀「どこか上の空ね。 95 ID:Kn6fyIOy0 加賀「提督。 作業中の書類を見せてください」 提督「これか? ほら」スッ 加賀「……」ペラペラ 提督「……」 加賀「軽く見ただけで、5か所ミスがあります」 提督「え」 加賀「注意力に欠けるわね。 35 ID:Kn6fyIOy0 加賀「今日はもうお休みになってください」 提督「で、でも仕事は」 加賀「書類の方は艦娘達に任せても問題ありません。 急ぎの書類はないでしょう?」 提督「急ぎでは、ないけど…」 加賀「なら今日はもう休みましょう。 84 ID:Kn6fyIOy0 加賀「そんな疲れた顔を見せれば、艦娘達も心配します」 提督「……」 加賀「勿論、私だって心配です」 提督「加賀…」 加賀「だから、休んでください」 提督「…わかったよ。 30 ID:Kn6fyIOy0 加賀「何か、私に落ち度でも?」 提督「それは不知火のセリフ! なんで一緒の布団に入ってくるんだよ!」 加賀「人肌であっためると、疲労がとれやすくなるそうです」 提督「…ホントか?」 加賀「はい。 青葉が言ってました」 提督「ウソくせぇ…」 加賀「女は度胸。 34 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…えい」ツン 提督「……」プニッ 加賀「……」ツンツン 提督「……んむっ」プニップニッ 加賀「ふふっ…」 提督「……z」 加賀「さて、私も寝るわ。 81 ID:Kn6fyIOy0 ・ ・ ・ 提督「……ん」ムクリ 加賀「お目覚めね、提督」 提督「……加賀。 今、何時だ?」 加賀「夜の6時です」 提督「…えらいぐっすり寝てたな」 加賀「ええ。 54 ID:Kn6fyIOy0 加賀「ところで提督。 お腹すきませんか」 提督「言われてみれば…お腹すいたな」キュウウ 加賀「早く食堂へ行きましょう。 11 ID:Kn6fyIOy0 加賀「…もう大丈夫そうですね」 提督「お陰様でな」 加賀「では行きましょう。 51 ID:Kn6fyIOy0 以上で終わりです 春イベは、ローマは出ましたが高波がまだです。 はよ 読んでくれた人はありがとう。 17 ID:a3UrIp7no 加賀さん可愛い.

次の

胸糞・鬱 : なのです速報~艦これSSまとめ~(1)

