引っ越し 単身 料金 比較。 【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

単身パックの引越し見積もりを主要5社で比較!

引っ越し 単身 料金 比較

「単身で引越すことになったけど、あまりお金をかけたくない…」 「1人分の荷物でも自分で運ぶのは大変…少しでも安く業者に頼めないかな?」 引越し費用は、時期や距離、荷物の量によって変動するため、調べてもなかなかわかりませんよね。 この記事では距離別、時期別など、さまざまなシーン別におおよその相場がわかるよう情報をまとめました。 自分のパターンに当てはめれば、単身引越しのおおよその費用が見えてくるはずです。 単身引越しの費用について• 長距離の引越しは高くなりがち• 引越し繁忙期の3月、4月は特に高くなる• 梱包資材は、引越会社が提供する専用ボックスを活用しよう• 引越業者を選ぶ際は、一括見積りサイトを利用するとスムーズ 距離 通常期 繁忙期 3~4月 15km 20,000 円 25,000 円 50km 21,600 円 30,450 円 100km 30,000 円 47,260 円 200km 43,200 円 59,400 円 500km 54,000 円 80,000 円 コンテナボックスに入る量は決まっているので、コンテナボックスにすき間があっても、ぎっしり詰まっていても料金は同じです。 コンテナボックスからはみ出してしまう場合は、もう1台コンテナボックスを使うことになります。 割引が適用されますが、 コンテナ2台分の料金を支払う必要があります。 単身パックが安い2つの理由 単身パックが安い理由は2つあります。 1つ目は人件費がかからないこと。 単身パックは運べる荷物の量が少ないため、見積もりは電話のみで完了します。 そのため、引越業者のスタッフが自宅まで訪問見積もりに訪れるという人件費がかかりません。 引越し当日も大がかりな荷物の運び出しがないため、1~2人といった少人数で作業を進められます。 人件費をおさえられる分、単身パックの料金は低く設定されているのです。 2つ目の理由は、複数の荷物をひとつのトラックに詰め込む「混載便」であるためです。 通常の引越しであれば、トラック1台に対してひとり分の荷物しか入れられません。 しかし、単身パックは、1台のトラックに複数人の荷物(コンテナボックス)を積むことになります。 そのため、トラックのチャーター料金やガソリン代、高速料金の負担が軽減されるのです。 単身パックのコンテナに入る荷物の量ってどれくらい? 単身パックを利用するときに注意したいのは、専用コンテナボックスのサイズです。 コンテナボックスのサイズは引越業者によって異なります。 以下の表で確認してみましょう。 単身パックで運べる荷物量 クロネコヤマト ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・電子レンジ ・段ボール10箱 ・衣装ケース3箱 ・布団袋1袋 ・スーツケース1個 日通 ・日通ダンボールMサイズ5個 ・薄型テレビ(小) ・衣装ケース3箱 ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4km) ・テレビ台 ・電子レンジ ・掃除機 ・衣装ケース ・姿見 ・布団 ハトのマークの引越センター ・冷蔵庫(2ドア) ・テレビ(小) ・ビデオデッキ ・ミニコンポ ・衣装ケース(小) これを見てもわかるように、 大型の家電家具や、ベッドを運ぶことはできません。 ベッドや大型家電家具のみ運びたい方は、クロネコヤマトのらくらく家財サービスを利用しましょう。 運ぶ荷物の大きさで料金は変動しますが、たとえばベッドを同一県内で運ぶ場合、1万5000円ほどです。 高いと感じる方は、ベッドや自転車等の単身パックで運べない荷物は回収処分してもらい、引越し先で新しいものを買うという選択肢もあります。 単身プランもある!単身パックとの違いは一体何? 荷物が多すぎて単身パックのコンテナボックスに入らないという方は「単身プラン」を利用しましょう。 一見大差ないように見えますが、サービスの内容は異なります。 単身プランとは、スタッフの数やトラックの大きさが単身者向けにアレンジされたプラン。 単身パックは無料の梱包資材が付きませんが、単身プランだとダンボールやガムテープ、布団袋などの梱包資材を無料で提供してもらえたり、洋服をハンガーにかけたまま運べるハンガーボックスなども借りたりすることができます。 