ヤンマー 建 機 筑後。 ヤンマー建機、本社内に建機ショールームを新設 :日本経済新聞

ヤンマー建機杯・第17回矢部川交流中学軟式野球大会

ヤンマー 建 機 筑後

ヤンマー建機株式会社によるヤンマー建機販売株式会社の合併について 2011年3月15日 ヤンマー建機株式会社 ヤンマー建機株式会社(以下当社、本社:福岡県筑後市、代表取締役社長:京極勝一)は、国内における建設機械の販売会社であるヤンマー建機販売株式会社(本社:福岡市)を吸収合併することを決定いたしました。 なお、合併後は当社が存続会社となり、ヤンマー建機販売株式会社は解散いたします。 1.合併の目的 国内の小型建設機械需要は今年度堅調に推移しているものの、将来的には大きな伸長は見込ないと予想されています。 一方、海外における小型建設機械需要は欧米市場をはじめ中国や東南アジア・ インド等の新興国市場も含めて今後も更に拡大していくことが想定されます。 今後、国内市場でのシェアを拡大しつつ、グローバル市場に対応するために、生産・販売・開発が一体となった組織体制により市場の声を的確に捉え、経営の意思決定を迅速におこなってまいります。 さらには、顧客ニーズに合致した商品開発のスピードアップをすすめ、人材の有効活用やグローバル化に適応できる人材の育成も行ってまいります。 2.合併の期日(効力発生日) 2011年3月21日 3.ヤンマー建機株式会社の概要(合併後の情報)• 事業内容 小型建設機械の開発・製造および販売• 設立年月日 2004年7月21日• 本社所在地 福岡県筑後市大字熊野1717番地の1• 代表取締役社長 京極 勝一• 売上高 350億円(2011年度見込)• 従業員数 約620名 【ご参考】 ヤンマー建機販売株式会社の概要• 事業内容 土木・建設用機械の販売および修理• 設立年月日 2001年6月14日• 代表取締役 京極 勝一• 売上高 200億円(2010年度見込)• 従業員数 220名 本件に関するお問合せ先 ヤンマー株式会社 総務部・広報グループ TEL:06-6376-6212 FAX:06-6372-2455 E-MAIL: 以上.

次の

ヤンマー建機本社内に建機ショールームを新設|2018年|ニュース|建設機械|ヤンマー

ヤンマー 建 機 筑後

ヤンマーは、小型のユンボ(バックホー)などの小型建設機械のパイオニアとしても知られていますね。 街中の道路工事や設備工事などで、たまに、ヤンマーのユンボ(油圧ショベル・パワーショベル)を見かけることもあります。 ですが、まず、ヤンマーの企業イメージとしては、ディーゼルエンジンなどの発動機(エンジン)や、イメージキャラクターでもある「ヤン坊、マー坊」の天気予報や、農業機械、それと小型船舶のメーカーであるということでしょう。 ヤンマーの建機の種類は、小型のミニショベル、、それにキャリアやホイルローダーなどなどです。 小型建機のパイオニアでもあるヤンマーは、住宅地周辺の設備工事や路地裏などの狭い工事現場などには、小回りが効いて狭い場所でも進入が可能な小型ユンボの需要が有りと睨んで、特に、機械質量が1トンクラスの小型ショベル、またはそれ以下の「SV05-A」などの超小型ショベル(マイクロユンボ)の開発に力を入れています。 この「SV05」は、機械質量が550kg、そして機体の横幅が580mmというコンパクトなミニユンボ(超ミニショベル)です。 この580mmという小さな機体幅は、現在、コマツ komatsu のPC01という機種と同じで、このクラスでは最も小さな機体幅になります。 ですから、住宅街周辺の設備工事や狭い路地、勝手口などなど従来の1トンクラスのユンボでは進入できないような現場でも楽々進入できて、人手に頼るようなことはせず穴を掘ったり溝を掘ったり掘削作業を行うことが出来ます。 また、コマツpc01と同様にブレードも装備していますから埋め戻し作業や整地作業もできますよ。 ちなみにバケット容量は0. 011m3です。 ヤンマーSV05の注目すべき特徴としては、ゴムクローラからのオシリのはみ出しが240mmと小さいためバックしたときに壁などに接触する危険も少ないことです。 意外と住宅街などの現場では建物と建物の間の狭い作業する場合など、壁や建築物にユンボが接触するにではないか・・・とオペレーターもとても神経を使うこともありますので、その点では、大変ありがたい設計になっていますね。

次の

ヤンマー建機本社内に建機ショールームを新設|2018年|ニュース|建設機械|ヤンマー

ヤンマー 建 機 筑後

【ヤンマー】滋賀県長浜市のヤンマーで派遣社員として勤務し半年経ちます。 1年派遣社員として働くと契約社員として直接雇用に切り替わるんですが仕事の出来る37歳の派遣社 員が突発(勿論電話連絡済)で一日休んだだけでクビになりました。 私の在籍してる部所の職長は休む人間が嫌いならしく、そういった処置をとるみたいです。 また有休を取る派遣社員も嫌いならしく3日(三連休ではない)を取った仕事を頑張ってる派遣社員も契約更新しなかったらしいです。 この様な事は、許されるかどうか皆さんに、お聞きしたいと思います。 因みに正社員はチョコチョコ有休取ってます。 補足紹介形派遣?2005年からリーマンショックの2008年まで山口県のマツダで派遣社員してましたが、その時も紹介形派遣なんですか?正社員、派遣社員タラフク有休使いまくってましたが… 派遣の場合、雇っているのはヤンマーでなく派遣元会社で、ヤンマーは契約条項の中に契約の途中解除や派遣要員の入れ換えについて、特約的な条項を結んでいれば「何でもアリ」になります。 派遣元がそういった特約をしつらえている注意をすべきで、ヤンマーと派遣元とがそういう特約を何にも交わしていないのに、その職長の意向だけで「クビ」になっても、それは派遣元会社に力がないためにそうなる話です(「正確には「クビ」ではありません。 ヤンマーが雇っている話ではないですので)。 有休取得の派遣社員の契約更新をしなかった件はギリギリのグレーゾーンです。 他にもいろいろと口実をつければ有休制度の趣旨自体はぼかしてしまえますし、そのことで実質は紹介予定派遣である派遣要員を、「ヤンマーの企業風土に染め抜こう」ということで当人に頭を上げさせないやり方です。 職長ですから管理職としては初級で、人員調整上のマネジメントそのものを任されている可能性はほとんど考えられませんが、紹介予定派遣そのものは「派遣期間の限度が6か月」で、この派遣形態と契約内容自体にも疑問点が多すぎます。 直接雇用にもって行く気がほとんどなく、口実は何でもアリでの「言いがかり」ではないかと思えるほどです・・・ -補足に対して- 「派遣社員として働くと契約社員として直接雇用に切り替わる」約束で派遣就業する形態を「紹介予定型」としており、派遣就業期間の上限が6か月と決まっています。 だから、1年働くとという取り決め自体がコチラとしては訳が分からないんです。 山口のマツダでは、紹介予定型ではなかったことになります。 ずっと派遣のままだったことで、一般的な「登録型派遣」だと解します・・・.

次の