仁王2 鎖鎌 おすすめ装備。 【仁王2】薙刀鎌&旋棍 万能火力装備「30秒で読めます」

【仁王2】中盤最強防具「ソハヤ衆鎧シリーズ」を簡単に集める方法まとめ!誰でも楽々周回可能│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2 鎖鎌 おすすめ装備

鎖鎌はほかの武器とは違い、忍を上げることで効率良く火力が伸びていく。 ほかの武器と共存させる場合、忍が無駄になるというデメリットがあるが、その分ニンジャスキルを駆使した戦いができるという利点もある。 心・体・技にある程度振る必要があるが、基本的に忍に振るだけで強力なキャラクターに育成できるだろう。 鎖鎌を使う場合のステータス振り例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 16 20 心 10 15 15 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 15 20 23 忍 31 65 99 呪 5 5 5 霊 11 11 20 武器は鎖鎌のみ、防具は軽鎧を前提としたステ振り例。 鎖鎌の主な対応ステータスは忍のため、体力や気力を補強するために体や心にも多少振る必要がある。 体はHP上昇効率がいい10Pまでは必ず振り、それ以降は防具の効果を解放するために必要な数値を最低限振ろう。 技も軽鎧を装備するために必要なステータスなので、必要なステータスを随時振っていこう。 心は気力上昇効率がいい15Pまでは早い段階で振っておきたい。 霊は守護霊の効果を解放するために、それなりに育てた方が効率よく進められる。 初期守護霊をそのまま使うのであれば11P(禍斗は10P)で十分。 これ以外の守護霊を使う場合は、欲しい効果が発揮するまで育てよう。 それ以外のポイントはすべて 忍 に振り、ガンガン火力を上げていこう。 さらに忍のステータスを上げていくので「忍術」を心置きなく使うことができるのも見逃せない。 「猫歩きの術」と「透っ破の術」を使えば、道中をサクサク進められるので必ず覚えさせよう。 共通ステータスは技でなので、忍と同じペースで振っておくと鎖鎌と刀の火力を両立できる。 そのほかのステータスは、上記で紹介した鎖鎌単体の時と同じで問題ない。 「信じるのは鎖鎌のみ!」育成例 ステータス レベル50 レベル100 レベル150 体 10 10 10 心 15 15 15 剛 5 5 5 武 5 5 5 技 5 5 43 忍 37 87 99 呪 5 5 5 霊 10 10 10 防具を付けず、 純粋に鎖鎌の火力だけを追い求めた極端な育成例。 精霊は、攻撃力と気力回復に優れた禍斗を使用。 禍斗の効果を最大限発揮できるように霊に10Pだけステータスを振っておく。 体はHP上昇効率がいい10Pまで、心は気力の上昇効率がいい15P振ればOK。 あとは、忍にステータスを全振りして、ひたすら火力を追い求めたい。 忍がカンストしたら技を強化していき、さらなる高みを目指そう。 この育成例の場合、最初に選ぶ守護霊は武が上がる禍斗ではなく 霊が上がる磯撫がおすすめ。 禍斗は中国編サブミッション「三柱の荒神」をクリアして入手しよう。

次の

【仁王2】中盤最強防具「ソハヤ衆鎧シリーズ」を簡単に集める方法まとめ!誰でも楽々周回可能│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

仁王2 鎖鎌 おすすめ装備

体力回復が頼もしい防具 ソハヤ衆シリーズは 5揃え効果で真価を発揮する防具。 特に序盤はHPの回復手段が限られているため、敵を倒してどんどん回復できるのが魅力的。 妖怪特攻防具としては弱めなので、あくまでも回復装備として採用しよう。 「煙炎の怪」で直接ドロップを狙おう 序盤は鍛冶屋を使っている余裕など無い可能性が高い。 そこで、ソハヤ衆シリーズは覚醒篇「煙炎の怪」に出てくる ソハヤ衆から直接ドロップを狙おう。 2つ目の社直後にソハヤ衆が出現するので、社との往復で防具を集められる。 常世で回復できるので、序盤苦戦しがちな常闇エリアの攻略を手助けしてくれる。 序盤で運良く3〜4セット持っていれば採用を考えよう。 回復あり、気力ボーナスあり、近接ダメ+ありと 集めやすさに対する費用対効果が抜群だ。 5以降の揃え効果の優先度は低いことは覚えておこう。 攻防補正を捨てているとはいえ、攻略と並行して探索もする人におすすめの防具だ。 ダメージの加算量が優秀なほか、気力ダメージまで上げられるのが魅力的。 問題は 重さがとんでもないことから、「剛」にステ振りしがちな斧持ちくらいしか使えない点。 忍術ダメージを加速度的に高めてくれるだけでなく、気力回復量と攻撃ダメージを高めてくれる有用な防具だ。 ちなみに、2週目以降にならないと出現しない点に注意。 防具の選び方 拾った防具でやりくりするのもOK ミッションを攻略しているだけで防具をガンガン入手できるため、拾ったものの中で 効果値が高い防具を選択するのもあり。 メインミッション1周目くらいであれば、特別困ることはない。 防具を選ぶときは、 自身のプレイスタイル・武器に合わせた揃え効果装備を意識することでより強くなれる。 武器種特化の揃え効果もある 本記事では汎用性の高い防具をおすすめとして掲載しているが、中には 特定の武器種技の威力を高める物もある。 ほとんどの場合、「」技の威力を底上げしてくれるので合わせて集めてみよう。 レベルの低いものは「魂合わせ」を使おう 揃え効果を活かしたくとも、装備のレベルがあまりにも低いと戦力として期待はできない。 そんなときは、鍛冶屋の「魂合わせ」を利用して装備のレベルを最大限まで高めよう。 最終的には製法書マラソン&鍛造 各種防具は、鍛冶屋の鍛造を利用すると必要ステータスが半減する。 揃え効果を持つ防具も製法書を使って鍛造できるので、最終的には欲しい防具の製法書を集めて鍛造していくことになる。 関連リンク 武器データベース.

