スーパー バリュー アーリー。 【2020年版】ANAスーパーバリューアーリーとは?ルールからキャンセル方法まで大調査

【2020年版】ANAスーパーバリューとは?ルールやデメリットを徹底解説!

スーパー バリュー アーリー

01 ANAは「ANA SUPER VALUE」、JALは「先得」 ANAが販売する国内線航空券で最も安い運賃は「ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー)」(旧名:旅割)と「ANA VALUE(ANAバリュー)」(旧名:特割)です。 ANA SUPER VALUEとANA VALUEは、搭乗日75日前、55日前、45日前などで予約できる運賃です。 空席予測によって運賃が大きく変動する一方、「早いほどお得」なのはほぼ間違いないでしょう。 東京=札幌、沖縄などの人気路線は早々に席が埋まるので、とにかく早く予約するに越したことはありません。 ANAが販売するお得な運賃の運賃について(ANA公式ホームページより) 一方、JALの早期割引運賃は「先得」です。 75日、55日、45日、28日前でそれぞれ運賃プランがあり、最も安い運賃が設定されているのが75日前までの予約「ウルトラ先得」、55日前までの予約「スーパー先得」。 ANAと同様、空席予測に応じて運賃が変動します。 これらのお得な運賃は、ANAとJALで大差なく、ほぼ同額と考えてよいでしょう。 事前座席指定も可能です。 【運賃例】JAL「先得」の場合(普通席、片道) 東京(羽田)=札幌(新千歳) 8,500円~(ウルトラ先得)/9,500円~(スーパー先得) 東京(羽田)=福岡 9,100円~(ウルトラ先得)/9,600円~(スーパー先得) 東京(羽田)=沖縄(那覇) 8,600円~ウルトラ先得)/8,700円~(スーパー先得) (2018年10月分)• ANAカード、JALカードを持っていると、一般よりも早い先行発売でお得な運賃が予約できます 人気路線は、先行発売とほぼ同時に予約が次々と入ります。 座席をいち早く確保するために、少なくとも入会費年会費無料のマイレージ会員に入るか、ANAやJALそれぞれのクレジットカード会員に入ったほうが長い目で見るとお得です。 「ANA SUPER VALUE」の2018年冬ダイヤ分の発売時期(ANA公式ホームページより)• 04 搭乗日355日前から予約できる「ANA SUPER VALUE EARLY」が新登場 ANAの最安運賃はこれまで年2回が発売のタイミングでしたが、2018年9月3日から「ANA SUPER VALUE EARLY(ANAスーパーバリューアーリー)」が新たに登場します。 この運賃は、搭乗日355日前の朝9時30分から予約可能。 年末年始だけでなく、さらに先のゴールデンウィークや夏休みの予約もできます。 購入できるのは、ANAマイレージクラブ会員のみ(同行者も含めて全員) 「ANA SUPER VALUE EARLY」と他の運賃との発売時期の違い(ANA公式ホームページより) 「ANA SUPER VALUE EARLY」も、空席予測によって運賃が変動します。 予約期限は、運航ダイヤ確定前まで、支払期限は予約日当日です。 購入後の予約変更は不可。 ただ、「ANA SUPER VALUE」と比べると運賃が高めに設定されています。

次の

ANA航空券のキャンセル料を少しでも安く抑えてお金を払い戻す方法!

