睡眠不足 ニキビ できない。 顎(あご)にニキビができやすいのはなぜ?原因と予防対策|医肌研究所|医師監修の肌ケア情報サイト

睡眠不足がニキビをひきおこす理由

睡眠不足 ニキビ できない

思春期の10代、また大人になってからも、ニキビの悩みはつきもの。 正しいニキビ予防やニキビ対策をしていても、繰り返しできるにきびに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 鼻の下や口周り、あごやおでこなど、目立つ顔のにきびは、薬を使ったりニキビにいい食べ物を食べたりして、一刻も早く治したいですよね。 また、白ニキビや黒ニキビ、赤ニキビなど様々な種類があるニキビへの正しい対処法を知らずに、にきびが悪化して指でつぶしてしまうと、ニキビ跡になってしまったり、ニキビ跡が色素沈着を起こしてシミになってしまったりと、20代以降のお肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。 正しい洗顔やスキンケア、食生活、睡眠などの予防と、ニキビができてしまった場合の適切な対策や薬、治療法について、にきびの原因やメカニズムを含めてご紹介します。 にきびを早く治したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 もくじ• ニキビの種類は? 一口に「ニキビ」と言っても、実は5種類に分けられます。 それぞれのニキビによって原因や対処法も異なります。 まずは、ニキビの種類を見ていきましょう。 コメドと呼ばれることもあります。 毛穴に角栓が詰まることによって、皮脂や老廃物が毛穴の下に溜まって盛り上がった状態です。 これが黒ニキビです。 赤ニキビを潰すと跡が残りやすいので、絶対に潰さないようにしましょう。 膿のせいで黄色く見えるようになっていて、ニキビの中では重症です。 黄ニキビの状態で治療をしないと紫ニキビになってしまい、ここまで重症になると跡になるケースが多くなります。 そして毛穴が詰まると、皮脂が毛穴の外に出て行けず、毛穴の中で溜まりがちになります。 アクネ菌は皮脂を栄養源にしているためです。 アクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしてニキビになってしまうのです。 こうして、皮脂の過剰な分泌から毛穴が詰まり、アクネ菌の繁殖を招いてニキビができてしまう、というわけです。 ニキビの種類別対処法は? ニキビは白ニキビから進行し、最終的に紫ニキビになります。 黄ニキビや紫ニキビはかなり重症な状態で、ここまで進んでしまうと皮膚科などの専門医療機関での治療が必要になってくるケースが多くなります。 そのため、黒ニキビや赤ニキビ、できれば白ニキビの段階で対処することが理想的。 そこで、ニキビの種類別の対処法をご紹介します。 なお、黄ニキビや紫ニキビについては先述のとおり医療機関での専門治療をおすすめします。 ニキビの原因である皮脂の過剰な分泌は生活習慣の乱れによるので、食事・睡眠を適切にとり、正しいスキンケアを行いましょう。 ニキビの対処法として適切な生活習慣については、後で詳述しますので、そちらを参考にしてください。 それに加え、肌の乾燥にも注意するようにしましょう。 黒ニキビは乾燥によっても発生するためです。 肌が乾燥すると、乾燥から肌を守るためにますます皮脂が分泌されてしまうことにも繋がります。 保湿にも力を入れて、肌が乾燥しないようにしましょう。 また、潰してしまうと毛穴が傷つき、それが毛穴の詰まりの原因になる場合もあります。 芯が気になってどうしても取り除きたい場合は、皮膚科でお願いするようにしましょう。 市販のニキビ薬を利用するか、皮膚科で治療薬を処方してもらいましょう。 かゆみが出てくるので、気になって触ってしまいがちですが、手の雑菌が毛穴に入りこんだり、最悪潰してしまったりすることになるので、できるだけ触らないようにしてください。 