次の

「仁王」の序盤はこう戦え! 守護霊や装備の選び方,立ち回りなど“戦国死にゲー”に挑むプレイヤーへのアドバイス

仁王2 鎖鎌 おすすめ装備

最初のおすすめ武器 「大太刀」がおすすめ ストーリー攻略で一番おすすめの武器は「大太刀」です。 序盤で習得できる武技の「釣瓶打ち」「抜即斬」が強いので、一番が攻略が楽になる武器だと思います。 2本目は「刀」か「槍」がおすすめ 2本目の武器は上昇するステータスで選びましょう。 気力が増える「刀」か、体力が増える「槍」がおすすめです。 武器と上昇ステータスの一覧 最初に選んだ武器によって、ステータスが+1されます。 上昇ステータスで考えるなら、 序盤から役に立つ「体・心・剛」のどれか上げておくのがおすすめです。 選ぶ武器 上昇 ステ ステータスの効果 槍 体 体力と、毒や麻痺に対する強さに関係 刀 心 気力と、火に対する強さに関係 旋棍 勇 気力回復速度と、雷に対する強さに関係 斧 剛 装備できる重さや、体力に関係 大太刀 武 重厚な防具の特殊効果の発揮に関係 二刀 手斧 技 軽量な防具の特殊交換の発揮に関係 鎖鎌 忍 忍術の効果や、忍術の容量に関係 薙刀鎌 呪 陰陽術の効果や、陰陽術の容量に関係 武器の特徴 武器 特徴 刀 攻撃速度と威力のバランスがいい 「迅」の特技でカウンター狙いが基本 使いやすいので初心者におすすめ 大太刀 威力とリーチに優れた武器 広範囲の敵を攻撃できる 気力消費が激しいので、序盤は使いにくい 二刀 スキが少なく、連続攻撃に優れて武器 ガードが崩されにくい 槍 威力とリーチに優れた武器 攻撃後のスキが大きいので、一撃離脱が基本 旋棍 連続攻撃に優れた武器 リーチは短いので、敵に接近する必要がある 斧 一撃の威力に特化した武器 攻撃速度が遅いので、初心者には不向き ガードごしにもダメージを与えられる 手斧 投擲攻撃もできる武器 敵と距離を取りながら戦闘しやすい 鎖鎌 「忍」のステでダメージが上昇するので、忍術と同時に強化できる 鎖鎌より忍術主体で戦う方がおすすめ 薙刀鎌 構えによって、武器の形状・特徴が変化する 上段は、高威力の攻撃 中段は、リーチの長い連続攻撃 下段は、武器を振り回す範囲攻撃 最初のおすすめ守護霊 「大太刀」には「猛」がおすすめ 「大太刀」「斧」「槍」など、一撃の威力が高い武器を使う場合は、自分から攻撃しやすい「猛」の守護霊がおすすめです。 「刀」なら「迅」がおすすめ 「刀」をメイン武器にする場合、カウンター狙いの戦い方になります。 守護霊「迅」の選んでおくと、刀との相性がいいです。 守護霊の特徴 守護霊 特徴 猛 力強い攻撃を放つ。 敵が大技を出す直前に使えば、技を中断させることができ、気力ダメージを与える 迅 その場に残像を残してダッシュ。 残像に敵の大技が触れると追撃を行い、気力ダメージを与える。 幻 敵の攻撃をガード。 敵の大技をタイミングよく受け止めると、ひるませて気力ダメージを与える。 ステータスは振り直しできる 鍛冶屋でステ振りをやり直せる 鍛冶屋で販売されている「六道輪廻の書」を購入すると、ステ振りをやり直すことができます。 武器選択のステータスは振り直しできる? 最初の武器選択で上昇したステータスが、ステータスリセット対象に含まれているかは不明です。 ただし、 1レベルも上げないステータスはないので、武器選択のステータスをリセットできなくても問題はありません。 攻略メニュー• 初心者向け攻略• キャラ育成・武器強化• ハクスラ要素• おすすめビルド• ストーリー攻略• 覚醒篇• 飛翔篇• 暗影篇• 旭光篇• 薄明篇• 夢路篇• 残照篇• サブミッション• おすすめスキル• データベース• 小ネタ・お役立ち情報• キャラクター•

次の