キャラバン ロイヤル。 日産・キャラバン

キャラバンコーチ E24系の中古車を探すなら【グーネット中古車】|日産の中古車情報

キャラバン ロイヤル

概要 [ ] 型の(1・4ナンバー)とコーチと呼ばれる(2ナンバー)、ワゴン(3・5・7ナンバー)が販売されているほか、にとして供給されていた。 が長年の競合車種である。 E24型までは完全なであったが、E25型からは衝突安全基準の見直しで、を設けた1. 2BOX型となった。 縦置きトーションバースプリングのフロントサスペンションと、の式リアサスペンションをもち、ブレーキはフロント側が、リア側がである。 との設定がある。 海外ではURVAN(アーヴァン、E26は「NV350 URVAN」)という名称で販売されており、、、、、向けは日本からされ、、、諸国では現地生産されている。 ライバルのに比べ、がやや長く、リアが短い設計でと、二社のこの思想の違いは次世代以降にも引き継がれることになる。 2月 E20型を発表。 標準ボデーとロングボデーの2種類。 エンジンは1,500ccのと1,600ccのJ16型の2種類。 1月 車名のみを変更した(販売会社、ではキャラバンを販売)向けのキャラバンのとして「」が発売。 なお、ホーミーは旧プリンス時代のに初代が登場している。 バンとコーチはにより昭和50年適合。 J16型エンジンを廃止(J15型エンジン搭載車は79年まで継続)、 2,000ccガソリンエンジンへ変更される。 3月 一部改良。 コーチは昭和51年排出ガス規制(C-KPSE21型)に適合。 全車フロントシートベルト(中央席を除く)をELR装置付きに変更、電装系ではリアワイパー・パッシングライト装置を新設し駐車灯を左右同時点灯方式に変更。 5月 初のマイナーチェンジ。 外観ではを一新、室内ではが扇型から角型になり、同時にのデザインも変更される。 2,200ccとハイエースに対抗したハイルーフのバンを追加。 同時にマイクロバスはハイルーフ化。 4月 バンはガソリン・ディーゼル共に昭和54年排出ガスならびに騒音規制(E21型)に適合する。 J16型ガソリンエンジンがJ15と代わるかたちで復活する。 同時にコーチのガソリンエンジン搭載車は昭和53年排ガス規制適合(E22型)のZ20型(105馬力のシングルキャブレター仕様)に変更される。 フロントウインドシールド、フロントドアおよびドアガラスは後にデビューする「」と共通で、ドア裾のホイールアーチの大きさのみが異なる。 ホーミーとの違いは横基調ののみ。 8月 E23型にモデルチェンジ。 搭載エンジンは乗用モデルのコーチには直列4気筒・ガソリンエンジンと直列4気筒・の2機種、バンには直列4気筒・およびガソリンエンジンとディーゼルエンジンが設定された。 SD22型ディーゼルエンジンは燃料をE20系時代の列型から軽量、安価な分配型に変更し、特性も旧型より多少高速化している。 バングレードにおいては、前列中央席の座面を跳ね上げると運転席から直接ラゲッジスペースへと移動できるという機構が採用された。 このE23型になってディーゼル車はオーバードライブを持った5速ミッションに改められた。 グリップと対転がり抵抗に優れるが設定された。 バンの最上級グレードであるGLには他者に先駆けてがオプション設定され、加えてハイエースより遅れたものの、フロントベンチレーテッドも設定されるようになった。 コーチにはニッサンマチック()、電動、、回転、派手ななどの設定があり、装備の充実を図ると共に化が進んでいった。 この代からエアコンも従来の吊り下げ式クーラーからヒーター組み込み型のマルチエアコンになる。 しかし、バングレードでは先代モデル末期に標準装備化されたELR機能付き3点式がGL仕様のみの設定となる等の変更もなされた。 7月 コーチSGL「シルクロード」発売。 エンジンはZ20型。 