ヒロアカ えり。 雄英の文化祭はやっぱり一味違う!【ヒロアカ】の文化祭をご紹介!

【ヒロアカ】壊理(エリ)の笑顔がかわいい!個性やミリオやデクとの関係!親・父は治崎?

ヒロアカ えり

トガちゃんの個性覚醒は壊理の進化の巻き戻しや黒色の物体移動のような別の形の進化を遂げた訳か。 オバホの言ってた到達点に近づいてるのかも — 稲葉 ov17543 まあ、転弧にしろ、壊理ちゃんにしろ、個性の暴走で人を殺してしまったのはある程度年齢がいってからなので、通常ちゃんと子供の頃から個性が芽生えていればこんなに強力な効果はいきなり発生しないんだとは思います。 — ハンセイ 岩代俊明 待望論 neoamakusa 死穢八斎會の施設から脱走した際に、パトロール中の主人公の緑谷出久、通形ミリオと遭遇したことで、その存在が明らかとなります。 方ツノが頭に生えており、少女でありながらもかなり怪しいキャラクターである壊理。 何か謎があると誰しもが思うのが普通だと思います。 ヒロアカのキャラクターは基本的に個性をそれぞれ持っているのですが、もちろん壊理も同じくですが、プロフィールなどでは紹介されておらず、公式でも一般市民扱いとなっています。 そんな壊理の個性はヒロアカでも屈指の最強クラスの個性になります。 正式な名前は不明になりますが、「巻き戻し」とオーバーホールは呼んでいます。 治崎(オーバーホール)が述べている情報であれば、 「この世界の理を壊す程の力」 詳細は不明ですが、両親のどちらの系統にも属さない突然変異的な個性になります。 まさに、名前、「壊理」の由来はここから来ていると思われます。 「巻き戻し」といっても、全ての根源や物質、人間の成長など全てを巻き戻すことができます。 負傷した人間を怪我をする前の状態に戻す。 人間の成長・加齢をもとに戻す(生まれる前まで)• 人類・歴史・世界さえも退化させる。 それ以外にも、文字通り「全て」の事を「巻き戻す」ことができます。 これだけを考えると反則的な個性になります。 よって、禁忌に近い個性になります。 しかし、調整を誤れば、その対象が完全に消えるまで巻き戻ってしまい、有精卵以前の状態に戻されます。 よって、全て無かったものになります。 壊理の個性を研究した治崎によれば、使い方によっては単なる時間的な巻き戻しに留まらず、進化の系譜を辿りヒトを猿の状態へ退化させること可能になります。 しかし、壊理はこの個性が発現してから個性使用訓練を受けていないため、自分の力では個性をコントロールすることができません。 さらに暴走することもあるため、味方敵、全てをひっくるめて脅威そのものになります。 暴走した時は、額の角が肥大化し、発動中は角から発光します。 よって、この「角」が個性を司る、コントロールする上で必要なのだと思います。 一本しか生えていないことから考えると、「半端」であるのだと思いま す。 よって暴走時は個性を消すことができるイレイザーヘッドでないとコントロールは不能になります。 では、その壊理の正体について考察していきます。 壊理(えり)の正体や年齢は? ヒロアカ:個性消去弾の正体は壊理の肉体そのものか・・・エグい設定やのう。 