インスタ 引き継ぎ。 機種変更後のインスタグラムのデータ引き継ぎ方法

機種変更時のSNSアカウント引継ぎ方法と注意点 Instagram、Twitter、Facebook別に解説|TIME&SPACE by KDDI

インスタ 引き継ぎ

Instagramの引き継ぎに必要なもの• ユーザーIDやメールアドレス・電話番号のいずれか• パスワード• Instagramのアプリ 万が一、ユーザーネームやパスワードなどを忘れてしまった人も安心してください。 忘れてしまった場合にログインするための方法もご紹介していきます。 まずは引き継ぐのに必要な情報を1つずつ解説します。 ユーザーネームかメールアドレスか電話番号 最初に必要になるのが、「 ユーザーネーム」です。 Instagramにログインするには、ユーザーネームと登録したパスワードが必要です。 ユーザーネームとは? Instagramのユーザーネームとは、はじめに自分で決めた、自分のプロフィールに表示されている名前のことです。 他の人の投稿にいいねをしたりすると表示される、半角英数字のIDになります。 (ドット)」などが入っていることもあります。 もし、ユーザーネームが思い出せない場合は、登録したメールアドレスや電話番号でもログインを行えます。 いずれかを準備しておきましょう。

次の

【インスタグラム】機種変更でアカウントを引き継ぐ方法と注意点(iPhone/Android)

インスタ 引き継ぎ

機種変更前にやっておきたいこと 機種変更をする前に、Instagramでいくつかやっておきたいことがあります。 次の2点は必ず行いましょう。 ログイン情報の保管• この3つの情報は、アカウントログイン時に必要となります。 パスワードに関してはInstagram上で表示されませんが、その他はプロフィールから確認することができます。 すると、ユーザーネームとメールアドレスが記載されているので、紙などにメモをするかスクリーンショットを撮って保存しておきましょう。 ユーザーネームがIDに該当します。 また、もしFacebookアカウントでログインしている場合、Facebookのログイン情報をメモしてください。 2段階認証の解除 現在もし、Instagramアカウントに2段階認証をつけている人は、一度解除しておくことをおすすめします。 なぜなら、 機種変更と同時に電話番号が変わってしまう場合、2段階認証用のコードが届かなくなるからです。 もし電話番号が変わらないのでしたら全く問題ありませんが、変わる人は「設定」画面から2段階認証を解除してください。 2段階認証解除手順は次の通り。 2段階認証の「SMS」もしくは「認証アプリ」をオフにする。 これで、アカウントの2段階認証が解除されたので、ログイン時にコード入力が必要なくなりました。 なお、Instagramではスマホを紛失したり、再び認証コードを受け取れない状態になった場合の対処法として、リカバリーコードを5つ用意しています。 このリカバリーコードは、2段階認証を設定した際にもらうことができ、設定画面からも確認することが可能です。 電話番号が変わっても最悪このコードがあればInstagramを復旧することができます。 必ずリカバリーコードを保存しておくことをおすすめします。 別端末へのアカウントの引き継ぎ方法 アカウントの引き継ぎ方法は非常に簡単です。 「」の項目で記録しておいた情報を、Instagramのログイン時に入力するだけです。 機種変更後にInstagramアカウントを復旧させる具体的な手順は、次のとおりです。 新しい端末に• アプリを開いて、ログイン情報を入力する 以上、2ステップでアカウントの引き継ぎは完了です。 Instagramは、アカウント情報をユーザーネームごとにサーバー上で管理しているので、データの引き継ぎ処理などを自分で行う必要はありません。 データのバックアップをしろと書かれているメディアもありますが、あれは全く無意味な行動なのでやらなくて大丈夫です。 もしもパスワードを忘れた場合の対処方法 ログインに必ず必要な、「パスワード」をいくら入力してもダメな場合、もしくはパスワードを忘れてしまった場合は、Instagramから再発行をしてもらいましょう。 ログインページにアクセスすると、「 パスワードを忘れた場合」と表示されているのでタップしてください。 パスワードの再発行には、メールアドレス/ユーザーネーム、もしくは電話番号が必須です。 どれか一つ覚えておけばアカウントはほぼ復旧できますが、全部忘れてしまった場合はアカウントの復旧が難しくなります。 そんな時は当てずっぽうでもいいので、まずはメールアドレスの入力から試してみてください。 Instagramアカウント引き継ぎ時のよくある質問 前の機種はアカウントからログアウトすべき? ログアウトしたほうが悪用されずに済む可能性もありますが、絶対にやらなければならないという事はありません。 ただ、昔の端末を売却するのでしたら予めログアウトしたほうが安全ではあります。 アプリを消したらアカウントが削除される? アプリを消してもアカウントが削除されることはありません。 Instagramはユーザーネームに紐づけて情報をサーバー上に保管しているので、別端末でログインするだけでデータが復旧されます。 引き継ぎも非常に簡単です。 引き継ぎができない原因は? 引き継ぎができない主な原因は、ユーザーネーム、メールアドレス、電話番号、パスワードのいずれかが間違っているからです。 もし、パスワードだけ忘れたのでしたら、Instagramから再発行手続きを行いましょう。 また、Facebookアカウントでログインしている人は、Facebookのログイン情報をログイン時に入力してください。 古い端末でもInstagramを使える? 古い端末でもInstagramを使うことは可能です。 旧端末、新端末の両方に同時ログインできるので、Instagramはマルチログインに関して比較的寛容です。 ログイン時に見慣れない端末からのログインを確認しました、と一度メールが送られると思いますが、メール内のリンクをクリックすればロックは解除されます。 複数アカウントの引き継ぎはできる? 複数のアカウントを機種変更時に引き継ぎしたい場合、メールアドレスやユーザーネーム、パスワード情報をアカウントの数だけメモしておきましょう。

