前髪 薄毛 女性。 髪の薄さが目立たない!薄毛の女性に似合うおすすめの髪型6つ

薄毛の女性におすすめな髪型「ボブ」の参考画像まとめ

前髪 薄毛 女性

先述した通り、女性ホルモンの急激な減少が起こることから引き起こされる薄毛が、びまん性脱毛症というのは書き記した通りなのですが、まず、びまん性脱毛症がどういった症状なのかをご紹介していこうと思います。 びまん性脱毛症とは、部分的に薄毛になっていくものではなく、髪全体がだんだんと薄くなっていくのが特徴です。 目に見えて髪の毛の量が減ったと感じるまでに時間がかかるのがびまん性脱毛症の症状でもあるので、気づくのが遅れたまま、症状が悪化してしまっているケースが多いようです。 最近では、AGA(男性型脱毛症)の女性版でもあり、別名としては FAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれています。 そして、びまん性脱毛症は髪全体が薄くなっていくことから、抜け毛が増えたり、ツヤがなくなったりします。 ですが、老化現象の一つとして諦めている女性も多くいらっしゃるようです。 女性が妊娠しているときは、女性ホルモンが活発に分泌されており、ホルモンのバランスが変化することで頭皮のヘアサイクルが乱れるために、出産後に結構な脱毛症状を引き起こすことがあります。 これに関しては「 分娩後脱毛症」と呼ばれており、一時的なものが多く、治すというよりは自然に治るものです。 そして、ピルの服用をすることでも体のホルモンバランスが変化します。 ピルを服用しているときは女性ホルモンが増加する傾向にあるため、薄毛はかなり改善されますが、服用をやめた途端に、脱毛症に悩まされる女性は多くいらっしゃいます。 一時的なものであり、治るものではないと捉えられがちな出産や、服用を始めれば大丈夫と思われているピルですが、放置しておくと治すに治せなくなり、びまん性脱毛症へと切り替わってしまう人もいらっしゃいます。 さらに、50代になってくると、基礎代謝もガクッと落ちたりすることから、ダイエットを始める方もいらっしゃるのではないでしょうか?さらに、食の好みも変わってくることから、食生活に乱れが起こってしまいます。 過度なダイエットを続けた場合は、身体が栄養不足となってしまうため、当然髪にも栄養は行き渡らず、びまん性脱毛症を引き起こしてしまう原因となってしまいます。 さらに、動物性脂肪の多い食べ物ばかりを摂取していると、血液などがドロドロになってしまい、頭皮の血行不良を起こす原因となります。 そして、先述した通り、血行が悪くなるということは、髪の毛全体に栄養が行き渡らなくなるので、脱毛の原因となります。 さらに、皮脂の分泌も激しくなることから毛穴が詰まりやすくなり、老廃物が溜まったままになると、脱毛してしまう原因となってしまう可能性があります。 さらに、50代になると若い時と比べ、女性は匂いが気になったりして日に何度もシャンプーをしている人もいらっしゃるのではないでしょうか?また、洗浄力の強いシャンプーを使って洗髪をすることも、頭皮にとってはNGで、必要な皮脂も落としてしまうことから、トラブルが起こりやすくなってしまいます。 また、頭皮にシャンプーが残ったままなどになっていると、シャンプーの成分が頭皮に刺激を与え、トラブルの元になってしまいますので、シャンプーはしっかりすすぐことをオススメします。 シャンプーのみならず、頭皮トラブルは抜け毛の原因となりますので、適切で正しいシャンプー方法や、ヘアケア方法を学ぶことも薄毛を予防する道へと繋がります。 頭皮に余分な皮脂がある状態だと、毛穴などが詰まってしまい、元気な髪の毛が育つことができず、脱毛を促進してしまう可能性があります。 なので、びまん性脱毛症方は毎日、もしくは2日に1回といった適度なシャンプー回数で頭皮を清潔に保つことがとても大切です。 