足 の 指 が つる 病気 前兆。 足がつる!原因と再発防止策は?治療すべきかがわかる5つのポイント

足の指がつる原因や対処法 中指や薬指が頻繁につるのはなぜ?

足 の 指 が つる 病気 前兆

スポンサードリンク 糖尿病が原因の場合の対処方法 糖尿病になると血糖値が高い状態が続くわけですが、そうなると身体の電解質バランスが崩れることが原因で足がつると言われています。 電解質というのはカルシウムやナトリウムなどのミネラル分のこと。 電解質は神経や筋肉の機能を調節していて、不足すると筋肉や神経が興奮しやすくなりこむら返りが起きやすくなります。 ミネラルの中でもこむら返りに良いとされている成分が カルシウムとマグネシウムです。 カルシウムとマグネシウムを摂取する場合はカルシウム2に対してマグネシウム1の割合にすることが大切です。 普段の食生活で積極的に摂るようにしてください。 カルシウムを多く含む食品 牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品、水菜、干しエビ、厚揚げ、ひじき、菜の花などに多く含まれれています。 マグネシウムを多く含む食品 ピーナッツ・アーモンド・カシューナッツなどのナッツ類、大豆、小豆、豆腐、納豆などに多く含まれています。 でも毎日食品から摂るのって大変ですよね。 そんな時はサプリメントを利用すると簡単に摂取できて大助かりです。 サントリーのサプリメントは カルシウム:マグネシウムの比率が2:1のベストバランス 吸収にこだわっている これらが人気の秘密です。 まとめ 足がつることが病気に繋がっているなんてちょっと驚きだし怖い気がしますね。 特に糖尿病に関しては自覚がないまま進行することが多いので、やたらと足がつる場合は是非とも神経内科を受診して検査してもらうことをオススメします。 たかが足のつり、と考えないで用心に越したことはありませんから。

次の

「足がつる」「こむら返り」に隠された病気とその原因|#ためしてガッテン(#NHK)

足 の 指 が つる 病気 前兆

足の指がつる原因は? 足の指がつる原因は、 生活習慣が原因のものと体質が影響しているものがあります。 各原因についてもう少し詳しく説明していきます。 生活習慣 【冷え】 足の指がつる原因として「冷え」があります。 体温が下がることで、血流が悪くなり筋肉が固くなってくると、足の指がつりやすくなります。 「冷え」が原因で足の指がつるのは冬場が多いのですが、夏でもエアコンで足元が冷えたりしてつることがあるので注意しましょう。 【水分・ミネラル不足】 足の指がつる原因として、「水分不足」も挙げられます。 マグネシウムやカリウム、カルシウムなど ミネラルは筋肉の動きに影響していますが、汗をかく水分と共にミネラルも出ていってしまい、ミネラル不足で足の指がつることが多いです。 運動中はもちろん就寝中にも、水分・ミネラル不足で足の指がつることが多いです。 【疲労】 「疲労」も足の指 がつる原因となることが多いです。 沢山歩いたり、長時間の立ち仕事の後は、疲労により筋肉が固くなっているので、就寝中に足の指がつることがあります。 また、外的要因としてハイヒールも足の指がつる原因として挙げられるので、ハイヒールについても説明していきます。 ハイヒールを履くと足の指がつる原因は? 私は男性なので、ハイヒールを履いた時、どのあたりが疲れたり負担がかかったりするのかは分かりませんが、女性のお客様に伺うと「 かかとが高いヒールだとつま先に負担がかかって痛くなる」と言われる方が多いです。 もともと足は、全身の体重を支えるので丈夫にできていますが、足の指先は違います。 ご自身の足の指先を見てもらうと分かりますが、かなり細いですし関節の部分も細いですよね。 つま先立ちすると、すぐに体重を支えているつま先の関節部分がつらくなってきませんか。 ハイヒールは常にそのような状態であり、つま先の部分も細く締まっているので、足の指の神経が圧迫されたり、動きが固定されるので筋肉が固まってしまいます。 つま先に体重がかかることで、足の指の神経が圧迫されたり、足の指の筋肉が固くなるのがハイヒールで足の指がつる原因だと考えられます。 体質や病気 【加齢】 年齢を重ねていくと、筋肉量が減ることで筋肉が固くなったり冷えやすくなり、足の指がつることが多くなります。 【妊娠中】 「妊娠中」も足の指がつることが多いです。 私も妊婦さんのマッサージをすることがありますが、ほとんどの妊婦さんが「 足の指がつったことがある」と言われていました。 妊娠による、足の血行不良、ミネラル不足、体型の変化なども妊娠による足の指がつる原因として挙げられます。 【病気】 足先などの末梢神経の障害を抱える病気や動脈硬化症などの病気も、足の指がつる症状が出ることが多いです。 個人的には、糖尿病の患者様に足の指がつる方が多かったです。 頻繁に足の指がつるのは病気? 頻繁に足の指がつると「病気かも!?」と心配になりますが、原因としては、 生活習慣と 病気どちらの可能性もあると個人的に思います。 ちなみに患者様の中にも、毎晩・毎朝足の指がつるという方がいて、その方は糖尿病で抹消神経の慢性症状を患っていました。 他にも、減量中のスポーツ選手で、毎日練習中に足の指がつって困る、と言われる方もいました。 いろいろな原因が考えられるので、頻繁に足の指がつって悩んでいる方は、一度病院で診察してもらう方がいいかもしれません。 足の指がつる対処法や治し方 足の指がつったときの治し方としては、 つった方と反対側に伸ばすのが、手軽でカンタンにできる治し方ですね。 病気だったりケガをしていなければ、痛みは徐々に引いていくはずです。 足の指に限らず、「つる」というのは 筋肉が痙攣して痛みがある状態なので、痙攣している筋肉を伸ばして痙攣が治まれば、基本痛みは引いていきます。 なので、治し方よりも対処法として、足の指がつらないことをこころがけた方がいいでしょう。 「中指」や「薬指」だけよくつる、という話もよく聞くので、それらについても説明していきます。 足の薬指や中指がつる原因や対処法は? 足の指の中でも、 「薬指だけよくつる」 「中指だけつりやすいんだよね」という話もよく聞きます。 いろいろな原因が考えられますが、個人的には、 カラダのバランスの問題だと思います。 そもそも人間のカラダは左右対称ではありません。 左右で内臓の位置も違いますし、筋力なんかも違います。 足の指で一番負荷がかかるのは親指ですが、歩き方によっては薬指や中指に負荷がかかったりします。 親指は負荷に耐えられる形状をしていますが、他の指はあまり負荷に耐えられる形をしていないので、大きな負荷がかかってしまうとつりやすくなったりするのかもしれません。 逆に、一番負荷がかからないのが中指、薬指なので、血行が悪くなりがちで、つりやすくなる、という可能性もあります。 「もしかして病気では?」と思われる方もいるかと思いますが、足の指がしびれたり痛みが出る症状では、 モートン病という症状があります。 足の裏の中指、薬指の付け根にある神経が圧迫されて、しびれや痛みが起こるので、つま先だちをよくする方や、ヒールの高い靴をよく履く方がなりやすい、と言われています。 「もしかして・・・」と思い当たるふしのある方は、一度整形外科を受診することをおすすめします。 足の指がつる原因や対処法のまとめ 今回は、足の指がつる原因や対処法についてお伝えしていきました。 足の指がつる原因も、他の箇所がつるの基本的に変わりません。 つった時の痛みの辛さは変わりませんが、足の指は伸ばしやすいので、他の箇所より比較的楽に対処できると思います。 あとは、栄養バランスや水分補給、睡眠・休息をしっかりとって、つらないように予防していきましょう。

