そら る 命 に 嫌 われ て いる。 命に嫌われているってどこがいいのですか?エゴエゴうるさくてあ...

命に嫌われているってどこがいいのですか?エゴエゴうるさくてあ...

そら る 命 に 嫌 われ て いる

さーて、この状態になったからには短時間でケリを着けなければならない。 それはエヴァシステムが30分しかなっていられないからだ。 まずは使徒に握られているカシウスを返してもらおうか。 『ガァ!』 ドガッ! 「!」 カシウスが握られていた手を蹴り飛ばし、手から離させ、使徒の腕に噛みつく。 離されたカシウスはグサッと地に刺さった。 結構強めに噛みついたのだが使徒には痛覚は無い。 しかし状況は把握できるので、俺を離そうとしてブンブンと腕をやたらめったらに振り回す。 (そうはさせるかってーの!) 俺は噛む力を強くする。 ガブッ!ブチブチッ! 「!?」 一々腕を伸ばされるのが面倒なので鋭くなった歯をさらに深く腕に咥えて噛み千切った。 これには流石の使徒も慌てている。 …さて、使った後の反動が怖いからとっとと『完全に消し飛ばしてやるか』 『戻れカシウス、来たれロンギヌス』 そう言うとカシウスがフッと消えて、代わりにロンギヌスが手中に握られる。 ……正直、コイツを出すのは予定外だが、出し惜しみはできない。 何せ使徒は自分に危機が訪れたら自然に相手を道連れに自爆する。 そしたら町は吹き飛ばなくてもここら一帯は消し飛ぶだろう。 流石に悪魔共も防御できまい。 『一撃だ』 ロンギヌスに集中し、相手の核だけを穿てる様に構える。 これで止めッ!? ピキピキッ!パリンッ! ロンギヌスを穿とうとした時、上から強力な魔力を感知したので咄嗟に緊急回避した!すると回避したのと同時に結界が砕かれ、白い閃光が使徒の核に拳を入れた。 バキッ! 「ッ!?」 「アザゼルからの報告で来てみたが…フン、天界の生物兵器とやらの力を見てみたかったのだが…どうやら俺の感じた力は勘違いだったようだ」 『Divide! 』 翼からの発声と共に使徒の動きが鈍くなった。 …ん?そういや使徒ってどんな力使ってるんだっけ?魔力?神力?妖力………は違うな。 妖怪じゃねぇし。 だとすると天界が創ったんだから神力が妥当かな? そう考えていると白い閃光、『白龍皇』が核に段々とヒビをいれていた。 「ッ!」 「遅い」 『Divide! 』 また発声と共に使徒の動きが鈍る。 白龍皇の神器(セイクリッド・ギア)『白龍皇の光翼(ディバイン・ディバイディング)』は相手の力を半減させ、自分の糧とする。 魔力持ちには厄介な代物だ。 ……俺には効かない…筈だ。 だってエヴァシステムはどちらかといえば神力に近い物だからな。 「期待外れもいい所だったよ。 ……それで?いつまでそこに隠れているんだい?グレモリー眷属達?」 『!』 白龍皇の発言で校舎裏から出てくるリアス・グレモリーとその眷属、そしてゼノヴィア。 「貴方が噂に聞く白龍皇ね?一応助けてもらった礼を言うわ、ありがとう。 それで一体何しにここへ?」 「ある奴からの命でな、コカビエルを回収しにきた…見る形も無いがね。 おっと、はぐれ神父もだったかな?…それにしてもエヴァンゲリオン、君が殺し損ねるなんて珍しいじゃないか」 『まさか使徒の核を持っていたとは予想外でな。 ま、お前が核を破壊したおかげで終わった訳だ。 そらよ、原型は留めていないがコカビエルだ』 使徒によって握りつぶされたコカビエルを投げ渡す。 もう顔以外はほとんど原型を留めていない。 