さらに、そのシャンプーが自然由来の成分からできているとかなり良いと思います。 最近のシャンプーはさっぱり感を求めることから、合成界面活性剤などが使用されており、この合成界面活性剤はさっぱりする代わりに、頭皮の必要な皮脂まで落としてしまう可能性があります。 いつも心配しながら使用するよりも、天然由来の成分を使用して安心する方がいいですよね。 ですが、植物アレルギーなどがある方は要注意です。 アレルギー反応が頭皮で起こってしまうと抜け毛を促進してしまう可能性がありますので、 必ずパッチテストを行なってから使用するようにしてくださいね。 50代女性特有の薄毛現象であるびまん性脱毛症が治る方法をご紹介していこうと思います。 原因がわかれば、対策方法もある程度はわかりやすくなりますよね、一つ一つ気をつけていけば、だんだんと治るのがわかると思います。 まず最初の治るための方法は、動物性脂肪の摂取を控え、和食中心の栄養バランスの整った食事を摂取しましょう。 女性だけでなく、男性にも言えることなのですが、髪の毛の元となるタンパク質や、ミネラル、ビタミンなどを摂取することは薄毛に悩んでいる人が治る近道とも言えますよね。 さらに、50代の女性には大豆の摂取もオススメです。 大豆イソフラボンには女性ホルモンであるエストロゲンと非常に似た作用があると言われていますので、積極的に摂取すると体に良い影響があります。 ちなみに、食事だけでの摂取は無理…という方もいらっしゃいますよね。 そういう方にはサプリメントもオススメです。 足りないところはサプリメントで補うのも治る近道だと思います。 さらに、十分な睡眠と適度な運動も心がげていると、血行がよくなり髪の毛に栄養が行き渡りやすくなります。 薄毛をヘアスタイルで巧みに隠す他に、いろいろなアイテムを使うのもいいですよ。 ヘアスタイルとプラスアルファ「隠す」という観点でいえば、こちらの方法もオススメです。 組み合わせれば、やれるヘアスタイルの幅も広がりますし、一考に価します。 1 増毛パウダーで隠す• 増毛パウダー(ふりかえ)は微粒子状の繊維や粒子を髪に付着させて、髪にフサフサ感を出すことで、薄毛を目立たなくするアイテムです。 植物性成分を使用して作られているので頭皮へのダメージも安心ですし、手軽に目立たなくさせることが可能です。 経済的に余裕がある人には特にオススメです。 2 帽子• もっとも簡単な方法、それは帽子を被ることです(当たり前ですが、、)一つ、帽子を被り続けることは、頭皮にダメージがかかることはお忘れなく。 頭皮汗でむれて皮脂が増えて毛根が詰まる原因にもなります。 3 かつら・ウィッグ• かつらやウィッグも、経済的に余裕のある人ならオススメですね。 アデランスなどでは本格的に育毛ケアとウィッグを組み合わせて、トータルで薄毛対策ができます。 アイテムを使って薄毛を隠す、という観点でだけなら最高の方法ではありますが、何せ費用が高いので、お財布との相談にはなります。 男性の薄毛や、女性の薄毛治療にも力を入れています。 この医院の薄毛治療は、カウンセリングによって患者の頭皮及び毛髪の状態を把握し、薄毛の状態に応じて様々な治療法が選べます。 患者一人ひとりに合った、最適な薄毛治療法を組み合わせてご提案してくれるので、安心です。 毛髪の多角的オーダーメイド再生医療(ヘアールネッサンス)も行っており、育毛薬のほかに、植毛も可能です。 発毛の為の薬をスマートメソプレミアムという、頭皮と毛髪の状態を改善し、更に、成長因子を加えることによって、発毛を促進させる治療を行っています。 この治療方法は、医学的にも科学的にも証明されている、発毛に効果的で、安全な治療なんだそうです。 1度相談されてみてもいいかもしれませんね。

次の

薄毛の女性は、前髪どうしてる?あなたの薄毛タイプごとに解説します!

