推し が 武道館 行っ て くれ たら 動画。 アニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』動画ネット配信まとめ(無料視聴や第1話、2話から全話配信情報など)

推しが武道館いってくれたら死ぬ/動画/1話2話3話4話5話6話7話8話/見逃し配信/再放送|アニメ&ドラマ大好き|note

推し が 武道館 行っ て くれ たら 動画

Episode4「ぼくの全てが君だった」 中学生の頃、たった一人の誰かをずっと特別に思うことなんかないと思っていた空音。 しかし、『ChamJam』メンバーになってからの日々は空音の気持ちをゆっくりと確実に変えていった。 れおを尊敬し、れおがセンターでい続けることを願う空音だったが、アイドルとして致命的な事件が起きてしまう…。 推しが武道館いってくれたら死ぬ キャスト えりぴよ:ファイルーズあい 市井舞菜:立花日菜 五十嵐れお:本渡楓 松山空音:長谷川育美 伯方眞妃:榎吉麻弥 寺本優佳:和多田美咲 水守ゆめ莉:石原夏織 横田文:伊藤麻菜美 くまさ:前野智昭 基:山谷祥生 玲奈:市ノ瀬加那 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話ストーリー性 原作は漫画で、内容は岡山県が舞台でとある女性地下アイドルグループの活躍と、そのグループを応援するファンたちの様子を描いたコメディ作品で、アイドルをメインで活躍させる漫画はあると思いますが、そのファンのことを描いているのは面白いなと思いました。 主人公のえりはフリーターをしていて7人組地下アイドルグループChamJamの人気最下位メンバー舞菜の熱狂的ファンで自他ともに認める舞菜トップオタという自分で認めるだけでなく周りからも言われるってよっぽどだと思うのでどういう感じになっているのかアニメで見るのが楽しみだと思いました。 舞菜のほうは不器用というキャラで、押しが強いえりとは上手く会話が成立しないく塩対応と思われるそうです。 お互い想い合っているがすれ違うという様子を軸に話が進んで行くそうで、アイドルとファンの様々な様子が描かれているそうで、内容的に斬新なので見るのが楽しみです。 今までの漫画やアニメだと、アイドル側が主軸になって話が進む内容か、ファン側の人間がアイドルを追いかけて行くっていうどちらかの側をメインにして話が進んで行く内容が多いと思うのでその両方のアイドルとファンの交流を描くという発想がすごいと思います。 タイトルにインパクトがありますよね。 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」って、どういうことかしらと思っていたら、それくらいの志しで、熱狂的にアイドルグループの推しメンバーを応援しているオタクの物語だったんですね。 この作品のようにマイナーな地下アイドルを全力で応援しているオタクの人って、たくさんいるんですよね。 そんな人たちに共感を呼びそうなお話です。 岡山で活動する地下アイドルグループの「Cham Jam」。 伝説の女「えりぴよ」は、高校時代の赤いジャージに身を包み、推しの「市井舞菜」を全力で応援します。 その応援ぶりはなかなか見ものです。 収入のすべてを彼女のために費やすという力の入れようです。 スゴいですよね。 フツウの人はちょっとそこまではできません。 さすが伝説のオタクです。 「えりぴよ」のためにも、「市井舞菜」には頑張って欲しいです。 アイドルグループって、仲間イコールライバルなので大変ですよね。 グループの誰もがトップアイドルを目指して頑張る一人ひとりのエネルギーや、それを支えるオタクの人たちのパワーに圧倒されますが、こちらも元気をもらえそうです。 内気でシャイな舞菜が、ガールズフェスタでランウェイを歩けるのでしょうか。 楽しみです。 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話みどころ TBS系列で放送されるテレビアニメ『推しが武道館いってくれたら死ぬ』。 とある地下アイドルグループと、それを熱烈に応援するファンであるアイドルオタクのコミカルなストーリーの漫画のアニメ化作品です。 この作品の面白いところは、まず舞台が岡山県であるところ。 AKB48の活動以来、全国的なアイドルブームとなり、とりわけ東京や大阪のような都会だけでなく、地方で活動するアイドルにも注目が集まるようになったと思います。 