中村 哲 アフガニスタン。 中村哲医師、アフガニスタンで銃撃され死亡 現地で井戸を建設

中村哲さんとは誰?アフガニスタンの用水路で有名になった理由

中村 哲 アフガニスタン

ATTENTION: Job Vacancy for Japanese Native - with Embassy experience and English Fluency. If you meet the requirements or have any questions, please email your Cover Letter, CV, and any Letters of Reference to baburi afghanembassyjp. org Click the image to read the REQUIREMENTS and JOB DESCRIPTION in full. アフガニスタン大使館からのメッセージ 私達は、中村哲医師が乗っていた車が狙撃兵によりナンガハール州で狙い撃ちにあい、病院で亡くなられたニュースを聞き、大変悲しみに包まれています。 中村医師のボディーガードと運転手を含む5人が亡くなりました。 中村医師はアフガニスタンの偉大な友人であり、その生涯をアフガニスタンの国民の生活を変えるためにささげてくださいました。 彼の献身と不断の努力により、灌漑システムが改善され、東アフガニスタンの伝統的農業が変わりました。 アフガニスタン国民と政府は中村医師の功績に敬意を表し、ご家族、同僚の皆様、ご友人、そして日本国民の皆様に謹んで追悼申し上げます。 Ambassador Dr. Bashir Mohabbat's Message on the Occasion of the 100th Celebration of the Restoration of Independence Day. アフガニスタン・イスラム共和国100周年独立記念に際しバシール・モハバット大使からすべてのアフガニスタン国民の皆様へメッセージ 親愛なるアフガニスタンの兄弟、姉妹の皆様 独立記念日おめでとうございます! 我が国の治安を守り、また守り続けるために努力をしている皆様、我が国の栄誉となる皆様、そして我が国を守るために愛する家族を失った皆様にとって、今日という吉日に大きな温かみと栄光を感じることが出来ますように。 多くの犠牲を払い、想像を絶する苦難に直面しているにも関わらず、我々の前に立ちはだかる困難を克服し、さらなる繁栄のために懸命に努めています。 この平和的な国家と平和を好む国民が世界に向けて、我々が何を出来るか示す時がまさに今なのです。 我が国がこれから未来に向かう道のりにおいて、会得した教育や技術を生かす責任を果たしていくよう若い世代に求めます。 皆様に神の祝福がありますように。 Click the image to read the notice in full. また、領事手数料は2016年3月22日より、変更しております。 経済部門 ソーシャルメディアのリンク 大使館公式 : and• [2014年7月27日]• [2014年5月17日]• [2014年2月24日] [ ] [ ].

次の

用水路の魔術師・中村医師、アフガニスタンで銃殺される。ISによる犯行か?