次の

スマホを機種変更!Instagramの引き継ぎ方法は?

インスタ 引き継ぎ

そんなSNSを機種変更後の新しいスマホやケータイでもスムーズに使えるよう、この記事では、代表的なSNSとして、Instagram・Twitter・Facebookの引き継ぎ方法と注意点を解説する。 引き継ぎ方法については、基本的に使用しているアカウントでログインし直すだけなのだが、 共通する注意点として、ログインに必要なアカウント情報自体を忘れてしまい、ログインできなくなるというケース。 とくに、普段ログインしたままで、アカウント情報を目にすることがない人ほど陥る場合が多い。 機種変更前に、必ずログイン情報を確認しよう。 引継ぎ前に必ず確認! SNS移行のための注意点 まずは、あらためて注意点を確認したい。 SNSのデータは各サービスのサーバーに保管されており、複数端末で同時にアクセスしても使える仕様になっているため、引き継ぎ作業自体は難しくない。 ただ、思わぬ落とし穴も存在する。 スマホやケータイを機種変更する前に必ず確認したいのが、以下の2点だ。 ・ログインのためのアカウントとパスワードを把握しておく ・メールアドレスを変更した場合は、SNSの登録メールアドレスも更新する とくに注意したいのは、SNSに登録しているメールアドレスがキャリアのメールアドレスで、MNPで他社スマホに乗り換えた場合。 旧スマホのメールアドレスが使えなくなるので、アカウント&パスワード情報を覚えていてログインできる場合は良いが、パスワードを忘れてしまっていると、 パスワード再設定のためのメールは旧メールアドレスでしか受け取ることができず、ログインができなくなる。 電話番号が変わった場合も同様で、二段階認証を設定している場合に本人確認ができなくなってしまうので、 ログインできるときに新しい電話番号を登録しておく必要がある。 SNSによっては専用窓口へ問い合わせをすることによって解決することもあるが、時間や手間がかかるので、やはりあらかじめログイン情報を確認しておくに越したことはない。 そして、 SNSに登録するメールアドレスは、GmailやYahoo! メールといったパソコンなど、ほかのデバイスでも確認できるアドレスを設定するといい。 この先のメールアドレス管理が楽になるからだ。 それでは早速、代表的なSNSそれぞれの移行方法を確認してみよう。 Instagramの引き継ぎ方法 Instagramは過去の投稿やフォロー、フォロワーなど、アカウントに紐づくすべての情報がサーバーに保存されているため、 新しいスマホでアプリをインストールし、旧スマホで使っていた利用者情報でログインし直せば、そのまま引き継ぎできる。 また、InstagramはFacebookとの連携力が強い。 Facebookも活用しているのであれば、Facebookアカウントを使用してログインすると管理が楽だ。 【必要なログイン情報】 ・メールアドレス or 電話番号 or ユーザーネーム ・パスワード 上記の組み合わせでログインを行う。 もしくは「Facebook連携」でもログインが可能。 二段階認証をかけている場合は、認証コードが送られてくるSMS番号などの情報も必要なので、電話番号が変わった場合には忘れずに登録情報を更新しておきたい。 LINEの引き継ぎ方法 LINEの引き継ぎは上記の事例のようにログインだけでデータが引き継げるものではない。 こちらの記事にて詳細に解説しているので、確認してみて欲しい。 こちらの記事もあわせてどうぞ こちらの記事もあわせてどうぞ 機種変更前に、各SNSのログイン情報の確認を SNSの移行自体は非常に簡単だが、正しくログインできるよう、パスワードやメールアドレスなどの登録情報を入力できるように準備しておきたい。 または、ログインに使うメールアドレスをGmailといったパソコンなどほかのデバイスでも確認できるアドレスにしておくのもいいだろう。 また、今回はメールアドレスの変更を例に挙げたが、キャリアをまたぐ機種変更(MNP・新規契約)は、電話番号が変わることもある。 SNSの認証に電話番号を使っている場合は、もちろんその変更手続きも意識する必要がある。 いずれにせよサービスごとのログイン情報を忘れないようバックアップを取っておき、機種の変更や通信契約の変更時は、ついうっかり使えなくなってしまわないよう、各サービスの手順を確認しながら進めたい。 アプリのアップデートなどにより、解説の内容が適用されなくなる可能性もございます。

次の