ミッションはOD付5速MT、3速フロアAT。 東京地区標準現金価格は8人乗りSGLシルクロードで1,752,000円、7人乗りSGLシルクロード サンルーフ・リムジン仕様車 で2,011,000円。 1981年10月 第24回に「キャラバン フレグラント」を参考出品。 「ビジネスエリートのための動く専用室」とのコピーを与えられ、キックアップしたルーフにより室内高を拡大し、セカンドシート以後をソファーへ変更する。 後の「ロイヤル」や「 ロイヤルライン」に通ずるコンセプトである。 5月 一部変更で運転席ドアの(元々はめ殺しで開閉しないものだった)が廃止、メーターパネルのデザイン変更、バンのディーゼルエンジンはこの時、へ更新された。 新たに設定されたSD23エンジンは、それまでのとはほとんどが別物(正確にはのボアアップ版であり、が5化される等大幅な設計変更がされた)でハイエースのと比較すると相変わらず低回転域のを重視したものであったが、時代にあった性能に進化していた。 ニッサンマチック()も設定されたがオーバードライブを持たない旧式な3速式であった。 バン系は一部のグレードを除いてラジアルタイヤが標準装備化された。 セカンドシートをキャプテンシートとし、7人乗りとした「シルクロードリムジン」を追加。 コーチのディーゼル車はが付き、に変更。 その他モデルもディーゼル車の昭和57年排出ガス規制適合。 バンのガソリン車は56年排出ガス規制適合と同時に、H20からに変更。 Z型を名乗るが、用ということで排ガス規制が緩く、シングル式のと、の組み合わせである。 4月 マイナーチェンジでフロントグリルの変更。 コーチSGL系は角形4灯および大型を採用し、精悍な面持ちとなった。 SGLシルクロードとGLの間に角形4灯ライトの「FL」を設定。 「ロング10人乗りDX」を追加。 合わせて快適性に優れる、経済性に優れるラジアルタイヤ、安全性に優れる運転席・助手席ELR機能付き3点式シートベルト、フロントベンチレーテッドの拡大採用が行われ、商品性の向上に努めた。 また、バンのガソリン車はを持つ5速に改められた。 1985年5月 8人乗りに「SGLシルクロードリミテッド」を追加設定。 4L KA24DE 3L 直4 ディーゼル 2L 2. 3L 2. コーチ(乗用モデル)のキャッチコピーは「ROYAL1BOX CARAVAN」。 当初は「シルクロードリムジン」が最上級グレードであり、デジタルメーターが装備された。 搭載エンジンは、コーチがZ20型ガソリン、及びLD20T・II型のディーゼル、バンがTD23型ディーゼルエンジン、Z20型ガソリンエンジンとなった。 同時に荷室左側の窓を大型化したエポックメイキングなモデル、「ビックリウインドウ」がロング平床バンDXに設定された。 MT、AT車共にすべてになった。 AT車はオーバードライブ付4速式にアップデートされた。 2月 バンに全高を2,400mmにアップしたスーパーハイルーフを追加。 1987年10月 ディーゼルエンジン搭載のパートタイム車とリヤのを350mmしたスーパーロング(バンと15人乗り)を追加。 既存モデルは一部変更。 シルクロードにを標準装備した。 1月 特別仕様車シルクロード リミテッド88を地域限定発売。 1988年8月 特別仕様車シルクロード、シルクロードブラネタルーフ発売。 1988年10月 コーチにガソリン(2WD)、TD27Tディーゼルターボ(2WD・4WD)を搭載した「 GTシリーズ」(ガソリン車のみ3ナンバー登録)を追加発売。 キャッチコピーは「1BOX INNOVATION」。 グレードは「GTリムジン」「GT」の2つのみで同社のに設定された「クルージング系」と共に、走行性能を意識した1BOXの登場といえるものであった。 これにより「シルクロードリムジン」は廃止された。 商用系のディーゼルエンジン車はTD27型に統一。 8月 「GTクルーズ」を追加。 