中村 哲 アフガニスタン

32歳の時に初めてパキスタンへ それでも昆虫に対する想いが強かった中村さんは、医学部から農学部へ転部しようと考えますが、高価な医学書を父が借金をして買ってくれていることを知り、そんな父親の気持ちを裏切れないとそのまま 医学部を卒業することを決めます。 27歳で大学を卒業した中村さんは、国立肥前療養所や大牟田労災病院などで神経内科に勤務し、32歳の時、趣味の登山で交流のあった福岡登高会から登山医として同行してほしいとの打診を受け、 パキスタンのヒンズークシュ山脈に行くこととなります。 この山脈はモンシロチョウの原産地とも言われている場所で、昆虫が好きだった中村さんは最初は 蝶見たさにその依頼を引き受けたといいます。 そこからパキスタンの地に心惹かれるようになった中村さん。 38歳の時にたまたまパキスタンの ペシャワール・ミッション病院が医師を求めいていることを知ると、日本キリスト教海外医療協力会から派遣され、その病院に赴任することとなります。 ハンセン病に携わり診療所を設立 そこでは主にハンセン病の治療に携わり、その後アフガニスタンの難民キャンプでも巡回診療を始めた中村さんは、診療所をいくつも建設するなど アフガニスタンとパキスタンの2カ国で活動を広げていきました。 20年近くハンセン病やその他の感染病に携わった中村さん。 そんな時の2000年にアフガニスタンを襲ったのが 大旱魃でした。 中村さんは医療に先立って解決する問題があると、 独学で土木を学び、井戸掘りを始めます。 そして現地の人の協力を得ながら1000を超える井戸を掘り、多くの人の生活を救いました。 その3年後には旱魃により干やがった農地をよみがえらそうと、「 緑の大地計画」を発足し、 用水路建設を始めます。 この時も独学で学び、その時に参考にしたのが江戸時代の 蛇籠(じゃかご)と呼ばれる筒状の編みに細かい石を積み上げる治水技術でした。 これは大きな重機がなくても、現地の人たちで修復や改善ができるようにと考えられたもので、また主に家が石造りで、人々が石を使うことに慣れているといった アフガニスタンの文化に根差したものでもありました。 38歳の時にパキスタンの地に赴いてから73歳までの約35年。 中村さんの人生はパキスタンやアフガニスタンにありました。 ハンセン病治療から始まり、 薬では解決できない問題があると、医師でありながらスコップを持ち、井戸を掘り、水を人々に提供する。 人として生きること、根本的な暮らしを支えることを第一に考えました。 中村さんは「 水路一つが医者何百人分の働きをする」という言葉を残していますが、飲む食べることに困らない生活をおくること、まず健康的に過ごすことが病気を予防することになると強く感じていました。 綺麗な水に美味しいご飯が食べられる。 日本だと気に留めないくらい当たり前のような状況ですが、それこそ中村さんが目指したものでした。 そして多くの困難に直面しながらも井戸作りに用水路建設など少しずつ実現していき、今では 65万人の生活を支える基盤をつくりあげました。 平和を成すといった大きなことではなく、ただただ人として生きていくために必要なこと。 それをひたすらシンプルに求めた結果、 人々の幸せにつながる功績になったのです。 「 立派な動機があってそこに赴き、 志と信念を貫いて現在に至ったというのが分かりやすいですけれども、 残念ながら、 私にはこれといった信念はありません。 自分の気に入ったところで、 自分のできる範囲で、人々と楽しい気持ちで暮らす方がいい。 それ以上の望みもなかったし、今もありません。 」という中村さんの言葉からもそれを感じることができます。 当たり前じゃない当たり前を求めた人。 それが中村哲という人でした。 今回の中村さんの名言で印象的だったのが「 アフガニスタン人は良くも悪くも宗教的な人たちなんですね。 ひとつの文化なんです。 われわれが日本語をしゃべり、味噌汁を飲み、下駄で歩くように、宗教はそれに近いものがある。 それについてまで善悪を云々する権利は、他国の人にはないんじゃないですかね。 」という言葉でした。 井戸や用水路づくりもさることながら、中村さんは用水路の近くに イスラム教の礼拝所であるモスクとイスラム神学校を建てました。 当時、米軍により空爆の的になり、いくつも破壊されたモスクですが、それはアフガニスタンの人たちにとって 心の拠り所でした。 中村さんは米軍の戦闘機が飛び交う情勢不安定の中、彼らの意思と想いを尊重し、建設に踏み切ったのでした。 アフガニスタンの人たちは 用水路以上にモスクの建設に歓喜したといいます。 近年、急速にグローバル化が進み、日本も外国から訪れる人の数が年々増えているのを肌で感じます。 歴史や文化も違えば、人が大切に思うものものも、きっと自分とは違うでしょう。 しかし、それはわかりやすい外国の人だけでなく、 普段関わる人間関係にも言えることで、皆それぞれに大切なものを抱えています。 それを自分の良し悪しで判断するのは簡単ですが、そこから争いはなくならないはずです。 中村さんが語るようにまずはその人を尊重し、 大切なものを受け止め理解する。 その心くばりが大切であり、それは 日々の生活でも意識して取り組むべきことであると、感じさせられました。 相手を尊重し価値観を受け入れる パキスタンやアフガニスタンの文化を受け入れ、人々の暮らしをつくり支えた医師、中村哲さんの名言からそれを学びました。