「あれほど戦争バカだった奴もこうあっさり逝くとは哀れだな」 『ま、力と欲望に溺れた最後だ。 別に珍しくもないだろうよ』 「……そうだな。 では俺も戻るとしよう」 『ああ、じゃあな』 「ではな」 そして白龍皇が背を向けて帰ろうとした時、茶髪の男子から…正しくは左手の赤い篭手から声が発せられた。 『無視か、白いの』 『起きていたの、赤いの』 篭手からの声に白龍皇の光翼が応える様に光る。 …なるほど、ということはあの赤い篭手が白龍皇の光翼と対になるセイクリッド・ギア、『赤龍帝の篭手(ブーステッド・ギア)』か。 こりゃ貴重な場面に出会えたな。 ブーステッド・ギアとディバイン・ディバインディングはセイクリッド・ギアの上位、十三種ある『神滅具(ロンギヌス)』の内に入る代物だ。 だが赤い龍、赤き龍(ウェルシュ・ドラゴン)ドライグと白き龍(バニシング・ドラゴン)アルビオンは三大勢力によって神器として魂を器に刻み込み、神器として封印された。 なんとも皮肉なものだよ。 『せっかく出会ったのにこの状況ではな』 『いいさ、いずれ戦う運命だ。 こういう事もある』 『しかし、白いの。 以前のような敵意が伝わってこないが?』 『赤いの、そちらも敵意が段違いに低いじゃないか』 『お互い、戦い以外の興味対象があるということか』 『そういうことだ。 こちらはしばらく独自に楽しませてもらうよ。 たまには悪くないだろう?また会おう、ドライグ』 『それもまた一興か。 じゃあな、アルビオン』 ふーん、聞くからに戦闘狂って訳か。 ま、ドラゴンなんてそんなものか。 けど茶髪君は納得いかない顔だ。 「おい!どういう事だ!?お前らは何者で、何をやってんだよ!?てか、お前らのせいで俺は部長のお乳を吸えなくなっちまったんだぞ!」 えぇ…何?あの茶髪君はリアス・グレモリーとコカビエルを倒したら乳を吸う約束でもしていたのか?…なんかドライグが不憫に思えてきたぞ。 「すべてを理解するには力が必要だ。 強くなれよ、いずれ戦う俺の宿敵くん」 一言告げて来た時と同様なスピードで飛び去っていった。 さてと、俺も用が済んだし帰るか。 ……あ、そうだ。 『そこの金髪君、…木場君だったかな?』 「!ええ、そうですが」 『……悪魔になっていたのは驚いたが…生きてくれていて嬉しいよ』 「…どういう意味ですか?」 『ふむ、君と同じ実験の被験者…といえばわかるか?』 「ッ!僕の他にも生きていたのですか!?」 『ああ、それだけを伝えたかった……リアス・グレモリー』 「何かしら?」 『コイツを、木場を頼むぞ。 格好いい癖して臆病だからな』 ……どうやらコイツに俺は必要無さそうだ。 これで安心して行動できる。 改めて帰ろうとしたら次は黒髪のポニーテールの女子が声をかけてきた。 「少しよろしいですか?」 『…なんだ?』 「いえ……その…『渚カヲル』という名前の男の子をご存知でしょうか?」 『!?』 その名前に俺は動揺した。 渚カヲルという名前は今の俺、リリンの名が付けられる前の名だからだ。 『……ああ、知っている』 「ッ!彼は一体何処にいるか知っていますか!?」 『…場所は知らない、だがこれは断言して言える。 …彼は生きているよ』 「…そうですかっ」 ポニーテールの女子は両手で顔を覆った。 ……そうか思い出した。 俺が狂信者に誘拐される前にある神社の女の子と遊んでいた事。 …そうか、綺麗になったな。 『ではな』 俺は奇妙な光の翼を広げ、空へと昇っていった…。 すぐにまた会えるよ………『朱乃ちゃん』.

