愛知 県 緊急 事態 宣言 発令。 緊急事態宣言 愛知など39県で解除

愛知県の緊急事態宣言はいつなの 4月10日発令

愛知 県 緊急 事態 宣言 発令

愛知県の大村秀章知事が9日午前に緊急記者会見を開き、10日午後に県独自の緊急事態宣言を発出することを発表した 愛知県の大村秀章知事は、4月9日午前に開かれた記者会見において、4月10日午後に県独自の緊急事態宣言を発出することを発表した。 日本政府が発令した緊急事態宣言では、愛知県の感染者拡大状況を踏まえて対象地域に含めていない。 こうしたなか、大村知事は「明日(4月10日)、県としての緊急事態宣言を発出する。 現下の愛知県の感染状況をめぐる厳しい状況を踏まえ、一段とステージを上げて、厳しい対応を県民の皆さまにお願いさせていただく」と表明。 4月10日13時から愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部の本会議を開催し、愛知県緊急事態宣言の発出とともに、緊急経済対策も併せて決定。 その後、記者会見し、状況、対策を報告するとしている。 愛知県では、これまで緊急事態宣言対象地域の7都府県の移動自粛を要請していたが、県独自の緊急事態宣言により「県内においてもすべての外出、移動の自粛を要請する」と表明、金曜日の午後に発出することで週末の外出、移動の自粛を抑制するねらいを示している。 一方で、国に対しても緊急事態宣言の対象地域に含めるよう関係機関に要請したことを発表。 菅義偉内閣官房長官は9日午前の記者会見で、愛知県からの要請を受けて「政府としては、さまざまなデータ、専門家委員会の意見をうかがうことが必要」との考えを示した。 大村知事は、仮に県独自の緊急事態宣言に加えて、国による緊急事態宣言の対象地域に加わった場合は、「ダブルで対応できればよいのでは」との考えを示している。

