プロバイダ 乗り換え 注意点。 プロバイダのみの乗り換えをお得にする方法!おすすめはこれだ!

OCNからプロバイダ乗り換え!乗り換えのコツと注意点|OCNの規制・制限回避のススメ

プロバイダ 乗り換え 注意点

プロバイダ乗り換えの基本 プロバイダを乗り換えるときに知っておくべき、基本的なポイントは以下の3点です。 ・乗り換えに工事は不要 ・光回線乗り換えのタイミングは2年毎がベスト? ・乗り換え先のプロバイダはキャンペーンをやっているかチェック これらを1つずつ、確認していきましょう。 乗り換えに工事は不要 プロバイダのみ乗り換える場合には、工事は必要ありません。 ただし、 回線とプロバイダの両方を変える場合は工事が必要です。 光回線乗り換えのタイミングは2年毎がベスト? プロバイダの乗り換え時には、乗り換えるタイミングを考えるようにしましょう。 多くのプロバイダでは、決められた期間以外での解約に違約金の費用がかかります。 プロバイダの契約は2年ごとに自動更新されるケースがほとんどです。 そのため契約状況をまめにチェックし、 違約金が発生しないタイミングを選んで、プロバイダの乗り換えを行い、金銭的な負担を減らしましょう。 違約金が発生しないタイミングは、大きく分けて2つです。 ・自動更新が行われる月とその次の月を合わせた合計2ヶ月間 ・一定期間(多くの場合、2年)以上利用すれば以後は違約金がかからない 契約しているプロバイダによって詳細は異なりますので、プロバイダ乗り換えの際は必ずチェックするようにしてください。 乗り換え先プロバイダでのキャンペーンの有無をチェック プロバイダの乗り換えを検討している場合は、乗り換え先のプロバイダが キャンペーンを行っているか?それはどんな内容なのか?をチェックするようにしてください。 同じプロバイダでも、特定のページや量販店から契約した場合にのみ特典が適用されるということもあります。 プロバイダを乗り換えるメリット・デメリットは? プロバイダを乗り換えることのメリットとデメリットも確認していきましょう。 プロバイダを乗り換えるメリットは? プロバイダを乗り換えるメリットは、以下の2つです。 ・回線とあわせて乗り換えることで、回線速度が速くなることがある ・月々の利用料金が変わる それぞれを、確認していきましょう。 回線とあわせて乗り換えることで、回線速度が速くなることがある プロバイダと回線の両方を乗り換えることで、回線速度が速くなることがあります。 毎月支払っているプロバイダ料金だけでなく、インターネット回線の通信速度にも満足できていない場合には、思い切って プロバイダと回線の両方の乗り換えを検討することも1つの方法です。 月々の利用料金が変わる 月額利用料が安いプロバイダを選んだり、割引特典が適用されるプロバイダを選んだりすることで、料金が変わる場合があります。 プロバイダを乗り換える場合は、いくつかの候補を比較するだけでなく、同じプロバイダでも どこで契約をすれば一番お得なのかといった点もチェックしましょう。 プロバイダを乗り換えるときのデメリットは? プロバイダ乗り換えのデメリットは以下の3点です。 ・手続きが面倒 ・プロバイダ提供のメールアドレスが利用できなくなる ・解約金がかかる場合がある これらのデメリットについても解説していきます。 手続きが面倒 解約の際には、解約手続きをしなければいけません。 その際に考えなければいけないことは、以下の2点です。 ・解約のタイミング ・新しいプロバイダの利用をいつから開始するか 解約時には、自身で上記2点の時期の調整を行う必要があります。 このタイミングがずれてしまうと、解約後にインターネットを利用できない期間ができてしまうので、ご注意ください。 失敗しないためには、以下の手順で準備をするようにしましょう。 ただし、プロバイダによって解約月の月額利用料が「日割り」になる場合と「月ごとの支払い」になる場合がありますので、そちらも必ずチェックするようにしてください。 プロバイダ提供のメールアドレスが利用できなくなる プロバイダの乗り換えを行うと、今まで利用していたプロバイダ提供のメールアドレスが使用できなくなってしまいます。 また、プロバイダ発行のIP電話番号(050)も使用できなくなります。 しかし、旧プロバイダのメールアドレスだけを利用できるプランを改めて契約することで、今までのメールアドレスを引き続き使用することができる場合もあります(プロバイダによっては、メールアドレスのみのプランがないこともありますので、ご注意ください)。 解約金がかかる場合がある プロバイダを乗り換える際に、解約金が発生するケースがあります。 解約金を支払わずにプロバイダの解約ができるタイミングを選ぶことで、金銭的な負担を抑えることができますので、 解約前には必ず更新月のチェックをするようにしてください。 プロバイダの乗り換え手順は3ステップ プロバイダの乗り換え手順は、大きく3つのステップに分けられます。 乗り換えが完了したあとは、パソコンの設定を行う これだけで、乗り換えは完了します。 ちなみに、パソコンの設定とは、使用するパソコンに新しい「 プロバイダID」と「 パスワード」を入力するだけですので、簡単に行うことができます。 次の項目で、具体的な方法の解説をします。 最後に、今まで使用していたプロバイダをパソコン内で削除すればOKです。 その方法も、以下で解説します。 今まで使用していたプロバイダの削除方法 「 設定」から「 ダイヤルアップ」の項目を開き、「 接続中プロバイダ」のアイコンをクリックします。 「 削除」を選択します。 これで、旧プロバイダの削除が完了します。 プロバイダ削除の際は、ルーターの設定も必要な場合がありますので、そちらもあわせてチェックしてください。 設定方法は、手持ちのルーターによって異なりますので、ルーターの説明書を参考にして作業を行います。 回線も一緒の乗り換えなら、NURO 光がおすすめ! プロバイダと回線を同時に乗り換えるのでしたら、 NURO 光 がおすすめです。 その理由は、以下の4点です。 ・回線速度が速い ・回線とプロバイダが一緒なので月額料金が安い ・ルーターに無線LAN機能がついている ・開通までの期間にポケットWi-Fiの貸し出しを行っている 通常、回線ごと乗り換えた場合には、新しい回線を利用するための工事が必要となるため、インターネットが利用できなくなる期間ができてしまいます。 しかし、 NURO 光の場合、開通までの期間に ポケットWi-Fiの貸し出し(日割りで請求)を行っているため、どのタイミングで乗り換えた場合も、インターネット利用ができない期間をつくらずにスムーズに乗り換えることができます。 NURO 光の詳細については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 まとめ プロバイダの乗り換えのタイミングを、メリット・デメリットと一緒にご紹介しました。 回線ごと乗り換えることによって、月額利用料金を安くするだけでなく、回線速度の改善など快適なインターネット環境を手に入れることができます。 プロバイダ乗り換えを検討しているなら、回線も一緒に見直してはいかがでしょうか。