ダンボール箱も数が多くなると、自分で用意するのは大きな負担です。 目先の料金だけでなく、無料で資材が利用できることを考えると、大きい家具・家電がある人や、荷物が多い人は単身プランを利用したほうが単身パックにオプションサービスをつけるよりも割安になる可能性があります。 クロネコヤマトの単身パック サービスの種類や料金は? クロネコヤマトの単身パックは「単身引越サービス」と「単身引越サービスmini」の2種類です。 料金は最安値(関東の同一市内、割引特典3つ適用の場合)が1万2000円(税抜)。 料金は利用する日時と、距離によって変動します。 単身引越サービスminiは、単身引越サービスと同じ条件で最安値は1万1000円(税抜)です。 ただし、 単身引越サービスminiを利用できるエリアは限定されているため、あらかじめクロネコヤマトのホームページで確認しましょう。 クロネコヤマトの特徴は、Web割引2000円、平日割引2000円、早期申込割引1000円、複数BOX割引1000円を利用できるという点です。 日通の単身パック サービスの種類や料金は? 日通の単身パックは「単身パック・S」と「単身パック・L」の2サイズです。 単身パックSの料金は、Web割引を適用した際の最安値が1万5000円(税抜)です。 一方、単身パックLのコンテナの料金は、Web割引を適用して最安値が1万6000円(税抜)です。 日通の割引特典は、パソコン、モバイル、スマートフォンのいずれかから申し込めば2000円のWeb割引を受けられることと、2ボックス以上利用すると複数ボックス割引として1ボックスあたり1000円の割引を受けられる上に、エリアや集荷日によってはエリア割引1000円も受けられるという点です。 ただし、3月20日から4月5日までは2000円、18時~21時の夜間配達は2000円、土日祝日は2000円、土日祝日の夜間配達は4000円という割増設定がある点は要注意です。 しかし、割増料金の設定があっても、夜間に引越しを頼める点は人によっては重宝するでしょう。 また、トラックに他のものと混載して輸送するため、コンテナ1個あたり200万円の運送保険が付けられている点は心強いポイントです。 ハトのマークの引越センターの単身パック サービスの種類や料金は? ハトのマークの引越センターの単身パックは「小鳩パック」と「青春引越便」の2種類です。 小鳩パックの専用ボックスで運べる荷物は、• 2ドア120リットルの冷蔵庫1台• 小型テレビ1台• ビデオデッキ1台• ミニコンポ1台• 衣装ケース1台 を想定しています。 一方、青春引越便は小鳩パックよりも多めの荷物が想定されています。 2ドア109リットルの冷蔵庫• 4kgの洗濯機• 20インチの薄型テレビ• テレビ台• 電子レンジ• 掃除機• 3段のカラーボックス• 衣装ケース• ダンボール箱 という組み合わせは日通の単身パック・Lとほぼ同じ内容といえるでしょう。 ただし、ハトのマークの引越センターの場合、 片道200km以上の遠距離輸送でしかこれらのサービスを利用できません。 その代わり、コンテナに積めない大きいサイズの荷物があっても、一緒に預かって輸送できるということがホームページに明記されています。 荷物の量が多めの場合や、大きい荷物がある人も安心して利用できるでしょう。 単身プランがおすすめの引越業者 アート引越センターには単身パックの設定はありませんが、単身向けの引越しプランが用意されています。 「レディースパック」や「学割パック」など、アート引越センター独自のオプションサービスと組み合わせて利用できます。 アーク引越センターは「ミニ引越しプラン」「ミニ引越し長距離プラン」「荷物多め単身プラン」というように、単身向けの引越しプランが充実。 なかにはほぼすべての作業をアーク引越センターのスタッフに任せられる「お任せフルフルプラン」なるものまで用意されています。 単身者の引越しと一口に言っても、理想の引越しのかたちは異なるはずです。 ですから、どんな条件で引越しをしたいのかを考えて、 複数の引越業者に同じ条件で見積もりを依頼して、比較検討することが大事です。 過去に見積もりを取ったことがある業者があっても、料金は時期によって大きく変動します。 引越しの時期が定まった時点で、改めて見積もりを依頼してみましょう。 何社分か集めて比較してみると、自分に合いそうな引越業者が見つかるはずです。 一括見積もりで単身引越しを安く済ませよう 複数の引越業者の異なるプランを比較して、自分にぴったりのプランを見つけるなら、一括見積もりサービスを利用すると便利です。 