次の

嫌われてるサイン7つ!「嫌われている人のあるある行動」と診断方法

そら る 命 に 嫌 われ て いる

スポンサーリンク 最近の子どものYouTube事情から 最近、子ども達がよく観ているYouTubeは、「ヒカキン」さんと「ひまわりチャンネル」さん。 お姉ちゃんは、YouTubeミュージックも観ています。 その中で非常に、私が気になっている「命に嫌われている」という歌。 替え歌版もあって「トマトが嫌われている」「いのきに嫌われている」があります。 音楽だけでなく、アニメーションも面白いのでしょう。 最初は、ちょっと子どもに見せるのは止めておいた方がいい系か・・・と思っていたのです。 しかし、やめさせるにも内容をしっかり知らいないと!ってことで 子どもとじっくり見る事に。 で、結果から言うとエゲツナイ内容のものではなかった。 (作った人ごめんなさい) 過激な歌詞とかはあるかな~とは思うけど、 大きく見たら、伝えたいメッセージはしっかりあって・・。 で、 刺さる歌詞を見つけてしまったー!! ~ 僕らは命に嫌われている 幸福の意味すら分からず 産まれた環境ばかり憎んで 簡単に過去ばかり呪う ~ 命に嫌われている。 カンザキイオリ 「命に嫌われている」でGoogle先生に調べてもらうと、こんなYouTubeが出てきた。 「命に嫌われている」カンザキイオリAiemuTV — Acoustic cover 歌っている人は、「世田谷のりこ」さんという人らしい。 初めて知りました。 」さんのバージョンも好きです。 子どもらが観ているのとは全く別物。 子どもが観ているのは、テンポが速い。 上記のYouTubeはバラード 同じ歌詞も 雰囲気が違いすぎる。 どうして、この歌詞が刺さったかというと、 単純に、そういうのってあるよな~と思ってて。 自分も思っていたことは確かにあった。 でも、今の現状が 自分を取り巻く環境のせいであったり 産まれた家族のせいであったり 呪っているうちは、抜け出せない と思う。 心理学でも「世代間伝達」とか「世代間連鎖」という言葉で、 人は育った環境に影響を受けやすく、その後もその影響を抱えて生きやすいといわれる。 虐待を受けて育てば、虐待をする親になりやすい とか 愛情をかけられない子は、愛情をかけられない親になる とか 確かに側面ではあると思う。 でも、そしたら 産まれた環境でその後の人生は決まってしまうの?? ふざけんな!!って思いませんか? しかも、 それ自分で決めて生まれてきたんだ 知ってた? って言われた瞬間、全て崩れ落ちる。 愕然とする。 そんな・・・ でもそしたら余計に 産まれた環境ばかり憎んで 過去ばかり呪ってても 仕方ないよね。 自分で選んで来たんだし。 でも、それが目的じゃないってこと(辛い目にあうために生まれてきたわけじゃない) 早く気づきたいよね。 手段であって目的じゃない。 じゃ、何でこれを体験しなければならなかった? いや、何でこれを選んでわざわざ体験した? その答えを探そうと一歩踏み出したとき 呪いが解ける。 わたしの仕事 私がしようとしていること、 自分が生まれた家族 幸せで毎日笑ってた 会話がなくて静かだった 誰もいない部屋に「ただいま」と言ってたあの日々 いつもいがみ合ってた親がキライだった どのような家族に生まれ育っても 自分が創る家族を幸せなものにしたいと願っていい!! それを応援したい。 そして、自分と自分の家族を幸せにすることは必ずできる!!! それを信じている。 だから、幸せな家族を創りたい! その気持ちの応援団になるが自分の仕事だと思っている。 ご自愛くださいね。