スーパー バリュー アーリー

旅行にかかる航空券の費用が年約64,540円の節約! 年約64,540円の節約! 節約額の試算内容を詳しく見る ANAが国内線運賃の大幅なリニューアルを発表!10月28日以降の予約分は新運賃に 2018年3月22日、ANAが国内線運賃の大幅なリニューアルを発表しました。 新運賃では、運賃が決まる仕組みや航空券の予約・販売期間が大幅に変更。 また、マイルを貯めることで獲得できる特典航空券についても、予約や変更等のルールがリニューアルされています。 新運賃は2018年10月28日以降の予約分から適用されるため、2018年秋・冬以降の旅行は、新運賃を利用することになります。 そこで、今回の節約生活の特集では、ANAの新運賃に注目。 リニューアルのポイントや注意点、新運賃で安くANAの航空券を買う方法を詳しく解説、さらにお得にマイルを貯めるANAカードについてもご紹介します。 本特集を参考に、一足先にANAの新運賃をチェックし、秋以降の旅行で航空券代を賢く節約しましょう! 目次• ANAの新運賃とは?リニューアル後の変更点と注意点 ANA新運賃の変更点 サービス名称が変更、さらにANAマイレージクラブ会員限定の早期割引運賃も新設! 変更前 変更後 片道・往復運賃 ANA FLEX(ANAフレックス) 旅割 ANA SUPER VALUE(ANAスーパーバリュー) 特割 ANA VALUE(ANAバリュー) 新設 ANAマイレージクラブ会員限定の早期割引運賃 ANA SUPER VALUE EARLY(ANAスーパーバリューアーリー) ANAの新運賃では、正規運賃(片道・往復運賃)の名称が「ANA FLEX」へと変わり、空席予測数に応じて運賃額が変動するシステムを導入。 早めの予約でお得になる「旅割」、直前の予約でもお得な「特割」は、従来の空席連動型の運賃体系を引き継ぎ、名称がそれぞれ「ANA SUPER VALUE」、「ANA VALUE」に変更されます。 また、 ANAマイレージクラブ会員限定の早期割引運賃「ANA SUPER VALUE EARLY」が新設されることに。 予約・販売期間の大幅リニューアル 現在、航空券は運航ダイヤ確定後に発売されていますが、新運賃では、 ANA FLEXとANA SUPER VALUE EARLYが搭乗日355日前の9:30から購入できるようになりました。 また、 予約変更可能な航空券(ANA FLEX、特典航空券)の有効期限は1年間に延長。 払い戻し期間も「有効期間満了日の翌日~30日以内」に変更されています。 運賃全体が空席連動型の料金システムになり、搭乗日355日前からという早期予約が可能に。 さらに予約変更可能な航空券の有効期限が伸びたため、早期予約者にとって便利なシステムになったと言えるでしょう。 夏ダイヤ(3月の最終日曜日~10月の最終日曜日の直前の土曜日)搭乗分:1月下旬頃発売予定 冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日)搭乗分:8月下旬頃発売予定 ANA新運賃の注意点 まず、発売時期がこれまでより10カ月前倒しになり、予約期間が大幅に延長されました。 これにより、 夏休み、年末年始等のハイシーズンの航空券の予約は、現在よりもさらに激戦になる可能性が高いでしょう。 また、運賃全体が空席(予測)連動型のシステムとなったため、 早く買えば安い、ぎりぎりに買えば安いとは限らないという点にも注意が必要です。 では、新運賃システムでANAの航空券を安く買うにはどうすれば良いのでしょうか? ANAの新運賃システムを活用!ANAの航空券を安く買う方法 その1 ANA SUPER VALUE EARLYを利用して航空券を早めに予約する ANAの新運賃システムで航空券を安く買うには、 ANAマイレージクラブ会員限定の早期割引運賃「ANA SUPER VALUE EARLY」を利用するのがおすすめです。 予約変更はできませんが、 払戻手数料と取り消し手数料が搭乗55日前までは無料となっています。 ANA SUPER VALUE EARLYを購入するには、ANAマイレージクラブ会員に登録する必要がありますが、ANAマイレージクラブは、入会金・年会費は無料です。 会員登録すると、無料の「マイレージカード」が発行され、航空券を購入する際にマイルを貯められるようになるため、ANA SUPER VALUE EARLYを利用したい方やANAの飛行機をよく利用する方は、ぜひ登録すべきサービスと言えるでしょう。 