次の

愛知、独自に「緊急事態宣言」を発令…感染者数全国5位301人 : 国内 : ニュース : 読売新聞オンライン

愛知 県 緊急 事態 宣言 発令

左から 4月7日に緊急事態宣言地域に指定された7都府県、同17日に緊急事態宣言が全国に拡大。 愛知を含む13都道府県が新たに「特定警戒都道府県」 赤 に指定された、14日の決定で緊急事態宣言が維持された8都道府県 赤 と「特定」だったが宣言が解除された5県 黄 政府は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国に発令されていた緊急事態宣言を、39県で同日付で解除することを決定した。 「特定警戒都道府県」指定の愛知、岐阜、茨城、石川、福岡5県と、その他の34県が対象となった。 14日は宣言延長から1週間だった。 安倍晋三首相は同日夕、記者会見し「感染の状況などから、残る地域も31日を待つことなく解除したい」と述べた。 政府はこの日、専門家会議を開いて各地の状況を分析した。 続いて、宣言の一部解除を諮問し、了承を得た。 その後、衆参の議院運営委員会で報告し、政府対策本部で正式決定した。 安倍首相は、解除に踏み切った理由として、新規患者が全国的に減少していることなどを挙げ、協力した国民への感謝の言葉を述べた。 一方で気の緩みから再び患者が増加することのないよう呼び掛けた。 今回、緊急事態宣言が解除されなかった8都道府県は、北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫。 新規陽性患者数などが依然として厳しい状況下にある。 今後さらに1週間、感染状況を確認し、21日をめどに2回目の中間評価をする。 その上で31日まで延長されている宣言を一部解除、全面解除、延長の3パターンで個別に判断する。 安倍首相は13日、首相官邸で開かれた会合で「満期を待たずに解除できるのは国民の協力の成果だ」と強調した。 愛知は4月7日に政府が決定した7都府県からなる第1次緊急事態宣言エリアからは外れたが、危機感を抱いた大村秀章知事が同10日に独自の緊急事態宣言を発令した。 感染者数の多かった他のエリアでも同様の動きが相次ぎ、政府は同17日、緊急事態宣言を全国に拡大。 うち愛知を含む13都道府県を「特定警戒都道府県」に指定し、外出や移動、集客施設の営業について、他より強い自粛を要請していた。 県内は一時、日々の新規感染者が20人を超えることもあったが、4月25日以降は1桁台で推移。 大村知事は11日の記者会見で、県独自の「自粛要請緩和指標」を公表した際「経済活動、学校の再開の時期が来ている」などと述べていた。 (山田一晶) 政府は14日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国に発令されていた緊急事態宣言を、39県で同日付で解除することを決定した。 「特定警戒都道府県」指定の愛知、岐阜、茨城、石川、福岡5県と、その他の34県が対象となった。 14日は宣言延長から1週間だった。 安倍晋三首相は同日夕、記者会見し「感染の状況などから、残る地域も31日を待つことなく解除したい」と述べた。 政府はこの日、専門家会議を開いて各地の状況を分析した。 続いて、宣言の一部解除を諮問し、了承を得た。 その後、衆参の議院運営委員会で報告し、政府対策本部で正式決定した。 安倍首相は、解除に踏み切った理由として、新規患者が全国的に減少していることなどを挙げ、協力した国民への感謝の言葉を述べた。 一方で気の緩みから再び患者が増加することのないよう呼び掛けた。 今回、緊急事態宣言が解除されなかった8都道府県は、北海道、千葉、埼玉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫。 新規陽性患者数などが依然として厳しい状況下にある。 今後さらに1週間、感染状況を確認し、21日をめどに2回目の中間評価をする。 その上で31日まで延長されている宣言を一部解除、全面解除、延長の3パターンで個別に判断する。 安倍首相は13日、首相官邸で開かれた会合で「満期を待たずに解除できるのは国民の協力の成果だ」と強調した。 愛知は4月7日に政府が決定した7都府県からなる第1次緊急事態宣言エリアからは外れたが、危機感を抱いた大村秀章知事が同10日に独自の緊急事態宣言を発令した。 感染者数の多かった他のエリアでも同様の動きが相次ぎ、政府は同17日、緊急事態宣言を全国に拡大。 うち愛知を含む13都道府県を「特定警戒都道府県」に指定し、外出や移動、集客施設の営業について、他より強い自粛を要請していた。 県内は一時、日々の新規感染者が20人を超えることもあったが、4月25日以降は1桁台で推移。 大村知事は11日の記者会見で、県独自の「自粛要請緩和指標」を公表した際「経済活動、学校の再開の時期が来ている」などと述べていた。 (山田一晶).

次の

【悲報】愛知県、都会じゃなかった「緊急事態宣言がなぜか発令しない模様」「サンキューアッベ」「でも愛知には味噌があるから…」

愛知 県 緊急 事態 宣言 発令

愛知県の大村秀章知事が9日午前に緊急記者会見を開き、10日午後に県独自の緊急事態宣言を発出することを発表した 愛知県の大村秀章知事は、4月9日午前に開かれた記者会見において、4月10日午後に県独自の緊急事態宣言を発出することを発表した。 日本政府が発令した緊急事態宣言では、愛知県の感染者拡大状況を踏まえて対象地域に含めていない。 こうしたなか、大村知事は「明日(4月10日)、県としての緊急事態宣言を発出する。 現下の愛知県の感染状況をめぐる厳しい状況を踏まえ、一段とステージを上げて、厳しい対応を県民の皆さまにお願いさせていただく」と表明。 4月10日13時から愛知県新型コロナウイルス感染症対策本部の本会議を開催し、愛知県緊急事態宣言の発出とともに、緊急経済対策も併せて決定。 その後、記者会見し、状況、対策を報告するとしている。 愛知県では、これまで緊急事態宣言対象地域の7都府県の移動自粛を要請していたが、県独自の緊急事態宣言により「県内においてもすべての外出、移動の自粛を要請する」と表明、金曜日の午後に発出することで週末の外出、移動の自粛を抑制するねらいを示している。 一方で、国に対しても緊急事態宣言の対象地域に含めるよう関係機関に要請したことを発表。 菅義偉内閣官房長官は9日午前の記者会見で、愛知県からの要請を受けて「政府としては、さまざまなデータ、専門家委員会の意見をうかがうことが必要」との考えを示した。 大村知事は、仮に県独自の緊急事態宣言に加えて、国による緊急事態宣言の対象地域に加わった場合は、「ダブルで対応できればよいのでは」との考えを示している。

次の