タルク 発がん 性。 職場のあんぜんサイト:化学物質:滑石 (タルク) (アスベスト、石英を含まず)

タルクに卵巣がんの危険性!大手メーカーに損害賠償命令

タルク 発がん 性

ベビーパウダーは赤ちゃんに使うものですから安全性は確保されているものと誰もが思っていますよね? また、ベビーパウダーは赤ちゃんだけが使うものではなくて・・・特に女性などの場合はデリケートな部分の汗疹を防止するために使う人も多くいるのです。 ジョンソン・エンド・ジョンソンのベビーパウダーに発がん性! ベビーパウダー(タルカムパウダー)を発売していたジョンソン・エンド・ジョンソンが数千人の女性達から訴訟を起こされているのはご存知でしょうか? 訴訟の要因はベビーパウダー(タルカムパウダー)に含まれるタルクという原料が発がん性物質であることですが、子宮ガン患者の卵巣や子宮頸部の主要を調べるとタルクの粒子が大量に溜まっていたとのことで驚きですよね。 なぜ女性が多いのかと思っていたら、1980年代のCMで「一振りのベビーパウダーで臭いにバイバイ!」みたいなセリフが使われていたようで・・・当時の女性たちは下着やデリケートゾーンに使うことが多かったのだそうです。 サラサラ感と清潔感が人気だったようですね。 しかしその代償が卵巣ガンでは、お客は騙されたと考えるのも当然ではないでしょうか? ベビーパウダーのタルクが発がん性物質? さてベビーパウダーに含まれているタルクが発がん性物質であるとのことですが、実はタルクって多くの製品に含まれているんですよね。 タルクはベビーパウダーだけではなくて「ファンデーション、アイシャドウ、口紅、皮膚クリーム、パック」などなどに使われてきたのです。 タルクの原料はケイ酸マグネシウムである鉱物を細かく粉砕したもので、柔らかくて水分を吸う特徴があるのです。 白色な事からファンデーションを初めとして化粧品に多く使われてきたのも納得ですよね。 しかし、もしタルクが発がん性物質であるとするならば・・・卵巣ガンや子宮内膜症の原因がベビーパウダーとは限らないのではないでしょうか? タルクには滑る特性もありますから避妊具などにも使われてきたのですからね。 しかしタルクに発がん性があるというのは理解できることではありますね。 タルクの構造はアスベストにソックリですので、発がん性の度合いもアスベスト級だと言われても納得できます。 まして、最新技術で微細化されたタルクは簡単に皮膚の中に侵入していってしまいますからね。 ジョンソン・エンド・ジョンソンは発ガン性を隠していた? ベビーパウダーの発ガン性によって卵巣ガンになる女性が急増していたことが明らかになったのに・・・驚くべきことにアメリカ政府もジョンソン・エンド・ジョンソンもタルク製造企業も発ガン性物質を除去する行動を起こしてはいないのです。 タルクの発ガン性が証明されたことによって手術用手袋や避妊具には使用しないようになっているのに、ベビーパウダー(タルカムパウダー)やファンデーションに関してはタルクと癌の関係は見つからないと発表しているのです。 これほど多くの女性が卵巣ガンになった根本的要因としては、ジョンソン・エンド・ジョンソンやタルク製造企業やアメリカ政府がタルクが発がん性物質であることを隠していたからだと考える研究者もいるのです。 そして・・・問題のタルクは化粧品などだけではなくて食品に使われていることも消費者は知らされてはいないのですね。 これでは卵巣ガンや子宮内膜症を含めた癌患者が増えるのも当然のことではないでしょうか? ベビーパウダーのタルクに発ガン性で卵巣癌まとめ 今回は「ベビーパウダーに発がん性!原料のタルクが発がん性物質で卵巣ガンに!」という内容でしたけども、タルクを含んだベビーパウダー(タルカムパウダー)を毎日使用することによって卵巣ガンになる可能性が3倍になるのだそうです。 タルクと癌の関係や細かな仕組みは明らかになってはいませんが、昔は手術に使う手袋に手を入れやすくするためのタルクを振り掛けていたのですが・・・その場合だけ手術後の患者が肉芽腫性腹膜炎になる確立が高かったことから使用中止になった経緯があることは知っておくべきでしょう。 そして気をつけなければならないのは・・・タルク製造企業やジョンソン・エンド・ジョンソンは、発がん性がある製品をアフリカ系とヒスパニック系アメリカ人に売る計画を立てていたことです。 白人以外であれば癌になってもいいわけですね、J&Jにしてみれば。 儲かればいいのです。 そういう意味では、キリスト教はキリスト教徒以外を人間とは認めていませんので・・・日本人が癌になったとしても知ったこっちゃないということで発ガン性物質が含まれるベビーパウダーを日本を含めたアジアで売り続ける可能性は考えられますよね。 こんな物で卵巣ガンにされてしまったのでは悔やんでも悔やみきれないですよね! utitate.