前髪 薄毛 女性

女性の前髪が薄毛になる原因とは? 女性にとって髪の毛は自分の見た目を左右するパーツの一つですが、この髪が薄くなってくると外出もなかなかできません。 特に前髪は印象を決めるうえでとても大切な部分です。 女性が前髪の薄毛に気づくきっかけはおでこが広くなってきた、分け目が目立つ、老けて見られるようになったなどの時です。 考えられる主な原因は3つあり、普段何気なくやっていることでも髪にとってはマイナスになっていることがあります。 頭皮や髪にダメージを与えないためにも、これからも豊かな髪を保っていくためにも、薄毛の原因を知り対策をしていきましょう。 スタイリング剤の使い過ぎで頭皮にダメージが 女性は男性に比べると髪が長いため、さまざまなスタイリングが楽しめますが、パーマ液やカラー液、ワックス、スプレーなどのスタイリング剤を多く使用していると髪だけでなく頭皮にもダメージを与えます。 特に前髪は時間や湿気で崩れないようにワックスやスプレーを多く使用するため他の部位よりも大きなダメージを受けます。 これらのスタイリング剤は頭皮に付着すると毛穴づまりを引き起こし 新しい髪が生えるのを邪魔します。 髪の生えるサイクルを乱して薄毛の原因となるため、スタイリング剤の過度な使用や洗髪の際の不十分なすすぎには気をつけなければいけません。 生え際が薄くなるFAGA(女性男性型脱毛症)の症状 FAGAとは男性型脱毛症の症状が女性に現れたもので、女性でも前頭部、主に生え際に薄毛の症状が現れる場合があります。 このFAGAの原因は主にホルモンバランスの乱れが原因です。 男女ともの男性ホルモン、女性ホルモンを保持していますが、このバランスがさまざまな原因により乱れることでFAGAを引き起こします。 女性ホルモンの一種であるエストロゲンには髪の毛の成長を促す働きがありますが、40代を過ぎるとこのエストロゲンは分泌量が低下していきます。 女性ホルモンの低下により、微量であった男性ホルモンの効果が影響し始めるため女性でも薄毛になるのです。 髪の引っ張りすぎが原因の牽引性(けんいんせい)脱毛症 髪が長いと髪ゴムで結わえますが、その際に髪を引っ張りすぎたり、髪の重みによって前髪に負担がかかります。 髪を結わう回数が多い、引っ張る力が強い場合には前髪の薄毛の原因になるので注意しましょう。 特におでこを出すヘアアレンジをする場合など、前髪をも結んでしまう場合にはより前髪に負担がかかり、脱毛や薄毛につながります。 これらは若い頃でも関係なく起こる脱毛症の一種なので、普段から髪を結んでいる場合には 引っ張り過ぎないようにしましょう。 前髪が伸びない!女性の薄毛の始まり 最近、自分の髪の毛をよく観察していますか?昔に比べると髪質が変わった、顔周りの髪が細くなったなど、何か感じるものがあるとすれば、それはエイジングのサインかもしれません。 前髪や生え際の伸びない短い毛もエイジング症状の一つです。 知らない間に薄毛になっていると気分も下がりますし、対策も遅れてしまいます。 ウィッグなどに頼らなくても済むように、薄毛の始まりには気をつけましょう。 新しく生えてきた成長途中の髪の毛を大切に 生え際の髪の毛は他の髪に比べて 栄養が届きにくいため、伸びるのが遅かったり髪が生え変わるサイクルが早いため伸びる前に抜け替わってしまうことがあります。 この成長途中の髪の毛を大切にしないと、いつまでも丈夫な髪が育ちません。 生え際の髪が薄くなるとおでこが広く感じるようになるため、髪を洗う時や洗顔時には無理に引っ張ったり生え際に刺激を与えすぎないようにしましょう。 途中で切れてしまった短い髪の毛は正しいケアで改善 髪の毛が途中で切れてしまうことがありますが、この切れ毛はヘアサイクルの原因というよりも、コリや疲れによる頭皮の血行不良や通常のシャンプーでは落としきれない汚れの毛穴詰まりが原因です。 正しいヘアケアをすることで髪の生えるサイクルを正常にするだけでなく、強く丈夫な髪にすることができます。 シャンプーやリンスをするときの正しいヘアケア方法は以下の通りです。 いきなりシャンプーやリンスをするのではなく、髪の汚れを水洗いして頭皮マッサージをしてから• シャンプーやリンスは1か所ではなく、数か所につけ下から上に行くように洗っていく• 頭皮を傷つけないように指の腹で優しく洗う• すすぎは髪だけでなく頭皮からしっかりと汚れを洗い流す 髪の汚れだけではなく、頭皮の毛穴汚れをしっかりと落とすように洗いましょう。 