ヨウ素 化学式。 ヨウ素酸カリウムの性質、構造、用途およびリスク / 化学

化学物質英語用語集(8)

ヨウ素 化学式

ヨウ素デンプン反応 このようなバナナやジャガイモとかで小中学校でやった事があるのではないでしょうか?これは、ヨウ素がデンプンの隙間に入ることで、呈色しているんです。 過マンガン酸イオンの酸化還元滴定の場合は、酸化剤の過マンガン酸イオンの赤紫色が消えなくなるところを滴定終了時と決めていましたね。 それと一緒で今回はヨウ素デンプン反応を終了時点に使います。 つまり!ヨウ素がなくなったら、ヨウ素デンプン反応もクソもなくて、ヨウ素がヨウ化物イオンになった瞬間に呈色しなくなります。 この性質を使って滴定の終点を目でわかるようにします。 てな訳で、この基本が分かったところで、ヨウ素酸化滴定とヨウ素還元滴定の両方を学んでいきましょう。 ヨウ素酸化滴定(ヨージメトリー) 「ヨウ素酸化滴定」とは、「ヨウ素が酸化剤として働く滴定」のことです。 略してヨウ素酸化滴定。 別名をヨージメトリーと言います。 ちなみに、こんな名前は全く覚える必要ありません。 ステップ1:ヨウ素を溶液に溶かす ヨウ素を溶液に溶かします。 この時ヨウ素は ヨウ化カリウム溶液に溶かします。 なぜなら、ヨウ素って無極性分子ですよね。 極性分子の水にはほとんど解けません。 合わせて読みたい なので、ヨウ化カリウムに溶かして、イオンにします。 ステップ2:ヨウ素溶液に測定したい還元剤試料をくぐらせる 反応します。 ここでは例として二酸化硫黄だとします。 二酸化硫黄をこのヨウ素が溶けている溶液にくぐらせます。 すると、溶液中のヨウ素が 一部ヨウ化物イオンになります。 ここで、重要なのが、ヨウ素は二酸化硫黄よりも過剰にあるということです。 こんな感じで、 ヨウ素のうち一部がSO2と酸化還元反応をして消費されます。 ステップ3:デンプンを加えてヨウ素デンプン反応させます。 デンプンを加えると溶液が青紫色になりますよね。 そうすると青紫色になります。 ステップ4:ヨウ素デンプン反応の青紫色が消えるまで標準溶液で滴定する これが 目に見える反応の終点です。 このように青紫色から透明になります。 こうなると反応が終了と言えるでしょう。 モル計算的に考えるとこうなります。 そうなんだよ。 逆滴定と全く同じ考え方を使っているんだよ!だから計算の仕方も逆滴定とほとんど同じになっているんだね! こういう説明をしていると、そもそもの根本的な目的を忘れる人が非常に多いんですが、今回の目的は「二酸化硫黄のモル」を求めることですからね! なので、計算式は、ヨウ素滴定 ヨウ素還元滴定(ヨードメトリー) 「ヨウ素還元滴定」とは、「ヨウ素が還元剤として働く滴定」のことです。 略してヨウ素還元滴定。 別名をヨードメトリーと言います。 今回は還元剤としてヨウ素を使うので、滴定するのは酸化剤です。 よく使われるのが過酸化水素H 2O 2です。 ちなみにちょいややこしいですよ!この反応。 ステップ1:過酸化水素水に過剰のヨウ化カリウムの硫酸溶液を加える! 絵が最高に汚いですが、過酸化水素水に過剰のヨウ化カリウムを加えます。 すると、ヨウ化カリウムの一部がヨウ素になります。 この緑色の分だけ、ヨウ化物イオンは、ヨウ素になります。 ステップ2:デンプンを指示薬として加える ここでヨウ素デンプン反応のためにデンプンを指示薬として加えます。 そうすると 溶液が青紫色になります。 ステップ3:ヨウ素をチオ硫酸ナトリウムで滴定する ヨウ素溶液がチオ硫酸ナトリウムで滴定することで、 ヨウ素がなくなり無色になる時が滴定の終了ポイントです。 ヨウ化物イオンからヨウ素になったものをチオ硫酸ナトリウムで滴定すると、 間接的に、過酸化水素を滴定することができているんですよ! ちなみに、直接過酸化水素とチオ硫酸ナトリウムを滴定できない理由は大丈夫ですね?直接やると 指示薬がないからです。 そもそもの本題になりますが、過マンガン酸イオンとヨウ素が指示薬として使われるのは、色付きの酸化剤還元剤だからです。 このヨードメトリーってさっきの逆滴定っぽいヨージメトリーとは違いますよね。 この反応のイメージって、 お金みたいなもんなんですよ。 昔は野菜と魚を交換していました。 でも野菜の価値を相対的に測れないわけですよ。 野菜と魚ってどれくらいの価値同士だと考えたりいいのか? だから、 野菜をまず換金します。 ヨードメトリーは野菜の価値は、魚にしたらどれくらいか?ってことを測るものです。 だから最終的には、お金って関係ないですよね。 白菜がなくなって魚を手に入れただけなんです。 お金自体は間を繋いでいるだけで最終的な量計算には入らないんです。 それと一緒でヨウ素は間をつなぐだけで、 最終的な量計算的にいうと、過酸化水素とチオ硫酸ナトリウムの滴定と同じなんですね。 これが、もし普通に便利な指示薬があればヨウ素を挟む必要がないんですが、 残念ながら酸化還元滴定にはその指示薬がないので、このようにヨウ素を挟むことになります。

