ペット ボトル 潰す 道具。 ペットボトル潰し器 便利だが使い方に注意

1.5リットルのペットボトルをハサミで限界まで潰す方法を紹介

ペット ボトル 潰す 道具

100均(ダイソー)にペットボトルつぶしは売ってるのか? 道具を使うと言ってもできるだけ安く抑えたいのが人情ですよね。 そこで、まずは身近な100均にペットボトルつぶしが売っているのかを確認してみました。 結果、ない! 残念ながら100均(ダイソー)にはペットボトルつぶしは売っていないようです。 (あくまで当サイト調べにはなりますが) ただ、調べていく中で100均に売っている空気抜きを改造して使っているという人はいました。 参考: ただ、正直改造するのが非常に面倒そうな印象です。 笑 これなら多少高くてもペットボトルを潰す専用道具を購入した方がよいというのが筆者の意見です。 自分の力で目に見えて潰れていくペットボトルに快感を感じて、やみつきになるかも? 笑 です。 【口コミ】 「男性向きかも・・・」 思ったよりも丈夫で毎日2~3本潰して半年ほどになりますが、まだまだ使えそうです。 非常に惜しい点が1つ、潰す際に足で踏むペダル部分の裏側にペットボトルや空き缶のフチをはめ込む溝があるのですが、上から見ているとそこにピッタリとハマったのかが判りにくい点です。 材質的に可能であれば、赤のペダル部分をクリア樹脂等にして、ペダル上部から溝にはまったかどうか見えたらさらに使いやすくなると思います。 ちなみに、キチンと溝にはまっていない状態でペダルを踏むとまっすぐ潰れず、へんな形でひしゃげたり、ペットボトルが横にずれて外れてしまいます。 「ぺんてる 」空き缶ペットボトルつぶし マルチプレス こちらも成果が目に見えてわかるタイプです。 どっしりとした作りになっているので、ペットボトルだけでなく丈夫なアルミ缶も簡単に潰せます。 ただし、ペットボトルを寝かせて置くので、ペットボトルがペラペラにはなりますが、コンパクトにするには、折り畳みながら繰り返さないといけません。 【口コミ】 「ままこ」 硬めのペットボトルは上手く潰れないことがあるが、アルミ缶を潰した時の「踏みつけ具合」というか「踏み込み具合」「踏み心地」たまりません。 目的はゴミを減らすために購入しましたが、ある意味ストレス解消にもなっています。 ペシャっといって最高! 「inuukist」 ゴミ袋が高く小さくなったので、こいつでごみ減量を目指した。 その他、もっと商品もあったが日本製であり、レビューを信用して選択。 結果、すごい効率が良く、気持ちよく一度でアルミ缶、アルミボトルがぺしゃんこに。 テコの原理でスチールも行けるが、こちらは力いりそうなので、旦那に依頼、二回位置を変えて踏んでちゃんと潰れた。 「サンスター文具」万能分別はさみ TV番組 「ヒルナンデス」で紹介された人気商品です。 ペットボトルを潰すというより、バラバラにする!• 牛乳パックを切る• ペットボトルのリングを外す• キャップの注ぎ口を外す• ペットボトルを切る• スプレーなどのガス抜き• フィルムはがし• 瓶などのウチブタはがし• スチール缶を潰す• アルミ缶を潰す• ラベルなどのシールはがし …など色々な使い方ができるゴミの分別にも万能なハサミです。 足で踏むタイプより時間はかかりますが、完璧な分別ができますね! 【口コミ】 「 色んな使い方ができそうです」 よく考えて作られてます。 ペットボトルを分解する為に買いました。 角度が悪いと、握力が必要とされることがたまにあるので、その点が改善されると良いと思いました。 「あの煩わしさからストレスフリーにはなれます」 ヒルナンデスを観て、これは便利と思って検索し、購入しました。 100均には真似できない質の良さとアイデア商品。 「注意しないと指をケガします」 他の方のレビューにもありますが、右手でこりハサミを持ち、左手でペットボトル本体を支え持つとき、ハサミに力を入れると滑ってしまい、結構危険です。 もっと安全に使えるよう、是非とも工夫してほしいです。 1本で色々な機能を持たせるために無理していないでしょうか? 手の力が弱い女性や子供でも使いやすいように、持ち手のハンドレバーは女性達でも握りやすいボール形状になっているので力がいりません。 まさに、家庭の様々な処理をする女性のために考えられた商品で、お値段が家計に優しいのも人気の一つです。 【口コミ】 「ゴミ袋の節約になります」 いままで潰さないでゴミ出してたのですぐに袋にいっぱいになってました。 こちらの地方はゴミ袋すべて有料なのでちょっともったいないと思ってました。 確かに小さいボトルやホット対応の丈夫なペットボトルは完全に潰れませんがそのままよりも遥かにマシ。 踏んだり手で潰すよりは遥かに効率的ですし、なにより楽しいです。 「面白いくらいペコペコ縮む」 見た目は百均のおもちゃみたいですが、 使ってみるとパワフルです。 ぺっとぼの口にピタッとハマり、外れません。 あとは丸い取っ手を前後させるだけで面白いくらいペットボトルが縮んで行きます。 まあ、耐久性とかはなさそうなので、壊れたら買い直します。 あと、夜はペコペコうるさいかもしれないので昼むきですね。 「思ったよりも…」 ペットボトルの種類によってとても良く潰れて小さく出来るものと殆ど何も変わらないのとがあるので、買って損したまでとは思いませんが、満足とも言えず微妙ですね。 スポンサーリンク お金をかけたくないならコレ!掃除機でペッタンコ! 最後にご紹介するのは、お金をかけずに 自宅にある掃除機で吸い込むだけ! 原理は先にご紹介した「吸いまっせ! 」と同じですが、電動なのでラクかも?ですね。 掃除機の吸込み口は奥までキッチリ差し込まず、すき間を開けて手で押さえながらする方が、掃除機へのダメージがないようです。 ペットボトルをコンパクトにすればゴミ袋が節約できて、多少なりとも家計に嬉しいですね。 そこで、もう一つ家計に嬉しい「お得な」ペットボトルの捨て方をご紹介します。 500リサイクルポイントためると50nanacoポイントと交換してもらえますよ。

