女の子 名前 8月。 夏生まれの名前246選!女の子&男の子別の夏を表す漢字は? [赤ちゃんの命名・名づけ] All About

月をイメージ・連想する子供(男の子・女の子)の名前と漢字

女の子 名前 8月

出産予定日が8月だとわかっているのなら、8月生まれの赤ちゃんの名前はどうでしょうか。 8月の異称は葉月。 それ以外にも桂月、木染月、雁来月、燕月 、王秋、壮月、仲秋などの異名があります。 また二十四節気では立秋、処暑の日があります。 暦の上では秋が始まるのです。 しかし、現代は一般的に8月は夏真っ盛り。 季節の漢字を含めるなら「秋」よりも「夏」を使ったほうが自然でしょう。 8月の風物詩といえば夏祭りやお盆、風鈴にスイカ割り、かき氷など。 子供たちは夏休みを楽しめる季節ですね。 その分パパ・ママはお世話が大変ですが。 8月15日は終戦記念日。 平和を願う名前も候補になります。 星座占いでは獅子座か乙女座になります。 8月の誕生石は「ペリドット」。 和名は「橄欖石」(かんらんせき)と言い、「夫婦愛、和合」が石言葉です。 もうひとつ、「サードオニキス」も8月の誕生石で和名は「赤縞瑪瑙」(あかしまめのう)。 石言葉は「夫婦の幸福、結婚運、愛、清純」などです。 8月の主な季語は初秋、初嵐、小豆、天の川、流星、芙蓉、桐一葉、灯籠、鳳仙花、梶の葉、踊など。 こんなところからイメージを膨らませてみましょう。 それでは、8月生まれの赤ちゃんの名前です。 男の子と女の子に分けて紹介します。 Contents• 8月生まれの男の子の名前 漢字一文字の男の子名前• 陽 あきら• 嵐 らん 漢字二文字の男の子名前• 陽羅 あきら• 英翔 えいと• 旺雅 おうが• 海斗 かいと• 和希 かずき• 和好 かずよし• 桂佑 けいすけ• 星一 せいいち• 壮哉 そうや• 天之 たかゆき• 夏輝 なつき• 星彦 ほしひこ• 八雲 やくも• 大和 やまと• 雷太 らいた 「おうが」くんの名前は英語で8月を表す「August」(オーガスト)が由来になります。 また、「えいと」くんは英語の8、「eight」ですね。 漢字三文字の男の子名前• 壮大朗 そうたろう• 八智楼 はちろう• 葉次郎 ようじろう にもお名前を掲載しています。 8月生まれの女の子の名前 スポンサーリンク 漢字一文字の女の子名前• 桂 かつら• 梶 こずえ 漢字二文字の女の子名前• 朝顔 あさがお• 音芽 おとめ• 夏帆 かほ• 桐葉 きりは• 希和 きわ• 星羅 せいら• 夏美 なつみ• 葉月 はづき• 花美 はなび• 一葉 ひとは• 芙蓉 ふよう• 鳳花 ほうか• 和歌 わか• 夕顔 ゆうがお• 踊湖 ようこ 「はなび」ちゃんは、夏の夜空に大きく美しく輝く花火からです。 8月らしく、幸せな人生を願う名前です。 漢字三文字の女の子名前• 亜寿希 あずき• 夏陽子 かよこ• 桐葉乃 とよの• 向日葵 ひまわり• 八重子 やえこ ピンとくる名前はあったでしょうか。 にもお名前を掲載しています。 また、赤ちゃんは出産予定日に産まれるとは限りません。 ・ ・ も合わせてご覧ください。 あなたの赤ちゃんにぴったりの素敵な名前がみつかりますように。