1社1社の見積もりを取るのが面倒な人でも、1回の入力で一気に見積もりを依頼できるので、それほど面倒には感じないはずです。 単身パックも引越業者によって微妙にボックスのサイズが異なるため、A社のボックスには入らない荷物も、B社のボックスには収まることもあります。 ボックスには入りきらなかったけれど、オプションを利用したら格安に引越しできる可能性もあります。 安く単身引越しをするなら、何社かに候補を絞った後、簡単な見積もりを取って、引越し料金の違いだけでなく、サービス内容もしっかり見比べましょう。 自分の引越しに合いそうな、なるべく安いプランを選ぶことが大事です。 長距離なら料金が8万円以上?単身引越しの相場は移動距離で変わる 単身での引越し料金を決める要素は、おもに 「距離」「時期」「荷物量」です。 どれくらい料金がかかるのか、「距離」から見ていきましょう。 長距離と短距離での料金の違い 料金は、距離によって変動します。 長距離の場合は、10万円を超えることもあります。 引越しの費用は、 荷物量や時期によっても変わるからです。 短距離の場合は、単純にガソリン費用が少なくて済むだけでなく、スタッフの拘束時間も短いため、料金が比較的安くおさえられます。 場合によっては 3万円以下で引越すことも可能です。 引越し先は市内or市外?・県内or県外?料金目安はどれだけ変わる? 距離別の料金の目安は、以下の表の通りです。 移動距離ごとの引越し料金 移動距離 相場 20km圏内(同じ市町村くらい) 37,000~44,000円程度 50km圏内(同じ都道府県くらい) 43,000~46,000円程度 200km圏内(同じ地方くらい) 60,000円~ 長距離である200km圏内(同じ地方くらい)の場合は、目安として6万円~かかることになります。 それ以上の距離となると、単身でも8万円以上かかることもあります。 繁忙期の3月は通常期の2倍?単身引越しの相場は時期で変わる 繁忙期とは? 通常期と比較してどれくらい違う? 次に、「時期」について見ていきましょう。 引越しには「繁忙期」呼ばれるシーズンがあります。 どの引越業者でも共通して忙しいのは、3月~4月で、一般的にこの時期が繁忙期です。 この時期は、就学や就職、あるいは転職や異動によって学生や社会人が一気に動く時期だからです。 そのため、繁忙期は引越し料金が値上がりします。 上がり幅は、場合によっては通常期の2倍近くになることもあるようです。 3月~4月以外の時期については、業者ごとに違いがあります。 繁忙期について詳しく知りたい方は、「」を参考にしてくださいね。 通常期に引越しをすると、相場はどのくらい? 繫忙期の設定は引越業者によって異なりますが、一般的には3月~4月や年末、長期休みを繁忙期とすることが多いようです。 そのため、費用をおさえたいならこれらの時期は避けた方が無難でしょう。 「通常期」や「閑散期」は、繁忙期よりも費用が下がることが多く、スケジュールも融通がききやすいでしょう。 ときには繁忙期の半分程度の金額で引越せることもあります。 さらに安くしたいなら、複数の引越業者の料金を、無料の一括見積もりで比較してみましょう。 箱のなかにプラスチック製の仕切りが入っており、手早く食器を入れられます。 なかに何が入っているのかわかりやすいというメリットに加えて、箱自体が緩衝材としての役目を果たすため、一つひとつ梱包する手間がかからないのも魅力です。 仕切りは調節可能なので、サイズが合わなくて困ることもあまりないでしょう。 なお、ボックスは原則使いまわすものなので、マジックなどで商品名などを直書きするのはNGです。 料金が安いのはどちら? このような便利なボックスは、「料金が高いのではないか」と思う人もいるかもしれません。 しかし多くの場合、 ボックスは無料で貸し出されています。 梱包材も引越し料金に含まれていることに加え、「何回でも使いまわしができる」という業者側のメリットもあるからでしょう。 そのため、引越しを考えているのなら、専用ボックスを積極的に利用しましょう。 ただし、ボックスの数には限りがあったり、地域によっては貸出に制限があったりすることも考えられます。 利用したい場合は、早めに引越業者のスタッフに確認をとっておきましょう。 単身引越し向きの引越業者を探す方法 単身引越しでオススメの業者は? 単身の引越しのオススメの引越し業者はこちらです、とは一概には言えません。 なぜなら、引越しの条件は人によって異なるためです。 これまでにあげた距離や荷物の量、時期以外にも、「夜に引越したい」「ピアノを運びたい」など、特殊な条件の引越しもあります。 