これなら生かさず殺さず弾丸の材料を採取し続けなきゃいけないし、正に人体実験というか人権の否定というか、そんなかんじ — 麒麟さん Girafarig3 ただ壊理ちゃんはホー久に比べて『もて余さない方が難しい個性』ってとこが大きいし、その個性の為に親を物理的にも社会的にもなくしてしまってるから『個性じゃなく周りの人間に苦しめられた』とは言いがたいとこがあるよな。 — マサカズ. tametomo16 壊理の年齢は4〜5歳ではないかと言われています。 幼い子供であることも設定として意味があると考察します。 壊理は後に死穢八斎會の現組長の孫であることが明らかになります。 この件に関しては確実ではないのですが、血縁というのは組長の家出娘の証言でありました。 よって、死穢八斎會の血縁であると同時に、人類に問題提起するための神の意思を継承した存在ではないかと思われます。 壊理自身は自分の個性に恐怖を覚え、それを利用する治崎は今後のヒーローたちのひしめく時代(現代とも映し鏡)に対する問題提起だと思われます。 治崎(オーバーホール)は壊理の個性を利用して「個性を持ってなかった頃の人類に退化させる銃弾」を開発します。 同時に弾丸の効果をキャンセルする「血清」と呼ばれる薬品も開発しました。 治崎は壊理の身体を日常的に切り刻み、個性が暴走した際には壊理の肉体を分解することで強制停止させていたといました。 その苦痛は、幼い少女の心に計り知れない傷を植え付けており、救出直後の彼女はまともに笑うことすらできなくなっていました。 ヒーローたちの時代に問題提起する治崎の想い。 虐待することで辛い想いをする壊理。 その2つの想いがこの時に強くあったと思います。 しかし、 一方で主人公のデクは壊理の個性は「とっても優しい個性」と評価してエリを抱えてオーバーホールと戦います。 治崎(ヒーローたちに対する問題提起)とデク(ヒーローの正しいあり方を信じる想い)の間で2つの人間の意思をぶつからせるための存在として壊理は登場していると仮定します。 これからの事より、壊理は神が地上の人間たちに対する考え方を統一させるために産まれた存在だと考察します。 これは私たちの世界でも同様で、異なる考えの意見や想いがあることを考えさせられるキャラクターだと思いました。 】 『僕のヒーローアカデミア』 4期から登場する新キャラクター、謎の少女・壊理 エリ のデザインを解禁! そして声を演じるのは さんに決定!! 声優を演じるのは小林星蘭さんになります。 なんと本業は声優ではなく、子役を主に演じる女優タレントになります。 若おかみは小学生! (2018年4月8日 — 9月23日、テレビ東京) — 主演・関織子 役 を演じています。 あえて、経験の少ない女優を声優に抜擢している点も何か意味があるかもしれませんね。 まとめ 僕のヒーローアカデミア・壊理(えり)の個性・正体や能力と声優について紹介・考察しました。 第4期では最もキーとなるキャラクターです。 作者である堀越さんも壊理のエピソードを描くのは今作で最も辛いと公言しています。 超人気作である「僕のヒーローアカデミア」で何か定義しようとしているのではないかと感じるエピソードです。 是非、壊理登場の話では様々な視点で見ていくとまた違った楽しみ方ができるのではないでしょうか。

