ヒルナンデス ステーキ。 【ヒルナンデス】ステーキの作り方!ヒルトンのシェフが直伝!

【ヒルナンデス】マイナス35キロ!驚きのダイエット方法とは?「ハンドクラップダンス」「沖縄食」「バターステーキ」(ダイエット美女1月21日)

ヒルナンデス ステーキ

なんと約9450kcalも摂っていたといいます! こんな毎日で、4年ほどで一気に太ってしまったそうです。 「なんとかしなくちゃ」とダイエットを決意したそうです。 実は沖縄のメニューには糖質が少ないものが多く、 せっかくなので沖縄の食材を使ってやせようと考えました。 沖縄の伝統菓子アンダカシーは豚の皮を油で揚げたもの。 糖質ゼロでコラーゲンたっぷり、しかもおいしいのです。 これを炭水化物代わりに料理に使用し、 グラタンにマカロニ代わりに入れたり、 鍋のシメにうどんやごはんの代わりに使いました。 水分を吸うとモチモチして満足感もバッチリ! また、週に2日豚骨を使った沖縄料理のダイエット食「骨汁」を。 豚骨を煮込んで、かつお節・みそ・にんにく そしてレタスを入れひと煮たちさせます。 栄養満点で、スープにコクがあるので 夕食はこれだけでも満足できたそうです。 40㎏の減量に成功し、164㎝で98㎏から58㎏になりました。 まるでイタリアンビュッフェのような量を あやかさん一人でペロリと平らげ、3年で一回り以上太ってしまったそうです。 ハンドクラップダンスとは 3分間手足を叩きながら踊るダンスです。 自宅でも手軽にでき、なにより楽しいと今大人気! 全身運動で代謝がアップし、 全身の血行もよくなりむくみ予防にも。 山戸さんは、このダンスを自分流にアレンジ。 最初は普通の速度で踊っていましたが、今はスピードアップ。 BGMを1. 5倍速にして踊っています。 一年で35㎏のダイエット成功して、160㎝で90㎏から55㎏になりました。 唐揚げ20個も乗った、約2300kcal超えスペシャル丼です! それに便乗して自分も食べまくっていたら、 5年で30㎏以上増えてしまいました。 ちなみに、この食生活でだんな様も一緒に太ってしまったそうです。 かなり大きめの東京ドームのイスに座ったら、 なんと骨盤が挟まり血が止まりそうになって激痛が! 全くライブが楽しめず、減量を決意したそうです。 フライパンにたっぷりのバターを入れて、300gの牛肉を焼きます。 糖質の代わりにお肉を食べるだけではお腹がすくので、 バターをたっぷり加えて腹持ちをよくするそうです。 バターの中で泳ぐように焼かれたステーキを皿にのせて、 なんとそこに追いバターを! ほとんど毎日お肉とバターがメインの食事で 炭水化物を徹底的に抜きました。 間食は紅茶に生クリームを入れて、ここでも糖質抜きを徹底しました。

次の

【ヒルナンデス】炊飯器で鉄板焼きステーキの作り方。一流ホテルヒルトン東京お台場の公式レシピ(6月23日)