次の

8月生まれの赤ちゃんの名前(男の子、女の子)夏のイメージを使った名付け方

女の子 名前 8月

夏をイメージする漢字を使った女の子のかわいい名前 夏といえば、強い日差しに真っ青な海、そして夕日の沈む海辺と穏やかな波。 海に浮かぶヨットや船など、1日中外を散歩していても気持ちいい日が多いです。 漢字の中にも夏を連想させる文字が多いため、夏生まれの赤ちゃんにおすすめの名前がたくさんあります。 夏 夏の読み方は、訓読み「なつ」、音読み「カ、ゲ」です。 日本の四季では6月~8月にかけて夏と呼び、この時期に生まれた女の子の赤ちゃんに夏の字が多く使われています。 夏の漢字を取り入れた名前は、周囲から読みやすく覚えやすいのでおすすめです。 夏(なつ)• 夏月(なつき)• 夏希(なつき)• 夏々子(ななこ)• 夏葉(なつは)• 瑠夏(るか) 海 海の読み方は、訓読み「うみ」、音読み「カイ」です。 赤ちゃんの名前の読み方は「(う)み、カ(イ)」など部分的に使っても読みやすいので、さまざまな漢字と組み合わせができます。 海は広くて大きい、多くのものが集まる場所という意味をもち、すてきな名前の由来になるので夏生まれの女の子にぴったりです。 羽海(うみ)• 夏海(なつみ)• 海音(うみね)• 奏海(かなみ)• 七海(ななみ) 日 日の読み方は、訓読み「ひ、か」、音読み「ニチ、ジツ」です。 日は太陽が出ている間のことを意味するため明るいイメージがあり、夏生まれの赤ちゃんの名前におすすめです。 漢字を3文字使うと女の子特有のかわいい名前になるので、夏を連想する漢字を組み合わせてみてください。 日和(ひより)• 日真莉(ひまり)• 日夏(ひなつ)• 日向(ひなた)• 向日葵(ひまわり) 天 天の読み方は、訓読み「あめ、あま、そら」、訓読み「テン」です。 天には、頂点や世界をおおうもの、高いところなどの意味があるため、名前の由来に「人の気持ちがわかる心の広い子」などさまざまな理由が考えられます。 読み方の多い漢字なので、夏生まれの女の子におすすめです。 天湖(あこ)• 天乃(あまの)• 天音(あまね)• 天海(あまみ)• 天海(てんか) 汐 汐の読み方は、訓読み「しお、うしお」、音読み「セキ」です。 汐の意味は、夕方の海水が満ちたり引いたりすることですが、 穏やかな海辺や漢字の画数から優しいイメージが強いため、女の子の赤ちゃんの名前におすすめです。 汐音(しおね、しおん)• 汐夏(しなつ、せな)• 汐織(しおり)• 汐野(きよの)• 汐月(しづき) 湊 湊の読み方は、訓読み「みなと、あつ(まる)」、音読み「ソウ」です。 湊は船着き場や集まる意味をもつため、男の子をイメージする人が多いのですが、 おしゃれでカッコいい印象から女の子の名前にも多く使われています。 湊希(みき)• 湊海(みなみ)• 湊夏(そうか)• 湊咲(みさき)• 湊音(みなと) 帆 帆の読み方は、訓読み「ほ」、音読み「ハン」です。 船に張る帆や、船を走らせる意味を持つため、名前の由来に「自分の思いを伝えられる子」など社交的で活発な思いが込められます。 帆は夏の海で見かけることが多いため、爽やかなイメージが強く夏生まれの赤ちゃんにおすすめです。 夏帆(かほ)• 帆乃夏(ほのか)• 希帆(きほ)• 汐帆(しほ)• 里帆(りほ) 凪 凪の読み方は、訓読み「なぎ、な(ぐ)」です。 凪の意味は、風と波のない穏やかな海の状態のことをいうため、名前の由来は「穏やかな子、優しい子」などの願いが込められます。 読み方のバリエーションが少なく男の子の印象が強い字でしたが、最近は漢字の画数が少ないことから、優しいイメージとして女の子の名前にもよく使われています。 凪(なぎ)• 夏凪(かな)• 彩凪(あやな)• 凪海(なみ)• 陽凪(ひなぎ) 水 水の読み方は、訓読み「みず」、音読み「スイ」です。 水は液体を意味し、水のある海や川、湖、泉を連想する部分が多く、名前の由来には「豊かで心が広い子」などの願いが込められます。 名前に使われる水の読み方は、頭文字「み(ず)」のみ取り入れたケースも多いです。 水(すい)• 夏水(なつみ)• 水凪(みなぎ)• 水陽(みずひ)• 水々(みみ) 文 文の読み方は、訓読み「ふみ、あや、かざ(る)」、音読み「ブン、モン」です。 文は模様やいろどり、言葉など広い意味で使われており、芸術や学問を連想させる名前の由来が考えられます。 読み方がたくさんあるので、夏に関連した漢字と組み合わせると、かわいい名前や古風な名前になります。 文(あや)• 文夏(あやか、ふみか)• 文美(あやみ)• 文乃(ふみの)• 文音(ふみね).