次の

ヨウ化水素

ヨウ素 化学式

三ヨウ化物イオンのおおよその構造。 化合物によって結合長と結合角は僅かに変化する。 三ヨウ化物イオンは直線形で対称的ある。 によれば、中心ヨウ素原子は3つのエクアトリアル(赤道の)孤立電子対を有し、2つの末端ヨウ素原子は中心ヨウ素原子に結合した3つの孤立電子対のため、軸方向に直線状に結合される。 において、一般に結合の中心原子はで説明される。 三ヨウ化物イオン中のI—I結合は二原子ヨウ素I 2中よりも長い。 において、三ヨウ化物イオンの結合長および結合角はの性質に依存して変化する。 三ヨウ化物アニオンは容易に分極し、多くの塩において、一方のI—I結合が他方よりも短くなる。 主な三ヨウ化物結合 I a-I b-I c の値は以下の通り。 3 282. 6 177. 1 283. 3 178. 8 284. 2 178. 4 279. 7 178. 55 調製 [ ] 三ヨウ化物イオンは以下の ()平衡によって生成する。 この過程は、分岐構造を持つポリヨウ化物を除いて、 S 8 ととの反応に類似している。 脚注 [ ] [].

次の

ヨウ素と天然ガス|独自技術|日宝化学

ヨウ素 化学式

の ヨウ素酸カリウム またはヨウ素酸カリウムはヨウ素の無機化合物、具体的には塩であり、その化学式はKIOです。 ハロゲン(F、Cl、Br、I、As)の群の元素であるヨウ素は、この塩において+5の酸化数を有する。 このため、それは強力な酸化剤です。 1物理的および化学的性質• 1酸化剤• 2化学構造• 3ヨウ素酸カリウムの用途と用途• 1治療的使用• 2業界での使用• 3分析用• 4レーザー技術での使用• 4ヨウ素酸カリウムの健康リスク• 5参考文献 物理的および化学的性質 それは微結晶と単斜晶系の結晶構造を有する無臭の白色固体である。 それは3.98g / mLの密度、214g / molの分子量を有しそして赤外線(IR)スペクトルに吸収帯を有する。. また、アルコールや硝酸には不溶ですが、希硫酸には可溶です. 水との親和性はそれほど高くないため、なぜそれが吸湿性ではなく、水和塩の形で存在しないのかを説明します(KIO)。 3・H 2O). 酸化剤 その化学式によって示されるように、ヨウ素酸カリウムは3個の酸素原子を有する。 これは強く電気陰性の元素であり、そしてこの特性のために、それはヨウ素を取り巻く雲の中の電子的な欠陥を「発見」します。. これはどういう意味ですか?その電子を生成することができる種の前に、ヨウ素はそれらのイオン型でそれらを受け入れるでしょう(IO 3 -)ヨウ素分子になり、0に等しい酸化数を持つ. この説明に従えば、ヨウ素酸カリウムは多くの酸化還元反応において還元剤と強く反応する酸化化合物であると判断することができる。 これらすべてのうち、1つはヨウ素時計として知られています. ヨウ素時計は、遅いステップと速いステップの酸化還元プロセスで構成されています。 この場合、速いステップにはKIOソリューションが使用されています。 3 デンプンを加えた硫酸中で。 次に、デンプン - 一度生成され、その構造種の間に固定されていますI 3 - - 溶液を無色から濃い青に変える. IOアニオン 3 - Kイオンは赤と紫の球の「三脚」で表されます。 