次の

【ヒロアカ】256話ネタバレ!エリの角に異変が!?なにかの前兆か?

ヒロアカ えり

救出後は髪の毛の長さが整えられ、角の肥大化が収まったことでより子供らしい印象に変わった。 服装は病院内の看護師が選んでいる。 ちなみに最初は相澤が外出用の衣服を購入したようだが、普段着が極めて合理的な相澤にはハードルが高かったらしく、上下セットのフリル付きGANNRIKINEKOキャラプリントトレーナー(激ダサ)を危うく着せられるところだったとか。 動向・活躍 過去 母親である組長の娘は結婚の際に組長と揉めて絶縁。 自らの"個性"で父親を消滅させたことで母親に捨てられ、組長に引き取られた。 非常に特異で強力な個性をもっていたため、組長が治崎に個性の解析を頼んでいたが、死穢八斎會の復権を企む治崎の計画で"個性を消す薬"の材料として利用・囚われ、長い間死穢八斎會の施設内での生活を強いられている。 (詳細は下記) 治崎による日常的な暴力と思考誘導によって強い状態に陥っており、 「いつも自分のせいで誰かが死ぬ。 」、 「自分が我慢さえすれば、だれも傷つかずに済む。 」という自罰的な思考に囚われている。 彼女が暴力を前にしてじっと耐えるように目をつぶるのは、日常的に与えられた逃げることのできない恐怖の証である。 現在 治崎によって八斎會の地下に幽閉されていたが、脱走してインターン初日のパトロール中のデク、ルミリオンに出会う。 彼らからの詮索を嫌う治崎と、捜査続行のために穏便に場を収めようとするルミリオン、そして虐待の疑いを見過ごすことができないデク。 三者の間に緊張が走る中、治崎が暗がりで殺気を放ったことで、最終的には彼女自らの意思で治崎の元へと戻された。 この際治崎が娘とごまかしたため、ヒーロー側には彼の娘と誤解される。 当初が死穢八斎會、治崎の捜査を進めており、その中で治崎の計画の一端と、治崎が彼女に行う常軌を逸した虐待の事実が明らかになり、全国関係各所から集められたヒーロー達が一丸となった大規模なが死穢八斎會潜入捜査が計画されることになる。 死穢八斎會潜入捜査の決行時にも、彼女にとっては希望よりも、ヒーロー達が治崎に殺されることへの恐怖が上回っていた。 しかし自分のために命がけで戦う多くの人々と、その想いを目の当たりにする中で、ついに彼女の中で 「救からなくては」という意志が芽生え始め、デクと共に自分の力で治崎に立ち向かっていく。 救出後は病院に入院中も、自分が高熱にうなされている間にも、緑谷、ミリオ、サーの怪我のことを心配していたらしい。 緑谷、ミリオと病院で面会した際、笑顔の作り方が分からないと語り、そこで緑谷が壊理をに招待を提案する。 雄英文化祭では、1年A組のパフォーマンスを見て興奮し笑顔を見せる。 治崎によって与えられた心の傷はいまだに根深いものの、雄英文化祭などを経て、徐々にではあるが、笑ったり泣いたりする年相応の感情を取り戻しつつある。 経過観察で容態は落ち着いたため、その個性を抑えることができるの元に一時預かりとなりで預かる。 個性 個性は『 巻き戻し』。 触れた生物を中心に、対象を過去の構造へと直す個性。 治崎曰く 「この世界の理を壊す程の力」。 詳細は不明だが、父方、母方のどちらの系統にも属さない突然変異型の個性。 怪我をした人間に使用すれば怪我をする前の状態に戻すことができる。 しかし調整を誤れば、その対象が完全に消えるまで巻き戻してしまう。 この個性を研究した治崎によれば、使い方によっては単なる時間的な巻き戻しに留まらず、進化の系譜を辿りヒトを猿の状態へ退化させることさえもできるらしい。 壊理はこの個性が発現してから個性使用訓練を受けていないため、自分の力では個性をコントロールすることができない。 それどころか自力で発動を止めることもできないため、一度触れたものを際限なく巻き戻してしまい、さらに戻す勢いは徐々に増して暴走状態になる。 個性が暴走した際に額の角が肥大化し、発動中は角から光のようなものが迸る。 このことからも、この"角"が彼女の個性に大きく関わっていると推測されている。 治崎の思惑 治崎は彼女の個性を利用して "個性"を破壊する銃弾と "個性"を復活させる血清の開発した。 これらの開発のために、治崎は壊理の身体を日常的に切り刻み、個性が暴走した際には壊理の肉体を分解することで強制停止させていたという。 治崎は自分自身の個性について、「傷を修復できると言っても、分解する瞬間には激痛が伴う」という趣旨の説明している。 そして、その事実を知っていて尚、彼は壊理の肉体を破壊し続けていた。 その想像を絶する苦痛は、幼い少女の心に計り知れない傷を植え付けており、救出直後の彼女はまともに笑うことすらできなくなっていた。 彼女と死穢八斎會にまつわる一連のエピソードでは、作中世界の闇の部分に関する重いテーマが扱われており、作者の堀越先生も連載中は精神的に辛かったと後に吐露している。 関連イラスト.

次の

【ヒロアカ】壊理(エリ)の個性や年齢まとめ!