頭皮がかたい場合には指の腹でマッサージをしながら洗うと汚れが浮き上がりやすくなり、汚れも落としやすいです。 また肩や首が凝っている場合には湯船であたたまりながらマッサージして コリをほぐし血行を良くしましょう。 冬はもちろん、夏はエアコンで知らぬ間に冷えています。 夏でも血行促進のために湯船に浸かりマッサージをすることをおすすめします。 女性の薄毛は髪型でカバーできる!薄い前髪にも 前髪が薄毛だと毎朝スタイリングに苦労しますよね。 真正面から見られると人の目が気になり憂鬱で、人前に出るのが恥ずかしく外出する気が無くなるほどの問題を感じてしまいます。 前髪の薄毛対策もすぐに髪の毛が生えてくるわけではないので、まずは髪型で前髪の薄毛をカバーするようにしましょう。 薄毛を上手くカバーするならロングヘアよりもショートヘアがおすすめ 薄毛を上手にカバーしたいのであれば、ロングヘアよりも ショートヘアの方が髪に重力がかかりにくいのでおすすめです。 ロングヘアは髪の重さで毛が下に引っ張られてしまうためトップのボリュームが一番でにくい髪型です。 長年ロングヘアをしていると髪を切ることになかなか気が進みませんが、髪と一緒に暗い気持ちも落としてしまうのも一つの手でしょう。 またどうしても髪を切りたくない場合には前髪を厚くして下ろすヘアアレンジであるバングもおすすめです。 バングにもいくつか種類があるので、自分に似合うバングを探すのも良いでしょう。 ターバンやスカーフなどで前髪をアレンジ ショートやバングも嫌だと感じる場合にはヘアアクセサリーをうまく使うと前髪の薄毛を可愛くカバーすることができます。 ヘアピンなどよりもターバンやスカーフを巻いて今時スタイルを目指しましょう。 ヘアアクセサリーを使うことでよりおしゃれ感も出るので、暗い気持ちを吹き飛ばすにも効果的です。 薄毛で家に閉じこもっているだけよりも、新しいヘアスタイルに向けて色々と研究するのも良いでしょう。 女性の前髪の薄毛、対策とは? 髪の毛は年齢を重ねる毎にその量が減っていきます。 頭髪の量のピークは10代~20代といわれており、それを過ぎると徐々に髪のボリュームが減っていきます。 30歳を過ぎると女性ホルモンの分泌が徐々に減り始めるため、若い頃に比べると抜け毛が増加し脱毛症を発症することがあります。 脱毛症が進むと薄毛の原因にもなり、見た目が余計に老けて見えてしまいます。 薄毛を防止するためにも、今からできることはやっていく薄毛対策を始めましょう。 ダイエットや食事制限が原因の薄毛には動物性たんぱく質が効果的 女性は見た目にこだわるあまりに過度なダイエットや食事制限をしてしまいます。 行き過ぎたダイエットや食事制限は髪に必要な栄養素が不足してしまうため抜け毛や白髪が増加したり髪の毛が細くなるなどの症状を引き起こします。 栄養不足による薄毛には 動物性たんぱく質が効果的です。 動物性食品には鉄分や亜鉛、銅などのミネラルも含まれています。 これらのミネラルが不足すると抜け毛や薄毛の原因となるのでバランスの良い食事を心がけましょう。 必要な栄養素が不足すると髪が十分に成長することができなくなってしまうため、より薄毛を促進させることになります。 過度なダイエットや食事制限は避け、これらの栄養素と同時にビタミンやアミノ酸を摂るようにするとさらに効果が期待できます。 女性に多い鉄欠乏性貧血も薄毛になる原因 女性が引き起こしやすい欠乏症の中に鉄欠乏症性貧血があります。 これは名前の通り鉄分が不足している状態ですが、抜け毛や薄毛の他にも肌荒れやイライラ、倦怠感などの症状を引き起こします。 鉄欠乏性貧血を改善するためには、鉄分が多く含まれている肉や魚などの動物性食品を摂取したりサプリメントで補うようにしましょう。 植物性食品にも鉄分は含まれていますが、動物性食品に比べると吸収率が劣ってしまうため、鉄欠乏性貧血の改善には動物性食品の摂取をおすすめします。 40代は特に要注意?女性の前髪が薄毛になる理由 女性は40代頃から更年期が始まります。 個人差はありますが、この更年期が始まる頃に女性ホルモンの分泌が今までよりもさらに減少しホルモンバランスが崩れます。 