次の

中村哲医師の経歴・功績がすごすぎる!活動内容や家族についても

中村 哲 アフガニスタン

概要 [ ] 出身のを専門とするである。 の現地代表やピース・ジャパン・メディカル・サービスの総院長として、やで医療活動に従事してきた。 アフガニスタンでは高く評価されており、同国から国家勲章や議会下院表彰などが授与されており、さらに同国のが贈られている。 からもなどが授与されている。 また、母校であるでは、にて特別主幹教授に就任した。 、アフガニスタンのにて、に銃撃され死去した。 死去に伴い、や内閣総理大臣感謝状などが授与された。 経歴 [ ] 出生から大学卒業まで [ ] 御笠町(現在の堅粕)生まれ。 2年後、母の実家(玉井家)がある同県(現在の)に移り 、6歳から大学卒業まで古賀町(現在の)で暮らした。 古賀市立古賀西小学校 、 、 を経て、1973年にを卒業した。 医師免許取得後 [ ] 、の勲章伝達式にて。 (左)と 国内病院勤務ののち、、(JOCS)から 派遣されて北西辺境州の州都に赴任。 以来、20年以上にわたってを中心とする医療活動に従事する。 とが趣味で、1978年には7000m峰登山隊に帯同医師として参加した。 パキスタン・地域で長く活動してきたが、パキスタン国内では政府の圧力で活動の継続が困難になったとして、以後はアフガニスタンに現地拠点を移して活動を続ける意思を示している。 2003年にを受賞した。 2004年にはに招かれ、当時であった、の、・(当時)へアフガニスタンの現況報告を行った。 同年、第14回イーハトーブ賞受賞。 2008年にはで、参考人としてアフガニスタン情勢を語っている。 また、「」にも、天皇・皇后が関心を持つ分野に縁のある代表者の一人として紹介され出席している。 2010年、水があれば多くの病気と帰還難民問題を解決できるとして、のをモデルにして建設していた 、 ()から ()砂漠まで総延長25kmを超える用水路が完成し、約10万人の農民が暮らしていける基盤を作る。 2013年、第24回大賞、第61回を受賞した。 2016年、現地の住民が自分で用水路を作れるように、学校を準備中。 住民の要望により(イスラム教の礼拝堂)や(イスラム教の教育施設)を建設。 2018年、アフガニスタンの国家勲章を受章した。 2019年10月7日、アフガニスタンでの長年の活動が認められ、同国のを授与された。 銃撃事件・没後 [ ] 2019年12月4日、アフガニスタンの東部の州都において、車で移動中に何者かに銃撃を受け、右胸に一発被弾した。 負傷後、現地の病院に搬送された際には意識があったが、さらなる治療の為ににあるのへ搬送される途中で死亡した。 なお、中村と共に車に同乗していた5名(運転手や警備員など)もこの銃撃により死亡した。 中村が襲撃されたこの事件に対しては報道官が声明を発表し、組織の関与を否定。 一方でのは「テロ事件である」とする声明を発した。 12月7日、カブールの空港で追悼式典が行われたのち、遺体は空路で日本に搬送された。 追悼式典では大統領のアシュラフ・ガニー自らが棺を担いだ。 告別式は12月11日に福岡市中央区の斎場で営まれた。 親交のあった夫妻や夫妻などからも弔意が寄せられ、駐日アフガニスタン大使、九州大学長らが弔辞を読んだ。 中村と同様にアフガニスタンへの医療支援を目的とするNPO法人を率いていた医師は、の取材に応じて、生前の中村について「互いの活動を励まし合い、相談し合う関係」であったと述べ、「寡黙で男らしく、優しい九州男児を絵に描いたような人だった」と中村の人柄を述懐して冥福を祈った。 はの規定に基づきで捜査を進めており、の結果、死因はによるとみられると発表した。 同年12月23日、政府は中村へのの追贈と内閣総理大臣感謝状の授与を決定。 27日に行われた授与式で授与式で内閣総理大臣・安倍晋三は遺族と面会し、「(中村さんは)アフガニスタン国民や難民のための医療活動、かんがい事業などで輝かしい業績を上げ、国際人道支援に多大な貢献をした」と生前の功績を称えた。 