10月 マイナーチェンジ。 コーチ系は「GTリムジン」と「GTクルーズ」に搭載されていたをTD27Ti()に変更するとともに(コーチのTD27T搭載車は「GT」のみ存続、5ナンバーのまま)、コーチはフロントグリルの形状変更(DX除く)やの大型化(DXとGL除く)が行われ、8人乗りモデルの最上級グレードとして「リムジン」とE23型以来の7人乗りモデルであり、コーチ系の最上級グレードであるロングボディでキャプテンシートを持つ「ロイヤル」がそれぞれ設定される。 この2つのグレードには当時の1BOX車としては初めて本革シートがオプション設定された。 また、バンはコーチ・シルクロードと同等の外装、装備を持った「VX」を追加した。 バンのガソリンエンジンがからに、コーチの(2WD車)は(85馬力 にそれぞれ変更された。 また、NA20S車にはロックアップつきのATが新設定された。 11月 コーチを一部変更。 装備品の見直しで値段を下げたサンルーフ付の「GTクルーズS」とサンルーフなしの「GTクルーズS Limited」を追加し、の手による特別仕様車「フウライボウ」のベース車を「GTクルーズS」へ変更。 「シルクロード・プラネタルーフ」は廃止。 8月 コーチを一部変更。 ラジエータグリルの意匠変更のほか、ディーゼルターボエンジンをTD27Ti型からTD27ETi型へ変更。 コーチのガソリン車はV6のみに集約。 「GTクルーズSプラネタルーフ」を追加と同時に「シルクロード」は消滅。 「フウライボウ」のベース車を「GTクルーズSプラネタルーフ」へ変更。 全車運転席エアバッグを標準装備した。 同月、への供給を開始。 当初の名称は「」だった。 搭載するエンジンはTD27ETi型(LS)、およびTD27型(LDロングボディー)の2機種。 キャラバンとホーミーの外観の違いはラジエータグリルが異なる程度である。 9月 バンのAT車に新型ディーゼルエンジンのが追加された。 TD27よりも排出量が激減した。 ただしが付いていないのでパワフルになったわけではない。 5月 乗用専用モデル「キャラバン・エルグランド」「ホーミー・エルグランド」登場(7月、車名を「」に統一)。 E24型乗用モデル(コーチ)は継続生産となったが、グレードの大幅縮小(GLとDXのみ)が行われた。 またバンはVXを除きフロントフェイスを一新し、コーチの初期型に近いものとなり、内側にが追加された異形ヘッドランプとなった。 MT車のディーゼルエンジンもQD32へ変更された。 ガソリンエンジンはNA20のまま。 このマイナーチェンジで車種記号が日産共通の18桁化された。 6月 マイナーチェンジに伴いホーミーをキャラバンに統合。 同時に乗用モデル「コーチ」設定廃止。 商用及びマイクロバスのみの展開となる。 搭載エンジンは直列4気筒DOHC KA20DE型、KA24DE型および直列4気筒OHVディーゼル QD32型の3機種。 0 TWINCAM」、「2. 4 TWINCAM」、「3. 2D」のエンジンを表すデカールがテールゲート下に貼られることになった。 ガソリン車のATが4ATからE-ATになった。 バンの2WDの平床仕様はサスペンションの改良とホイールの15インチ化で積載量を1,250kgに増量。 1999年12月 オーテックジャパンによる「キャラバンCNGV」を追加。 3月 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 4月 4代目とバトンタッチして販売終了。 荷役の他、対面販売や宣伝用途も考慮されたこの窓は荷室側面の雨といとスライドレールの間がほとんどガラス張りという大胆なスタイルであったが、車外からの施錠・開錠と開閉に対応する鍵穴と取っ手も備わっており、実用面での抜かりも無かった。 ただ、中古車市場においても、街中においても見かけることは滅多にない様であり、販売台数は極端に少なかったものと予想される。 