自分の状況に合った引越業者を見つけるためには、 一括見積もりをオススメします。 ただし、複数の一括見積もりサイトを利用すると、多くの引越業者からの連絡に対応するのが大変です。 見積もりを依頼をするサイトは、なるべく絞るとよいでしょう。 ここからは、引越業者選びの実例を紹介します。 参考にしてみてくださいね。 「とにかく安く済ませたい」という人は、 赤帽のサービスを検討しましょう。 赤帽は軽トラックで運搬するため、費用面が期待できます。 「ライフポーター」は女性向けのサービスを展開しています。 「女性限定パック」では、あらゆる電気配線や、掃除も行うサービスを提供しています。 「クロネコヤマト」は、引越業務も行っています。 単身向けの比較的リーズナブルなプランも提供しています。 レンタカーで自分で引越しをすると安くなる? そもそも引越業者に頼らず、レンタカーや自家用車での引越しを考えている人もいるでしょう。 人件費がかからないため、場合によっては安く済むこともあります。 よほど長距離でない限り、多くの場合レンタカーを利用する方が安くなるでしょう。 引越しに慣れていて、運転にも自信のある人は、レンタカー・自家用車での引越しも検討しましょう。 ただし、自力での引越しにおいて気をつけてたいことが3つあります。 引越し費用としてガソリン代も含めて考える• 積み下ろしで荷物や車を傷つけるおそれがある• 重い荷物を載せた状態で運転して、事故を起こすリスクがある こうしたリスクを十分検討することが大切です。 単身引越しを安く済ませたい…確認したい2つのポイント お得なプランやパック、割引をうまく活用しよう 相場よりも安く引越すには、 パックプランの利用がおすすめです。 パックプランは、引越業者の指定するカートに荷物を詰めて運ぶプランです。 カートの形が一定であるため、引越業者側の負担が少なくなり、その分が「金額」として還元されています。 クロネコヤマトなどで利用されています。 一部引越業者は、学生に向けて「学割」サービスを提供していることもあります。 見積もりで「上手に」交渉しよう 引越しに限ったことではありませんが、何かを安く買おうとするときは、 複数の会社から見積もりをとった方がよいと言えるでしょう。 複数の会社から見積もりを取ることで、相場を知ることができます。 また、他社の見積もりを価格交渉の材料とすることもできます。 1社に訪問見積もりを依頼して、その場で即決するのではなく、できれば事前に相場を調べた上で、訪問見積もりにのぞむとよいでしょう、「他社では〇〇円ぐらいだったのですが…」と切り出せば、値下げをしてくれる可能性もあります。 マナーを守りつつ、ぜひ予算の範囲内での引越しを実現させてくださいね。

次の

単身パックの引越し業者を比較。最安値料金のサービスのいい業者は?

引っ越し 単身 料金 比較

単身パックの選び方 はじめに、単身パックの選び方について紹介します。 そのため、 引っ越す前の家と引っ越し先がそれぞれエリアに対応しているかという基準で選ぶと良いでしょう。 エリア外の場合にはその単身パックサービスは利用できないので注意が必要です。 そうすると、梱包が不要になったりダンボールを届けてもらえたりします。 より簡単に引っ越したい場合には オプションの充実度で選ぶとよいでしょう。 そのため、 自分の荷物量に一番近いもの選ぶとよいでしょう。 自分で思っているよりも荷物が多くなることがあるので、 余裕のある荷物量の単身パックを選ぶのがおすすめです。 単身パックのおすすめ人気ランキング【2020年】 ここでは、 単身パックのおすすめ人気ランキングを5選紹介します。 2020年現在サービスを提供している単身パックの中から選びましたので、参考にしてください。 【1位】プロスタッフ 荷物が多めの方に!コスパも良くおすすめ は、単身引越しパックを提供しています。 この単身パックの売りは、荷物がたくさん積めること。 大手引っ越し業者の約2倍の量が積めるため、たくさん荷物がある場合でも安心。 また、 土日祝日の追加料金もなく、ハンガーボックスも2個無料貸出。 コスパを重視したい方はおすすめです。 出発地と到着地がわかれば、 おおよその料金がわかるパック料金表もあり、予算が立てやすくなっています。 また、商業物流No. 1の西濃運輸のネットワークを利用して運搬されるため安心。 最大5立方メートルまでのパック料金表があるため、大きな荷物がある方でも安心です。 夜間を除いて配達時間帯を無料で指定できるため、引っ越し時間帯を確定させたい方にもおすすめ。 