ホルモンバランスの崩れは抜け毛や薄毛の原因として挙げられます。 ストレスの多い年代なので自立神経が乱れ血行不良にもなりやすいため注意が必要です。 また最近はストレス社会といわれ、ストレスが蔓延化しているためか10代、20代でも薄毛が始まってしまいます。 女性の薄毛にストップをかけるためにも、普段のヘアスタイルや食事生活、ストレスなどには気をつけましょう。 20代に多いのが々髪型による「牽引性脱毛症」 10代、20代に多いのが髪型による 牽引性脱毛症です。 髪の量が多いのでポニーテールや三つ編み、エクステなどさまざまな髪型が楽しめる年代ですが、髪や頭皮に強い負担が掛かる髪型が原因で牽引性脱毛症を引き起こします。 牽引性脱毛症を防ぐためには分け目を変えたり、無理に髪を引っ張らないようにし、髪に負担がかかるのを避けるようにしましょう。 たまにこれらの髪型にするのも良いと思いますが、毎回同じ髪型では頭皮や髪に負担をかけます。 若い頃から薄毛に悩まないためにも髪型にも気をつけましょう。 30代は女性ホルモンのバランスが崩れてくるのが原因 30代、40代は女性ホルモンバランスの崩れが抜け毛や薄毛の原因です。 エストロゲンの分泌量が減少するため、髪の成長が滞りヘアサイクルも乱れてしまいます。 女性ホルモンに似たイソフラボンやビタミンEの摂取、十分な睡眠を取る、タバコを止めるなどして女性ホルモンのバランスを整えるようにしましょう。 いつまでも女性が輝けるように、薄毛対策は今から始めましょう!.

次の

薄毛が目立たない髪型カタログ・女性◇薄い頭頂部・分け目・前髪に似合うヘア画像/ボリュームカバーのコツ/パーマ/くせ毛/白髪/芸能人◇20代30代40代50代60代70代向けおすすめヘアスタイル

前髪 薄毛 女性

「 前髪の生え際が後退している気がする…」 「 こめかみのM字部分が薄くなっている…」 女性でも前髪の生え際部分や、こめかみのM字部分が薄く後退することがあります。 生え際の後退って、髪の毛で隠すのが難しいので、ヘアセットが変になったり、風吹いたときに嫌な思いしがち。 シャンプーを変えても治らないし、食べ物に気を付けるだけでも治りません…。 とはいえ、 薄毛を放置していても勝手に良くなることはなく、むしろ徐々に進行してしまうケースがほとんど。 実は、生え際の後退は正しいケアをすることで落ち着くことが多いです。 今は病院での治療という選択肢もあるので、できるだけ早く対策に取り組むことが超重要です。 人によって効果を感じるまでの期間は違いますが、実感できる方法をまとめたので良ければ参考にしてみてください。 生え際が後退してしまう主な原因• 牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛)• ホルモンバランスの乱れ• ストレス• 頭皮トラブル• 生活習慣の乱れ• 過度なダイエット 牽引性脱毛症(ポニーテール脱毛) 女性の生え際が後退してしまう原因として特に多いのが、「 牽引性脱毛症」と呼ばれる症状。 牽引性脱毛症とは、ポニーテール脱毛とも呼ばれ、 髪の毛を引っ張ることで脱毛してしまうことをいいます。 ポニーテールって言われますが、それ以外にもエクステつけたり、前から引っ張ってお団子髪作ったり、髪の毛を強く引っ張る髪型などは全部これに当てはまるので気を付けてください。 ポニーテールなどの髪型が原因の場合、単に髪型を見直してあげれば徐々に治っていきます。 強く引っ張られることで、抜けやすくなったり刺激になっているだけなので、髪型が原因の場合はとにかく早く髪型見直しましょう。 変な育毛剤買ったりシャンプー買ったりする必要はないです。 髪型変えるだけで落ち着くので。 頭皮トラブル(メイクの洗い落とし) 生え際の後退の原因としてよくあるのが、 ファンデーションなどのメイクをしっかりと落とせていないということ。 生え際部分に付着したまま寝てしまい、雑菌が繁殖して頭皮トラブルになっているケースです。 クレンジングや洗顔を十分にしないと、知らず知らずのうちにメイクが残っているので要注意。 メイクのすすぎ不足の場合、まずは生え際を清潔にして、頭皮環境を整えてあげることが大切です。 