ムン ジユン。 ムン・ジユン

ムンジユンが死去で死因は病気!wikiや激太りの影響は?

ムン ジユン

moonlight4572 がシェアした投稿 — 2020年 2月月19日午後8時29分PST ムンジユンさんの 死因は、急性敗血症ということです。 そもそもは、この病気で入院されていたのではなく、16日に 喉の痛みを訴えて入院しており、徐々に症状がひどくなっていき、18日の午後8時56分頃に亡くなられたとのこと。 2日で、症状が悪化してしまわれたのですね。 虚血性敗血症とは、感染症にかかったことがきっかけで、さまざまな臓器の機能不全が現れる病気です。 そして多臓器不全となると、数時間で亡くなってしまう可能性が高いようです。 死亡率が高くなる要因は、下記のものが考えられます。 saiseikai. 若い方でも、亡くなってしまうこの病気はとても恐ろしい病気だと感じました。 また、新型コロナとは関係ないと、事務所が公式に発表されています。 ムンジユンは結婚しているの? ムンジユンさんは、ご結婚しているという情報はなく、彼女はいらっしゃるようでした。 お相手は、 ムンジユンさんより3歳年下の一般の女性とのことです。 結婚を前提にお付き合いされていたようで、 彼女は翻訳会社を運営する美女とのこと。 ムンジユンさんの好きなタイプは、 「雰囲気が通じる女性がいい」とインタビューに答えていたことがあります。 彼女も、ムンジユンさんと雰囲気の合う素敵な女性なのではないでしょうか。 中学校3年生の時から、演技がしたくなってその道を目指すようになります。 家庭は裕福ではなかったものの、演技を学ぶ塾に母親が行かせてくれて、2年間塾に通いました。 周りはとてもハンサムな人ばかりだったので、 「自分は演技で勝負しなければならない」と思ったのだとか。 高校卒業後に、2002年にMBCドラマ『ロマンス』でデビューされました。 スポンサーリンク おわりに 関係者によりますと、新型コロナウイルスの関係から弔問客の弔花はお断りしているとのこと。 出棺は20日ということです。 関連記事はこちら.

