全国 交通 安全 運動 2020。 交通安全対策係のページ/長野県

2020年 春の全国交通安全運動が実施されます

全国 交通 安全 運動 2020

2020年(令和2年)春の全国交通安全運動の推進要綱が発表されました(中央交通安全対策会議交通対策本部決定)。 運動の実施期間は、4月6日(月)~15日(水)の10日間で、期間中の4月10日は「交通事故死ゼロを目指す日」となっています。 依然として歩行者の交通事故被害が目立つだけでなく、高齢運転者による重大事故も多発しています。 運動の重点項目には 「子供を始めとする歩行者の安全の確保」が第一に掲げられ、新年度になり、入学や進級を迎える4月以降に小学生の歩行中の交通事故が増加する傾向にあることから、歩行者の安全確保を図る必要があることが強調されています。 事業所では通勤のマイカー・バイク、自社の営業車両が不用意に生活道路を走行したり、歩行者の多い場所で無理な運転をしないように指導しましょう。 高齢者や子どもと遭遇する機会が多い道路ほど事故の危険も増大します。 やむを得ず生活道路や学校・施設の近くなどを走行する場合は、どのような危険があるのかヒヤリマップなどでチェックして危険を周知しておくことが大切です。 交通安全教室などを企画した場合、大人数で密集したり、閉鎖空間での講習は避けましょう。 業所等の業務形態に対応した交通安全教室等の開催• 横断歩道上の 歩行者等の優先を徹底する。 また、歩行者に対する思いやりのある模範的な運転を推進• 飲酒運転や無免許運転、また、いわゆる「あおり運転」等による交通事故の実態を知らせるとともに、その悪質性、危険性を周知• 交通法令を遵守し, 体調面も考慮した安全運転の励行• 運転中の スマートフォン操作等の禁止の徹底• 全ての座席の シートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 自転車利用者に対する交通ルール遵守の徹底• 高速乗合バス及び貸切バス等の事業者は、 全座席でのシートベルト着用を徹底させるための指導・広報啓発の強化.

次の

2020年 春の全国交通安全運動が実施されます

全国 交通 安全 運動 2020

重点項目、ポスター/チラシ(発表待ち)• 警察庁が分析した事故の特徴• 2019年期間中の事故件数・死傷者数• 業務中の違反・事故をゼロに 実施期間• 実施期間:令和2年9月21日(月)から9月30日(水)• 交通事故死ゼロを目指す日:9月30日(水) 重点項目• 子供と高齢者の安全な通行の確保• 高齢運転者の交通事故防止• 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止• 全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底• 飲酒運転の根絶 秋の交通安全運動ポスターなど 内閣府および警察庁が公開している交通事故防止に関するポスターです。 職場や学校などに掲示することで、事故防止が期待できると思います。 薄暮時間(日没前後の1時間)は、自動車と歩行者が衝突する事故がもっとも多く発生しています。 警察庁の事故分析によると、過去5年間に発生した薄暮時間帯(2時間)の死亡事故(自動車と歩行者)は、1時間あたり約682件です。 これは昼間の約168件と比較して約4倍で、夜間の約321件と比べても約2倍です。 比率でみると自動車と歩行者の死亡事故の53%は、薄暮時間帯の2時間に発生しています。 事故の要因が重なる• ドライバーは視界が徐々に悪くなり、歩行者との距離が分かりにくくなる。 交差点での右左折時に、夕陽の眩しさで横断中の歩行者を見落とす。 (死亡事故の33%が横断歩道および付近で発生)• 日中の業務ドライバーは、疲れが出やすくなる時間。 高速道路、幹線道路では渋滞が発生する場所も。 学校の下校時間と重なる。 歩行者は自動車のスピードが分かりにくくなる。 高齢者の死亡事故が多い によると、10~12月の歩行者中の死者数は1~3月と比較して3割以上、自転車運転中の死者数では4割以上多くなっているということです。 また自転車運転中の8割以上が法令違反をしているため、取り締まりを強化するということです。 発生場所としては横断歩道以外での割合が高くなっているため、ドライバーの方は道路を途中横断する高齢者に注意が必要です。 もっとも高いのは高知県の80. ライト点灯時間の目安 日没時刻の30分前にライトの点灯が推奨されています。 また歩行者は反射材の利用が事故防止に役立ちます。 おもな都市の点灯時刻(目安)を掲載しています。 都市 9月 10月 11月 12月 札幌 17:15 16:20 15:40 15:30 17:46 16:53 16:11 16:00 仙台 17:15 16:30 15:55 15:45 17:46 17:00 16:25 16:17 新潟 17:20 16:40 16:00 15:55 17:53 17:07 16:33 16:26 東京 17:20 16:35 16:05 16:00 17:49 17:06 16:35 16:29 名古屋 17:30 16:50 16:15 16:10 18:00 17:18 16:47 16:42 大阪 17:35 16:55 16:25 16:20 18:06 17:24 16:54 16:49 都市 9月 10月 11月 12月 広島 17:50 17:05 16:35 16:30 18:18 17:37 17:06 17:01 松江 17:45 17:00 16:30 16:25 18:16 17:33 17:02 16:56 高知 17:45 17:00 16:35 16:30 18:13 17:33 17:04 16:59 福岡 17:55 17:15 16:45 16:40 18:26 17:45 17:16 17:12 鹿児島 17:55 17:15 16:50 16:45 18:24 17:46 17:19 17:16 那覇 18:00 17:30 17:10 17:10 18:34 18:02 17:40 17:40 昨年の期間中の事故状況 2019年9月21日~30日 発生状況• 交通事故発生件数:9,540件(前年比-950件)• 負傷者数:11,532人(前年比:1,355人)• 北海道・埼玉:7人• 宮城・千葉・愛知:5人• 三重・大阪・兵庫・香川・大分:4人 死亡事故の発生がなかった都道府県 秋田・山梨・富山・石川・奈良・島根・愛媛・佐賀・長崎・熊本 被害者にも加害者にもならない! 「携帯電話に事故の知らせが入る」ことがないように・・.