支払い方法は、現金やクレジットのほか、一部地域でQRコード決済にも対応。 引っ越しでポイントをためることもできます。 遠方地への単身での引越しに特化したサービスとなっています。 ダンボールが無料でついてくるため、梱包材の用意も不要。 時期によっては値引き交渉も可能なため、見積もりをしてみると安くなる場合もあるでしょう。 特徴は、 カーゴ単位で荷物の依頼ができること。 1カーゴ荷物が足りる人はもちろんのこと、大量の荷物を運びたい人や縦長の荷物が多い場合でも安心です。 カーゴの依頼数は無制限なので、他社の単身パックに入り切らなかった場合でも利用できます。 インターネット上から手続きできるところがほとんどなので、サイトにアクセスして確認することをおすすめします。 ただし、サービスによっては他の便と一緒に運んでコストカットをしたりするなどしている場合があります。 見積もりをとってみることをおすすめします。 事業改善命令に対しての改善を行っている最中であり、まだ再開時期は未定のようです。 こちらのサービスを利用すると、大型家電や家具などを運んでもらうことができます。 必要に応じて単身パックと組み合わせるとよいでしょう。 しかし、は軽 自動車を利用した引っ越しなので、単身にピッタリです。 単身パックのまとめ 今回は、単身パックについて比較ランキングを紹介しました。 サービスによりメリットやデメリットがあります。 そのため、 自身の引っ越しの状況と照らし合わせながら良いものを選ぶことをおすすめします。 見積もりを複数とると、自分にぴったりの業者がわかるでしょう。 このサイトを参考に単身パックを検討していただけたら幸いです。

次の

引越し費用の料金相場を調べる

引っ越し 単身 料金 比較

引越し料金比較. com 〜最安値の見積もりはいくら?〜 引越し料金比較. com 格安・激安・安いをテーマにだいたいの相場・目安・時期などについて。 単身(一人暮らし)でも家族でも簡単に最安値を引き出すには? 引越し一括見積もり(無料)で最安値を提示してくれる引っ越し業者を探そう! 引越し料金の相場・平均はだいたいいくらくらい?3月は高い?カレンダーはどうなっているの?単身者(一人暮らし)の場合は?家族の場合は?これから引越し業者に見積もりを依頼する方にはいろいろな疑問があると思います。 また、できるだけ相場より安い金額で、と誰しもが思うものですよね。 決まった値段があるわけじゃないですから。 このサイトでは、引越し業者の概算価格を比較する前に知っておきたいコツや、評判のいいおすすめネット引越し一括見積もりサービスなどを簡単に紹介しています。 引越し業者に見積もりを依頼する前にぜひ読んでいってくださいね。 1番最初にするのが、依頼先探し 業者さんにお願いするとなると、やっぱりそれなりのお値段がするもの。 費用を安く済ませるには、複数社を比較することが大切です。 損をしないように、じっくり検討してみましょう。 ただ、あんまりのんびりしていると、荷造りなどが間に合わないなんてことも…!当日になってあわてないよう、用意に必要な時間も考慮に入れて、余裕を持って見積もりを依頼するようにしてくださいね。 もし、期日が迫ってきているなら、いますぐ、ゴーです! 一括見積もりについて 引越しを考えているのなら、一括見積もりが便利です。 一括見積もりというのは、複数の業者に同時に見積もりを出せるサービスのことです。 引越しの時は、なにかと費用がかかるものです。 少しでも引越しにかかる費用を減らすことにより、他のことに資金を振り分けられるようになります。 そのためには、なるべく多くの業者から見積もりをとって、比較検討することが大切です。 引越し業者に見積もりをとる場合、いちいちその業者に連絡して、必要事項を書類に記入するなり、スタッフに伝えるなりしないといけません。 それが終わったらまた別の業者と連絡を取ります。 必要事項の伝達は、また一からやり直しです。 こうした作業にうんざりしている人も少なくないはずです。 そうしたストレスを解消するために、活用したいものこそ一括見積もりです。 専用のサイトを通じて、同じ情報を一括で複数の業者に送信できるので、手間がかかりません。 とても便利なサービスです。 一括見積もりの良いところ 引越しをする前に、一括見積もりを利用するケースが増えています。 なぜかというと、一括見積もりにはメリットが多いからです。 一括見積もりの一番良いところは、面倒な作業を減らせることです。 引越しというと、とにかく大変です。 