次の

徹底比較!元販売員が2020年本当におすすめできる光回線5選とプロバイダの全注意点

プロバイダ 乗り換え 注意点

まずはエリアの確認から プロバイダを乗り換える際には、よほどの事情がない限り「より速い回線に」が鉄則。 手間をかけて乗り換えるのですから、快適さが増さなければメリットがありません。 プロバイダを選ぶ前に、できればブロードバンド回線の種類(ADSLか光ファイバか)を決めておきましょう。 comのサイトで、住居タイプと希望の回線、郵便番号(地図も可)を入力すれば、当該地域でのサービス一覧が分かります。 光ファイバにするか、ADSLにするか 光ファイバを導入した方がよい人と、ADSLを導入した方がよい人を簡単にまとめると、以下のようになります。 光ファイバを導入した方がよい人 インターネットでテレビ番組を見たり、音楽をダウンロード購入する、あるいは、フリーウェアをひんぱんにダウンロードするような人• ADSLを導入した方がよい人 メールやWeb閲覧、YouTube(動画投稿サイト)の閲覧といった用途が主で、できるだけ通信費を安く抑えたい人 より詳しい情報は「」を参照してください。 ただ、プロバイダの提供するコンテンツは、会員以外でも無料で利用できるものが多くあります。 会員限定であったり、割安で利用できるコンテンツがあれば、そのプロバイダを選ぶ十分な理由になるでしょう。 【おすすめプロバイダ】 ・ 1000万人以上の視聴者を持つ動画配信「BIGLOBEストリーム」は、ドラマやスポーツ、アニメなど内容が豊富。 レジャー施設などの利用が割引になる「BIGLOBE Club Off」というサービスもユニークです。 ・ ブログサービス「ココログ」や、スクウェア・エニックスとの共同による仮想コミュニティ「ニコッとタウン」など、ユーザー間の交流を重視したコンテンツづくりが目立っています。 ・ かわいいペットがメールを送る「PostPet」、魔法使いのペットを育てる「Livly Island(リヴリーアイランド)」といった、独自キャラクターを使ったコンテンツに特色があります。 初心者や高齢者にはなかなか難しいのですが、有料で出張、設定を代行してくれるプロバイダがあります。 BIGLOBE、OCN、So-net、au one net、Yahoo! BBといった大手プロバイダがそれ。 期間限定のキャンペーンとして、1回のみ無料出張してくれることもありますので、自信のないユーザーはこの期間を狙うとよいでしょう。 この手のキャンペーンは、年末~1月に行われることが多いようです。 【おすすめプロバイダ】 ・ 特定のコースに申し込むと、インターネットを利用できるようにする基本設定が2100円(4月末まで、通常7140円)という低価格。 ・ パソコンが不調なときの「おまかせ診断パック」、「引っ越しおまかせパック」からメモリ増設、データ移行など、豊富なサポートメニューが揃っています。 ・ 出張サポートによる接続機器の設定は7980円から。 女性ユーザー向けオプションで女性スタッフによる出張や、PlayStation3の無線LAN設定も可能。 キャンペーンを活用する 入会や乗り換えを考える際にぜひ活用したいのが、期間限定のキャンペーンです。 「初期費用無料+5カ月間無料」といった情報は見逃さないようにしたいものです。 キャンペーン情報は、プロバイダのWebサイトで告知しているほか、価格. com経由で入会すると割引になるケース、さらに、価格. com経由で入会するときに特定のクレジットカード会社で支払いをするともう一段安くなるケースとさまざまです。 comと、自分の入会しているクレジットカード会社のWebサイトはぜひチェックしておきましょう。 また、家電量販店などでパソコン購入時に同時入会すると、「パソコンの価格も20,000円割引」などということがあってお得です。 いずれも、2年以上の入会「義務」が発生するのがふつうです。 先に述べた「無料設定代行」のように、特定のサービスに限定したキャンペーンもあります。