艦 これ ss 後悔

vip2ch. 31 ID:2Z7RriEM0 妖精「今から俺の維持に従えば助かる、といったらどうかね?」 提督「それは……本当なのか?」 妖精「ああ、どうする?時間がないぞ」 提督「わ、わかった。 35 ID:2Z7RriEM0 妖精「あ、やっぱ無理。 36 ID:2Z7RriEM0 妖精『まぁそこは中間地点みたいなもんだ』 提督「それで、まさか俺に過去をさかのぼって死の原因から潰せってことか?」 妖精『そういうことになるな』 提督「だがガンなんてどう阻止すればいいんだ?俺の生活習慣とかが関わった自然発生的なものなんて……」 妖精『お前のガンは自然的なものじゃない。 86 ID:2Z7RriEM0 妖精「大本営の仕業だ」 提督「大本営が俺を……!?俺はやましいことなんて何も……」 妖精「胸に手を当ててよく思い出せ。 56 ID:2Z7RriEM0 提督「ホモセックスをさせようとしたんだ」 妖精「あのさぁ……」 提督「俺はノンケだ。 掘られるなんて冗談じゃない」 妖精「それじゃあ原因は分かったし止めに行くか」 提督「俺が反逆を企てたのはだいぶ昔だぞ?一体どこまで過去をさかのぼるんだ?」 妖精「何も企てた瞬間にさかのぼるわけじゃない。 15 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵とのホモセックスを断ったことがあったんだ。 もしかしたらその時に……」 妖精「確信犯じゃねーか。 24 ID:2Z7RriEM0 提督「憲兵から愛の告白を受けたんだ」 妖精「もう結ばれちまえよ」 提督「ノンケだって言ってんだろ!」 妖精「てかさ、その憲兵のホモセックス断ってばれたんなら憲兵かなり上の人物なんじゃないの?」 提督「そういえばそうだな……だがあの憲兵、断った時に悲しい顔するだけでとても通報するような奴ではないと思ったが……」 妖精「上位の憲兵には護衛に艦娘がつくことがある。 77 ID:2Z7RriEM0 提督「白露型1番艦の白露だったか」 妖精「あのいっちばーんとやかましい女か」 提督「ん?待てよ……白露は確か俺に常々敵意の視線を向けていた。 63 ID:2Z7RriEM0 提督「まず俺は大本営からホモセックスをせよという命令を受けた」 提督「当然俺はこれを曖昧にしたまま断り続けていた」 提督「だがある日あの憲兵が俺のことを訪ねてきたんだ」 提督「どこかで俺の不信感に気が付いていたんだろうな……あいつとは長い付き合いだったから」 提督「そしてあいつは言った『俺とホモセックスしてくれ!』と」 提督「あの時は意味が分からなかった。 だがあいつは俺のことを助けようとしていたのかもしれない」 提督「大本営のホモセックス命令は一回きりだ。 97 ID:2Z7RriEM0 提督「アイツは俺の強い拒絶に首を横に振った」 憲兵『分かった。 他の方法もあるかもしれない。 諦めずに探そう』 提督「そこでこの件は終わりに見えた……しかし不確定要素があったんだ」 妖精「まさか……」 提督「そう、白露だ。 あの日憲兵は護衛を連れてきていないと言った」 妖精「騙されたってのか?」 提督「いや、あの眼はうそをついてるようには見えなかった」 妖精「なら白露の単独行動だったってことか」 提督「憲兵に恋慕していた白露からしたら俺は邪魔な存在だ。 嬉々としてこの事態を報告しただろう」 妖精「愛の告白は?」 提督「それも憲兵なりのごまかしだったんだろう。 03 ID:2Z7RriEM0 妖精「それでホモセックスを断ったことがバレ、反逆の意思を見せたお前はしょっぴかれるという結末か……」 提督「なんてこった……」 妖精「だがこれでハッキリしたな。 その白露を潰せば解決だ」 提督「……それは出来ない」 妖精「なんで」 提督「憲兵は確かに俺にホモセックスを申し出た。 