こういったローカルアイドルは、大手メディアへの露出が少ないだけに全国的な人気を獲得するのは難しいと思いますが、代わりに地元に密着した活動を展開することで、地域のコアなファンを獲得できる傾向があるように思いますね。 この『推しが武道館いってくれたら死ぬ』も、売れっ子とは言えないアイドル『ChamJam』のメンバー・舞菜と、それを強烈に推す女性アイドルオタク・えりぴよの、不器用すぎる交流を描いた作品です。 全国的に人気の高いアイドルだと、ファンの数も膨大で、これだけ距離感の近い交流は不可能でしょうね。 また同性同士ということで、異性だとどうしても立ちはだかってしまういろんな壁がないところも、交流を深めやすい点ではないでしょうか。 舞菜とえりぴよの、実は両想いなのに、誤解し合っている不器用な交流を温かく見守りたいと思います。 推しが武道館いってくれたら死ぬ アニメ 動画4話感想やネタバレ 「推しが武道館いってくれたら死ぬ! 」いや!本当にいいタイトルですよね。 オタクがアイドルにかける、熱い気持ちがガンガン伝わって来ます。 まだまだ地下アイドルで日の目を見ない、自分一人だけのアイドルが、もし武道館でライブができるくらいに成長してくれたら、そして国民的なアイドルになってくれたのであれば、もうこの世に思い残すことはなく死んでもいい!こんな気持ち。 なんてピュアな気持ちなんでしょう。 どんどんグループがメジャーになっていくのと同時に、自分の手元からいなくなってしまうという一抹の寂しさがあったりして。 いや、「彼女のためにそんなこと考えてはダメだ!」と自分の感情を押さえようとするのですが、それでもやはり寂しさが募る訳です。 「死ぬ!」の中には「うれし過ぎて死んでもいい!」という感情とは別に「推しとの距離がこんなに離れてしまったのなら死んでしまいたい」という「さみしくて死ぬ」というポジティブとネガティブの二つの「死ぬ」が込められていると思うのです。 そんな揺れ動くオタクたちの純粋でピュアな心を読み取りながらアニメを見ていると、また違った楽しみ方ができるのでは無いかと思うのですね。 いやー、青春っていいですよ! まとめ 推しが武道館いってくれたら死ぬは面白そうで見たかったのですがまた見るのを忘れてしまいました。 しかしオンエアされると凄い反響があったようですね。 何が凄いかというと、テーマ曲になっている松浦亜弥さんの桃色片想いがカバーされていて、あややに再び注目が集まっているようです。 カバーしているのは主人公のえりぴよを演じるファイクルーズあいさんです。 この方は2019年のアニメ、ダンベル何キロ持てる?でも活躍されていた可愛い声の持ち主です。 今人気の声優さんがカバーしてくれて、あややの曲を知らない世代にも聴いてもらえるのは嬉しいですね。 えりぴよは推しの舞菜に塩対応ばかりされているにも関わらず、それでも推し続けていることに本当の愛を感じます。 でもそれは舞菜が本当にえりぴよが嫌いで塩対応をしているわけではないということをわかっているからなんですよね。 だから塩対応をされるとますます応援してあげたくなるのでしょう。 3話ではえりぴよの他にも舞菜ファンを名乗る人が出てくるようなのですが、少しずつファンが増えてくれたら舞菜を武道館のステージに立たせてあげたいという夢を叶えるのは遠くない話かも知れないですね。 アイドルオタクなら共感しながら見られる作品です。 なんと全部手書きなのです。 現在のアニメにおいてこのクォリティーは信じられません。 スタッフの本気度が視聴者に伝わる名シーンでした。 OPもEDもハイクオリティな絵柄で十分な及第点、音楽もよくて視聴継続は1話で決定しました。 ドルオタ(アイドルオタクの略称)向けのアニメと思いきや百合アニメという意外性も驚きでした。 まあ、少し穿った見方をすればアニメオタクをアイドルオタクに置き換えて、しかも女体化願望を果たすアニメともいえますが、そこまで僻んだ見方をしなくても良いかと思います。 純粋にアイドル好きな女子と女性アイドルの淡い恋愛アニメと思っています。 1話目はどのアニメも共通の世界観と登場人物の紹介と言ってよい内容でしたが、少なくとも尖ったキャラは見当たらないようでした。 「ドルオタ、かつ、百合」というきわどい内容であるにもかかわらず、案外穏健そうなストーリーです。 私としては、きわどい内容から奇をてらったキャラという昨今のアニメが嫌いなのでこの点も評価高しといったところでしょうか。 ただ気になるのが主人公えりぴよと他の男性オタクたちとの関係です。 彼らの間に変な恋愛模様などをいれないでほしいです。 一気に生臭くなるからです。 この点に気を付けて本作を見ていけたらと思います。