次の

足の指がつる原因や対処法 中指や薬指が頻繁につるのはなぜ?

足 の 指 が つる 病気 前兆

スポンサーリンク 足がつるというのは病気と関連している可能性があります。 何らかの病気になっていて、その影響によって足がつるというケースがあるのです。 たとえば脳梗塞の前兆として足がつるというケースがあります。 このことについて説明しましょう。 【脳梗塞とは】 脳梗塞というのは脳に栄養を送る役割を果たしている動脈が閉塞あるいは狭窄してしまうことです。 これによって脳虚血をきたしてしまい、脳組織に酸素や影響が送られなくなります。 これによって壊死してしまうのです。 脳がきちんと機能を果たさなくなるのが脳梗塞であり、とても恐ろしい病気であるとされています。 脳というのは全身のあらゆる機能に関わっている重要なものです。 そのため脳梗塞になってしまうと症状はとても激しいものとなっています。 片麻痺や失語、意識障害といった症状が出てしまうことが多いです。 脳梗塞にはさまざまな前兆があるとされています。 その一つとして足がつることがあるのです。 スポンサーリンク 【脳の病気で足がつる】 脳梗塞は早期に発見して治療を受けることが大切です。 そのためには前兆を知っておくことが重要です。 そんな前兆の一つとして足がつることがあります。 足がつるのは普段から起きてしまうことであり、甘く考えてしまう方が多いのですが、実は重大な病気の前兆である可能性もあるのです。 もし何度も足がつるのにその原因が分からないという場合には前兆かもしれません。 他にも脳梗塞の前兆はたくさんあります。 言葉が出なくなってしまったり、視野が狭くなってしまったり、顔に歪みが出ることもあります。 これらの症状が前兆として出ていて、さらに足がつってしまうようならば迷うことなく病院へ向かうべきでしょう。 そうすれば治療を受けて完治する可能性が高まります。 脳梗塞によって足がつることがあります。 このような前兆がみられる場合には、すぐに病院で治療を受けるべきでしょう。 足がつってしまうのがなかなか治らないようであれば、危険な状態になっている可能性が高いのです。 スポンサーリンク.

次の