どうしてもかゆみが気になる場合は、ニキビ用のローションを使ってコットンパックを行うと、ひんやりとした感触でかゆみが抑えられますので、試してみてください。 ニキビは皮膚の病気の一つなので、適切な治療を受けることでニキビが治るスピードが早まったり、にきび跡になりにくくなったりするので、ぜひ正しい方法で治療を行いましょう。 ディフェリンゲル• ダラシンTゲル• ベピオゲル また、「面ぽう圧出」と言って、にきびをグッと押して中身を出す治療をしてくれるクリニックもあります。 また、美容皮膚科ではピーリングやイオン導入を勧められることもあります。 ニキビの状態によってできる場合とできない場合があるので、相談してみると良いでしょう。 さらに、お医者さんから普段のスキンケアの注意点について指導してもらえたり、ドクターに直接質問ができるのも、皮膚科受診のメリットと言えるでしょう。 ニキビについて真剣に改善したいと考えれいるなら、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。 ドラッグストアにはニキビ用の塗り薬がたくさん販売されているので、ニキビの状態に合わせて自分に合ったものを選んでくださいね。 市販薬では、下記のような塗り薬が人気です。 ペアアクネクリームW• イハダ アクネキュアクリーム• ビフナイト• クレアラシル どの薬を使えば良いのか迷ったときは、薬剤師さんに相談すると、肌に合ったものや正しい使い方を教えてくれますよ。 ニキビ予防、ニキビ対策のためには、まずは肌を清潔な状態に保つことが大事! ニキビを作るアクネ菌は、肌から分泌される皮脂をエサにして繁殖するので、ニキビを早く治すためには、顔を清潔にして皮脂を溜めないようにすることが重要なのです。 皮脂の分泌量そのものを減らすことは難しいので、朝夜にしっかりと洗顔を行う、皮脂をこまめに拭き取るなどして、分泌された皮脂を肌に残さないように清潔に保ちましょう。 こまめに洗濯する、枕カバーや枕のタオルを毎日取り替える、布団を干すなどの工夫をしましょう。 顔周りは清潔に保ちましょう。 また、ゴシゴシこすって洗ったり、熱いお湯で洗うのはNG!洗顔するときはぬるま湯で洗顔料をしっかりと泡立てて、泡で包みこむように優しく洗ってくださいね。 ニキビができる場所別の対処法を確認してみましょう。 思春期ニキビはココにできることが多く、放っておくと赤く腫れてしまうこともあります。 また、Tゾーンは皮脂だけでなく汗もかきやすい場所。 通勤・通学や運動などで汗をかいたときには、すぐにふき取るなどして肌を清潔な状態に保ちましょう。 おでこにニキビができやすい人は、雑菌の繁殖を防ぐために、前髪を上げることもおすすめです。 さらに、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しがないように、洗浄料をしっかり洗い流すことも大切です。 洗顔の後は化粧水と乳液で保湿して、水分を補い、水分と油分のバランスを整えて、ニキビを予防しましょう。 また、紫外線や、季節・空調の乾燥により、肌が乾燥してバリア機能が弱まり、ニキビの原因になることもあります。 日焼け対策や保湿をしっかり行いましょう。 今まで先に体を洗ってからシャンプーをしていた人は、先にシャンプーをして、そのあとに体を洗うことも効果的です。 ただし、暑いお湯で洗ったり、タオルでゴシゴシと強い摩擦で洗うことは乾燥をまねくのでNG!優しく洗うようにしましょう。 ニキビ跡を残さないためにも、ニキビは正しく治療することが大事。 特に野菜や果物に含まれているビタミンCはニキビ跡予防に効果的といわれているので、ニキビに悩んでいる人は積極的に取りましょう。 夜更かしをしていると肌が修復されにくくなってしまうので、ニキビができているときはできるだけ早く寝て肌の再生を促しましょう。 最低でも7時間は睡眠時間を確保することが理想です。 