だがそれは嘘。 アイツだってノンケだ」 妖精「…………」 提督「それにな、憲兵は白露といつか結ばれたいと言っていたんだ。 49 ID:2Z7RriEM0 妖精「……どうするんだ?」 提督「……俺があの時ホモセックスを断らなかったらこんなことにはならなかった」 妖精「なら申し出を受ければいいじゃないか。 少なくとも命は助かる」 提督「駄目だ。 憲兵を、俺が汚す訳にはいかない」 妖精「じゃあ……!」 提督「もういい、もういいんだ。 23 ID:2Z7RriEM0 提督「俺がこのまま死ねば何も問題は起きずに終わる」 提督「憲兵だって仕事で俺に申し出たんだ。 白露が暴露したのも含めてアイツに危害が及ぶこともない」 妖精「……そうか」 提督「悪いな。 こんな大それたことまでやらしちまって」 妖精「……本当だよ。 俺が、馬鹿みたいじゃないか……」 提督「そう悲しむなって。 胃腸ガンならあと少しだけ生きれる」 提督「放っておいても大本営に殺される未来だ。 死ぬまでにやりたいことやろうや」 提督「な?顔、上げてくれよ。 お前が、そんな顔してたら、俺まで泣きそうになるじゃないか」 妖精「ああ……ああ……」 提督「……強く生きろよ、憲兵。 ありがとうな」 提督「そして妖精。 70 ID:2Z7RriEM0 ………… …… 妖精「数か月後、提督は死んだ」 妖精「アイツは死ぬまでの間、一番輝いていた」 妖精「本当に楽しそうに、影の無い顔でな」 妖精「憲兵は白露とケッコンしたそうだ。 提督の死には誰よりも悲しんでいた」 妖精「本音を言うと白露の奴は俺がぶち殺してやりたい。 だが提督との約束だ、それは出来ない」 妖精「白露のしたことは誰にも言わなければ憲兵と幸せに暮らすだけの未来になる。 63 ID:2Z7RriEM0 金剛「ヘーイ妖精!準備できたネ!」 加賀「今こそ提督の仇を討つ時」 島風「私が攪乱するね!」 大和「この主砲、全ての怒りをぶつけます」 北上「許せないよね~。 さすがの私もぷっつんだわ。 40 ID:2Z7RriEM0 妖精「行くぞ。 これは弔い合戦だ」 妖精「だが決して憲兵と白露のことだけは漏らすな。 35 ID:yORrkEo1o 乙 いい話ネー 知ってました?DMM GAMESに無料登録するだけで500円分のポイントがもらえます やり方 1. DMM GAMESのを行う 2. DMMにクレジットカードの情報を登録する 3. にアクセスして「初回無料500pt取得はこちら」のボタンをクリックする まだ艦これ、やってないの? 艦これはDMM GAMESから配信されているゲームで、アニメ化もされた有名タイトルです。 アニメで初めて知った人も多く、まだゲームをやったことがない人も多いと思います。 DMM GAMESのにアクセスします。 アクセスしたら、「 今すぐ出撃」をクリック。 DMMアカウントをまだ持っていない人は、を行います。 既にDMMアカウントを持っている人はログインして、DMM GAMESのを行います。 DMM GAMESアカウント登録画面 ニックネーム、性別、生年月日を入力したら、「 登録してゲームを開始する」をクリックして登録完了です! スマホ版 艦これの始め方 艦これは実は、スマホ(Android)でもプレイすることができるんです。 PC版とデータ連動しているので、PCとスマホ、両方で楽しむことができます。 DMMゲームズのアカウントが未登録の場合、を行う。 DMMゲームズストアのアプリをダウンロードします。 DMMGAMESストアのアプリを起動、艦これのアプリを検索、ここからダウンロードします。 カテゴリー• 783• 304• 125• 223• 139• 121• 187• 258• 483• 3 アーカイブ• メタ情報•