次の

ムン・ジユン : 韓国俳優DATABASE

ムン ジユン

ムン・ジユンについて ムン・ジユンは、2002年のMBCドラマ『ロマンス』で、ドラマデビューした俳優である。 2002年『I LOVE ヒョンジョン』、2003年『二十歳』、2005年『快傑春香』、2006年『どれだけ好きなの』、2008年『一枝梅』、2009年『善徳女王』、2010年『ピンクの口紅』、2012年『ビッグ』、2012年『メイクイーン』、2015年『錐-キリ-』、2016年『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』、2017年『ココロの声』などに、出演した。 2004年の映画『廻し蹴り』を始め、2006年『生涯ナルソンセン』、2012年『私のPSパートナー』、2017年『野盗:悪いやつらの世界』、2018年『チーズイン・ザ・トラップ』などに、出演した。 2020年3月18日、咽喉炎による急性敗血症により亡くなった。 新型コロナウィルスによる感染症ではないかと疑うファンやネットユーザーの声も上がったが、所属事務所はこれを否定した。 基本プロフィール ムン・ジユンは、2017年5月16日の『News1記事』によると、「ジユンが、一般人女性と、結婚を前提に真剣な出会いを続けている。 16日、芸能関係者によると、ジユンは、3歳年下の一般人の彼女と3年目の熱愛中である。 ジユンの恋人は、翻訳会社を運営している、美貌の財源として知られている人物である」とのことである。 同日、ジユンは『News1記事』に「年下だが、時には姉のようで、時には友達のような彼女だ。 お互いに配慮しながら、良い縁を続けている」と話した。 また、結婚については、「まだ具体的な計画はないが、結婚まで視野に入れながら、真剣に交際中だ」と説明した。 好きなタイプ ムン・ジユンは、2016年2月26日に放送された、SBSパワーFM『チェ・ファジョンのパワータイム』に出演した。 その際、DJのチェ・ファジョンが、女性のタイプを聞くと、ジユンは「以前は決まっていましたが、今は、雰囲気が通じる女性がいい」と説明した。 性格 ムン・ジユンは、2016年2月26日に放送された、SBSパワーFM『チェ・ファジョンのパワータイム』の「あなたの意味」のコーナーに、俳優ジ・ユンホと共に、ゲストで出演した。 聴取者から、「ドラマの中では、いやなキャラクターであるが、実際もそうか?」という質問を受けて、「ちがう」と答えた。 ジユンは「実際には、そうではない。 実際の自分は、他人に迷惑をかけるのも、受けるのも嫌だ」と説明した。 POPインタビューでは、「サンチョルのノリノリ姿は、少し自分に似ています。 普段、真剣な面もあるが、気持ちがいい状態の時は、言葉も普段より多くなって、憎まれ口を言ったりします。 そんな姿は、サンチョルのキャラクター作りの参考にしました。 また、劇中のサンチョルが、気楽な人たちと対話する時の言い方や、表情が、実際の僕の姿と非常に似ています。 僕が、僕の友達にする姿そのものです。 違う姿は、まず僕は、他人に迷惑をかけないスタイルです。 できれば、被害を与えることも、受ける事もないようにしています。 また、普段の性格は、まじめな方です。 真剣な姿とサンチョルのようなお茶目な姿を7:3程度の割合で、持っています」と話した。 趣味 ムン・ジユンの趣味は、チャットとバスケットボールなどである。 2016年2月に、スポーツ朝鮮とのインタビューで、「学生時代、趣味でボクシングをしました。 だから、喧嘩が上手いとか、そんなことではないです。 また、シラットという武術を地道にやっています」と伝えた。 また、俳優ユ・ヘジンは、ジユンについて「フィギュア趣味も似ているので、もっと親しくなりたい俳優だ」と話した。 特技 ムン・ジユンは2016年2月に、スポーツ朝鮮のインタビューで、「2月10日に、展示会を開きます。 美術専攻者ではないが、これまで独学で描いてきた、僕の絵を紹介する場です。 知り合いの作家と一緒にする展示会で、僕の絵と彼の造形物が、一緒に展示される予定です」と伝えた。 デビュー前の経歴 ムン・ジユンは、インタビューで「もともと、高校の時までは、いたずらっ子だった。 特に、小学校から中学校までは、本当に困りものだった。 小学校の時、修練会に行くと、ダンスもよく踊れないのに、前に出て踊ったり、歌ったりする子だった。 才能はなかったが、情熱だけはあった。 中3時、演技がしたくなり、その思いに執着した。 最初は、格好付けから入って、挑戦してみた。 汝矣島 ヨイド にある、塾に2年ほど通った。 MTMではなく、小さい所。 塾の費用が安かったからだ。 裕福な家ではなかったから、母が『あなたがしたいなら、塾費だけは支援してあげる、残りはあなたが勝手にしろ』と、用意してくれた。 塾に入ってみたら、ハンサムな友達が、とても多かった。 オーディションも見て、撮影場にも現場学習のように、行ってみたりしたが、とてもハンサムな人が多くて、その時すぐ『自分は、演技で勝負をしなければならない』と思った。 その後、高等学校を卒業してすぐに、2002年のMBCドラマ『ロマンス』で、デビューした」と、デビュー前の経歴について語った。 出身・家族・学歴 兄弟 妹1 出生国 出生地域 高校 仁德工業高等學校 大学 光云大学校・放送芸能学科 解散・引退について 周囲からの評判 ムン・ジユンは、2016年2月26日に放送された、SBSパワーFM『チェ・ファジョンのパワータイム』に、tvNの月火ドラマ『チーズイン・ザ・トラップ』で共演したジ・ユンホと一緒に、ゲスト出演した。 ユンホは、ジユンについて「人としてジユン兄の真正性を学びたい。 もっと仲良くなりたい」と話した。 これにジユンは、「この前のインタビューで、ロールモデルを『ハ・ジョンウ先輩だ』と名指したじゃないか」と、意地悪く聞いた。 ユンホは、「ロールモデルとは、また違う。 人として、お兄さんを尊敬している」と、愛情を示した。 整形 好きな食べ物 公式サイト・SNS.

次の

俳優ムン・ジユンの訃報、ドラマ「チーズ・イン・ザ・トラップ」で共演パク・ヘジンが追悼(WoW!Korea)

ムン ジユン

韓国俳優:ムン・ジユンが敗血症で死去 ムンさんの死去について「中央日報」は次のように報じています。 俳優ムン・ジユンが 急性敗血症で亡くなった。 享年36歳。 所属事務所のカジョクENTは19日 「ムン・ジユンが18日午後8時56分に亡くなった」 と明らかにした。 所属事務所によると、 ムン・ジユンは最近咽喉炎症状がひどくなり病院に入院した。 その後、 急性敗血症で集中治療室に運ばれたが、 ついに回復できなかった。 事務所関係者は 「遺族が新型肺炎の感染による弔問客の安全を心配した」 として 「故人に対する哀悼をお願いし、 弔花は丁重にお断りする」 と話した。 (2020年3月19日配信) 上記の通り、ムンさんは 「敗血症」が原因で36歳という若さで死去されました。 体内で細菌が 繁殖したことで 臓器などの機能が阻害され、適切な治療を受けずにいると高確率で死に至ります。 36歳という年齢を考えれば、ムンさんは健康体だったでしょう。 しかし、敗血症は 年齢に関係なく発症するリスクがあるため、注意が必要なのです。 彼女や結婚は? 36歳という若さで死去されたムンさんですが、 結婚はしているのでしょうか? そこで、彼の私生活を調べてみたものの、結婚の事実は 公表されていませんでした。 そのため、極秘結婚していない限り、未婚・独身だと思われます。 ただ、韓国のメディアでは 「結婚前提に交際している彼女がいる」と報じられていました。 2017年5月16日の『News1記事』によると、 ムン・ジユンは、 「ジユンが、一般人女性と、 結婚を前提に真剣な出会いを続けている。 」 「16日、 芸能関係者によると、ジユンは、 3歳年下の 一般人の彼女と3年目の熱愛中である。 ジユンの恋人は、 翻訳会社を運営している、 美貌の財源として知られている人物である」 とのことである。 showholic.

次の