いつも使うps4として登録する。 【PS4】アカウント共有でダウンロード版ソフトをシェアする方法

2台のPS4で1本のゲームをDLC共有プレイする方法(MHW実践済)

いつも使うps4として登録する

この記事の目次• PS4のリモートプレイのやり方 まずはリモートプレイに使うデバイスが最新バージョンのものか確認しておきましょう。 PS4 「設定」 「システムソフトウェア」 iPhone 「設定」 「一般」 「システムソフトウェア」 Android 「メニューアイコン」 「設定」 「端末情報」 Mac 「画面左上の 」 「システム環境設定」 「ソフトウェアアップデート」 Windows 「 」 「設定」 「システム」 「バージョン情報」 PS4の設定• アカウント管理• いつも使うPS4として登録する まずはリモートプレイを行うアカウントでホーム画面から「設定」「アカウント管理」と進み、「いつも使うPS4として登録する」で「登録する」を選択しておきます。 アプリ画面右上の をタップすると、設定を変更することができます。 リモートプレイのビデオ品質 360p、540p、720p、1080pの4種類から解像度を変更できます。 1080pは対応しているPS4の場合のみ利用することができます。 PS4のコントローラーで操作できる? リモートプレイではPS4のDUALSHOCK4コントローラーを接続して遊ぶことができます。 ただし対応機種に制限があり、どのデバイスでもというわけではありません。 対応デバイス iPhone iOS13以降 Android 10以降orXperia iPad OS13以降 MAC Catalina AppleTV tvOS13 接続方法についてはPlayStationの公式サイトで紹介されています。 PCでリモートプレイする PCでプレイする場合も手順はスマホの場合とほとんど変わりません。 からリモートプレイ用のアプリをダウンロードします。 手順も公式サイトの方にくわしく書かれているので、ここでは割愛します。 またVitaの方も「設定」から「Wi-Fi」に接続しておきます。 PS4の検索が始まり、うまく接続できればリモートプレイが可能になります。 環境にもよりますがVitaでのリモートプレイは割と接続が不安定な印象を持ちました。 できるだけアクセスポイント(自宅であればルーター)の近くでプレイする必要がありそうです。 リモートプレイのメリット PS4のゲームがどこでも遊べる リモートプレイ機能を使えば、スマホさえあればPS4のゲームがどこでもできるようになります。 RPGのレベル上げだったり、素材集めだったり、隙間時間でちょっとした作業をこなすことができるのです。 Wi-Fi接続が必要にはなりますが、外出先のホテルなんかでもゲームが遊べるのは嬉しいですね。 一台のテレビで複数のゲーム機が使える リモートプレイはPS4が起動していれば、共有しているデバイスに画面が表示されます。 そのためテレビに繋いでPS4を遊んでいるユーザーであれば、リモートの間はチャンネルを変えてしまっても問題ありません。 デバイス的にはよくないですが、PS4のHDMIを抜いてしまってPS3やSwitchに繋いで遊んでもリモートプレイはできるのです。 寝ながらゲームができる DUALSHOCKを繋ぐのは難しいですが、タッチパネルで遊べるゲームであれば寝ながらゲームができてしまいます。 アドベンチャーゲームなどのボタンで進めて読むだけのゲームなら、むしろリモートプレイの方が没入感があったりします。 リモートプレイを解除する スマホ・PC・vitaのいずれも、アプリを終了すればリモートプレイは解除されます。 その場合はゲームは一時停止された状態で起動し続けます。 もしくはリモートプレイでPS4のメニューから電源を切るを選択すれば、PS4とリモートプレイを同時に終了することができます。

次の

PS4でダウンロード版のソフトを別のPS4内の別のアカウントで共有して遊ぶ方法

いつも使うps4として登録する

Sponsored Link こんな感じで鍵のかかったマークも付いている。 アプリを立ち上げようとすると コンテンツを使えません。 サーバーに接続できないため、ライセンスを確認できません。 という表記が出て使えない。 更にその後には このPS4をいつも使うPS4として登録すると、サーバーに接続できないときにもコンテンツを使えます。 とあるので、設定から登録を行おうとすると、すでにこのアカウントで別のPS4が登録されている、という内容が出て登録できない……ここで私ははたと思いだした。 そういえばこのPS4、二台目だった……。 実はPS4は最初は中古で購入していたのだが、不具合が起きて返品。 その後新品を購入していたのだった。 もう一年くらい前の話なのだが、なんで今更というか、今まで問題が発生していなかったのだろうか? 返品したPS4は起動しても反応をしなくなったというものなので、当然返品前に登録を解除なんてことはしていない。 手元を離れているのでこれからやるなんてことも出来ない。 上記のような仕様である為に出来なかったというわけだ。 結局同じページの下の方に すでに機器を手放して「いつも使う PS4」の登録解除ができない場合は、ゲームコンテンツに限り、6ヵ月に一度 Web サイトからすべての機器を解除することができます。 とあったのでこれに従った。 一度アカウントに登録されている機器をすべて解除し、改めてPS4本体の設定から機器を登録する。 こうして登録が完了し、アプリも使用できるようになった。 良かった……。