次の

【四男】命に/嫌/われて/いる/。/【おそ松さん人力】 その他 ニコニコ動画のニコッター

そら る 命 に 嫌 われ て いる

1:嫌われてるかも!? 周囲が出してる嫌いサイン見抜けますか? (1)嫌われているって感じたことありますか? あなたは周りの人から「もしかして嫌われてる!? 」って感じたことはありますか? あるとしたらどんな場面でしょうか? 周りの態度に敏感なら、自分の話を聞いてくれなかったり、自分が話したときに微妙な顔をされることで気付けるかもしれません。 人って嫌いな人の前では、結構多くのサインを出しているものですから。 (2)嫌われているって感じたらどうしますか? もし周りから「嫌われている」って感じたらどうしますか? なんらかの対処をとろうとするのが普通ではないでしょうか? でも、嫌われている理由がわからないと、対処の方法も思い付きませんよね。 「嫌われているかも」って感じたのなら、まずは、なぜ嫌われているのか、自問自答してみましょう。 2:嫌われているサイン!? 人が嫌いな人にとる行動7つ まず最初に、人が嫌いな人にとる行動や態度についてみていきましょう。 (1)なるべく近づかない 「嫌いな人に対しては、なるべく近づかない」というのが、多くの人の行動でしょう。 職場などの場合は、近くに座らなければいけないこともあります。 ですが、自由に自分の居場所を決められる場合には、嫌いな人の横に好き好んで座る人はいません。 「相手との距離がそのまま相手との心の距離」だと思っていいでしょう。 (2)話を早く切り上げようとする グループで話しているときに、嫌いな人が入ってくると、すぐにそのグループが解散することがあります。 楽しそうに話しているとき「何話てるの~?」などと仲間に入ろうとしても、「別に大したことじゃないよ」などと、適当に誤魔化して、「じゃあ、そろそろ……」とか言って離れていってしまうのです。 そして、大抵の場合、こういうグループは、また別の場所で集まって話をし始めます。 (3)最低限の付き合いしかしない 嫌いな人と一緒にいる時間は、苦痛でしかありません。 ですから、職場などでも、最低限の付き合いだけに留めようとします。 たとえば、会社の上司が嫌いな場合は、職場の飲み会には参加したくなくなるでしょう。 仕事上、やむなく付き合わなければいけないときは我慢して付き合いますが、その時間が終われば、すぐに知らない人のように振舞うのです。 (4)作り笑いを浮かべる 嫌いな人に対して、警戒心をもちます。 そのため、「嫌いだけど、しかたがなく付き合っている」人の前では、笑顔が引きつってしまいます。 作り笑いは目が笑っていなかったりして不自然なので、観察していればすぐに気付けます。 (5)SNSで繋がらない 嫌われている人は、SNSなどの繋がりも拒否されることが多いです。 もちろん、友達申請を拒否するのは難しいので、一応は繋がってはくれても、仲間内だけの公開ではブロックされたり、あなたの投稿に対して、まったく反応してもらえなかったりします。 「連絡先を聞いてもなかなか教えない」というのも、嫌いな人に対して行う、わかりやすい行動のひとつです。 (6)深い話をしない 親密な人にほど、自分の秘密や、家庭の事情などを話そうとします。 逆に嫌いな人に対しては、絶対に自分の秘密や悩みを打ち明けません。 会話をしていても、上辺だけの会話で、深い話になることはないでしょう。 (7)物の貸し借りをしない 嫌いな人には物を貸したいとは思わないですし、借りるためにわざわざ声をかけたいとも思いません。 会社で文房具などの貸し借り程度はあっても、趣味のモノなどは貸さないのが普通です。 たとえば、会話にDVDの話がでてきて、「それおもしろそうだね」と嫌いな人が言ってきたら、「レンタルできますよ」と言ってかわすはずです。 こんなふうに、嫌われている人は、みんなからなんらかのサインを発せられています。 人が自分の話を聞いてくれなかったり、深い話をしてくれなかったりするのは、嫌われているサインかもしれません。 