次の

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」熱狂的ドルオタ役にファイルーズあい アニメPVも公開 : ニュース

推し が 武道館 行っ て くれ たら 動画

推しが武道館いってくれたら死ぬ6話のネタバレストーリー れおと空音はショッピングモールに買い物に来ていた。 推しが武道館いってくれたら死ぬ 6話 エスカレーターや階段を下りるのは悪い予兆の示唆で、事実人気投票の順位は下がった。 2階、地下2階の数字は空音が2位であると同時に、れおの後ろを歩く、近くで支えるって意味が込められているのでしょうね。 空音にとってれおからの「好き」は特別。 空音は「嬉しそうだったよね」と話す。 れおは「みんながセンター目指して頑張るのはいい事じゃない」 れお「センターの空音、見てみたいなぁ」 空音は「れおの事を尊敬してるし、理想のアイドルはずっとれおだけだ。 だからセンターは絶対にれおじゃないといけないんだ」と話す。 推しが武道館いってくれたら死ぬ 6話 見れば見るほどこのグループのセンターが、れおで良かったと感じる! きっと彼女のファンサや仲間の気遣い等が素晴らしいから"武道館"という夢にみんながついていけるのだろうし、此方も応援したいと思えるんだろうなぁ れおと空音の関係も良いね — ヨーテル youteru8457 空音がアイドルになる前の話。 空音と叔母さんと通りかかると、アイドルのステージをやっていた。 空音は「アイドル?あんなにお客さん少なくてもアイドルなんだ」 叔母さん「空音ちゃんの方がかわいいもんね」 空音「絶対にあの人達の方がかわいいじゃん」 空音「私、絶対に・・・ああゆう必死にってなられてみたいなさ」 空音の学校の部活で他の生徒にダブルスを別の子と組む事にしたと言われる。 空音は理由を聞くと、空音じゃなきゃみたいなのはないのかなぁと言われる。 空音は「私じゃなくてもいいんだ、誰か一人を特別に思うとか無理でしょ」と思う。 空音が初めてレッスンに行った時、ゆめ莉、眞妃、れおが居た。 空音はれおを見た事があると話す。 れおは「こんな私でもファンが応援してくれてたんだ」と話す。 れおは空音に「アイドルは顔じゃないんだ、ダンスがんばろうと思った」と話す。 空音は「無自覚美少女だ」と思った。 その後のレッスンで、れおから空音はアドバイスなどしてもらっていた。 また、 文、優佳、舞菜もレッスンに加わる。 これでChamJamの7人が揃った。 ChamJamの初ライブのお客さんは5人しかしなかった。 れおはあの広場をいっぱいにすると話す。 武道館を目指す事をれおが話す。 空音はれおが不満なんだと思っていた。 空音は優佳に勉強を教えていたが、この時にアイドルらしくとは、と考えた。 「えりぴよがナス持ってる、ゆめ莉に推し変だ」 「えりぴよがガードレール食ってる、優佳に推し変だ」 「えりぴよが桜生やしてる、れおに推し変だ」 くまさは「やめてください。 」えり「推し変しないから」と騒ぐ。 基はくまさとえりにおみやげを渡していた。 青だからおみやげを買いすぎたと言う。 えりは舞菜の所に握手に行く。 舞菜から「キビ団子、ありがとうございました。 」と言われる。 えりは食べてくれたんだと話すと、舞菜は「食べる訳ないじゃないですか」と話す。 舞菜はもったいなくて食べていないだけだった。 この時、舞菜はえりが緑色の何かを持ってる事に気が付く。 舞菜は文ちゃんに推し変だと勘違いする。 基はグッズの情報をツイッターで調べるとそのまま倒れてしまった。 