大切な試験や大会を控えていたり、交友関係や恋愛がうまくいっていないことで、自覚していなくても大きなストレスを抱えているケースも。 ストレスを溜めないように、リフレッシュできる方法を見つけてきちんとガス抜きすることも、ニキビ対策になります。 ニキビを隠す方法 ニキビができている間は、メイクをすると毛穴を塞いでしまうため、あまりおすすめできません。 しかし、できればニキビは隠したくなりますよね。 そんな場合は、ニキビ肌向けに作られた商品を利用するようにしましょう。 特に医薬部外品は炎症を抑える成分が含まれている場合もあり、おすすめです。 また「ノンコメドジェニックテスト済み」のものや、オイルフリーのものはニキビができにくくなっています。 赤みがあるニキビの場合は、イエローやグリーンのものを使うと、うまく赤みを消してくれます。 肌に優しいミネラルファンデーションがおすすめです。 BBクリームやリキッドファンデーションはカバー力は高いですが、油分が多いのでニキビを悪化させるおそれがあります。 目立ちにくく、上からメイクができるので、ニキビに直接メイクするのに抵抗がある場合は利用してみましょう。 ただし、化膿したニキビには使用できませんので、注意してください。 やってはいけないNGケア!ありがちな間違ったケアは? よかれと思ってやっているケアが実はニキビを悪化させることもあります。 やりがちなNGケアをご紹介します。 適度な皮脂が残らないと、かえって皮脂の分泌が増えてしまうためです。 一日に2回、多くても3回までに留めましょう。 保湿や薬を塗るときなどは、必要以上にニキビを触らないようにしましょう。 確かにニキビができているときにはファンデーションはあまりよくありません。 しかし、紫外線がニキビの原因になっている場合もあります。 そのため、メイクは避けても日焼け止めだけは塗るようにしましょう。 10代の肌はニキビができやすいもの。 注意していてもニキビができてしまったときは適切な対処法でニキビを治し、美肌を目指しましょう!.

次の

【男の首ニキビ】治し方と原因を”写真・体験談付き”で解説!【対策方法も】|メンズ美容のブログ

睡眠不足 ニキビ できない

寝不足の時はニキビや吹き出物ができやすいですよね。 寝不足だとニキビや吹き出物だけでなく、肌荒れの原因となってしまいます。 また、ニキビの場所で寝不足なのもわかる場合があります。 ここでは、寝不足によってできるニキビの原因と場所についてご紹介します。 スポンサーリンク 寝不足で出やすいニキビの場所 寝不足でできやすいニキビの場所は、 ・おでこ ・あご 特に、 顔の部分でも皮脂の分泌が多い場所に寝不足になるとニキビができやすいです。 おでこやあごは皮脂量がおおいので、ストレスや睡眠不足などでなりやすい場所となっています。 もし、この顔の場所ににきびができていれば寝不足が原因の可能性もあります。 ではなぜ、 なぜ寝不足になるとニキビができやすいのか? スマホやテレビが原因 寝不足で朝起きると、ニキビがということが多いと思います。 その原因としては、今の情報化社会やテレビなどが影響しています。 夜遅くまでテレビやゲームをしている、情報化の発展により、インターネットの普及でスマホやパソコンをする方も多く寝るのが遅くなる人も多いようです。 特に若い方は夜遅くまでスマホをしている方も多いのではないでしょうか。 社会人であれば、仕事などの残業なども増えており、なおかつかえっての娯楽のためにテレビ、スマホなどを寝る前に睡眠不足の人が多くなっています。 テレビから出る光や音、スマホなどから出る光とブルーライトは目に刺激を与えるだけでなく、 興奮させて脳への疲労を溜まらせてしまう原因にもつながります。 日中の脳の疲労に加えて、スマホやテレビといった媒体を見ることでの脳疲労の蓄積は『 質の良い睡眠の弊害』ともされていて、結局眠れずとしても質の良い睡眠がとれなくなってしまいます。 