この時期の日産社内ではパイクカー計画も進行中であり、デザインを統括していたの下、これ以降、商用車においても、や、アトラスロコといった、日本車離れしたスタイルのクルマを積極的に投入していく。 5という超扁平小径ワイドタイヤで、このサイズも国内初登場であった。 4L KA24DE 直4 2L KA20DE 直4 2L 直4 2. バン(1・4・8ナンバー)およびマイクロバス(2ナンバー)のみとなり、ロングボディとスーパーロングボディを設定。 を確保しつつも、ロングボディは4ナンバーサイズ(全長4. 7 m以下)に収められている。 搭載するエンジンは全て直列4気筒DOHCのKA24DE型、KA20DE型、および直噴ディーゼルの3機種。 当初GXとDXのはオプション設定だったが後に標準装備となる。 AT車は全車コラムシフト、MT車は全車フロアシフトの設定。 (コラムシフト車の設定は、先々代のE23型以来である) クラッシャブルゾーンを確保した関係から、荷室長が先代比200mm減の2,800mm となり、の乗車も12人へ減少した。 2001年(平成13年) E25型発売。 いすゞへのOEMモデルは「」に名称変更。 2001年(平成13年) サッカー日本代表チームのユニフォームと同じジャパンブルーの車体色、「Japan national team」のステッカー等を装備した限定車「サッカー日本代表モデル」を50台限定で発売。 2001年(平成13年) 「10人乗りコーチ」(3ナンバー)追加。 搭載するエンジンはKA24DE型。 オーテックジャパンの手による「ジャンボタクシー」を設定。 (平成14年)1月 オーテックジャパンの手による5ナンバーサイズのを設定。 2002年(平成14年) 2WDのオートマチック全車に、ZD30DDTi型直噴ディーゼルターボエンジン搭載車を追加。 4WD車はオーテックジャパンの手により設定。 ハイエースが100系中期以降(8月)から既にフルタイム式を採用している一方、先代同様にパートタイム式を用いている。 ZD30DDTi搭載車は、エンブレムの表記が以前の「3. 0Di」から、「3. 0Di INTERCOOLER」に変更。 2002年(平成14年)10月 第36回東京モーターショー(商用車)に「キャラバンデリバリーバージョン」、および「キャラバンCNG車」を出品。 (平成15年) マイナーチェンジ。 内外装を一部変更、仕様・装備を見直した他、8人乗りコーチ(乗用モデル)のシルクロードを追加。 シルクロードは8年振りの復活である。 2003年(平成15年) 日産車体により、子会社であるが販売している「キャラバン救急車」をベースとする(重症急性呼吸器症候群)患者対応救急車をに寄贈。 2003年(平成15年) オーテックジャパンの手により、バンにを設定。 E24型のCNG車に対し、ガスタンクを小径とし、床下に複数搭載する方法に変更している。 エンジンはKA20DE型をベースとしている。 (平成16年) 一部改良。 ディーゼルエンジンをZD30DDTi型のみとして出力向上。 バンGXの内外装デザインを変更し、5ドア車を追加設定。 2004年(平成16年)10月 第38回東京モーターショー(商用車)に「キャラバン ボックス イン ボックス」を出展。 (平成17年) マイナーチェンジ。 フロントグリル、フロントバンパー、ヘッドランプのデザインを変更し、フロント部分のデザインを一新。 同時にヘッドライトレベライザーを全車に標準装備した。 (平成19年) 一部改良。 ディーゼルエンジン搭載車の新長期排ガス規制適合に加え、ガソリンエンジン搭載車のエンジンをQR型に変更、5速オートマチック車の採用(ガソリン車)が行われた。 が全車標準装備となる。 (平成19年)11月 特別仕様車「スーパーGX」を設定。 