次の

ペットボトルの正しい捨て方!潰すのと潰さないのはどっちが正解?

ペット ボトル 潰す 道具

お役立ち 2018. 17 Tsuyopon ペットボトルの潰し方・圧縮の仕方!「吸いまっせ」や熱湯がおすすめ? 飲み物を買う時、ペットボトルの容器はとても便利ですよね。 すぐに飲めるし、キャップをしめられるので保存も簡単、丈夫で落としたくらいでは割れません。 便利だからこそペットボトルを買う機会は多いのですが、問題は使い終わったペットボトルを処分する時です。 台所に溜まった空きペットボトルを捨てる際、かさばって袋詰めも運ぶのも大変だった経験、ありませんか? でも、その悩みは結構簡単に解決するんですよ。 ずばり、 ペットボトルを潰したり、圧縮したりすれば良いのです。 そこで本記事では、 ペットボトルを潰したり圧縮する様々な方法を、ご紹介します。 どの方法も、ご家庭でできるものとなっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 ペットボトルは捨てる時に潰す必要はある? 引用元: さて、さっそくペットボトルを潰す方法をご紹介したいのですが、その前に皆さんに確認してもらいたいことがあります。 それは 「ペットボトルを潰してよいのか?」という事です。 本記事を読んでくださっている方は、ペットボトルを潰す方法を探していると思いますが、 ペットボトルを捨てるにあたり、場合によっては潰してはいけない時があるので注意が必要です。 ペットボトルを潰してはいけない場合 ペットボトルを潰してもよいのか。 その判断は、 皆さんがペットボトルを処分しようとしている方法(回収業者)により、変わってきます。 ペットボトルを処分する方法で、最もメジャーなのは以下の2通りになるでしょう。 例えば、「ラベルをはがす」「キャップを分別する」などは、よくあるルールになりますね。 ここに、「潰してはいけない」というルールがあった場合、注意が必要です。 「潰した方がまとめられるし、出しやすいから…」と個人の都合で潰してしまうと、 最悪の場合、回収してくれない可能性があります。 逆に「ペットボトルは潰しましょう」というルールの場合もありますので、自治体や業者の都合により様々の様ですね。 スーパーなどの資源回収ボックスも同様に、捨てる際のルールがある場合があります。 どちらの場合でも、 回収のルールとしてペットボトルを潰してはいけない場合、潰すのは諦めましょう。 ペットボトルを潰す前に、「自分の処分方法では、ペットボトルを潰してもよいのか」を確認しておく必要がありますね。 それでは、ペットボトルを潰す様々な方法をご紹介していきましょう。 ペットボトルの潰し方1:手・足で潰す まず、ご紹介する方法は、自分の手や足を使って潰す方法です。 いきなり原始的な方法ですみません。 でも、 手や足で潰す方法は、何の道具もいらない最も手軽な方法であることは事実です! これ以降にも様々な方法をご紹介しますが、何かしらの「道具」を使う方法が多いです。 「道具を用意するのが面倒だ」という人にとっては、 結局、自分の手足で潰すのが、最も簡単だったりするのです。 手足でつぶす方法でも、ちょっとしたコツで、簡単に小さく潰すことができます。 それは、 全体を潰した後に、底と上部を横に折りたたむようにすること。 こうすることで、元の形に戻りにくく、コンパクトにもなるんですね。 また、 力に自信のない人でも、足でなら簡単につぶせることが多いですよ。 その場合でも、まずは横から全体を平らに踏み潰し、その後、底を折りたたむようにして踏みつぶしましょう。 では、この方法のメリット・デメリット・おススメの人をまとめます。 メリット:簡単で手軽。 道具が必要ない。 デメリット:ある程度の力が必要。 大きくて固いペットボトルは、さらに力が必要。 たくさんの数を潰すのには時間がかかり疲れる。 おススメの人:力に自信のある人。 少ない数を手軽に潰してしまいたい人。 ペットボトルの潰し方2:水と大気圧を使って潰す 続いても、道具を使わずに、手で潰す方法となります。 