しかし、これらの三脚はどういう意味ですか?これらのアニオンの正しい幾何学的形状は、実際には三角錐であり、そこでは酸素が三角底を形成し、ヨウ素内の共有されていない電子対が上方を指し、空間を占有しIOリンクを強制的に下げます。 この分子構造はspハイブリダイゼーションに対応する。 3 中心ヨウ素原子の。 しかしながら、別の見方は、酸素原子の一つがヨウ素の "d"軌道と結合を形成し、実際にはsp混成体であることを示唆している。 3日 2 (ヨウ素はその原子価殻を拡張する "d"軌道を持つことができます). この塩の結晶は、それらを支配する異なる物理的条件の結果として、構造相(単斜晶以外の他の配置)の転移を受ける可能性がある。. ヨウ素酸カリウムの用途と用途 治療的使用 ヨウ素酸カリウムは通常甲状腺の放射能の蓄積を防ぐために使われます。 131私は、この同位体が甲状腺の機能の構成要素として甲状腺によるヨウ素摂取量の決定に使われるとき. 同様に、ヨウ素酸カリウムは粘膜感染症の局所消毒薬(0. 5%)として使用されています. 業界での使用 それはヨウ素サプリメントとして家畜の飼料に添加されています。 したがって、業界ではヨウ素酸カリウムが小麦粉の品質を向上させるために使用されています. これは、ヨウ素の量が容量法(滴定)によって知ることができることを意味します。 この反応において、ヨウ素酸カリウムはヨウ化物イオンを急速に酸化する。 レーザー技術での使用 興味深い圧電、焦電気、電気光学、強誘電特性、およびKIO結晶の非線形光学における研究が実証され、裏付けられています。 これは、電子分野およびこの化合物を用いて製造された材料のためのレーザー技術において大きな可能性をもたらす。. ヨウ素酸カリウムの健康リスク 高用量では、口腔粘膜、皮膚、目、気道に刺激を引き起こす可能性があります。. 動物におけるヨウ素酸カリウムの毒性の実験は、経口で供給された、0. 2〜0. これらの嘔吐が回避されると、それは動物の状況を悪化させる原因となります。 それは、死亡前に食欲不振と衰弱を引き起こすからです。 彼の剖検は肝臓、腎臓および腸粘膜の壊死性病変を観察することを可能にした. 酸化力があるため、可燃性物質と接触すると火災の危険性があります。. 参考文献• デイ、R. 、アンダーウッド、A. 定量分析化学 (第5版)。 ピアソンプレンティスホール、p-364. Muth、D. (2008)。 レーザー。 取得元:flickr. com• ケミカルブック(2017). ヨウ素酸カリウム. 2018年3月25日、化学ブックから検索:chemicalbook. com• PubChem。 (2018)。 ヨウ素酸カリウム2018年3月25日にPubChemから取得:pubchem. ncbi. nlm. nih. gov• メルク(2018)。 ヨウ素酸カリウム2018年3月25日、メルクより• merckmillipore. com• ウィキペディア(2017)ヨウ素酸カリウム2018年3月25日、ウィキペディアから取得:en. wikipedia. org• M M Abdel Kader他。 (2013)。 KIOにおける電荷輸送機構と低温相転移 3. Phys。 :Conf。 Ser。 423 012036.

次の