シルクロード同様の分割スライドとを採用したセカンドシート、カプロン加工等を装備。 パーソナルユーズを意識したグレードとなった。 (平成21年) 仕様向上。 特別仕様車として発売されていた「スーパーGX」をカタログモデルに昇格し、「スーパーDX」を廃止。 外装面では「DX」にカラードバンパーとフルホイールカバーを、バンとコーチの「GX」にカラードフィニッシャーをそれぞれ標準装備化し、「GX」と「スーパーGX」専用ボディカラーを追加。 さらに、バン全車にはを追加すると共に、バン「DX」は助手席SRSシステムも標準装備化された。 尚、これを機にシルクロードは廃止された。 2009年(平成21年) 特別仕様車「DX V-Limited」を設定(発売)。 バン「DX」をベースに、・バックドアアウターハンドル・電動格納式リモコン広角ミラーなどにメッキパーツを採用し、力強いエクステリアを採用すると共に、内装にもフロント・セカンドシートにスエード調トリコット生地を採用して質感を向上すると共に、助手席パワーウィンドウ、プライバシーガラスなどを装備し、機能性を高めた。 2010年3月までの期間限定販売。 ボディカラーは専用色の「ミスティックブラック」を含む4色を設定した。 (平成22年) 仕様向上。 バン「DX」の2列目シート機構を見直し、2列目シート乗車時でも6尺合板の積載を可能とした他、バン「GX」・「スーパーGX」のインパネをシルバー塗装に統一するなどの変更を行った。 また、バンのQR20DE型エンジン搭載車は「平成27年度燃費基準」を達成したことで、環境対応車普及促進税制に適合した。 同時に扱いの福祉車両「」にはコーチをベースに電動式スライドステップや乗降用大型手すり等を装備した「アンシャンテ 送迎タイプ」を新たに設定。 「チェアキャブ」は車いす固定フックの形状を変更し、使い勝手を向上した。 2010年(平成22年) 新たに「」に対応したZD30DDTi型ディーゼルエンジン車を追加。 合わせて、2010年1月に発売した特別仕様車「DX V-Limited」のバージョンアップ仕様である「DX V Limited II」を発売。 基本的な装備内容は「DX V-Limited」と同等だが、ボディカラーに専用色の「ディープカシス」を追加した。 2012年 平成24年 NV350キャラバンに改名した5代目と入れ替わって生産・販売終了。 詳細は「」を参照 11年ぶりとなるフルモデルチェンジを発表し、同日より販売開始(当初はガソリン車のロングボディ・標準ルーフ仕様のみ、ディーゼル車とスーパーロングボディ・ハイルーフ仕様は7月13日販売開始)。 同時に車名を「 NV350キャラバン」に改名した。 なお、チーフデザイナーは(NV200)も担当した倉岡亨一であり 、両サイドのプラグ式ウインドウも引き続き採用されている。 車名の由来 [ ] 車名の由来は、「」の意味。 5代目のNVは「日産( Nissan)のバン( Van)」、350は「3,500kgクラス」を意味する。 尚、(日本名・・ボイジャー)とは一切関係ない。 派生車種 [ ]• () 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 社団法人自動車工業振興会『自動車ガイドブック・1983-1984』、1983年10月28日。 2018年5月29日閲覧。 リクルート株式会社 2020年1月18日. 2020年1月18日閲覧。 - (2012年 6月 15日版)2018年5月14日閲覧• - 日産自動車 ニュースリリース 2012年6月15日• 2012年6月19日• 日産自動車 公式サイト内 2012年6月15日(2012年6月19日 閲覧)• [ ] 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 公式サイト• 日産香港公式サイト•