次の

【カラメル色素】に発がん性物質!?安全なのか?危険なのか?

タルク 発がん 性

理由について「消費者習慣の変化などによる北米での需要減」と説明 米J&Jは2020年5月19日(現地時間)、米国とカナダにおけるタルクを主原料にするベビーパウダーの販売について、在庫がなくなり次第、販売を停止すると発表した。 プレスリリースによると、理由は「主に消費者習慣の変化と、安全性に関する誤った情報(など)により北米での需要が減ったため」と説明。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う製造・物流状況の変化にも言及している。 コーンスターチを主原料とするベビーパウダーの北米販売は続ける。 タルクは鉱物の一種(を粉末にしたもの)で、コーンスターチはトウモロコシからつくるデンプンだ。 同社のタルク原料ベビーパウダーについては近年になって、製品の長年の使用ががんなどの健康被害を引き起こしたとして米国内で訴訟が相次いでいる。 さらに2019年10月にも動きがあった。 米食品医薬品局(FDA)が、発がん物質のアスベスト(石綿)がごく微量検出されたと同社に通知し、米J&Jは「用心のため」自主回収を公表。 その約10日後、社の調査の一環として第三者機関がサンプル試験した結果、アスベストは発見されなかったと発表していた。 今回の販売停止発表のなかでも、タルク主原料ベビーパウダーの安全性については、同社は「確固たる自信がある」(steadfastly confident)としている。 米国・カナダでの販売停止のニュースは日本でも、「米J&J、北米でベビーパウダー販売中止 発がん性指摘」(日本経済新聞、20日ウェブ版)などと報じられ、ツイッターなどでも関心を集めていた。 米J&Jの日本法人「ジョンソン・エンド・ジョンソン」(3カンパニー制)のひとつ、「ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマー カンパニー」は、国内で「ジョンソン ベビーパウダー」2種類(プラスチック容器<微香性>、シェーカータイプ<同>)を販売している。 公式サイトをみると、成分欄には「タルク、香料」とある。 この商品について、J-CASTニュース編集部が同コンシューマー カンパニーにメールを通じて取材した。 「安全性に確固たる自信」 5月26日に届いた回答によると、同商品2種は輸入品。 うち発売が早い方(プラスチック容器)は1958年から国内で販売されている。 年間売上高や市場シェアの情報は開示していない。 北米での措置を受けた今後の日本国内の対応については、 「今回の(販売停止)決定は、北米での製品に対する消費者様の需要の減少に対応するものです。 日本では、消費者様はタルクベースのジョンソンベビーパウダーを、ご家族の日々のお手入れに使用されており、製品の需要が非常に大きいため販売を継続します」 と説明し、販売を続けることを明かした。 また、「北米での販売停止へ」ニュースを読んだ日本の消費者へのメッセージを尋ねたところ、 「ジョンソン&ジョンソンは、タルクベースのジョンソンベビーパウダーの安全性に確固たる自信をもっており、また、世界中の医療専門家による何十年もの科学的研究により製品の安全性が確認されております。 ジョンソン&ジョンソンは、今後もジョンソンベビーブランドの発展と向上に努めて参ります」 と訴えた。 厚労省、1987年秋の通達以降は「(ベビーパウダーへの)アスベスト混入」報告なし 今回の米J&J関連ニュースとは関係なく、従来からベビーパウダーとアスベストに関する不安については、消費者の間に一定程度あるようで、東京都や他社のサイトの「Q&A」に登場している(5月27日確認)。 東京都環境局サイトの「アスベストQ&A」(18年2月9日更新)には、「ベビーパウダーにアスベストが使用されていると聞いたが、大丈夫ですか?」との質問項目がある。 回答欄では、過去(1980年代)のアスベスト検出・混入事例に触れつつ、「現在売られているベビーパウダーには、アスベストは使用されていません」としている。 また、国内でベビーパウダーを扱う、(J&J日本法人とは別の)ある社のサイトにも、タルクやアスベストのキーワードを使って安全性について説明するページがある。 1980年代の事例に触れつつ、当時も自社製品にはアスベストが検出されておらず、現在も検出されないことを確認している、と安心して利用できると訴えている。 都サイトや厚生労働省資料によると1986~7年、ベビーパウダーなどの原料に使われていたタルクに不純物としてアスベストが混入した事例が報じられた。 旧労働省の産業医学総合研究所が市販ベビーパウダーを調査したところ、一部製品からアスベストが検出され、旧厚生省が87年11月、アスベストの混入が認められないことが確認された原料を使うよう定めた「ベビーパウダーの品質確保について」の通達を出した。 2006年にはベビーパウダー以外にも対象を広げた。 厚労省に確認したところ、20年5月25日午前の回答で、1986~7年の事案以降は、ベビーパウダーの原料へのアスベスト混入の国内事例は報告されていない、とのことだった。