抗炎症作用のある育毛剤を使って頭皮環境を整えるのが一番楽でコスパも良いです。 生え際部分が赤くなって炎症を起こしてしまっている場合、脂漏性皮膚炎や接触性皮膚炎を起こしている可能性があるので皮膚科を受診しましょう。 自宅ケアでは難しいので、薬を処方してもらいます。 脂漏性皮膚炎の場合、フケが増えていたり、皮脂でてかり気味になるのが特徴。 接触性皮膚炎は、赤くなったり刺激を感じているのが特徴です。 もしこのような症状が出ている場合、皮膚科を受診するようにしましょう。 ホルモンバランスの乱れ 妊娠や出産をきっかけに生え際の後退が気になるようになった…という場合、ホルモンバランスの乱れが原因かも。 10代や20代の女性の場合、無理なダイエットでもホルモンバランスが乱れることがあります。 妊娠や出産期は、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が一時的に急激に増えて下がってというサイクルになるので、産後にドバっと抜け毛が増えやすいです。 この時期に、人によっては薄毛まで進行してしまい、生え際が特にやられてしまうケースも。 妊娠中や産後の薄毛の場合、基本的には1年から1年半ほどで落ち着く場合がほとんどです。 ただ人によってはそのまま薄毛が進行してしまうケースもあるので、イソフラボンなどの女性ホルモンに似た栄養素を取りつつ、育毛剤でしっかりとケアしてあげましょう。 既に生え際の後退がとっても進行してしまっている場合は、後述しますが薄毛治療を受けた方が確実です。 育毛剤は薬ではないので進行しすぎると期待できません。 FAGA(男性ホルモンの影響) 40代以降の女性に多い原因としては、男性ホルモンの影響で薄毛が進行することもあります。 女性ホルモンの分泌量が下がることで相対的に男性ホルモンの分泌量が増え、体内で抜け毛の原因となる強力な男性ホルモンが作られてしまいます。 男性の薄毛(AGA)とメカニズムが似ているので、FAGA(女性の男性型脱毛症)といいます。 FAGAの特徴としては• 40代以降で生え際が気になり始めた• 頭皮の皮脂が気になるようになってきた というのがあります。 FAGAの場合、他の脱毛とは対策方法が少し違うので、次の記事を参考にしてみてください。 女性の生え際が後退してしまう原因としては、主にこのような理由があります。 「髪型」「メイクの落とし不足」「ホルモンバランスの乱れ」特にこの3つが多いです。 女性の生え際の後退対策方法 生え際の後退をケアするためには、次の3つのうち、自分に合ったケアに取り組むことが大切です。 生え際の後退ケア方法• 髪型を変える(ポニーテール脱毛の場合)• 育毛剤を使う• 薄毛治療を受ける 髪型を変える(ポニーテール脱毛) ポニーテール脱毛(髪の毛を引っ張っている髪型)の場合、髪型を変えることが何よりの対策方法。 「似合う髪型がない」という場合でも、禿げることよりはマシだと思うので、何よりも早く髪を引っ張る髪型をやめましょう。 基本的には、髪型を変えるだけで徐々に落ち着いてきます。 薄くなってしまった部位も、3か月ほどで元に戻るようになるので少し我慢するしかないです。 「髪型を変える以外にもできることはしておきたい!」という場合、後述する育毛剤を使ってヘアケアをしてあげると良いです。 シャンプー買えたり、特定の食品を食べたりして劇的に良くなることはないので、変なシャンプーやサプリを買わされないよう気を付けてください。 女性用育毛剤 生え際の後退がまだ初期の状態なら、女性用育毛剤を使ってケアをはじめましょう 育毛剤には、「医薬部外品」「化粧品」「医薬品」の3つの分類がありますが、自宅ケアするなら医薬部外品の育毛剤を選ぶと良いです。 医薬部外品とは、有効成分(厚生労働省が効果を認めている成分)が配合されていながら、副作用の心配がほとんどない商品のこと。 血行促進や抗炎症作用など、頭皮環境を整えるために必要な成分がしっかりと配合されているので、十分効果が期待できます。 また最近では、育毛剤の成分の質も向上していてより実感される方が増えてきています。 ちなみに、ドラッグストアでも売っている「リアップジェンヌ」というミノキシジルが配合されている発毛剤は薬なので副作用のリスクがあるので要注意。 