原因は空音が男と歩いていたという目撃情報を見た為だった。 しかし、くまさとえりは興味はなかった。 その頃、空音もその情報を見ていた。 れおにその話を振るが、れおは空音はアイドルらしくない事やる訳ないじゃないと話す。 くまさとえりは、おたくって色々だよねと話していた。 くまさとえりはChamJamと同じ場所で写メを取っていたが、なぜこんなに絵ずらが汚いんだと話す。 そこに基が現れて、今日で最後だと話す。 えりがわかりやすく五七五でと言うと基は「空音ちゃん、僕のすべてが君だった」 ステージで空音が基に気が付いて、レスを送るが基は暗いままではなかった。 空音を見て舞菜も真似するが、えりはまったく気が付いてなかった。 くまさはれおに20枚積む。 しかし、えりはお金がないので積めない。 くまさはえりに応援する気持ちが大事なんですと話すが、えりは「気持ちだけで舞菜が人気出るなら苦労しない」と話す。 舞菜は、このままえりが推しチェンしたらどうしようと考えていた。 しかし、えりは5秒で舞菜に気持ちを伝える。 えりは満足だった。 空音は基が来て、お話する。 空音は「これからも好きでいてね」と話す。 基はうれしそうだった。 その後、人気投票の中間発表された。 空音がトップ3から転落した事を話す。 前回の目撃情報が、玲奈と基だったのではと話す。 玲奈と空音は似ているので、間違えられたのではないかと。 えり達3人が写真を撮っていると、舞菜が現れた。 舞菜はえりに気持ちを伝えようとポーズを取るが、えりは勘違いしてしまう。 【Google Street聖地偵查】 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」6話, 舞菜好萌唷!!!! 空音のChamJamに入る前は、アイドルに興味はほとんどなさそうな感じだったと思う。 また、環境のせいなのか、人をあまり信じていないような感じも受けた。 特にテニス部のダブルスの話は、ずいぶん身勝手な相手だなぁと感じた。 自分でなくてもいいんだという意識が強くなるきっかけがあったようだ。 でも空音はそんな状態から抜け出すチャンスが回ってくる。 叔母さんが勝手に申し込んだChamJamの加入。 特にれおとの出会いは大きいと思う。 れおはアイドルとしても先輩で、年齢も上です。 空音には非常に良い影響を与えられる数少ない貴重な人だと思う。 また、目撃情報で男と歩いてる情報でも酷い落ち込みだった。 しかし、れおから空音がする訳がないと信じ切っていた。 自分の味方がいるのといないのではまったく状況が変わってくるだろう。 空音にとっては、れおは本当に目指すべきアイドルなんだと思う。 えりもまだケガが治っていないので、出歩くのが大変だろうし、仕事も行けていないはず。 お金がないのは辛いよね。 ただ、えりはお金があれば、ぶっこみ過ぎだと思う。 もう少し、自分の生活を考えて欲しいと思ってしまう。 くまさはれおの追っかけだが、年長者らしく、えりや基が暴走しそうになるのを止めている。 ファンとしても、おたくとしても、よく気が付く人だと思う。 基はメンタル弱すぎです。 そう言えば、空音の目撃情報が、基と妹の玲奈だったのなら、空音に迷惑をかけたのは、基本人という悲しさ。 アイドルは私生活も厳しいと思う。 基の妹の玲奈は、かなり空音に確かに似ていると思う。 これでは遠い所から見たら、確かに間違う可能性が高そうだ。 妹もデビューしたら、基はどうするのだろうと思ってしまった。 えりは来週はケガが治ってるのだろうか。