次の

ベビーパウダーは大人が使うと危険?安心して使うための7つの注意点!

タルク 発がん 性

読みたいところから読める目次• 1.タルク配合のコスメに不安のあるあなたへ タルクという化粧品成分をご存知でしょうか? 最近では、「タルク不使用」を特徴とする化粧品もあることから、「タルクは危険」というイメージや不安を持つ方もいる成分です。 しかし、化粧品成分としてのタルクは、古くから体質顔料として使われてきた安全な成分です。 そのため、の視点から見ても問題がある成分ではないのです。 また、タルクの用途は幅広く、化粧品以外でも医薬品、食品添加物、プラスチック、セラミックスなど、私たちの生活のさまざまなシーンで利用されています。 を正しく実践し、ためには、タルクをはじめさまざまな化粧品成分を理解することも大切です。 この記事では、タルクの特性や効果、安全性について詳しくご紹介します。 また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げます。 さらに、タルク配合のオススメのエイジングケア向けのをご紹介します。 「タルクって、何からできているの?」 「どんな化粧品成分なの?特徴や役割は?」 「タルクに期待できる効果って?肌悩みが改善できるの?」 「安全性や刺激性はどうなの?敏感肌でも使えるの?」 「タルクはどんな化粧品に配合されるの?」 などが気になる方は、ぜひ、続きをチェックしてくださいね。 <タルク配合の酵素洗顔パウダーなら!> * <この記事の大切なポイント>• タルクとは、滑石(かっせき)を微粉末にした成分です。 その主成分は、含水ケイ酸マグネシウムです。 化粧品の全成分表示でも、医薬部外品の表示でも「タルク」と表記されます。 タルクには滑りをよくする効果に加え、吸着性によってツヤを消す効果があります。 そのはたらきから、粉体の基材として使用されます。 タルクには抗炎症効果があり、肌荒れ予防が期待できます。 しかし、保湿効果はないので、乾燥肌などの肌悩みを予防したり改善する化粧品成分ではありません。 タルクは、その効果から、洗顔パウダーや化粧下地、ファンデーション、日焼け止めほか1万種類を超えるさまざまな化粧品に配合されています。 とても有用性の高い化粧品成分の1つです。 タルクは、安全性の高い成分なので肌質を選ばずに使用できます。 つまり、敏感肌やインナードライ肌でも使えるのです。 30年以上前に韓国産のタルクにアスベストが含まれていた事件がありましたが、現在の国産タルクにそのリスクはありません。 つまり、危険な成分ではないのです。 2.タルクとは? 1)タルクの基本特性 タルクとは、滑石(かっせき)という柔らかい結晶性鉱物を原料にして、それを清潔にした上で微粉末にした成分です。 滑石とは、水酸化マグネシウムとケイ酸塩からなる粘土鉱物の一種です。 そのため、タルクの主成分は、含水ケイ酸マグネシウムです。 つまり、、、酸素、マグネシウムの化合物です。 タルクは、層状に割れやすく、薄い板状結晶になって滑りやすい特徴がありますが、一粒子径が大きいほど透明感が高く、よく滑ります。 また、吸着力もありツヤ消しとしても使われます。 タルクは、原石である滑石の産地や粉体の大きさによって性質が変わるので、化粧品への配合はそうした点が考慮されます。 化粧品のでも、医薬部外品の表示でも「タルク」と表記されます。 2)タルクの安全性の基本 タルクには、皮膚刺激性やアレルギーはないと考えられています。 眼刺激性のデータは不明ですが、多くの化粧品に長年、配合されてきた中で大きな問題や副作用は報告されていません。 したがって、やはもちろん、、、、のどんなの方でも使うことが可能な成分です。 しかし、どんな成分でも誰にでも安全とは言えません。 だから、や、赤みが出るほか刺激を感じる可能性を100%否定することはできません。 つまり、()のリスクが全くないわけではないのです。 があったり、肌が弱いなどで気になる方は、パッチテストをすることがおすすめです。 また、タルクが微小な粉末であることから、肺への影響を懸念する声がありますが、化粧品としてに使うものが肺まで届く可能性は低いこと、副作用などの報告もないことから現時点では問題はないと考えられます。 