睡眠時でも質の良い睡眠をとっていれば、肌を再生・修復させる『成長ホルモン』というものが出にくく、そのため肌の負担が蓄積されていくので『睡眠不足だとニキビができやすい』という状況を作ってしまいます。 睡眠の時だけ肌のキレイになるための活動はなされるので、ケアしているだけでは綺麗な肌を目指すことが難しくなるわけです。 寝る子は育つというたとえがありますが、アレは身体だけでなくお肌の成長などにも欠かせないものなので理にかなっています。 睡眠不足で肌の生まれ変わりのサイクルがなされないということは、古い角質が溜まり、皮脂と混ざり合い角栓になり毛穴に詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなってしまい、治りにくくなってしまうのです。 ではもう少し、寝不足でニキビが出来てしまう原因についてみていきましょう。 自律神経が乱れる 寝不足や睡眠時間が短いと、自律神経が崩れてしまいまいます。 自律神経の交感神経(興奮モード)が積極的になることで、ホルモンのバランスが乱れてしまいます。 この自律神経の交感神経の高まりは、寝る前にスマホやテレビなどを見るのが今では特に当てはまります。 例えば、次の日旅行でわくわくして興奮しますよね。 この興奮状態が交感神経の高まりなわけですが、これがスマホやなどを見ていると自然に高まってしまいます。 自律神経にも 交感神経と 副交感神経というものがあります。 実際は、この二つの神経がバランスよく働きます。 本来睡眠時には気持ちを落ち着つかせ質の良い睡眠をするには『副交感神経』が高くならなければいけないのですが、スマホやテレビなどを見ての交感神経の高まったまま寝るので、どうしても眠れない、質が悪い睡眠になってしまいます。 ホルモンバランスの乱れとは、2つの自律神経のバランスが崩れてしまうことです。 交感神経 主にや昼など活動している時などに活動神経 ・仕事 ・勉強 ・家事 ・育児 ・運動 ・ストレスがたまっている ・疲れている ・緊張しているとき 副交感神経 落ち着いている時などに活動する神経 ・寝ている ・リラックスしている ・休息をしている ・食べ物を食べている ・お風呂に入ってる 自律神経でのホルモンバランスの乱れは、睡眠不足以外にもストレスなどでも乱れやすくなります。 例えば、会社で嫌なことがありイライラする、うまくいかずイライラ・・・このイライラ状態は脳疲労の状態なので、寝ることでこの気持ちを落ち着かせるのですが、イライラ状態では寝ることが難しくなってしまいます。 ホルモンバランスの乱れで皮脂の過剰分泌 睡眠不足で自律神経が乱れてホルモンのバランスが崩れると、 皮脂が過剰に分泌をしてしまいます。 上記で少し書いたのですが皮脂の過剰分泌は毛穴をが詰まらせてしまったり、ニキビの炎症や悪化となるアクネ菌の増殖の原因ともなってしまうのです。 また睡眠不足になってしまうと、古い角質を落として肌の細胞の生まれ変わりをする ターンオーバーを遅らせてしまいます。 これは肌の生まれ変わりのサイクルです。 ターンオーバーが遅れてしまうと、古い角質が肌に溜まってしまい毛穴のつまりの原因を作ってしまいます。 このターンオーバーなど睡眠の時の成長ホルモンに関連するので、睡眠不足はニキビが治りにくい状態を作ってしまいます。 しっかりと質の良い睡眠をとり、ターンオーバーは肌のサイクルを整えニキビを防いだり、ニキビ跡を治すにとても大切なものです。 次に、寝不足ニキビでできてしまったときどうすればよいかについてご紹介していきます。 スポンサーリンク 寝不足ニキビのケア方法 質の良い眠りをする 状況を変える 結局のところ、寝不足の場合は『眠れない状況』を自ら作り出してしまっていることになります。 そのため、質の良い眠りをするためには、 ・スマホやテレビ、パソコンは寝る前1時間前にはやめる ・お風呂にゆっくりつかる ・温かいお湯などを飲んでリラックする ・過激でない落ち着いた曲を聴く ・アロマの香りを嗅ぐ ・軽いストレッチをする などがあります。 