いき ため き し こ。 高齢者のための指体操 全11種|椅子に座って脳の活性化をしよう!

いき

いき ため き し こ

指体操をすると「認知症の予防になる」「脳が活性化する」などと一度は聞いたことがあるのではないでしょうか? ではなぜ、ご高齢者の脳の活性化に指体操が良いのでしょうか? その所以(ゆえん)について解説します。 こちらの図は、カナダの脳外科医ペンフィールドが、人間の脳にある運動野と感覚野が体の部位のどれくらいの割合を締めるのかを大きさで表したものです。 この図を見ると、私たちの体は「首から顔面」「手首から指先」感覚や運動の脳の中枢領域が特に広く描かれていることがわかります。 つまりは、体の中でも「指さき」は触覚が敏感であるといえますし、運動もより細かい精緻な運動ができるように神経が密に分布しているという事がわかります。 これらのことから指さきを動かす体操は、ご高齢者の脳の活性化や認知症の予防だけでなく、運動機能を高める効果が期待できると考えられます。 デイサービスや高齢者施設でレクリエーションや集団体操を行う場合、様々な病気や身体能力が異なるご利用者様が安全に、しかもわかり易く取り組めるものを提案するのは一苦労です。 そこでオススメなのが「指体操」です! 指の体操は、指先が動かせる方であればいつでもどこでも気軽に楽しめ、椅子に座って安全に体操ができるのがその魅力の1つです。 今回は、指体操の中でも認知症などがある方でも比較的簡単に取り組める複雑なルールを除いた体操からご紹介していきます。 指を曲げる・回すなど簡単な指体操からペアでの指体操までご紹介するので少しずつレベルを上げて楽しみながら取り組んでいきましょう! 【関連記事】 高齢者が安全に取り組める体操はもっと知りたい方はこちらをご覧ください。 これまでご紹介した指体操に比べて難易度を高くした体操をご紹介します。 ご高齢者が指を動かすことに慣れてきたら少し難易度を高めた指の運動も取り入れてみましょう。 脳の活性化を促すためには慣れは禁物です。 脳の活性化を促すためには、最初はできない少し難しい程度の難易度が最適です。 ギターの弦を押さえるように指を動かしていきましょう。 脳の活性化だけでなく、指をスムーズに動かすことを目的に日頃から指さきの体操を提案していきましょう! 指先は、日頃行うことのない運動のため、指体操を行ったあとは手や手首が疲れてしまう方も多くいらっしゃいます。 そのため、指体操の後は必ずクールダウンとして手首の柔軟体操も行なうようにしましょう。 こちらの運動は、指体操の後のクールダウンとして取り組んでいただいたい手首のストレッチです。 手首をメインにしたストレッチですが、その中でも親指は、指の運動の中でもつまみ・摘むなどの対立運動を行う部位です。 日常生活の中でも活躍の頻度が多いため疲労が溜まりやすい部分でもあります。 合わせてストレッチしていきましょう。 高齢者施設や通所介護などでも椅子に座って安全に脳トレができる「指体操」の方法をご紹介しました。 片麻痺や骨折、糖尿病、パーキンソン病など利用者様の疾患や身体状況が異なる介護現場では、みなさんが参加できる体操を提案することは一苦労です… そのような場合に指体操は、片手しか動かせない方でも車椅子の方でも比較的簡単に取り組むことができる集団体操にも適した運動です。 今回の体操方法を参考に、皆さんの事業所でも指体操に取り組んでいただければ幸いです! ちなみに… 指体操の方法には今回ご紹介した「輪ゴム」や「ペア」で行う方法以外にも「セラプラスト」と言われる粘土状の道具を使用した体操もあります。 セラプラストは、商品名「セラピーパテ」として1,500円前後で販売され、6段階に硬さを色分けされているので自分にあった硬さで指の体操をすることができます。 粘土で形を作ったり、調理訓練などの練習としても楽しみながら活用できる便利な道具ですので、指体操の道具として準備しておくと便利ですよ。 【関連記事】 指体操として活用できるセラプラストの使い方については以下の記事でご紹介しています。 興味がある方はこちらの記事をご覧ください。 【最後に筆者より】 指体操はいかがでしたか? リハプランでは、今回ご紹介した指体操の方法を資料として印刷したり、利用者様ごとの運動メニューをまとめることができます。 「どの運動をしたら良いのか?」「この運動の効果は?」などお悩みがありましたらリハビリの専門家に直接相談することもできます。 ぜひ一度ご相談ください。 デイサービス・機能訓練指導員が活用できる 「リハビリ体操・運動」関連の記事を一挙にまとめました。 状況に合わせてうまく活用していただけたら嬉しく思います。 記事が増えていけば随時更新していきます。 現場のリハビリテーションを技術を高めるため研修会を立ち上げ、これまでに100名規模の研修会も開催された。 現在は、「職種を越えたリハビリ介護を実現する」をテーマに、リハプランの専属ブロガーとして活躍中。 作業療法士の専門性を活かして、介護事業所で算定できる加算・減算の中でも「個別機能訓練加算」について算定要件や計画書の書き方、機能訓練プログラムについて執筆している。 〜筆者の想い〜通所介護事業所(デイサービス)の約8割は、リハビリ専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)が不在のため、看護師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師が機能訓練を実施しているのが現状です。 機能訓練指導員が、高齢者にあった最適な運動を提供するために必要なノウハウをわかりやすく解説します。