ヒロアカ えり

治崎廻VSデクの最後 八斎會家を家宅捜査するヒーローたち。 単身透過の個性で通形ミリオは先にボスである治崎と接触。 通形ミリオの圧倒的な戦闘能力に押される八斎會衆たちだったが個性を完全に消すことができる弾丸をミリオに当てることが成功し戦力が一気にダウン。 無個性の状態でミリオは頑張るも限界が近づいていました。 そこへ現れたデクとサーナイトアイ。 二人で治崎と戦うもナイトアイは体を貫かれて敗北。 デクは5%のワン・フォー・オールで通用しないとみて体が壊れない限界の20%で戦うも部下と合体した治崎はデクの動きを見切っていた。 エリの力を借りたデクは体が破壊されも戻してくれるため常に100%ワン・フォー・オールの力を発動。 デクの行動を見切ることができた治崎でしたが100%のパワーとスピードについていくことができずに敗北してしまいました。 治崎廻の最後は無個性? ノックアウトした治崎と部下たちを護送していたヒーローでしたがその車にヴィラン連合が登場。 治崎は動けない状態のまま死柄木から「お前が最も嫌がることを考えた」と言われMrコンプレスと死柄木から両腕を奪われてしまいます。 治崎の個性オーバーホールは修復と分解の強力な個性ですが対象を手で触れなければならないので 腕が無くては個性を使うことができません。 治崎はヴィラン連合に殺されはしませんでしたが今後無個性の人間であるため治崎の目的である極道の復活をほぼほぼ果たせなくなってしまいました。 治崎廻の目的 ヒロアカの世界は超常現象社会。 ヒーローたちが飽和しオールマイトの台頭により極道は徐々に減っていく生きづらい社会となっていました。 そこで治崎は今後どう生き残っていくか考えておりこのままでは死穢八斎會も無くなっていくだろうと思っていた。 組長の孫である壊理と出会いエリの個性に注目。 エリの人間を戻す力を研究し個性を消すことができる薬を作ることに成功します。 ヴィラン側に個性を消す弾丸、ヒーロー側に個性復活させる薬を売ることで死穢八斎會の復活を狙いました。 一方組長はエリを使った非道なやり方に反対しますがオーバーホールにより植物状態にさせます。 薬を作るには大量のお金がいるということで現在有名なヴィラン連合と接触傘下にさせるという条件のもとで手を組もうとしていましたがデク達に敗北してしまいます。 また死穢八斎會復活のキーであるエリもヒーローに奪われ自身は捕まるという状態になってしまったので死柄木に襲われた時はもう生きる気力はほとんどありませんでした。 さらに研究の成果を奪われ治崎は個性も使うことができない。 組長は植物人間の状態なので事実上死穢八斎會復活は不可能になってしまいました。 スポンサーリンク 治崎廻のその後は? 死柄木たちと接触した時に死柄木から 「お前が費やしてきた努力はさァ!俺のもんになっちゃったよ!」 「これからは咥える指もなく ただただ眺めて生きていけ!!頑張ろうな!!」 と言っているので 一応その後は生かされる形になっています。 おそらくその後来たヒーローたちに保護されて捕まっているでしょう。 警察の機関がありますから無事でも 捕まって恐らくしばらくは出てこないのではと思われます。 治崎の個性もオール・フォー・ワンのようにわりと反則的なチート個性であるため退場させた感じなのでしょう。 合体、回復、分解、壁を好きな形に再構築、持病を直す、などなどかなり強い個性でした。 ヴィラン連合のその後は? ヴィラン連合はヒーローと死穢八斎會の戦いを横からハイエナのようにして奪う形で治崎を戦闘不能。 さらには治崎がエリを元にして作った薬をいただいちゃってしまっています。 ということは治崎がやろうとしていたことがヴィラン連合ができるようになってしまっています。 薬を大量生産できればいつでも個性を消滅できる力を手に入れたようなものです。 しかもヴィラン連合は人気がありますから大量生産のお金も入手できます。 あとは材料のエリをヒーローたちからさらうだけ! まあ一番手っ取り早いのは雄英高校一年A組の八百万をさらうのでも可。 八百万の個性は生き物以外であれば創造できる個性ですから治崎の薬も大量生産できると思われます。 大量生産できる技術やお金が無くとも八百万1人さらうことができればヒーローたちを壊滅させられる力を手に入れられたようなものでしょうね。 おわりに 今回は【ヒロアカ】治崎廻 オーバーホール の最後無個性?その後どうなったのか予想してみた といった内容で情報をまとめてみました。 いかがだったでしょうか? 今回の内容をまとめますと ・治崎は最後腕を奪われて個性を使えなくなった ・その後はヒーローに捕まったのでしばらくは出てこれないと思われる ・ヴィラン連合は薬を大量生産するため次はエリか八百万を狙う ということでした。 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願いします。

次の