授与式の後に遺族は取材に応じ、「本当は無念で残念だが、みなさまの支援で継続してアフガニスタンで緑の大地が広がっていくことを願っている」「ぺシャワール会はこれからも継続していく。 父も何より願っていることで、家族もそれが願いです」と語った。 授与式には駐日アフガニスタン大使のや、の村上優会長らも立ち会った。 追悼の声 [ ] モヘブ・ラフマン・スピンガーからに贈られた弔花 中村の死去を受けて、政界からは以下のような発言がなされた。 ・:「中村先生は、医師として医療分野において、また、灌漑事業等において、アフガンで大変な貢献をしてこられました。 なかなか危険で厳しい地域にあって、本当に、本当に命懸けで様々な業績を挙げられ、アフガンの人々からも大変な感謝を受けていたというふうに、我々も知っておりますが。 しかし、今回このような形で、お亡くなりになられたことは本当にショックですし、心から御冥福をお祈りしたいと思います。 ・:「中村医師を含む方々が犠牲となったことは痛恨の極みだ。 今回の卑劣なテロは許されるものではなく、わが国は断固として非難し、今後とも日本人の安全確保のために全力を尽くしていくとともに、アフガニスタンの平和と発展のために引き続き貢献していきたい」• ・:「中村さんの大きな功績を改めて振り返り、敬意を表し、ご冥福をお祈り申し上げたい。 国際社会では厳しい現実が存在し、日本人が命をかけて頑張っている。 今後、中東への自衛隊派遣の問題など、国際社会との関わりを政治の立場から真剣に考えていかないといけない」• ・:「誠に無念で、ご家族の心中を思うと大変胸が痛む。 何の罪もない尊い生命を奪う卑劣で残忍なテロを断じて許すことはできない。 政府は、真相究明を徹底的に行い、このようなテロが二度と起きないよう、最善の努力を尽くすべきだ」• 外交・安全保障調査会長・:「国会で参考人として証言し、でも貴重な意見をいただいた。 『何をしてはいけないか。 殺してはいけない、戦争に関わってはいけない』という直接いただいたことばを思い起こし、世界の平和と日本国民の安全のためにどのような行動をとるべきか、常に考えなければならない。 われわれがきちんと役割を果たすことをお誓いし、心からご冥福をお祈りしたい」• ・:「私も中村さんに会って話を聞いたことがあるが、アフガニスタンの貧しい人たちを助けるために支援してきた方で、銃撃で命を奪われたことは許しがたい。 アフガニスタンの復興と安定を作り出すため、中村さんの志はこれからも消えることなく、多くの人が共有し、努力していくべきだ」• ・:「憲法9条に基づく国際貢献とは何かということを身をもって体現された方だ。 自衛隊の海外派遣の動きがあった際には、『非軍事の国際貢献が危険にさらされる』として、必ず反対していたのが大変心に残っている。 中村さんを失ったことは、世界にとって損失だ。 心から哀悼の意を表したい」 人物 [ ]• 西南学院中学校在学中に香住ヶ丘バプテスト教会(福岡市、当時は香椎伝道所)でF・M・ホートン宣教師よりを受けた。 当時の香住ヶ丘教会はまだバプテスマが行われたことがなく、教会にとって中村は最初期の生え抜き教会員だったという。 自身はである。 同時に現地の人々の信仰や価値観の在り方を尊重して活動を続けていた。 福岡高等学校時代の同期にがいる。 また内科医で九州大学第23代学長・は大学で同級だった。 アフガニスタンでの活動について、「向こうに行って、9条がバックボーンとして僕らの活動を支えていてくれる、これが我々を守ってきてくれたんだな、という実感がありますよ。 体で感じた想いですよ。 武器など絶対に使用しないで、平和を具現化する。 それが具体的な形として存在しているのが日本という国の平和憲法、9条ですよ。 それを、現地の人たちも分かってくれているんです。 だから、政府側も反政府側も、タリバンだって我々には手を出さない。 むしろ、守ってくれているんです。 9条があるから、海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。 それが、ほんとうの日本の強味なんですよ。 」と語り、の堅持を主張した。 