次の

【カーセンサーnet】「キャラバン ロイヤル」の関連情報 | 中古車ならカーセンサーnet

キャラバン ロイヤル

私が言っているのは所詮「純正」アンプと「純正」スピーカーですし、低年式ならばスピーカーもそれなりにヘタってしまっているのでオススメしない。 というだけです。 鳴らす鳴らさないはそれぞれ個人の感覚で決めれば良いと思います。 少々キツイ言い方をしますが勘弁して下さい。 まず何を聞きたいのか何がしたいのかよくわかりません。 嫌な音が出ていればつぶすでしょうし、いい感じならさらに・・・とご自分で判断出来るでしょうから。 この時点でご自分で外して確認したり実際に音を出してみるという作業をせずに教えて君になっているように感じます。 私は「壊れている」とは言い切っていません。 可能性があるとは言いましたが。 もうひとつ。 「通常」って何ですか?あなたの通常が全世界の通常とは限りません。 まぁそう聞かれても答えは「わかりません(^^;」なんですけどねorz ご自分で整備士をなさっていると書かれたのですから、なんの資格も無い私よりも車を触る事に関しては慣れているはずでしょう。 でしたらまずは音が出る状態にしてみて下さい。 誤解の無いように言いますが、決して喧嘩を売っているわけでも偉そうに講釈垂れているつもりでも無いです。 むしろこういう場で同じ24を好きな方々とお話が出来るのは嬉しいですしお話をすること自体も大好きです。 長文、乱文な上に失礼な発言をしているかもしれないので、この書き込みでまさきさんとここをご覧の皆様に不快な思いをさせているかもしれませんよね。 本当にすいません。 自分も含め皆さんが24という車で快適にいつまでも過ごせるようになればいいなと思っています。 失礼致しました。 音を出してみて何かあればまた聞いてくださいね(^^ ロイヤルでは純正でフルレンジが6個、ウーハーが2個着いていますのでリア側を鳴らしてみて気に入ればウーハー追加等しなくても良いので是非お試しください。 kenwood. html こんな感じの天井等から吊り下げるスピーカーです。 大体どのメーカーのサテライトでもほぼ車体無加工で吊り下げられるようになっているので配線さえ引っ張ってくれば手軽に装着出来るますし、音場も上がるんで良いですね。

次の

日産・キャラバン

キャラバン ロイヤル

私が言っているのは所詮「純正」アンプと「純正」スピーカーですし、低年式ならばスピーカーもそれなりにヘタってしまっているのでオススメしない。 というだけです。 鳴らす鳴らさないはそれぞれ個人の感覚で決めれば良いと思います。 少々キツイ言い方をしますが勘弁して下さい。 まず何を聞きたいのか何がしたいのかよくわかりません。 嫌な音が出ていればつぶすでしょうし、いい感じならさらに・・・とご自分で判断出来るでしょうから。 この時点でご自分で外して確認したり実際に音を出してみるという作業をせずに教えて君になっているように感じます。 私は「壊れている」とは言い切っていません。 可能性があるとは言いましたが。 もうひとつ。 「通常」って何ですか?あなたの通常が全世界の通常とは限りません。 まぁそう聞かれても答えは「わかりません(^^;」なんですけどねorz ご自分で整備士をなさっていると書かれたのですから、なんの資格も無い私よりも車を触る事に関しては慣れているはずでしょう。 でしたらまずは音が出る状態にしてみて下さい。 誤解の無いように言いますが、決して喧嘩を売っているわけでも偉そうに講釈垂れているつもりでも無いです。 むしろこういう場で同じ24を好きな方々とお話が出来るのは嬉しいですしお話をすること自体も大好きです。 長文、乱文な上に失礼な発言をしているかもしれないので、この書き込みでまさきさんとここをご覧の皆様に不快な思いをさせているかもしれませんよね。 本当にすいません。 自分も含め皆さんが24という車で快適にいつまでも過ごせるようになればいいなと思っています。 失礼致しました。 音を出してみて何かあればまた聞いてくださいね(^^ ロイヤルでは純正でフルレンジが6個、ウーハーが2個着いていますのでリア側を鳴らしてみて気に入ればウーハー追加等しなくても良いので是非お試しください。 kenwood. html こんな感じの天井等から吊り下げるスピーカーです。 大体どのメーカーのサテライトでもほぼ車体無加工で吊り下げられるようになっているので配線さえ引っ張ってくれば手軽に装着出来るますし、音場も上がるんで良いですね。

次の