スマホやテレビ、パソコンの光や音、ブルーライト スマホやパソコン などは交感神経を高ぶらせて、脳に疲労をためて質の悪い睡眠をさせてしまいます。 音と書きましたが、穏やかで緩やかな音楽であれば 例えばヒーリング音楽とか 逆に副交感神経が高まり自然と睡眠へといざなってくれます。 寝る前の布団に入る前は、とにかく気持ちを軽くさせて寝ること。 心が熱くなったり、興奮状態では不眠状態を作り、質の良い睡眠がとれずニキビができやすくなったり、治るのが遅くなってしまいます。 できるだけお肌のゴールデンタイムに眠れるようにする 寝不足でできてしまったニキビは、とにかくできるだけ早く寝ることを心がけることです。 お肌の生成するのに一番活発な時間は、 午後22時~午前2時の間とされています。 (お肌のゴールデンタイム) この時間に寝ることで、 肌を再生させる成長ホルモンが分泌がされます。 できるかぎり質の良い睡眠時間を確保することが、ニキビを治す改善策となります。 夜更かししてやらなければならないことは、逆に朝早く起きてやる方が効率が良くできます。 それでも不眠や眠れない場合の対処方法 質の良い睡眠をしたいと思っていても、なかなかスマホやテレビなどは欠かせないですし、仕事のイライラやストレスは解消されないもの。 社会人であればずっとパソコンで作業をし、スマホを見ていたら眠れないのは当たり前。 お風呂に入っても、アロマをかいでも、やはりストレスや興奮は冷めないものですよね。 逆に 疲れすぎて眠れない・・・ということも。 お忙しい毎日を考えれば、当然といえば当然。 これを払拭しなければ質の良い睡眠はむずかしくニキビができやすくなるわけですが、そんな不眠対策はなかなか難しいという方も多いのではないでしょうか。 ただ不眠症だから薬に頼るのも嫌ですし、かといってなかなか睡眠対策をしても眠れない。 それで毎日を過ごせば、睡眠不足で脳の疲労も増えてイライラして、顔にもブツブツとニキビや肌荒れができてしまいます。 眠りが浅ければ、肌の影響だけでなく疲れも取れませんよね。 何とかしたいと思います。 睡眠時間を上げ、少しでも質の良い睡眠ができれば肌の質も良くなりますし、次の日の疲れなどもなく仕事の作業も快適にできます。 そんな時、 寝る前にリラックスさせて質の良い休息へいざなわせる快眠サポート飲料があるのはご存知でしょうか? 快眠へといざなう飲み物ではホットミルクなどがありますが、それよりも手軽で『自然のもの』を使ってある快適な休息へと導くことができる快眠をサポートする飲料があるんです。 もちろん栄養ドリンクという、無理やり栄養をとって活力をあげるものではありません。 体内に快眠に導く 食べ物の成分で『休息成分』を直接送り込むことで、健やかな休息へと導く飲料です。 それが、北の達人コーポレーションという会社から発売されている『北の大地の夢しずく』とうスティックタイプの飲料です。 北の大地の夢しずく この北の大地の夢しずくには、10年以上も睡眠や不眠に悩まされた社員の方が開発されたサポート飲料です。 ではこの北の大地の夢しずくの 『休息成分』とはいったい何なのか? それが『アスパラガスの成分』なのです。 アスパラガスには、もともと 質の高い 休息成分誘発物質がふんだんに入っていて、この会社では、アスパラガスのエキス抽出に初めて成功しています。 薬と違い、アスパラガスが持つ本来の休息成分を取るので、身体の負荷なく安心して飲むことができ快適な眠りをすることができます。 味はグレープフルーツ味で、、ニキビ肌にも内側ケアとしては必要成分となるビタミン群なども含まれているのでで快眠とニキビ肌とWで嬉しいものとなっています。 今現在質の良い眠りができていない、なかなか眠れなくてストレスや疲れが取れないという方は、自然な休息をさせるためのおすすめの飲料です。 寝不足によるニキビ肌をケアする、すっきりと疲れを取りたい方には向いています。 