またに対しても「アフガニスタンにいると『軍事力があれば我が身を守れる』というのが迷信だと分かる。 敵を作らず、平和な信頼関係を築くことが一番の安全保障だと肌身に感じる。 単に日本人だから命拾いしたことが何度もあった。 憲法9条は日本に暮らす人々が思っている以上に、リアルで大きな力で、僕たちを守ってくれているんです」とも語っている。 家族・親族 [ ]• 小説家のは母方の伯父である(妹が中村の母)。 父方の親族は、のでほぼ全滅している。 父の中村勉は、生まれ。 として働いていたところ、その英才をに認められてとしてに入学し、を経て、再び若松に戻り、火野葦平と交流を深めていた。 同時に運動にも力を入れ、指導的立場にいた。 しかし、での反戦・労働運動などを理由にに違反で逮捕され、懲役2年、猶予5年の判決を受けた。 玉井組の下請けとして中村組を立ち上げ、戦後は沈没船のなどを生業にしていた。 外祖父で若松において港湾荷役業を営んでいたが映画『』のモデルとなった。 記者で同社北九州本社代表を務め、現在はプロサッカーチーム:代表取締役社長の職に在る玉井行人は従兄弟に当たる。 長女の秋子がやはりペシャワール会事務局で、2020年1月から活動している。 受賞歴 [ ]• 1988年(昭和63年)外務大臣賞(外務省)• 1992年(平成 04年)毎日国際交流賞()• 1993年(平成 05年)西日本文化賞()• 1996年(平成 08年)厚生大臣賞()• 1996年(平成 08年)読売医療功労賞()• 1998年(平成10年)朝日社会福祉賞()• 2000年(平成12年)アジア太平洋賞特別賞(毎日新聞・アジア調査会)• 2001年(平成13年)第7回平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞(『医者井戸を掘る』)• 2002年(平成14年)日本ジャーナリスト会議賞(日本ジャーナリスト会議)• 2002年(平成14年)若月賞(長野県 )• 2003年(平成15年)大同生命地域研究特別賞(大同生命保険株式会社)• 2003年(平成15年)「平和と国際理解部門」• 2004年(平成16年)アカデミア賞 国際部門(全国日本学士会)• 2004年(平成16年)イーハトーブ賞()• 2008年(平成20年)第3回モンベル・チャレンジ・アワード受賞(モンベルクラブ・ファンド)• 2009年(平成21年)農業農村工学会賞(旧農業土木学会)• 2010年(平成22年)アフガニスタン国会下院 表彰• 2013年(平成25年)大賞• 2013年(平成25年)第61回• 2016年(平成28年)秋の叙勲・受章• 2017年(平成29年)第8回KYOTO地球環境の殿堂入り• 2018年(平成30年)アフガニスタン国家勲章• 2018年(平成30年)土木学会賞技術賞• 2019年(令和元年)アフガニスタン名誉市民権、(没後追贈) 、内閣総理大臣感謝状• 2020年(令和 02年)福岡県県民栄誉賞• 2020年(令和 02年)大牟田市市民栄誉賞• 2020年(令和 02年)福岡市名誉市民• 2020年(令和 02年)古賀市名誉市民 著書 [ ]• 『ペシャワールにて 癩そしてアフガン難民』石風社 1989年• 『ペシャワールからの報告 現地医療現場で考える』河合ブックレット 1990年• 『アフガニスタンの診療所から』筑摩書房 ちくまプリマーブックス 1993年 のち文庫 2012年に一旦絶版、2019年急逝に伴い緊急復刊• 『ダラエ・ヌールへの道 アフガン難民とともに』石風社 1993年• 『医は国境を越えて』石風社 1999年• 『医者よ、信念はいらないまず命を救え! アフガニスタンで「井戸を掘る」医者中村哲』羊土社 2003年• 『辺境で診る辺境から見る』石風社 2003年• 『人は愛するに足り、真心は信ずるに足る アフガンとの約束』聞き手 岩波書店 2010年 出演 [ ]• 「武器ではなく命の水を」(2016年9月10日、) 中村哲を題材とした作品 [ ]• 「アフガニスタンで起こったこと 〜不屈の医師 中村哲物語〜」前、後編 『』2003年24号、25号 関連項目 [ ]• : で同様の海外支援活動を行っている医師。 