役場への各種届出があったり、公共料金の届出があったり、延々と続く荷造りがあります。 引越し先がまだ決まっていない場合は、それも探さないといけません。 これ以上、面倒な作業を増やしたくありません。 しかし、だからと言って、引越し業者の比較検討は省いてはいけません。 引越し業者に見積もりをとると、同じような内容であっても料金に幅があることが多いからです。 知らないで、1つのところにすぐ決めてしまうと、損をしてしまうかもしれません。 面倒な作業はしたくない。 しかし比較検討して、損になるのは回避したい。 そうした願望をかなえてくれるのが一括見積もりサービスです。 一括で複数の業者に見積もり依頼できるので、比較検討の手間が省けます。 一括見積もりの精度 一括見積もりを利用すると、非常に高い精度の比較検討をすることができます。 引越し業者から見積もりをとると、同じ内容であっても、料金に差が出ることが多いです。 だから引越し業者を選ぶときは比較検討が大切だと言われています。 その差は、見積もりを出す時期も影響してきます。 つまり、その業者にある日に見積もりをとった金額と、別の日にとった見積もりの金額が異なる場合があるということです。 これには引越し業界全体の理由がからんでくることもあるし、その業者独自の事情がからんでくることもあります。 だから、一度に、同じ状況で見積もりをとることがベストなわけです。 1社1社に、見積もりをとっていると、必然的にインターバルが生まれます。 まずパンフレットを取り寄せて、必要事項を記入して、ポストに入れて、ということをやっていると、「今日は疲れたから、残りはまた別の日にしよう」となるわけです。 このことで、比較検討の精度が落ちてしまいます。 一括見積もりなら、同時期に見積もりをとるので精度は高くなります。 一括見積もりの方法 引越しの一括見積もりをするには、いくつかの方法があります。 それぞれのスタイルに合わせて、一番しっくりくる方法を選ぶのがいいでしょう。 一番オーソドックスというか、利用しやすいのがインターネットによる一括見積もりです。 これは、専用のサイトを通じて、フォームに記入し、送信すると、複数の業者から見積もり結果が返ってくるというものです。 ネットなのでいつでもどこでも、好きな時にできます。 電話での方法もあります。 インターネットで申し込むと、いつでもどこでも行えますが、結果が出てくるまで少し待たないといけません。 電話をかければ、その場ですぐに見積もり結果を知ることができます。 電話での一括見積もりは、結果をすぐに知りたい人、急いでいる人向けです。 訪問による一括見積もりもあります。 これは、申込時に訪問日を指定して、自宅にスタッフを呼ぶという方法です。 家財が多い人、また値引き交渉をやってやろうという人にはおすすめです。 早期割引 引越しの予約をするときは、なるべく早めにするようにしましょう。 早く予約をすると、早期割引が適応されて、引越し料金が値引きになります。 値引きされる金額は、業者によっても違いますが、1,000円〜1,500円といったところです。 これは少なくない金額です。 予定が決まっている人は、早めに予約しておいた方が断然お得になります。 ただし、早期割引を行っていない業者の場合、いくら早く予約をしても、割引料金にはならないので注意が必要です。 サイトを確認したりして、早期割引があるかどうか調べておきましょう。 早期割引は、どちらかというと、大手で実施されていることが多いようです。 引越し業者が早期割引を設定するのにはわけがあります。 業者側としても、予定が空いているよりは、埋まっているほうが安心できるわけです。 これは自営業の人ならわかる心理かもしれません。 先の予定が決まっていれば、車の手配も計画的にできるし、業者側も都合がいいのです。 こうした業者側の思惑を徹底的に利用しておくと、得になります。 予約を入れやすい日 せっかく引越しの予定を決めたのに、引越し業者の予約を入れられなかったら意味がありません。 引越しの予定を立てるときは、引越し業者に予約できるか、という観点からも考えていかないといけません。 引越し業者のスケジュールというのは、要するに早い者勝ちで決まってきます。 引越しを頼む側が予約を入れて、業者の方が空いていれば予約成立となり、全ての時間帯ではありませんがその日は埋まります。 そんな風にして、どんどん予定が埋まってきます。 人気のある日はすぐに埋まってしまうし、人気のない日は直前まで空いている、ということになります。 すぐに予定が埋まってしまう日は、土日、祝日などです。 多くの人が、学校やお仕事がお休みになるので、そういう時に引越しを済まそうとします。 