適切に使うと発毛効果が期待できますが、初期の状態なら副作用が心配な薬は避けた方が無難だと私は思っています。 >>> 薄毛治療 生え際の後退がかなり進行してしまっていて育毛剤では効かない場合、 専門クリニックでの薄毛治療を検討してみましょう。 薄毛治療と聞くと男性のAGA(男性型脱毛症)治療をイメージされる方も多いですが、最近では女性の薄毛治療に取り組まれる病院も増えています。 中には女性の薄毛治療を専門に取り扱うクリニックもあり、完全予約制、女性のスタッフが対応してくれるなど通いやすいクリニックもあります。 薄毛治療は、飲み薬や塗り薬を使った治療になるのでより強力な効果が期待できます。 基本的には月に1度通って、薬を処方してもらいながら治療を勧めるのが一般的です。 薄毛治療は保険適応外なので毎月1万円~3万円ほど必要になってしまうものの、育毛剤で満足できなかった場合は試す価値があります。 >>> シャンプー・サプリメントは薄毛に効きません! 生え際の後退が気になり始めると、シャンプーの見直しやサプリメントを使い始める女性が多いです。 しかし、 シャンプーやサプリメントには薄毛に効く成分は配合されていません。 シャンプーは、刺激の強い硫酸系からアミノ酸系シャンプーに変えることで頭皮に優しく使うことが出来ます。 それ自体は良いことですが、アミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーに変えても薄毛に効く成分は入っていません。 サプリメントはあくまでも栄養食品なので、不足する栄養を補うもの。 薬ではないことを理解しておきましょう。 生え際の後退が気になり始めたら、育毛剤を使う、専門医で治療するというのが必要になります。 生え際の後退に効く女性用育毛剤の選び方 前髪の生え際部分や、こめかみのM字部分は、ほかの部位に比べて血管が少ないため乾燥しやすいのが特徴。 だから、育毛剤を選ぶ時は うるおい保湿成分がたっぷり入っているものを選ぶこと。 あと、生え際部分はファンデーションや洗顔の洗い落としなどの刺激が原因で、頭皮が硬くなりやすいです(頭皮の硬化といいます)。 固くなってしまった頭皮に育毛剤を付けても、実はほとんど浸透せずに流れ落ちてしまうだけ…。 だから、前髪の生え際やこめかみのM字部分に使うなら 浸透しやすい育毛剤を選ぶこと。 うるおい保湿成分がたっぷりと入っていて、浸透しやすい育毛剤を選べば、気になる生え際に効果的です。 育毛剤を適当に選ぶのではなく、このように生え際に効果が期待しやすい育毛剤を選ぶことが大事。 具体的に、これら2つのポイントをクリアしている育毛剤を紹介しておきます。 もちろん、すべて実際に私が使ったものを載せているので安心してください。 ベルタ育毛剤はナノ化しているから浸透して実感しやすい 前髪の生え際の後退や、こめかみのM字部分にお勧めなのが「ベルタ育毛剤」です。 ベルタ育毛剤は、ファンデーションや洗顔の洗い残しで固くなった頭皮を柔らかくする保湿成分を配合しています。 「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「プラセンタ」といった保湿成分がたっぷり入っているので、固くなった頭皮を柔らかくして弱った髪に栄養を与え、強く太い毛に。 生え際の浸透しにくい部分にも効果があるよう、 成分をナノ化(とっても小さくすること)しているので、成分が奥まで浸透して実感しやすいです。 生え際の細い毛や短い毛は、成長途中の毛であることが多いので、しっかりと育てることができます。 無添加でアレルギーテストも実施済みなので、敏感肌・乾燥肌で刺激が気になる方でも使えます。 ベルタを使った方はわかると思うんだけど、続けると抜け毛の量が変わったり、ボリューム感が出たりする。 「これ以上、生え際の後退を酷くさせたくない!」って場合は、ベルタ育毛剤を試してみると良いです。 下記の公式サイトから注文すれば、30日間の返金保証も用意されているので試しやすくなっています。 女性の生え際後退治療を受けるクリニックの選び方 女性の薄毛治療を取り扱うクリニックは年々増えてきていますが、どこを選んでも良いわけではありません。 薄毛は人によって症状や進行状況が違うため、しっかりと一人一人に合った治療を受けられるクリニックを選ぶのが基本となります。 