次の

2台のPS4で1つのゲームを共有する方法。同じソフトを2つ買わなくても大丈夫ですよ

いつも使うps4として登録する

Contents• PS4のソフトは2台で共有できる!! 本日はタイトルの通り、夫婦や親子やカップルなどで1つのソフトを2台のPS4で共有する方法をご教授いたします。 「そんなん買ったソフトを、渡せばいいんじゃん」とか「交代で遊べばいいじゃん」そういう話じゃなくて、1つのソフトを2台のPS4で同時に起動できるという意味です。 『Dead by Daylight』や『Final Fantasy 14』や『Destiny 2』といった、オンラインで対戦や協力プレイができるゲームがいくつもありますが、そういったゲームを一つのソフトを買うだけで、二人で一緒に遊ぶことができます。 もちろんオフライン専用のゲームであっても、それぞれが同時に遊ぶことができます。 ちなみに、この方法は別に夫婦や親子といった血縁関係に限らず、自分のPSNのIDとパスワードを相手に教えても問題ないよって方なら友達同士でも可能です。 家族間であっても、IDやパスワードの共有はITリテラシー的に推奨されていません… 「そんな細けえことはいいから、金が浮けば問題ねぇんだよ」って方は読み進めてください。 PS Storeでゲームを購入する まず大前提として、PS Storeでオンライン購入したソフトしか共有できません。 販売店パッケージ購入したソフトは諦めてください!笑 ちなみで、二人のPSNアカウントのどちらで購入しても問題ありませんが、夫婦や親子の場合はメインのアカウントを決めて、メインで全て買うようにした方が運用が楽です。 今回はAさんのアカウントとPS4を、アカウント[A]・PS4[A]と名付けます。 BさんのアカウントとPS4を、アカウント[B]・PS4[B]と名付けます。 アカウント[B]の「いつも使うPS4」をPS4[A]に設定する まずAさんのPS4[A]を起動してください。 ユーザーはアカウント[B]でログインしてください。 BさんからPSNのIDとパスワードを教えてもらう必要があります。 [設定] >[アカウント管理]>[いつも使うPS4として登録する]>[登録する] 上記の手順で、Bさんの「いつも使うPS4」をPS4[A]に設定してださい。 アカウント[A]の「いつも使うPS4」をPS4[B]に設定する BさんのPS4[B]を起動してください。 ユーザーはアカウント[A]でログインしてください。 AさんからPSNのIDとパスワードを教えてもらう必要があります。 [設定] >[アカウント管理]>[いつも使うPS4として登録する]>[登録する] 上記の手順で、Aさんの「いつも使うPS4」をPS4[B]に設定してださい。 遊ぶ!! 以上で設定完了です。 通常通り、AさんはPS4[A]にアカウント[A]でサインインして遊んでください。 BさんもPS4[B]にアカウント[B]でサインインして遊んでください。 これで、お互いがそれぞれPS Storeで購入したソフトが全てダウンロード&プレイ可能になります。 どういう理屈で共有できるか アカウント[A]が「いつも使うPS4」をPS4[B]にした場合、アカウント[A]の持っている権利がPS4[B]に与えられます。 したがってアカウント[A]で購入したソフトは、PS4[B]でダウンロードしたり、プレイしたりすることができるようになります。 PS4[B]はAさんが「いつも使うPS4」ということになっていますが、アカウント[B]でサインインすれば、アカウント[A]とアカウント[B]の両方の権利を持っている状態になるわけです。 そもそもなぜこんな機能があるか説明します。 例えば親子で1台のPS4を共有していると仮定します。 お父さんのアカウントで購入したソフトはお父さんだけに遊ぶ権利があるから、その子供は遊べませんとかなったら、キレますよね。 だからお父さんが「いつも遊ぶPS4」を家のPS4に設定した場合は、子供も遊べるように、こんな機能が用意されてます。 PSN+のオンラインプレイ権利も共有できる 上記のような理由で、PSN+のオンラインプレイ権も共有することができます。 アカウント[A]がPSN+に加入している場合、アカウント[A]が「いつも使うPS4」に設定しているPS4では、オンラインプレイをする権利が共有されます。 要するに、どちらか一方がPSN+に加入して、ソフトを購入するだけで、二人一緒にオンラインプレイを楽しむことができるというわけです。

次の