また、2〜4月というのは引越しシーズンにあたるので、予約がすぐに埋まってしまいます。 休日や祝日、2〜4月といった繁忙期に引越しを考えているのなら、早めに予約しておいた方が無難です。 空き枠を確認 引越し業者では、空き枠を公開しているところがあります。 タイムテーブルを公開しているということです。 ホームページ上で日時を指定したりして、確認できます。 いつ空いているのかわかるので、こちらも予定を立てやすいです。 引越しの予定を立てるときは、まず自分の中で引越しの日時や時間帯を決めて、それから業者に見積もりをとって、という順番になりがちですが、逆に、向こう側の都合を聞いてから引越し日を決めた方がものごとがスムーズに進むものです。 せっかく予定を決めても、すでに枠が埋まっていたら、受け付けてくれません。 お手頃な料金で、良質な引越しをしてくれる業者を見つけて、予約しようとしたとしても、すでに可能な日は埋まっていて、頼めないということもあります。 料金がリーズナブルで質も高い引越し業者というのは、たいていはひっぱりだこです。 すぐに予定が埋まってしまうものです。 このようなことから、先に空き枠を確認しておく方がいいでしょう。 一括で探して予約する 引越しの予約をとる場合、いちいちその業者の公式サイトに行って、空き枠を確認して、という風にやっていくと面倒です。 一括見積もりサービスを利用すれば、簡単な入力フォームに記入して送信すると、複数の業者から返答が返ってきます。 引越しを予定している日で、空き枠があるのかどうかすぐにわかります。 空き枠があるかどうかを探せるだけではなくて、料金比較もできるので便利です。 また、一括見積もりサービスを利用すると、同じ日にちにいっぺんに予約できるので、相場がわかってきます。 同時にその日は予約が埋まりやすい日なのか、そうでないかというのもわかります。 一回そうしたサービスを利用して状況を把握しておくと、その後にまた比較検討が必要になったときでも、予備知識があるので、有利な条件で予約しやすいでしょう。 一括見積もりで見積もりを取ったところに決める、決めないは別として、予備知識を得るという意味で、利用価値は大いにあります。 相場について 引越し料金の相場について語るのは難しいです。 特定の月の、特定の場所への相場というのなら、まだ語りやすいですが、全体像としての相場というと難しいです。 なぜかというと、引越し料金というのは、非常に幅のあるものだからです。 引越し業者の一括見積もりサービスを利用してみるとよくわかります。 同じ日にち、同じ条件で予約をしてみても、料金にけっこう幅があります。 倍近く開きがあったというケースもあります。 だからこそ一括見積もりをして、少しでもお得な業者を探した方がいいということになるのです。 それぞれの業者で引越し料金に差が出るのでは、その業者がインチキをして水増ししているわけではなく(そういう業者もいるのかもしれませんが)、繁忙期であるかどうか、予約日、その業者でトラックの都合がつきやすいかどうかなどの様々な理由が影響してきます。 前者はまだしも、後者の要因というのは本当に水もの、いつトラックの都合がつくかなんて、その近辺になってみないと予測できません。 だから相場を知るよりは、比較検討でその時ベストな料金を探す方がいいでしょう。 比較検討の大切さ 何事も1つの物事にこだわっていたら視野は広まっていきません。 面倒だからと、外に目を向けるのを拒んでいたら、すごく損をしてしまうかもしれません。 引越し業者を決めるときに、1社だけに決めてしまって、すぐ契約してしまう人がいますが、あれはすごくもったいないです。 たとえばコマーシャルを見て、なんとなくいいイメージを持ったのでとか、大手だから安心だろうとか、そういう軽い気持ちで決めてしまうと、あとで他の業者について調べてみたところ、もっとお得に利用できる業者を発見して、すごく悔しい思いをすることになります。 決断を下す前に、複数の業者から見積もりをとってみて、心を平らにした状態で比較検討してみることをおすすめします。 きっと、違いにびっくりするはずです。 引越し業者の料金というのは、それぞれでけっこう異なるものです。 一括見積もりを利用したことのある人ならわかるはずですが、かなり開きがあります。 まずは比較することを前提にしましょう。 基礎知識 ・ ・ ・ 見積もり依頼の注意点 ・ ・ 料金の値引き交渉 ・ ・ 引っ越し関連リンク ・ - 単身パックの比較。 ・ - 単身パックの解説。 com 2010.

次の