次の

GMOとくとくBBのWiMAXを解約する方法・違約金・注意点まとめ

プロバイダ 乗り換え 注意点

ネットが使えない期間がない、スムーズな移行をめざしたい プロバイダを変更するきっかけは、引っ越しやキャンペーンなどさまざまでしょう。 ただ、以下の場合はプロバイダを変更せずとも、届け出ることで対応が可能であることに留意しましょう。 都市部なら、回線を敷設するタイプのプロバイダではなく、UQ WiMAXや携帯電話各社のデータ通信端末を使ったワイヤレスサービスを使うという選択肢もあり得ます。 自宅周辺がサービスエリア内であればよく、工事などの手間がかからないのも利点です。 乗り換えるかどうかは、「」などを参考に、現行のプロバイダの料金やサービスに満足しているかどうかを、最大の基準にしましょう。 入会と解約の注意点と賢い乗り換え方 プロバイダの乗り換えには、新しいプロバイダへの入会と、旧プロバイダの解約が必要です。 以下の点に注意して手続きしましょう。 とくにワイヤレスサービスでは、パソコンやタブレット端末が「0円」「100円」などとうたっていることがあります。 パソコン購入時の初期費用が安くなるのはありがたいのですが、数年間は解約不可だったり、一定期間後は料金が割高となる場合もあります。 そのプロバイダにふつうの方法で入会した場合とどちらがお得か、考えてから利用しましょう。 特に都市部から地方へ移る場合は要注意で、希望通りの回線を選べず、コースが限られることがあります。 ワイヤレスサービスの場合、地方では提供されていなかったり、都市部よりも速度が遅い場合がありますので、事前の確認が必要です。 知人に新しいアドレスを周知するためにも、1カ月程度は新旧のプロバイダを併用するのがベターです。 ただし、費用がかかり、同じ回線同士 ADSLからADSLなど での乗り換えの際にはできません。 回線事業者 NTTなど が変わらないなら、撤去日と開設日を同じ日に指定することは可能です。 もちろん、回線事業者の都合もありますので、工事日の調整の際に相談しましょう。 これは実質上、併用することができませんので、周囲とのトラブルにならないよう注意しましょう。 このため、工事日が希望通りにならないことがあります。 引っ越しなどやむを得ない場合以外は、この時期を避けたほうが賢明です。 乗り換えにはリスクの勘案を プロバイダの乗り換えにはさまざまなリスクがともないます。 インターネットが使えない日常は考えられませんから、乗り換えの際には、回線工事日をはじめ入念な準備が必要です。 入会や解約、工事日などを1カ月程度の工程表に落とし込んで、スムーズな移行をめざしてください。

次の