また、ANAマイレージクラブと合わせて活用したいのが、「 ANAカード(クレジットカード)」。 入会時や継続時に1,000マイルを獲得できる他、フライト時にも通常のフライトマイルに加え、ボーナスマイルが付与される、ショッピング時にもマイルを貯めることができる等の特典が付帯しています。 ANA SUPER VALUE EARLYの利用の際、ANAマイレージクラブ会員に登録する場合には、ぜひチェックしておきたいカードです。 以下では、飛行機を利用する際だけでなく、普段の電車移動でも、お得にマイルを貯められるおすすめのANAカードをご紹介します。 カード利用1,000円につき1ポイント• 入会時:1,000マイル• 継続時:1,000マイル• フライト時:通常のフライトマイル+10%のボーナスマイル• ANAカードマイルプラス提携店利用時・対象商品購入時、カード利用とは別に100円(または200円)につき1マイル 主な付帯特典 (保険、サービス等)• Apple Pay対応• 家族間でマイルを合算できるANAカードファミリーマイルプログラム• 海外旅行傷害保険• 国内航空傷害保険• ショッピングガード保険 等 普段、通勤や通学等でJRや私鉄を利用する機会が多い方は、マイルを空と陸の両方で効率よく貯めることのできるANA VISA Suicaがおすすめ。 ANA VISA Suicaは、ANAと三井住友VISA、JR東日本が提携し、発行するクレジットカード。 マイルが貯まるANAカードと、ポイント制度が充実している三井住友VISAカードの両方のメリットを持っているのに加え、Suica機能も搭載しており、 Suicaチャージでもポイントを貯めることができる非常に使い勝手の良いクレジットカードと言える。 さらに、三井住友VISAカードのポイント特典や提供サービスも利用でき、ポイントUPモールを経由し、ネットショッピングでカードを利用するとポイント還元率が大幅にアップする他、マイ・ぺイすリボ(リボ払い)の利用で年会費の割引になる等、お得な制度が充実。 空と陸の両方でマイルを効率的に貯めることができるのに加え、日常のショッピングでもポイントをお得に貯めることができるANA VISA Suicaは、ぜひ利用を検討したいカードと言えるだろう。 ANAの新運賃システムを活用!ANAの航空券を安く買う方法 その2 マイルを貯めて特典航空券を獲得する ANAの飛行機を利用するならぜひ活用したいのが、 実質無料で飛行機に乗ることができる特典航空券。 特典航空券とは、マイルを貯めることで交換できる無料の航空券のことで、ANAでは、1区間(片道)5,000マイルから特典航空券に交換することができます。 新運賃システムでは、予約期間や有効期限等の特典航空券のルールも変更され、 特典航空券の利便性がさらに向上しました。 これまで、特典航空券の予約・予約変更期間は搭乗の2カ月前から4日前まで、有効期間は発行日から90日間だったのに対し、今回のリニューアルでは、運航ダイヤ期間ごとに予約が開始され、 早期予約が可能に。 また、 有効期間は発行日から1年間に延長されています。 (ただし、搭乗日当日の前便への予約変更は不可に。 ) そのため、例えば、旅行の予定を立てていたが突然行けなくなったという場合の予約変更や、急いで実家に帰らなければならなくなったという場合にも特典航空券を利用することが可能になりました。 特典航空券を上手く活用することができれば、旅行費用や帰省費用を大幅に節約でき、宿泊費やレジャー、食事、親孝行のお金を捻出することができるはず。 航空券代をできる限りおさえたいという方は、マイルをしっかり貯めて、特典航空券をゲットしましょう! ANAマイルが貯まるおすすめのANAカード マイルは、年会費無料のマイレージカードでも貯めることができますが、 実際には有効期間内にマイレージカードだけで特典航空券に必要なマイルを貯めるのは至難のわざ。 そこで、以下ではANAのマイルを効率的に貯め、特典航空券を早く獲得できるおすすめのANAカードをご紹介します。 