次の

高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン

いき ため き し こ

答えられない• 新しい時代を作れる組織に• 自信はない• アンケートによると、質問に「答えられる」と「答えられない」と答えた就活生は同じくらいの数でした。 こちらの記事では、面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたときの回答法について見ていきましょう。 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時の答え方の1つ目は、企業の将来のビジョンに合う回答をするという事です。 この答え方が一番の模範回答となるでしょう。 たとえば、今後エネルギー事業に力を入れていこうとしている会社であったとしましょう。 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時に、「今後、御社が取り組むであろうエネルギー事業を、こんな風に展開して、将来的にはこの会社をエネルギー事業で有名な会社にしたいと思っています」という風に回答するのが、適切です。 会社側は入社して長く働く意思があるか確認している なぜ会社側は、面接で「会社をどうしていきたいか」と聞くのでしょうか?それは入社希望者の、将来的なビジョンをきちんと把握するためです。 将来的なビジョンを把握して、この会社で長く働く意思があるかということを見ています。 そのため「今後どうしていきたいか」と聞かれたら、将来的なビジョンを踏まえた回答をするのが一番になるのです。 「今後どうしていきたいか」と聞かれた時の対策として、自分の受ける会社のOB訪問を熱心に行うようにしましょう。 できる限り情報を集め、面接での「会社をどうしていきたいか」という質問に適切に答えられるようになっていってください。 もしも会社のビジョンを把握できないなら、会社の強みや弱みの改善案を答えるようにするというのが有効。 面接での「会社をどうしていきたいか」という質問に対して、的確な改善案を自分なりに言えるだけで、好感度をあげる事ができます。 会社側としても、強みや弱みを知って改善案を提示する人に対しては「きちんとうちの会社について調べているのだなあ」と思うものです。 なのであらかじめ「会社をどうしていきたいか」という質問に答えられるように、志望する企業の弱みを研究しておくといいかもしれませんね。 改善案を答えると会社への貢献度をアピールできる 「会社をどうしていきたいか」と考えた時に、強みを伸ばすのも弱みを改善するのも会社にとっては不可欠なものです。 それに加えて「どうしてその強みを伸ばした方がよいか」「弱みを改善した方がよい理由」を答えられるようにしておきましょう。 理由も加えて答えられると、入社後に会社に貢献する意思があることを間接的に面接でアピールできるのです。 「今後どうしていきたいか」という質問は、会社への忠誠心を見せる絶好のチャンスでもあるわけですね。 自分の面接力を確認してみる 「会社を今後どうしていきたいか」という質問は、自己分析を念入りにおこなった人であれば答えるのがそこまで難しくないはずです。 面接の質問には、 自己分析という土台ができていないとスムーズに答えられないため、全く考えつかないという人は、自己分析が不足している可能性が高いです。 自己分析をはじめ、業界・企業理解や面接対策などが準備できているかを、一度確認してみてはいかがでしょうか。 そこで活用したいのが「」です。 面接力診断で、今の実力を踏まえた上で対策を進めていきましょう。 会社の将来を今後考えていきたいという答え方がなぜ通用するのか?それは面接官が、わからないことはわからないと素直に答えるような、快活な人物が好みであるからです。 そのため「今後どうしていきたいか」のように聞かれても、愉快な人物が意外にも評価されるのです。 面接のときに、もし考えていた答えを忘れてしまったり、将来のビジョンも強みも弱みもわからなかったりするのであれば、こういった回答をしてみるのも大いにアリでしょう。 面接では正直になるよう、心がけてくださいね。 面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたら素直に自分の考えを答える 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時の答え方を紹介しました。 最後に紹介したような答え方もありますが、基本的にはその会社について下調べしておきましょう。 そして、しっかり準備することが大切です。 会社への理解度をアピールして、自分の思いを正直に伝えることを目指しましょう。 今回紹介した、面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたときの答え方を参考にしてください。