次の

4/6~15 春の全国交通安全運動 世界一の交通安全都市TOKYOを目指して

全国 交通 安全 運動 2020

期間中の死者数は63人。 愛知県が6人でもっとも多い• 学校や職場に掲示しましょう• 毎日どこかで2万件の違反!• 携帯に事故の連絡が入る ことがないように 新入学児童と高校1年生は特に注意! 春の全国交通安全運動• 期間:令和2 年4月6日(月)~4月15日(水)• 交通事故死ゼロを目指す日:4月10日(金) 交通事故発生状況 数値の出典:• 事故発生件数:7,645件(前年比:-2,733件)• 負傷者数:9,099人(前年比:-3,430人)• 死者数:63人(前年比:-14人) 事故発生件数 42都道府県で事故が減少(前年同期より26. 死者数 期間中の死者数は63人で昨年の同じ期間より14人減少。 (昨年は4月の統一地方選挙のため、5月に実施された運動期間との比較では6人多い) 6日(月) 6人 11日(土) 4人 7日(火) 2人 12日(日) 3人 8日(水) 8人 13日(月) 9人 9日(木) 6人 14日(火) 9人 10日(金) 5人 15日(水) 11人 死者数が多かったのは、が6人、東京都とが各5人、香川県が4人の順です。 また東京都は事故件数が452件(53%減)、負傷者数は502人(54%減)で、昨年に比べ半数以下に減少したものの、死者は4人増えています。 外出自粛により交通量が減少したため、スピードの出し過ぎが要因の一つとみられています。 全国でによる交通事故は23件発生し、うち死亡事故は2件ということです。 運動の重点項目• 子供を始めとする歩行者の安全の確保 (取り締まりが強化されています)• 高齢運転者等の安全運転の励行• 自転車の安全利用の推進 春の交通安全運動ポスター・チラシ 内閣府と警察庁が配布しているポスターなど。 各画像のリンク先で表示(PDF)・印刷ができます。 学校や職場などに掲示することで、交通事故の抑止が期待できると思います。 小学生の死亡・重傷事故のおもな原因 2014年~2018年の合計• 飛び出し:1,239人(38. 横断違反:559人(17. 信号無視:118人(3. 事故は4月から7月に目立つ 小学生児童の死亡・重傷事故は夏休み前までの4月~7月に多く発生しており、特に5月が最も多くなっています。 時間帯は下校時に多く発生しています。 16時台:694人• 15時台:660人• 17時台:524人• 7時台:296人• 14時台:227人• 18時台:210人 1年生の第1ピークは5月中旬と下旬で下校中が多い。 ありがとう! 警察庁の統計によると、昨年(2019年|年間)に全国で発生した、自転車運転中の交通事故死者数は433人(全体の約13. このうち10歳~14歳が3人、15歳から19歳が8人です。 自転車も賠償責任保険に加入! 「自転車」対「歩行者」の事故で、歩行者の年間死者数は4. 2人です(過去10年の平均) 埼玉県、大阪府、名古屋市、京都市などでは義務化されています。 自転車と歩行者の事故では高額賠償を負うケースも・・• 9,521万円 :男子小学生(11歳)が運転する自転車が歩行中の女性(62歳)に衝突。 被害者は意識不明の状態が続いている。 9,400万円:高知市で高校生が自転車で警察官に衝突し死亡させた事故。 (無灯火運転の取り締まり中に起きた事故)• 9,266万円 :男子高校生の運転する自転車が、男性会社員(24歳)に衝突。 被害者は言語機能喪失等の重大な後遺症。 6,779万円 :男性が運転する自転車が横断歩道で女性(38歳)に衝突し、女性は3日後に死亡。 5,438万円:男性の運転する自転車が歩行中の女性(55歳)に衝突。 女性は11日後に死亡。 4,043万円 :男子高校生の運転する自転車が信号無視で、男性(62歳)が運転するオートバイと衝突。 男性は13日後に死亡。 安全運転でいきましょう.

次の