ただし、手だけではありません。 この方法では、 「水」を使ってペットボトルを素早く簡単に潰すことができます。 水と大気圧の力を利用することで少ない力で素早く潰せるほか、 洗うことと潰すことが一緒にできるので時短にもなりますね。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 よって、 飲み口から空気が入ってきてしまうとダメです。 空気が入るより早く、水が勢いよく出ていく間で一気に潰すのがポイントです。 500mlの場合、最初は胴体を一気に潰していきながら、底も早めに潰すとよいでしょう。 また、大きなペットボトルを潰す際は、底から潰していくと成功しやすくなります。 便利な方法ですが、 水が勢いよく出て飛び散りやすいので、狭い洗面所などで行うと悲惨な事になるかもしれません。 最初は、風呂場など広く濡れてもよい場所で試すのをおススメします。 注意点としては、 掃除機はあくまでペットボトルを潰す補助をしている点です。 掃除機が空気を吸いだす力のみでペットボトルを潰す訳ではありませんので、やり方を間違えないようにしましょう。 例えば 掃除機とペットボトルのつなぎ目をテープなどで完全に密着してしまうと、掃除機に大きな負担がかかってしまいます。 万が一、掃除機が壊れなどしてしまったら、大変なことですからね。 しかし、やり方さえ間違えなければ、簡単にペットボトルを潰せることに間違いはありません。 掃除機が既にあって、余計な出費をしたくない場合、おススメの方法ですよ。 メリット:力を必要とせず潰しやすい。 掃除機があれば、新しく道具を買う必要がない。 デメリット:潰したい時に、掃除機を準備しなければならない(特にコードレス掃除機でない場合は面倒)。 やり方を間違えると掃除機に負担がかかる。 おススメの人:ペットボトルを楽に潰したいが、専用の道具は買いたくない人。 コードレスタイプや、ハンディタイプなど、手軽に使える掃除機がある人。 ペットボトルの潰し方4:熱湯を使って潰す 続いての方法は、少し特殊な方法です。 なんと、 「熱湯」を使ってペットボトルを潰す方法なんです。 「熱湯を使う」と聞くと、熱湯で溶かすとか柔らかくするのかな、と思うかもしれません。 しかし、そうではなく、熱湯を利用した「大気圧の力」でペットボトルを潰すのです。 詳しいやり方は、コチラの動画をご覧ください。 実際には一瞬とはいきませんが、自分で力を加えることなく潰せるのはすごいですね。 お湯を捨ててフタを締めた後、すぐに水につけるなどして冷やすと、もっと速く潰すこともできます。 ただ、その場合、火傷や水の飛び散りに十分注意してくださいね。 また、 あまり熱すぎる熱湯を使うと、ペットボトルの種類によっては変形などが起きる可能性があります。 この方法は、お湯さえ準備できれば特別な道具は必要ないですし、仕組みとしては面白いやり方ではあります。 とは言っても この方法、実際に家庭で使えるかというと、かなり機会は限られますよね。 たくさん潰さないといけない場合、時間が限られている場合などに、わざわざお湯を沸かすところから始めていられません。 他で使用したお湯が余っていたりなどすれば、行ってみてもよいかもしれませんね。 しかも、 1000円以下という安さは、この後にご紹介する専用道具の中でも、群を抜いて安いです。 これなら、たとえ壊れてしまっても気軽に買い替えが可能ですね。 ただ、レビューの中には「使いにくい」という意見も見られます。 特に、 「空気を抜いて圧縮しても『吸いまっせ』を外すと元の形に戻ってしまう事がある」という点は、気になる部分です。 実際、パッケージ裏の商品説明にも、潰した後は元の形に戻らないようフタをしめて保管するように書かれています。 しかし家庭で分別する場合、そのまま資源ゴミとして出せるよう、ペットボトルのフタは外して保管している方が多いと思います。 ゴミを出す際に、わざわざ潰したペットボトルを全部出して一つずつフタを取るのは、かなり面倒でしょう。 吸いまっせを使う場合、潰すだけでなく、その後の処理もイメージしておいた方が良さそうですね。