Edy利用200円につき1マイル ボーナスマイル• 入会時:1,000マイル• 継続時:1,000マイル• フライト時:通常のフライトマイル+10%のボーナスマイル• ANAカードマイルプラス提携店利用時・対象商品購入時、カード利用とは別に100円(または200円)につき1マイル 主な付帯特典 (保険、サービス等)• 空港ラウンジが無料で利用可能(同伴者1名まで無料)• 家族間でマイルを合算できるANAカードファミリーマイルプログラム• 海外旅行損害保険:最高3,000万円• 国内旅行傷害保険:最高2,000万円• ショッピングガード保険 ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAとアメリカン・エキスプレスが提携し、発行するクレジットカード。 年会費は7,000円+税とやや高額だが、 高いマイル還元率と充実したサービスにより、ANAカードの中でも高い人気を誇っている。 ポイントは、カード利用100円につき1ポイントを貯めることができ、ANAグループの店舗で利用するとポイントが1. 5倍にアップ。 また、ANAカードマイルプラス提携店を利用、または対象品を購入するとポイントとは別にマイルが貯まる。 さらに 家族間でマイルを合算できるANAカードファミリーマイルプログラムやANAのフライト利用時に10%のボーナスマイルを獲得できるサービスが付帯する等、ANAのマイルが貯まるクレジットカードの中でも、マイルの貯めやすさはトップクラス。 またANAアメリカン・エキスプレス・カードは、 ポイント移行コースへ登録することで、ANAのマイルを実質無期限で貯めることできる点もANAマイラーから支持される大きな特徴になっている。 その他にも、海外・国内の旅行損害保険が無料付帯するほか、同伴者1名まで無料で利用できる空港ラウンジサービス等、アメリカン・エキスプレスならではの充実したサービスが魅力。 特典航空券の獲得を目指し、マイルが貯めるクレジットカードを探している方は、ぜひ利用を検討したいカードと言えるだろう。 年会費がかからないカードでマイルを貯めたいという方はこちらのクレジットカードをチェック ジャックスリーダーズカードは、信販会社大手ジャックスが発行するクレジットカード。 年会費は初年度無料で、次年度以降は前年度のカード利用額が30万円未満の場合、2,500円+税(30万円以上の場合、無料)となっているが、公共料金や家賃等、固定費の支払いをジャックスリーダーズカードにまとめることで、この条件は十分にクリアできる。 ジャックスリーダーズカードの最大の魅力は、ネットショッピングの利用時にポイントをお得に貯めることができる点にある。 JACCSモールを経由し、Amazonや楽天、Yahoo! ショッピング等の ネットショッピングでカードを利用すると、ポイント還元率が1. 一般的なクレジットカードのポイント還元率は0. 5%のため、これは驚異的な高さと言えるだろう。 貯めたポイントは、3,500ポイント=2,400マイルのレートでANAマイルへの交換に対応。 マイル還元率という点ではANAカードに及ばないが、マイル以外の使い道も選ぶことができるほか、ANAカードと併せてうまく活用することで、特典航空券の獲得も早めることができることを考えると、ジャックスリーダーズカードの利便性は極めて高い。 年会費のかからないカードでマイルを貯めたいという方におすすめのクレジットカードと言えるだろう。 節約生活マイル関連ページ その他、ANAのお得な制度 ANAの「旅作」 航空券+宿泊の格安セットプラン。 一緒にマイル割 ANAマイレージクラブ会員を含む2人以上4人までのグループで同一便に搭乗し、同一区間を往復する場合に、会員本人(1人のみ)は往復10,000マイル、同行者は往復21,000円~36,000円(一部の路線は15,000円~19,000円)で予約・購入できる割引制度。 スマートシニア空割 満65歳以上のANAマイレージクラブ会員またはANAカード会員限定で、当日空席がある場合に搭乗券をお得に購入できる割引制度。 スマートU25 12歳以上25歳以下のANAマイレージクラブ会員限定で、当日空席があれば利用できる割引制度。 まとめ ANAの新運賃システムについて解説し、ANA国内線の航空券を安く買う方法をご紹介した今回の特集はいかがでしたか? 新運賃をきちんと理解すれば、ANAの航空券をこれまでより安く購入でき、旅行費用や帰省費用の節約に繋がるはずです。 本特集を参考に、大幅にリニューアルされるANAの新運賃システムを一足早く理解し、マイルをお得に貯めることができるANAカードを上手く活用することで、秋以降の旅行費用を賢く節約しましょう!•

