沢尻 大河。 沢尻エリカさんが大河ドラマ『麒麟がくる』降板の噂?

沢尻エリカ、念願の大河ドラマ初出演!瞳潤ませ「集大成」誓う

沢尻 大河

薬物事件の影響で女優沢尻エリカ被告(33)が降板したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、いよいよ始まる。 だが、一連の騒動で撮り直しと放送開始の延期を余儀なくされただけでなく、前年の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が同ドラマで歴代最低視聴率を記録してしまっただけに、NHKとしてはもう失敗を繰り返したくない。 そこで視聴率アップの秘策として、女優松たか子(42)のサプライズ起用が浮上しているという。 沢尻被告は昨年11月、合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。 翌12月に保釈。 現在は都内の病院で薬物治療をしているとされ、今月31日の初公判を待つ身である。 NHKは、女優川口春奈(24)を代役に抜てきしての撮り直しを余儀なくされ、大混乱に陥った。 再撮の費用は3億円以上に上るとされる。 当の川口は時代劇の経験がないため独特の所作やセリフまわしなど一から演技指導を受けたが、「致し方ないのですが、現場でかなり浮いてしまっているそうです」(ドラマ制作スタッフ)。 やはり演技は沢尻被告と比べて見劣りしてしまうそうで、「信長の正妻役ということもあって気品があるだけでなく強さも必要なのですが、沢尻と違って川口ではそうした強い女性像を出すことができず、かなり心配の声が上がっていると聞きます」(テレビ関係者)。 私生活にもイチャモンがついたという。 川口は、昨年12月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技団体ベラトールの大会にお忍びで来場。 交際相手でRIZINのお祭り男こと矢地祐介(29)の応援に駆けつけたが、「川口がカメラで映されると、会場は騒然となりました。 大河がスタートする前の大事な時期に、危険なイメージがある格闘技の試合会場に足を運んだことは、ドラマにとってマイナスイメージにつながりかねないのではないか…と、NHK局内では心配の声が上がっている」(芸能プロ関係者) また、前年の「いだてん」の二の舞いも危惧されている。 同作は全47話の平均視聴率が8・2%とドンズべリ。 1桁は大河史上初で、もちろん歴代でもワーストを更新した。 松のサプライズ起用だ。 「役どころは未定ですが、松など過去に大河に出演した大物女優を視聴率対策で担ぎ出すのではないか、とささやかれ出しました。 松は大河ドラマ『秀吉』(1996年)で秀吉の側室となる茶々役を演じて高い評価を得ており、今回白羽の矢が立つのではないかと言われています。 ドラマスタート後、沢尻が出ていれば…と言った論調が高まらないためにも初回から高視聴率を取らなければと、スタッフの士気は高まっています」(前同) 今年の大河には、がぜん注目が集まりそうだ。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区).

次の

沢尻エリカ、「麒麟がくる」で大河史上最大級の”艶シーン“を披露か

沢尻 大河

薬物事件の影響で女優沢尻エリカ被告(33)が降板したNHK大河ドラマ「麒麟がくる」が19日、いよいよ始まる。 だが、一連の騒動で撮り直しと放送開始の延期を余儀なくされただけでなく、前年の「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」が同ドラマで歴代最低視聴率を記録してしまっただけに、NHKとしてはもう失敗を繰り返したくない。 そこで視聴率アップの秘策として、女優松たか子(42)のサプライズ起用が浮上しているという。 沢尻被告は昨年11月、合成麻薬MDMAを所持していたとして麻薬取締法違反の容疑で警視庁に逮捕された。 翌12月に保釈。 現在は都内の病院で薬物治療をしているとされ、今月31日の初公判を待つ身である。 NHKは、女優川口春奈(24)を代役に抜てきしての撮り直しを余儀なくされ、大混乱に陥った。 再撮の費用は3億円以上に上るとされる。 当の川口は時代劇の経験がないため独特の所作やセリフまわしなど一から演技指導を受けたが、「致し方ないのですが、現場でかなり浮いてしまっているそうです」(ドラマ制作スタッフ)。 やはり演技は沢尻被告と比べて見劣りしてしまうそうで、「信長の正妻役ということもあって気品があるだけでなく強さも必要なのですが、沢尻と違って川口ではそうした強い女性像を出すことができず、かなり心配の声が上がっていると聞きます」(テレビ関係者)。 私生活にもイチャモンがついたという。 川口は、昨年12月29日にさいたまスーパーアリーナで開催された格闘技団体ベラトールの大会にお忍びで来場。 交際相手でRIZINのお祭り男こと矢地祐介(29)の応援に駆けつけたが、「川口がカメラで映されると、会場は騒然となりました。 大河がスタートする前の大事な時期に、危険なイメージがある格闘技の試合会場に足を運んだことは、ドラマにとってマイナスイメージにつながりかねないのではないか…と、NHK局内では心配の声が上がっている」(芸能プロ関係者) また、前年の「いだてん」の二の舞いも危惧されている。 同作は全47話の平均視聴率が8・2%とドンズべリ。 1桁は大河史上初で、もちろん歴代でもワーストを更新した。 松のサプライズ起用だ。 「役どころは未定ですが、松など過去に大河に出演した大物女優を視聴率対策で担ぎ出すのではないか、とささやかれ出しました。 松は大河ドラマ『秀吉』(1996年)で秀吉の側室となる茶々役を演じて高い評価を得ており、今回白羽の矢が立つのではないかと言われています。 ドラマスタート後、沢尻が出ていれば…と言った論調が高まらないためにも初回から高視聴率を取らなければと、スタッフの士気は高まっています」(前同) 今年の大河には、がぜん注目が集まりそうだ。 (視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区).

次の

沢尻エリカ、初大河で「集大成」 芸歴20周年で信長の妻役

沢尻 大河

沢尻は「芸能生活20周年目に、やっと大河に出演することができました。 本当にうれしい」と感激しきり。 涙をにじませ、声を震わせながら「12歳で芸能界に入って、右も左もわからず、がむしゃらに今まで生きてきました。 この世界で多くのことを経験させていただいて、たくさん失敗や挫折をして、ここまで成長してやってくることができました」と思いを口にした。 続けて「自分が持っているものをすべて捧げたいと思っています。 沢尻エリカの集大成だと思っています」と力を込めた沢尻。 そして「まだまだ至らない点ばかりで足を引っ張ってしまうかもしれませんが、少しでも楽しんで頑張りたいと思っています。 よろしくお願いします」と頭を下げた。 この日は、ほかにも、、、、、、、、も出演することが発表。 そのうち高橋、岡村は沢尻と同じく大河ドラマ初出演となる。 信長の父・信秀役の高橋は「ずっと出たいと思っていたフラストレーションを(発散して)精いっぱい暴れてみたいと思います」と意気込み。 また、初大河となった岡村は「ド緊張しております」と言いつつも「大抜てきでございます!」と満面の笑みを浮かべる。 演じるのは光秀が美濃で出会う三河出身の農民・菊丸で「堺(正章)先生から『あなたの役は、はまならなければすぐ死んじゃうよ』と言われたので、最後まで出続けられるよう頑張りたい」と冗談を交えながら力強く宣言した。 (取材:錦怜那) NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は2020年1月より放送開始.

次の