次の

ペットボトル圧縮機の家庭用なら100均より吸いまっせが値段も手頃でオススメ!

ペット ボトル 潰す 道具

固定観念をとっぱらう ペットボトルというのは、アルミ缶と違って凹(へこ)ませづらいですよね。 手でベコッと押しても、元に戻る力があります。 だから、「ペットボトルは手で凹ませられない」。 そう思いこんでしまっている人も多いんじゃないでしょうか。 ところがどっこい。 実際に、画像でビフォーアフターを紹介します。 先ほどのペットボトル11本分。 それを、用意した袋に詰めたのが下図です。 もう いっぱいいっぱいの状態。 なんとか上のヒモが結べました。 その後、袋から全てのペットボトルを取り出して、手でつぶしました。 それを再度、袋詰めしたのが下図です。 かなり 余裕ができました。 わかりやすくするために、上記2つの画像を左右に並べてみましょう。 頑張ったんですが・・・。 感覚で言うと 手で凹ませてから袋づめすると、 元のままと比べて、5分の3ぐらいに減っていますね。 余裕がありますので、まだまだ入ります。 あと、個人的には凹ませてから袋に詰めると 満足感も得られますね。 これから初めてつぶす方にはお役に立てるかもと思って、ご紹介します。 こちら、よくあるペットボトル。 全体をざっと凹ませた後、上と下の近い場所で 折り目を付けるように折ります。 下図は下側のほうを折り込んでいる様子です。 今回は大げさにやってます。 で、上と下に折り目をつけたのが下図です。 凹ませるとき、パキパキ音が結構、派手に鳴りますね。 気を付けてください。 他の具体例 先ほど「折り目を付ける」と言ったんですが。 雑な感じでもいけます。 こちら、爽健美茶のペットボトルです。 雑に凹ませたのがこちら。 調べていた途中で見つけていました。 せっかくなので簡単に紹介しておきます。 吸い込むタイプ これは、 なかなか評判が良い。 仕組みとしては、ペットボトルを器具に挟んだ後、上から体重をかける。 そしてベキベキとぺしゃんこに。 重量もあってしっかりとした作り。 あと、これは アルミ缶もつぶせるようです。 これは目的や条件によってはアリかも。 まとめ 実は、自分も思い込んでいました。 ペットボトルって変形できないものだと。 でも、やってみたらば、あらカンタン。 ペットボトルは意外にも手でつぶせたんですね。

次の