次の

#1 彼女達の後悔と提督の心

艦 これ ss 後悔

vip2ch. 42 ID:NWE0M01G0 2月15日 PM20:00 提督「と、いうわけで、だ。 少々体調がすぐれないので、一時間ほど有給を使わせてもらいたいんだが……」 大淀「了解しました……提督……なるべく早くお帰りを」 提督「な、なんの事かなぁ……」アハハ…… 大淀「……ええ、体調が悪いんですよね、ええ、理解しておりますとも」 提督「……デザートでここはひとつ……」 大淀「……ゼリーは嫌です。 ケーキなら」 提督「ぐっ……ならそれで……」 大淀「それでは、受理いたしますね」ニコッ 提督「うっし!」 鹿島「こんばんわ、提督さん、大淀さん」 提督「うひぃ!」 大淀「あら、鹿島さん、こんばんわ。 本日の当直は貴女でしたね、そういえば」 提督「……が、頑張ってくれたまへ……じゃっ」ソソクサ 鹿島「提督さん、どうかされたんでしょうか……」 大淀「ん~……。 10 ID:NWE0M01G0 同日 AM06:30 提督「ふい~……さぶさぶ……。 いやぁ、近くに杉屋があって良かった~。 ここで朝食でも食べながら時間潰す……」 鹿島「居ました!提督さん!」 提督「ふぁぁっ!?」 鹿島「提督さん?」 提督「……え?提督さん?誰ですかねぇ……ワタシ、堤(つつみ)督(おさむ)と申しまして……」 鹿島「むー、何をおっしゃってるんですか?鹿島が提督さんのこと、見間違えるわけないじゃないですか!」 提督「あ、ああ、鹿島……奇遇だな……こんな所で」 鹿島「なに言ってるんですか。 鹿島は提督さんのこと、探していたんですよ?」 提督「え~っと……なぜでしょう……」 鹿島「大淀さんに聞いて知っているんですよ。 体調が優れないって」 提督「チッ……大淀め……余計な事を……」 鹿島「ダメじゃないですか~、安静にしてなきゃ……。 お薬なら、言ってくだされば鹿島が買いに行きますのに」 提督「いや~……あ~……実は……ちょっと買い物がありまして……」 鹿島「だったらなおの事です!提督さんがこんな寒い時間に外に出て、風邪でも引いたらどうするんですか? 」 提督「うん、すまない……」 鹿島「分かればいいんです。 それじゃあ、もう出てきてしまったものは仕方がないので……鹿島が買い物にお付き合いいたしますね」 提督(アカン) 提督「あ~……鹿島?その~……気持ちは嬉しいんだが……」 鹿島「はい?」 提督(クッ……かくなる上は……) 提督「あっ!鹿島!寝癖がついてるぞ!」 鹿島「え?そんな……寝癖だなんて……やだ!」 鹿島「鏡鏡……ってそういえば鹿島は当直だったので寝癖なんて……提督さん?」 提督「うおぉぉぉぉっ!」全力ダッシュ? 42 ID:NWE0M01G0 同日 AM06:45 提督「ふいぃー、なんとか撒けたか?」 提督「全力疾走してもう汗ダクだよ……」 提督「お、こんなところにワッグとかあったのか……ちょうど腹も空いたし……あ~、でも時間ギリ……いいや、入っちゃえ」 店員「いらっしゃいませー!」 提督「さ~て……あ、今もう朝ワッグ?」 店員「そうであります。 メニューで言えば、このあたりの商品が提供可能であります」 提督「ん~……目玉焼き入ってるのがなぁ……マフィンってどうにも見た目がハンバーガーって感じじゃないからなぁ……」 提督「えっと……フィレオフィッシュとハッシュポテト……」 店員「お飲み物はいかがでありますか?」 提督「いいや。 あ、テイクアウトで」 店員「ご注文、繰り返すであります!」 店長「あ~、バンズがもうないからフィレオフィッシュはできないにゃ」 店員「え?……またですか?」 店長「またにゃ。 68 ID:NWE0M01G0 同日 AM06:55 提督「ひぃ…ひぃ…」 提督「よし、間に合った……これで……。 82 ID:NWE0M01G0 同日 AM7:00 提督「ほら、鹿島、泣き止んで……」 鹿島「ヒック……ヒック……提督さん……」 提督「あ~、その、な。 悪かったよ……。 その……ちょっと買う物のことを、鹿島には知られたくなかったんだよ……」 鹿島「……え、えっちなのはいけないと思います」 提督「ちげーよ!男として確かにそういうものは否定しないけど、こんな時間にわざわざ前休使って買いに来たりしねーよ!」 鹿島「じゃ、じゃあ、なんで……」 提督「……あ~……前、さ。 お前、撮影したろ?」 鹿島「はい……でもそれと何の関係が……」 提督「関係大ありなんだよ……。 29 ID:NWE0M01G0 同日 AM07:15 提督「くっそー!もう完売って嘘だろ!」 鹿島「…………」 提督「開始10分で完売とか、さすが有明の女王……」 提督「くっそー……」 鹿島「提督さん!」 提督「なんだ?」 鹿島「怒らなくても、鹿島はお側に居ますよ」 鹿島「うん、ずっとお側に……」 提督「鹿島……」 このあとめちゃくちゃ買い物した.

次の