次の

女性が長く働けるコツ [女性の転職] All About

いき ため き し こ

答えられない• 新しい時代を作れる組織に• 自信はない• アンケートによると、質問に「答えられる」と「答えられない」と答えた就活生は同じくらいの数でした。 こちらの記事では、面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたときの回答法について見ていきましょう。 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時の答え方の1つ目は、企業の将来のビジョンに合う回答をするという事です。 この答え方が一番の模範回答となるでしょう。 たとえば、今後エネルギー事業に力を入れていこうとしている会社であったとしましょう。 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時に、「今後、御社が取り組むであろうエネルギー事業を、こんな風に展開して、将来的にはこの会社をエネルギー事業で有名な会社にしたいと思っています」という風に回答するのが、適切です。 会社側は入社して長く働く意思があるか確認している なぜ会社側は、面接で「会社をどうしていきたいか」と聞くのでしょうか?それは入社希望者の、将来的なビジョンをきちんと把握するためです。 将来的なビジョンを把握して、この会社で長く働く意思があるかということを見ています。 そのため「今後どうしていきたいか」と聞かれたら、将来的なビジョンを踏まえた回答をするのが一番になるのです。 「今後どうしていきたいか」と聞かれた時の対策として、自分の受ける会社のOB訪問を熱心に行うようにしましょう。 できる限り情報を集め、面接での「会社をどうしていきたいか」という質問に適切に答えられるようになっていってください。 もしも会社のビジョンを把握できないなら、会社の強みや弱みの改善案を答えるようにするというのが有効。 面接での「会社をどうしていきたいか」という質問に対して、的確な改善案を自分なりに言えるだけで、好感度をあげる事ができます。 会社側としても、強みや弱みを知って改善案を提示する人に対しては「きちんとうちの会社について調べているのだなあ」と思うものです。 なのであらかじめ「会社をどうしていきたいか」という質問に答えられるように、志望する企業の弱みを研究しておくといいかもしれませんね。 改善案を答えると会社への貢献度をアピールできる 「会社をどうしていきたいか」と考えた時に、強みを伸ばすのも弱みを改善するのも会社にとっては不可欠なものです。 それに加えて「どうしてその強みを伸ばした方がよいか」「弱みを改善した方がよい理由」を答えられるようにしておきましょう。 理由も加えて答えられると、入社後に会社に貢献する意思があることを間接的に面接でアピールできるのです。 「今後どうしていきたいか」という質問は、会社への忠誠心を見せる絶好のチャンスでもあるわけですね。 自分の面接力を確認してみる 「会社を今後どうしていきたいか」という質問は、自己分析を念入りにおこなった人であれば答えるのがそこまで難しくないはずです。 面接の質問には、 自己分析という土台ができていないとスムーズに答えられないため、全く考えつかないという人は、自己分析が不足している可能性が高いです。 自己分析をはじめ、業界・企業理解や面接対策などが準備できているかを、一度確認してみてはいかがでしょうか。 そこで活用したいのが「」です。 面接力診断で、今の実力を踏まえた上で対策を進めていきましょう。 会社の将来を今後考えていきたいという答え方がなぜ通用するのか?それは面接官が、わからないことはわからないと素直に答えるような、快活な人物が好みであるからです。 そのため「今後どうしていきたいか」のように聞かれても、愉快な人物が意外にも評価されるのです。 面接のときに、もし考えていた答えを忘れてしまったり、将来のビジョンも強みも弱みもわからなかったりするのであれば、こういった回答をしてみるのも大いにアリでしょう。 面接では正直になるよう、心がけてくださいね。 面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたら素直に自分の考えを答える 面接で「会社をどうしていきたいか」と聞かれた時の答え方を紹介しました。 最後に紹介したような答え方もありますが、基本的にはその会社について下調べしておきましょう。 そして、しっかり準備することが大切です。 会社への理解度をアピールして、自分の思いを正直に伝えることを目指しましょう。 今回紹介した、面接で「会社を今後どうしていきたいか」と聞かれたときの答え方を参考にしてください。

次の