薄毛治療を受ける場合、次のようなクリニックを選ぶことで失敗する可能性は減らせます。 薄毛治療クリニックの選び方• 無料カウンセリングを実施している• 治療実績が豊富• 料金体系が明瞭 無料カウンセリングを実施している 始めて薄毛治療を受ける場合、いきなり治療を勧めるのは不安が多いです。 そのため、 まずは無料カウンセリングを実施してるクリニックに足を運ぶことをお勧めします。 薄毛治療は1回や2回通うだけで終わるわけではなく、1年ほど通うのが一般的です。 そのため、自分に合わない医師やスタッフ、雰囲気の場合、通うのがつらくなってしまってやめる原因になる恐れがあります。 まずは無料カウンセリングを実施しているクリニックで話を聞くことをお勧めします。 治療を受けるかどうかは、カウンセリングで話を聞いてから決められますからね。 治療実績が豊富 薄毛治療は一人一人症状などが違うため、 治療実績が豊富なクリニックを選ぶことをお勧めします。 一般的な皮膚科などの薄毛治療が専門でない病院の場合、治療実績が少ないために画一的な治療になりがちです。 しっかりと症状に応じた治療に取り組むためにも、治療実績が多く安心できるクリニックを選びましょう。 料金体系が明瞭 薄毛治療は保険が効かないため、同じような治療でもクリニックによって値段が全然違います。 商業色の強いクリニックの場合、「初月〇〇円」などと安くお客を集めて、後々高額な医療費ローンを組ませるところもあるとか…。 そういったクリニックを避けるためにも、 料金は明確になっているところを選ぶようにしましょう。 それでは、これらを踏まえたうえで女性の薄毛治療におすすめのクリニックをいくつかご紹介します。 女性の生え際後退におすすめのクリニック 銀クリ(銀座総合美容クリニック) 銀座総合美容クリニック(通称:銀クリ)は、テレビCMもしている人気の薄毛治療クリニック。 完全予約制・分かりやすい料金体系をしているおすすめのクリニックです。 薄毛治療クリニックとしての実績も豊富で、都内や関東地方に住んでいるならまずは無料カウンセリングを受けてみてください。 東京ビューティークリニック 女性の薄毛治療を専門に取り扱うクリニックが、「東京ビューティークリニック」。 女性の薄毛治療薬が 5,000円から始められるなど、コスパが良いのが人気の理由。 専門医師が開発したオリジナルの発毛薬も処方されており、あなたに合った治療方法を提案してもらうことができます。 もちろん、安さだけではなく、治療実績も豊富。 これまでに 14万人以上の女性の薄毛相談実績があるので、安心して通えるクリニックとして評価も高いです。 東京・大阪・福岡・北海道・愛知・埼玉など、全国に店舗があり、駅近で通いやすい立地も選ばれてる理由。 「 できるだけ治療費を抑えたいけど、満足できる効果を得たい!」 「 怪しいクリニックじゃなくて、治療実績が豊富なクリニックを選びたい!」 このように考えているなら、東京ビューティークリニックがおすすめ。 無料カウンセリングも行っているので、まずは相談してみてはいかがでしょうか。 ヘアメディカルビューティー ヘアメディカルビューティーは、女性のための薄毛治療専門クリニック。 薄毛治療の実績が豊富で、銀クリに通えない方はこちらがおすすめです。 東京、名古屋、大阪、福岡に店舗があるため、通いやすくなっています。 銀クリよりは値段が高くなってしますが、こちらも非常に信頼できるクリニックさんです。 まとめ 生え際の後退で悩む女性は増えていますが、 大事なことは出来るだけ早くにしっかりとケアすること。 薄毛や抜け毛が初期の状態ならまずは女性用育毛剤を使ったケアで様子を見てみましょう。 最近では、女優さんやモデルさんもヘアケアの一つとして育毛剤を使ってしっかりとケアされています。 育毛剤を使うことが恥ずかしい…という考えは変わってきているので、しっかりとケアを始めておきましょう。 既に生え際の後退がかなり進行してしまっている場合は、専門医でのクリニックを検討してみましょう。 銀クリ・ヘアメディカルビューティーのどちらかを選べば、まず失敗することはありません。 私も実際に無料カウンセリングを受けましたが、とっても雰囲気が良かったですよ^^ 関連記事:•

次の