3)タルクにアスベストは含まれていないの? 結論から言えば、日本で使用されるタルクにアスベストは含まれていません。 また、タルクとアスベストは全く別のものです。 実は、1987年に、海外で製造された質の悪いタルクにアスベストが混入する事件が起こりました。 これは、当時の海外での品質管理の問題です。 それまでも国産のタルクにアスベストが混入することありませんでしたが、この事件を契機に、日本ではタルクの品質管理がさらに強化されました。 それから30年以上経過しましたが、日本でタルクにアスベストが混入したことは一度もありません。 したがって、国内産のタルクであれば、アスベストが混入するリスクは極めて低いと言えます。 3.タルクの化粧品成分としての効果と役割 1)タルクの効果や役割は? タルクには、はないのでなどのを予防したり、改善する化粧品成分ではありません。 しかし、有用なはたらきがあります。 そのため、洗顔パウダーやファンデーションなどの成分をよく混ぜるはたらきや滑らかにする効果があります。 また、つや消しの効果もあるので、肌色に近い化粧品を作るはたらきがあります。 つまり、タルクは粉体の基材や感触改良の役割があるのです。 さらに、吸着性があることから臭い消しの効果も期待できます。 この成分が肌荒れを進める1つの原因なので、活性を抑えれば肌荒れや炎症を防ぐことができます。 タルクは、ウロキナーゼを吸着することでその活性を抑えます。 つまり、タルクには、抗炎症効果があるのです。 この効果は、やにも認められています。 2)タルク配合の化粧品はどんなものがあるの? タルクは粒子の大きさで少し効果が違います。 平均粒子径10ミクロン程度のものは、すべりがいいのでフェイスパウダーなどに使用されます。 また、5ミクロン程度はアイシャドウなどに使われます。 また、の成分であるのつや消しにも使われます。 さらに、タルクには臭いを吸い取る吸着力があることから、デオドランド製品に使用されることがあります。 タルクを配合するコスメのアイテム数は、10000種を超えています。 具体的には、用のアイテムである化粧下地、パウダーファンデーション、リキッドファンデーション、ペンシルアイライナー、ルースパウダー、パウダーアイシャドウ、コンシーラー、マスカラ、パウダーチークなどに配合されます。 また、洗顔石けん、、日焼け止め、口紅やリップグロスなどの製品、製品にも配合されます。 さらには、多くありませんが、、、に配合されるケースもあります。 4.オススメのタルク配合の酵素洗顔パウダー 私たちの1位のタルク配合のオススメの酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」をご紹介します。 は、を配合したです。 非常にシンプルな処方で、タルク、天然パパインを含めたった5種類の成分で成り立っていて、他の酵素洗顔パウダーと比較しても、配合成分の種類がとても少なくなっています。 全成分は、、、シリカ、タルク、です。 ナールス フォームは、良質な石鹸を使った酵素洗顔パウダーで、石鹸以外の界面活性剤は配合していません。 やなど防腐剤や着色料、香料は無添加です。 【エイジングケアをサポートする酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」の特徴】• とてもキメ細かい泡立ち• 高品質な石けんによる適度な洗浄力• 天然パパインが不要なだけを除去• 刺激をもたらすリスクを極力さけているので低刺激• * 5.まとめ タルクとはどんな成分か、またタルクの化粧品成分としての特性、効果や安全性について詳しくご紹介しました。 また、どんな化粧品に配合されるのかを取り上げました。 さらに、オススメのタルク配合酵素洗顔パウダー「ナールス フォーム」についてもご紹介しました。 いかがだったでしょうか? タルクは、パウダーなどの滑りをよくする効果や臭いを吸着する効果があることから、多くの種類の化粧品に配合されます。 また、抗炎症効果もあります。 そんなタルクそのものは安全な成分であり、国産のものは十分に品質管理がなされていてアスベストが混入する可能性はほとんどないと言えます。 ぜひ、タルク配合の化粧品を上手にエイジングケアに活かしてくださいね。

次の