脳疲労が取れ質の良い眠りができれば、朝もすっきりに起きることができて、肌にも良いので毎日を快適に過ごすことができます。 スキンケア ニキビケア を変えてみる 本来は質の良い睡眠をとることだけがベストなのですが、なかなかこのご時世質の良い睡眠をとることが難しく、それだけでは十分なニキビケアにはなっていない場合もあります。 快眠サポート系を利用したくない場合、そんな時は スキンケア ニキビケア を見直すのがおススメです。 実際にしっかり睡眠をとっているんだけれど、ニキビが治らなかったり、逆にできたりすることが多いと思います。 いくら睡眠をしていても『保湿ができていない』・『ニキビケア』ができていなれば、なかなかニキビが治りにくくなります。 寝不足でニキビができてしまっている場合は無論です。 また睡眠不足の場合の保湿以外にも、ニキビというものは多くが 「ホルモンの乱れ」が原因が多いです。 この乱れがニキビや肌荒れの根本的な原因にもなってきます。 その場合、何をするかというとスキンケアで 乱れているホルモンバランスを整えてあげればいいのです。 内側からでは難しいので、外側からアプローチすることでホルモンバランスを整えられることができれば、肌環境のバリア機能などが整うことができるので、 寝不足の時にも負けない強く潤いのある肌を目指すことができます。 ホルモンにアプローチできるスキンケア 自分ではコントロールの難しい睡眠不足やストレスなどでできやすいニキビによる「ホルモンバランス乱れ」を整える成分が入っているニキビケア化粧品に「 ラミューテ」という商品があります。 ラミューテ ラミューテの特徴は、ホルモンバランスケアに注目されている「 熟成ダマスクローズウォーター」という薔薇のエキス成分が含まていることです。 ダマスクローズは最近はリラックス効果のある入浴剤に入っているなど徐々に知名度がある薔薇で、ダマスクローズを肌に与える成分には、• ホルモンの調整• 生理不順• ストレス緩和 などの効果があり、「香り」と「肌へ」と身体の内側と外側に働きかけることで心とお肌のケアをWケアができ、美容成分が3倍もあるとされる熟成されたダマスクローズが入っていているので、お肌の科やホルモンまでもケアできる他にないニキビケア化粧品となります。 寝不足に負けない肌を目指そう! 寝不足ニキビはホルモンバランスの乱れで、皮脂が過剰に分泌したり、逆に乾燥したりするとニキビができやすくなってしまいます。 これは寝不足だけでなく、生理の時も肌質が変わりやすいので、できるかぎり早く寝れるような工夫をするといいと思います。 ただ、すぐに寝た方がいいといわれても難しいですし、毎日忙しいとなかなかすぐには眠れない話ですよね。 実際のところ、寝不足によるニキビは「ホルモンバランスの乱れ」が大きくかかわっていて、それで乾燥肌などの肌の状態が悪くなってくるので「根本のケア」が必要になってきます。 ニキビケアの有効成分や保湿だけでは正直、なかなか難しいところ。 そういう方は根本ケアとして、ホルモンバランスをアプローチできるラミューテのような「スキンケア」を見直すなどで、少しの寝不足でもニキビや吹き出物ができにくい強い肌を目指すことだってできます。 快適な睡眠をして、寝不足を解消しきれいな肌を目指してみてください。

次の

睡眠不足が頬ニキビ・肌荒れ原因?ビタミン治療と育児ストレス関係

睡眠不足 ニキビ できない

ニキビと睡眠不足はどんな関係があるの? ニキビができる原因は様々存在します。 その様々な原因の中には 睡眠不足が影響している可能性も十分にあります。 睡眠不足が肌にも体にも悪いというのはよく耳にするのではないでしょうか。 私たちの肌にとって睡眠というのは、とても重要な役割をもっています。 肌は普段生活する上で、紫外線などにより受ける様々なダメージから回復させる力を持っています。 この 肌の回復というのは睡眠時に行われています。 ターンオーバーという肌の新陳代謝のサイクルも睡眠時に行われています。 