ヒルナンデス ステーキ

沖縄食ダイエット 沖縄在住の比嘉直子さんは、糖質をとらないダイエット。 沖縄の食材は、糖質が少ないダイエットによい食材が沢山あるそうです。 そして、なんと40キロも痩せたということでした。 沖縄の食材を上手に使ったダイエットレシピ紹介します。 伝統菓子「アンダカシー」を使ったダイエットレシピ アンダカシーは、沖縄の伝統的なお菓子。 豚の皮を揚げたサクサクとしたお菓子です。 子どものおやつや、お酒のおつまみにも大人気です。 糖質が少なく、コラーゲンもたっぷりで女性にぴったりの食材ですね。 比嘉さんは、このアンダカシーを炭水化物の代わりに料理に使用。 アンダカシーグラタン マカロニの代わりに、チーズとソースを加えたグラタン。 マカロニグラタンではなく、アンダカシーグラタンです。 アンダカシー鍋の〆アレンジ ご飯の代わりに鍋の〆にアンダカシーを入れた、アンダカシーの雑炊風 アンダカシーがモチモチとして、とっても腹持ちもよいそうです。 豚骨 比嘉さんが、もう一つお勧めなのが、豚骨です。 沖縄ではスーパーで、2キロ400円ぐらいで売っていてとても格安で色んな料理に使えます。 豚骨は安くてその上、糖質が少なく脂質がとっても多くてダイエットによいそうです。 骨汁 材料は、豚骨・みそ・鰹節・にんにく・レタス 豚骨を鍋に入れ水で煮込んで、カツを節、にんにくやレタスを加え、最後にみそで味を付けます。 これだけでOK。 とっても簡単です。 そして比嘉さんのダイエット方法が漫画になっています。 山戸さんが、さらに工夫したのは、速度を倍速にして踊ることだそうです。 山戸さんは、1年半で35キロ痩せたそうです。 家でもできる簡単なダイエット方法です。 動画を見ながら、楽しくダイエットできそうですね。 ことらもぜひ試して見たいです。 炭水化物ダイエットをした佐伯さん。 そして、何と51キロも痩せたとのことです。 実は、 佐伯さんが実施したのはバターステーキダイエットです。 バターステーキのレシピ 肉を焼く時に、バターをたっぷり入れて焼くダイエットレシピです。 炭水化物を抜くと、どうしてもお腹が空きます。 そんな時に、腹持ちの良いものとして、ステーキをバターたっぷりで焼くことで、腹持ちが凄く良くなるそうです。 作り方 ステーキ用の牛肉を、バターたっぷりで焼きます。 やきあがったら、ステーキの上に再度追いバターをします。 徹底的に炭水化物を抜き、その代わり肉とバターでお腹をいっぱいにするそうです。 間食は、紅茶に生クリームを入れて飲んでいるとのことでした。 まとめ 今回のヒルナンデスのダイエットレシピ紹介いかがでしたか? 一年半で、多い方は50キロも痩せたダイエットレシピ。 ぜひ、私もチャレンジしたいです。 あなたも、参考にして作って、健康的にダイエットして下さいね。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【ヒルナンデス】鉄板焼きステーキ。炊飯器で作れるレシピ。

ヒルナンデス ステーキ

沖縄食ダイエット 沖縄在住の比嘉直子さんは、糖質をとらないダイエット。 沖縄の食材は、糖質が少ないダイエットによい食材が沢山あるそうです。 そして、なんと40キロも痩せたということでした。 沖縄の食材を上手に使ったダイエットレシピ紹介します。 伝統菓子「アンダカシー」を使ったダイエットレシピ アンダカシーは、沖縄の伝統的なお菓子。 豚の皮を揚げたサクサクとしたお菓子です。 子どものおやつや、お酒のおつまみにも大人気です。 糖質が少なく、コラーゲンもたっぷりで女性にぴったりの食材ですね。 比嘉さんは、このアンダカシーを炭水化物の代わりに料理に使用。 アンダカシーグラタン マカロニの代わりに、チーズとソースを加えたグラタン。 マカロニグラタンではなく、アンダカシーグラタンです。 アンダカシー鍋の〆アレンジ ご飯の代わりに鍋の〆にアンダカシーを入れた、アンダカシーの雑炊風 アンダカシーがモチモチとして、とっても腹持ちもよいそうです。 豚骨 比嘉さんが、もう一つお勧めなのが、豚骨です。 沖縄ではスーパーで、2キロ400円ぐらいで売っていてとても格安で色んな料理に使えます。 豚骨は安くてその上、糖質が少なく脂質がとっても多くてダイエットによいそうです。 骨汁 材料は、豚骨・みそ・鰹節・にんにく・レタス 豚骨を鍋に入れ水で煮込んで、カツを節、にんにくやレタスを加え、最後にみそで味を付けます。 これだけでOK。 とっても簡単です。 そして比嘉さんのダイエット方法が漫画になっています。 山戸さんが、さらに工夫したのは、速度を倍速にして踊ることだそうです。 山戸さんは、1年半で35キロ痩せたそうです。 家でもできる簡単なダイエット方法です。 動画を見ながら、楽しくダイエットできそうですね。 ことらもぜひ試して見たいです。 炭水化物ダイエットをした佐伯さん。 そして、何と51キロも痩せたとのことです。 実は、 佐伯さんが実施したのはバターステーキダイエットです。 バターステーキのレシピ 肉を焼く時に、バターをたっぷり入れて焼くダイエットレシピです。 炭水化物を抜くと、どうしてもお腹が空きます。 そんな時に、腹持ちの良いものとして、ステーキをバターたっぷりで焼くことで、腹持ちが凄く良くなるそうです。 作り方 ステーキ用の牛肉を、バターたっぷりで焼きます。 やきあがったら、ステーキの上に再度追いバターをします。 徹底的に炭水化物を抜き、その代わり肉とバターでお腹をいっぱいにするそうです。 間食は、紅茶に生クリームを入れて飲んでいるとのことでした。 まとめ 今回のヒルナンデスのダイエットレシピ紹介いかがでしたか? 一年半で、多い方は50キロも痩せたダイエットレシピ。 ぜひ、私もチャレンジしたいです。 あなたも、参考にして作って、健康的にダイエットして下さいね。 今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

次の