医学部の後輩に当たる。 : で拉致・殺害された職員。 : 活動に共感した発見者が名づけた小惑星。 2020年6月3日発表。 脚注 [ ] []• 日本語. 時事ドットコム. 2019年12月13日閲覧。 Ghazi, Zabihullah; Mashal, Mujib; Abed, Fahim 2019年12月4日. The New York Times. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月12日. 2019年12月17日閲覧。 九州大学• 九州大学• 日本経済新聞. 日本経済新聞社. 2019-10-10. 2019年12月4日閲覧。 2019年12月5日. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月4日. 2019年12月7日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2019年12月5日. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月5日. 2019年12月7日閲覧。 産経ニュース. 2019年12月6日. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月5日. 2019年12月7日閲覧。 2019年12月25日 「」• 日本経済新聞社・日経BP社. NIKKEI STYLE. 2019年5月30日閲覧。 西日本新聞• アサヒ・コム. 朝日新聞社. 2019-12-04. 2019年12月4日閲覧。 NHKNEWSWEB. 2019年12月4日時点のよりアーカイブ。 2019年12月4日閲覧。 産経ニュース. 産業経済新聞社. 2019-12-04. 2019年12月4日閲覧。 Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2019-12-04. 2019年12月4日閲覧。 デジタル毎日. 毎日新聞社. 2019-12-04. 2019年12月4日閲覧。 テレ朝NEWS. テレビ朝日. 2019-12-05. 2019年12月5日時点のよりアーカイブ。 2019年12月5日閲覧。 AFPBB 2019年12月8日. 2020年4月10日閲覧。 毎日新聞 2019年12月11日. 2020年4月10日閲覧。 西日本新聞2019年12月11日• 朝日新聞2019年12月11日• NHKNEWSWEB. 2019年12月23日. 2019年12月23日時点のよりアーカイブ。 2019年12月23日閲覧。 毎日新聞 2019年12月27日. 2019年12月27日閲覧。 朝日新聞デジタル 2019年12月27日. 2019年12月27日閲覧。 西日本新聞ニュース 2019年12月27日. 2019年12月27日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2019年12月27日. 産経ニュース. 2019年12月27日閲覧。 首相官邸. 2019年12月4日. 2019年12月16日閲覧。 NHKNEWSWEB. 2019年12月5日. 2019年12月16日時点のよりアーカイブ。 2019年12月5日閲覧。 2019年12月6日. 2019年12月23日閲覧。 クリスチャンプレス. 2019年12月11日閲覧。 NHK NEWS WEB. 2019年12月6日. 2019年12月7日閲覧。 堺弘毅『隠された光:わが郷土の民主平和の先達たち』福岡県本部、2009年4月。 2019年12月5日閲覧。 『官報』165号、令和2年1月8日• ペシャワール会 外部リンク [ ]• 中村哲が現地代表となり、パキスタンとアフガニスタンで医療、水源確保(灌漑用井戸掘削・水路建設)、農業支援の活動を行っている。 西日本新聞社•

次の