次の

推しが武道館いってくれたら死ぬ9話の無料動画!あらすじとネタバレ

推し が 武道館 行っ て くれ たら 動画

推しが武道館いってくれたら死ぬ9話の無料動画視聴方法 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の第9話 まだ見ていない人や、実際に見てみたいという方には、 無料で見る方法があるので紹介しますね。 ビデオ・オン・デマンドサービス VOD はU-NEXTやdアニメなど数多くのサービスが存在します。 しかし、「推しが武道館いってくれたら死ぬ」は FODの独占配信なので、FOD以外は見ることが出来ません。 現在FODプレミアムは2週間無料トライアルを実施中。 9話を見逃した方はこちらから登録可能です。 年内最後のライブを終えて、ファンへの感謝を伝える『ChamJam』。 年内最後の接触でも相変わらず舞菜とすれ違い、後悔だらけのえりぴよ。 そして新しい年を迎えたえりぴよは、基を誘って初詣に向かう。 一方、『ChamJam』メンバーもそれぞれ初詣に向かっていて…。 — せーやのん きときと musume0507 大晦日で賑わう岡山の商店街 Cham Jamも大晦日ライブの準備をしていました。 一年を振り返るCham Jamメンバー 各々の振り返りと、来年の抱負を話していました。 『みんなで武道館へ行こう』 「れお」の言葉に「優佳」は、 『別に武道館には行かなくてもいっかなー』と、話の腰を折ることを言います。 生誕祭のなくなった舞菜 アニメ情報まとめ : 『推しが武道館いってくれたら死ぬ』9話、運がないことに喜ぶのワロタwwwwww — アニメ情報まとめ CleopatraEmil 大晦日ライブに参加する「えりぴよ」・「くまさ」・「基」の3人 ライブ前「えりぴよ」はショックで床に伏せていました。 一人の人間として Alright then — RubenGallar RubenGallar 『みんなー、大晦日も暇なのー?』 「優佳」節の一言で始まった大晦日ライブ ライブ終了時に各メンバーのコメントで締めくくりました。 すると、最後に「れお」から特別物販のお知らせが! 【好きなメッセージを何でも吹き込む】という内容でした。 騒然とするオタク達 5秒間に入れてもらう言葉を考えていました。 ・えりちゃんはもう就職したんだっけ? ・えりちゃんまだ就職していないのか? ・えりちゃんに紹介した人がいるの。 いい人過ぎて奥さんが5人も代わったいい人よ! 親戚の集中砲火を浴び、ダメージを受ける「えりぴよ」 自分の部屋に戻ってテレビを見ていると、そこには「くまさ」の姿が・・・。 「くまさ」は、「れお」が出演する番組の追っかけをしていたのです。 推しと年越しする「くまさ」を見て、いても経ってもいられない「えりぴよ」 「基」を誘って初詣に行くことにしました。 『一人の人間として吹き込んで欲しい』 「えりぴよ」は「舞菜」に変なお願いをしてしまったと後悔していました。 それを聞いた「玲奈」 私達はあくまでもファン。 「舞菜」は「えりぴよ」の接触のことを気にしていないと言います。 社に着くと、賽銭箱にお金を入れて各自祈ります。 ・「舞菜」が健康でありますように ・「舞菜」が美味しいものを毎日食べられますように ・「舞菜」が幸せでありますように ・「舞菜」が武道館にいけますように 「えりぴよ」は、ただひたすらに「舞菜」のことを願いました。 優佳は武道館に行きたい 「推しが武道館いってくれたら死ぬ」第9話。 原作途中で綺麗に終わらせようとする最終回みたいな展開…〝武道館〝という言葉も出てきて遂に物語のテーマがタイトルに向けて動き始める…?「オタクじゃなくて1人の人間として」…えりぴよさんの愛が年末も絶好調に重いのです(笑)。 — 鳴神 seimei7777 神社に集合する「舞菜」と「優佳」 お賽銭をいれ、各々の願いを祈ります。 ・Cham Jamが武道館にいけますように ・えりぴよさんがケガをしませんように 「舞菜」は自分と「えりぴよ」のことをお願いしていました。 ベンチに腰掛け、一息つく2人 願い事の話になると、意外なことが分かります。 『武道館に行けなくてもいい』と言っていた「優佳」ですが、実は 武道館に行くお願いをしていました。 以前との矛盾に理由を聞いた「舞菜」 「優佳」は目を輝かせながら話しました。 『優佳はアイドルがやれるならどこでもいい。 全然知らなかった人が、いきなり優佳を好きって言いに来てくれるのが超楽しい。 みんなが優佳のことを好きになってくれるなら、どこだっていい。 』 アイドルが出来るなら、武道館じゃなくてもいいというのが、「優佳」の考えでした。 しかし、大晦日のイベントで「優佳」はファンから変わった吹き込みをお願いされていました。 ・『武道館行っくよー』と入れてほしい ・『ふみくん、武道館で会おうぜ』で吹き込んで 武道館で歌って踊る「優佳」の姿が見たい!ファンの熱い思いを受け取った「優佳」は、武道館を目指そうと決意したのです。 感想とまとめ 「推しが武道館いってくれたら死ぬ9話の無料動画!あらすじとネタバレ」と題してお送りしてきました。 「えりぴよ」が親戚から受ける生生しい仕打ち ドルオタをする苦労を垣間見た気がします・・・。 後半は「優佳」が中心となったお話 「優佳」特有の訛りと、裏表のない言葉が心地良い感じでしたね。 最後までご覧いただきまして、有り難うございます。 【PR】.

次の