3:周囲から嫌われてる人のあるある行動5つ では、周囲の人から嫌われている人って、どんな行動をしているのでしょうか? 「あるある~」と思える行動をご紹介します。 (1)自分の話ばかりする 嫌われている人は、自分の話ばかりをしようとします。 人が話していても横からその話をぶんどったり、「そんなことはどうでもよくてさ~」などと、いきなり人の話を中断したり。 いつでも自分が中心にいないと気がすまないのです。 そしてちょっと別の人が褒められたりすると、すぐに嫉妬して「別にそんなのすごくないじゃん」などと言い出します。 (2)自慢気に話す 自慢話ばかりする人もいます。 それが上司だったりしたら、無下にもできず、嫌々聞く羽目に……。 自慢話の内容は、たいてい「昔の自分はすごかった」など、過去の栄光に浸るようなものばかり。 「今は?」と聞くと機嫌が悪くなるので、誰もつっこみたくなくなってしまいます。 (3)男の人の前でだけ態度が豹変する 女性で嫌われる人のタイプのひとつが、ぶりっ子。 男の人の前でだけ、力のないフリや何もできないフリをしたりするタイプです。 また、女性だけでいるときには、人の悪口も平気で言うくせに、男の人が近くにいると「そんな悪口とか言うのよくないよ~」とひとりだけいい子ぶったりもします。 (4)嫌な仕事は人に押し付ける 雑用や掃除など、誰かがやらなければいけないけれど、誰も進んではやりたがらない仕事って必ずあるもの。 職場で嫌がられるのは、こういう、イヤだったり地味だったりする仕事を人に押し付ける人。 そして、手柄は自分のモノにするので、こういう人の下にいる人は、フラストレーションが溜まりっぱなしになるでしょう。 (5)被害者ぶる 自分が優遇されているときには、それが当たり前のように受け止めるのに、自分の立場が悪くなると、すぐに被害者ぶるのも嫌がられる人によくある行動です。 (1)のように、「自分が自分が……」と会話をいつも独占していると、周りは話をしたくなくなるもの。 でも、周りが自分を避けるようになると、「無視されている」と言って、被害者ぶって目を集めようとするんですよね。 (1)横に座ったときに… 隣に座ったときに、相手が足を組んでいるとします。 そのとき、あなたから体が離れるように足を組んではいませんか? たとえばあなたの右側に彼が座って、彼の左足が上に来るように足を組んでいたら、ちょっと注意が必要です。 ただし、足は組みやすい方と組みにくい方があるものなので、両側に座ってみて、その反応を確かめたほうが確実です。 (2)前に座ったときに… 人は相手と距離をおきたい場合には、その人と自分との間に何かモノを置こうとします。 たとえばカフェなどでは最初に水が運ばれてきます。 それを彼が目の前に置いたままなら、心の距離が感じられます。 彼が水を横にどけて前のめりになってくれたら、嫌われていない証拠だと思っていいでしょう。 (3)モノを借りてみる 先ほどもお話したように、人は嫌いな人に自分のモノを貸したくありません。 なので、なんでもいいので、相手にモノを貸してくれるように頼んでみましょう。 ペンなどの、もし返ってこなくてもさほど困らないモノから始めて、彼の好きなアーティストのCDなど、返してもらえないと困るモノに徐々に変えていきます。 大事にしているものであればあるほど、距離が遠い人には貸したくないと思うようになるので、どこまで貸してくれるかで、あなたに対する位置関係を測ることができます。 5:嫌われていませんか!? 今回は嫌われている人に対して周囲の人々が取る行動や、嫌われている人のあるある行動を紹介しました。 これを機に、ぜひ1度、普段の自分の行動を振り返ってみてください。 もしかしたら知らないうちに人から嫌われてしまう行動を取っているかもしれません。 そう気付いたら、すぐに行動を改めてみてくださいね! この記事を書いたライター 大山奏 K. Ohyama スピリチュアルと運動が好きなアウトドア系ライター。 整体師、カラーセラピスト、アロマテラピーインストラクター。

次の