そのため、睡眠不足になってしまうと肌の回復力は下がり、ターンオーバーにも乱れが発生してしまうことになります。 回復していない肌は刺激に弱い状態になり、 ターンオーバーの乱れにより古い肌が剥がれ落ちず毛穴に蓄積しやすくなってしまいます。 さらに、睡眠不足の状態そのものがストレスとなり、 自律神経を乱し男性ホルモンの分泌を活発にし皮脂の過剰分泌、肌の硬化を引き起こしやすくなってしまいます。 皮脂の過剰分泌&肌の硬化は毛穴を詰まらせる原因になりニキビができる可能性を大きく高めてしまいます。 単純にたくさん寝れば問題ない? 睡眠時間を長くとることも大切なことですが、 とりすぎはオススメしません。 睡眠時間を長くとりすぎてしまうと、 逆に肌に悪影響を及ぼす可能性もあります。 例えば、仕事や学校の日は睡眠時間が短く、休みの日だけ睡眠時間を長くしてしまうと睡眠のリズムが狂ってしまう可能性があります。 睡眠のリズムが狂うと自律神経を乱し、ターンオーバーの乱れにつながりニキビができやすくなっててしまう恐れがあります。 では、何時間睡眠をとることがベストなのかが問題になりますよね。 睡眠時間には個人差があると思いますが、 最低でも6時間は睡眠をとることをオススメします。 そして、時間帯としては、 夜10時から翌2時(ゴールデンタイム)に熟睡した方がいいと言われています。 ですが、 最近では肌を再生に欠かせない成長ホルモンは「寝入りばな」(入眠直後)に大量に分泌されるため、入眠から3時間程度までに熟睡することが大切とも言われています。 そのため、睡眠時間も大切ですが質の良い睡眠をとることが大切です。 睡眠時の4つの注意点 睡眠の質を下げないためにはいくつか注意するポイントがあります。 4つの注意点をおさえて睡眠の質を高めましょう。 寝る前にスマートフォンの液晶を見ない ついつい寝る直前までスマートフォンを触っている方は多いと思います。 スマートフォンの画面は ブルーライトという強い光を放っています。 ブルーライトの光は、 交感神経を優位にさせてしまい寝つきを悪くさせ、眠りが浅くなり睡眠の質を下げてしまいます。 睡眠前はできる限りスマートフォンは見ないようにしましょう。 スマートフォンを触る際は、目が画面に近くなるためブルーライトをカットできるフィルムなどをつけることをオススメします。 寝る3時間前は食事しない 睡眠直前に食事を摂ってしまうと、 食べ物を消化させるために体が完全に休める状態になりにくく、睡眠の質を下げてしまいます。 また、飲み物にも注意が必要です。 アルコールやカフェインを摂取してしまうことも睡眠の質を下げる原因になってしまいます。 どうしても何か飲んでのどを潤したい場合は、水や白湯、ノンカフェインのお茶にするようにしましょう。 電気をつけたまま寝ない 真っ暗だと眠れないという方もいらっしゃるかもしれませんが、 できるだけ真っ暗にして寝ることをオススメします。 テレビや部屋の電気をつけっぱなしにしていると熟睡しにくくなる恐れがあります。 真っ暗では眠れないという方は、 暖色系の照明にしてできるだけ部屋を暗くするようにしましょう。 体を冷やさない 体の冷えは睡眠を妨げになってしまう恐れがあります。 体が冷えていると リラックスできず、寝つきが悪くなり、眠りが浅くなってしまう原因になってしまいます。 睡眠前は 湯船につかったり、ストレッチなどで身体を温めるようにしましょう。 温めようと激しい運動(筋トレ)などはしないようにしましょう。 ニキビを作らないためには質のいい睡眠が大切! 睡眠不足はニキビができる可能性を高めてしまうので注意が必要です。 習慣を変えるのは簡単ではないかもしれませんが、睡眠に対する意識を変えていくようにしましょう。 今回紹介した睡眠時の注意点を意識して 質のいい睡眠をとることをオススメします。 睡眠不足は、ニキビだけでなく身体にとっても様々な悪影響を及ぼしてしまいます。 肌だけでなく身体のためにも、質の高い睡眠をとるようにしましょう。

次の