次の

ANAの「スーパーバリュー(旧旅割)」攻略ガイド!メリット・デメリット

スーパー バリュー アーリー

ANAの料金プランは数種類ありますが、あらかじめおおまかな計画を立てておける旅行では「スーパーバリュー」がお得です。 スーパーバリューは予約期限や空席数に応じて運賃が安くなるので、早めに予約をするほどお得になる可能性が高くなります。 とはいえ、うまく使いこなすためには、メリットとデメリットをしっかり理解しておくことが大切です。 そこで、今回はスーパーバリューの詳しい仕組みと、メリットや注意点を徹底解説していきます。 ANAのスーパーバリューとは? ANAの「スーパーバリュー」とは、2018年10月28日の予約分から適用された新しい料金プランのひとつで、以前の「旅割」に相当します。 搭乗75~21日前まで設定されており、基本的には早めに予約をするほど運賃が安くなるプランです。 さらに、予約時の空席数によっても料金クラスが異なるので注意しましょう。 ちなみに、空席数に応じた料金クラスの構成は、スーパーバリュー55~スーパーバリュー21までが3段階で、スーパーバリュー75のみ2段階です。 たとえば、スーパーバリュー55の場合、空席数が多い順に「55M」「55L」「55K」というクラスがあり、55Mが満席になった時点で55Lの運賃が適用されることになります。 チケットは、1月と8月の年2回の運賃ダイヤ期間ごとに一斉発売されるので、旅行の日程や行き先が決まっている場合は、早めに予約をしましょう。 なお、搭乗の55日前までであれば取消手数料はかかりませんが、搭乗54日前からは解約日時に応じて運賃の30~100%の取消手数料が必要です。 ANAスーパーバリュー航空券のメリット スーパーバリューには、主に2つのメリットがあります。 1つ目は「旅行の予定が立てやすい」ことです。 チケットは2カ月以上前から発売されるので、余裕をもって旅行の準備ができるのです。 たとえば、開催されるイベントに合わせて旅行をしたいけれどチケットが取れるかギリギリまで分からないとなると、宿泊先などの予約もできません。 また、普段仕事などが忙しい人でも早めに旅行先を決めておけば、時間にゆとりをもって具体的に行ってみたい場所やルートの計画ができるでしょう。 2つ目のメリットは「早めの予約ほどチケットをお得に買える可能性がある」ことです。 チケットの金額が予約する時期によって変動するのはもちろんですが、予約する時点での空席数によっても異なります。 そのため、チケットが発売されたばかりなど空席が多いうちに予約をすれば、よりお得に買える可能性があるのです。 スーパーバリュー航空券の注意点 スーパーバリューを購入する前に、注意点もチェックしておきましょう。 まず、ANAの料金プランのなかには、355日前から発売される航空券が何種類があることを意識しておきます。 355日前からという早い段階で発売されるチケットの場合、スーパーバリューのような運賃の割引がありません。 しかし、お盆や年末年始といった混雑が予想される時期など、確実にチケットを手に入れておきたい人が多いときは残席数が少なくなっている可能性があるのです。 家族旅行や友人数人での旅行など複数のチケットが必要な場合は注意が必要です。 また、残席数が少ないということは、空席数に応じた割引率がそれほど高くならない可能性もあります。 そのため、オンシーズンのチケットは確実に必要枚数買えるとは限らないことと、それほどお得とは感じられない可能性があることを意識しておきましょう。 早めの予約がおすすめ 早く予約するほど安くチケットが買える料金プラン「スーパーバリュー」のなかでも、もっとも安くなる可能性があるのはスーパーバリュー75です。 そのため、旅行の日程や行き先が決まったら、なるべく早い段階でチケットの予約をするのがお得です。 エアトリならスーパーバリューを取り扱っているだけでなく、ご予約・ご利用時に知っておきたいポイントも紹介しています。 予定が決まった人は、早速エアトリでお得なフライトを探してみましょう。 部屋数 1部屋目 大人 名 子供 名 宿泊時の 年齢を入力してください 子供1 歳 子供2 歳 子供3 歳 子供4 歳•

次の