次の

夏生まれの女の子の名前!古風でかわいい名前を厳選179例

女の子 名前 8月

夏というと、まぶしい太陽や花火、海など、元気で楽しいイメージがありますよね。 明るくて元気な、夏の太陽のように輝く笑顔の女の子に育ってほしいという願いを込めるなら、ずばり「夏」をそのまま名前に取り入れてはどうでしょうか? 「夏」という字に、昔からある「子」「美」「代」「乃」をつけた名前は、最近は少なくなっている古風な名前です。 また、「なつき」「なつえ」という響きを先に決めて、「夏月」「夏姫」「夏江」「夏恵」など、漢字の組み合わせを見て選んでもよいですね。 漢字三文字の名前は古風な印象がぐっと深まります。 「夏々美(ななみ)」「帆乃夏(ほのか)」「沙耶夏(さやか)」など、「夏」を「な」「か」と読む名前もよいかもしれません。 夏のイメージといえば、やはり「太陽」や「海」ですよね。 「陽」「日」や「海」はもちろん、海を連想する「波」「帆」「洋」「汐」「凪」や、海の色である「蒼」「青」「藍」を使った名前も素敵です。 また、夏に心地よさを感じさせてくれる「風」「涼」、夕立の「夕」、花火をイメージした「彩」などを取り入れてもよいですね。 「陽子」「涼子」「夕子」「汐里」のように、夏を連想する漢字を一つ使ってもよいですし、「彩夏(あやか)」「涼風(すずか)」「帆波(ほなみ)」のように、夏を連想する漢字を二つ組み合わせてもよいかもしれません。 さらに、「蛍」「若葉」など、夏の季語を使った名前も、古風な印象が強くなっておすすめです。 季節の植物や果物から考えた名前は、季節感がそのまま伝わりやすく、夏らしさを感じることができます。 夏の代表的な花である「朝顔」「向日葵(ひまわり)」「紫陽花(あじさい)」から漢字を取った、「朝子」「朝海(あさみ)」「日向(ひなた)」「葵」「紫(ゆかり)」「陽花(はるか・ようか)」のほか、「桔梗」「百合」「茉莉」など、花の名前をそのまま使ってもよいですね。 果物では、「杏(あんず)」や「李(すもも)」、「椰子」から、「杏子(きょうこ)」「江李子(えりこ)」「伽椰子(かやこ)」といった名前も考えられます。 植物や果物から考えた名前は「茉莉」を「ジャスミン」、「百合」を「リリー」という風に、外国の方にも説明がしやすいところも魅力です。 6月は、英語では「June(ジューン)」ですので、「じゅん」と読む「純」「淳」「潤」を使った名前はどうでしょうか。 透明感がある「純」、飾り気のない素直さを表す「淳」、うるおいという意味を持つ「潤」は、女の子の名前に最適です。 また、旧暦の「水無月(みなづき)」から「みな」を使った「みなこ」「みなみ」「みなよ」は、「南」「水」「湊」など、夏を連想する漢字を使うことができます。 6月の誕生花である「あやめ」「ゆり」、誕生石の真珠から「真」「珠」を使った「真奈美」「珠代」という名前もよいですね。 さらに、雨の「雫」や、雨が空から落ちて音を立てることから「天音」など、さまざまなイメージを膨らませることができます。 7月は、旧暦の呼び方では「文月」ですので、「文」を使って「文子(ふみこ・あやこ)」「文美(あやみ)」「文夏(ふみか・あやか)」という名前はどうでしょうか。 また、7月といえば七夕がありますので、「七」「夕」「織」「琴」を使った「七美」「夕子」「詩織」「香織」「琴美」は、ロマンティックな雰囲気があります。 7月の誕生花の一つである「蓮」は、「清らかな心」という花言葉を持つだけではなく、仏教やヒンドゥー教の人にはなじみが深い花です。 「蓮美(はすみ)」「蓮花(れんか)」という名前は、上品な印象です。 このほか、7月の誕生石であるルビーから「るみ」、7月の英語名「July(ジュライ)」から「じゅり」もおすすめです。 8月は旧暦で「葉月」ですので、「葉」という字を取り入れた「葉子」「葉月」「青葉」「一葉(かずよ・ひとは・いちよ)」という名前はどうでしょうか。 また、各地で夏祭りが開催されるシーズンですので「祭」や、和楽器のイメージから「和」「奏」、盆踊りから「舞」といった漢字を使った名前もよいですね。 俳句で使われる季語の中でも、8月の季語といわれる「風鈴」「桐の花」「芙蓉」「梶の葉」から「鈴音(すずね)」「桐子(とうこ・きりこ)」「桐江(きりえ)」「芙美(ふみ)」「蓉子(ようこ)」「梶(こずえ)」という名前もよいかもしれません。 さらに、8月の誕生花の中には「カンナ」「エリカ」など、そのまま女の子の名前として使える花もあります。

次の